【トレース~科捜研の男~】2話ネタバレと感想。錦戸亮の魅力全開!

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

2019年1月14日(月)にドラマ『トレース~科捜研の男〜』第2話が放送されました。

ドラまる
前回、第一話では船越英一郎さんが演じる虎丸に注目が集まったね。
ラマちゃん
科捜研の男にも負けずに頑張ってもらいましょう~!

こちらの記事では、ドラマ『トレース~科捜研の男〜』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男〜』第2話あらすじネタバレと感想

東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)の教授就任パーティで、主役の真田の姿が見えなくなり会場を探し回る娘の有里(関めぐみ)。

怪しい男とすれ違った有里は廊下に落ちていた血痕を辿ると、バルコニーの下に父の変わり果てた姿を発見しました。

防犯カメラの映像から割り出された容疑者はウエイターになり潜入していた宮永渉(篠原篤)。

そして、廊下に落ちていた犯人の血液と、真田の衣服に付着していた血液、そして宮永の血液のDNA型が一致すれば事件は解決を見るはずでした。

しかし、鑑定の結果は別人。

廊下に落ちていた血痕=服に付着していた血痕でしたが、ともに宮永の血液とは一致しませんでした。

取り調べを受ける宮永。

やはり虎丸良平(船越英一郎)の取り調べは昭和刑事の尋問ですね(笑)。

一貫して容疑を否認する宮永を警察は釈放するしかありませんでした。

誤認逮捕だと世間が騒ぎ出したため、虎丸は窮地に立たされます。

相変わらず、科捜研を捜査の駒としか考えていない態度は変わっていませんね。

宮永が犯人である証拠を見つけろと命令し、真野礼二(錦戸亮)や沢口ノンナ(新木優子)を臨場に駆り出します。

しかし、なれない科捜研で頑張っていたノンナは臨場の最中に倒れて現場にワインをまき散らしてしまいました。

倒れたノンナを診察してくれたのは真田の娘・有里でした。

父を尊敬し、いつか父のようになりたいという有里は「本当のことが知りたいんです。」と切に願っていました。

その言葉を聞き、子供のころの自分と重なる真野。

「お兄ちゃんがやったんじゃない!」そう警官に訴える幼いころの自分。

真野自身も凄惨な事件の目撃者だったんですね。

ここで見せた有里の心臓の薬、後々関わってきそうです。

血まみれの折り鶴

失敗を繰り返し、科捜研での仕事に自信を無くしていたノンナを連れ出し再び事件現場へと赴く真野。

彼が気にしていたのはバルコニーの手すりに残された靴跡。

転落する前に真田は一度振り返り、犯人と向き合っていた可能性に気が付いていました。

二人は真田が転落した先の花壇に血まみれの折り鶴を発見します。

鑑定の結果、それは10年以上前の紙で作られた鶴。

さらに付着していた血液はO型の女性のもので、同時に宮永の指紋も検出されました。

真田の葬儀場では有里に話しかける三井と言う女性の姿がありました。

「あなたに謝りたい。父が殺された理由について。」

そこへ駆け込んでくるマスコミに邪魔され、二人は引き離されてしまいました。

報道規制とかどうなっているのでしょうか。

その様子を見ていたノンナは有里から父の遺品整理の時に血の付いた真っ赤な折り鶴が出てきた聞かされました。

そこには、花壇の鶴と同様、O型の女性の血液が付着していました。

もう一人の容疑者

葬儀の時に有里に会いに来た女性も見つからず、宮永も尾行をまかれ居所がつかめず焦った虎丸は血液のDNAデータ照合を秘密裏に公安に依頼していました。

浮上したのは岸田と言う男。

真田の服についていた血痕とDNA型が一致しましたが、現場に血液を残すような怪我など最近していないといいます。

その頃ノンナは自分が現場にワインをぶちまけたことを後悔していました。

ワインを取り除くことができたらいいのに。

その言葉を受け、二つの鶴の鑑定を再び行う真野。

そこへ虎丸がもう一度岸田のDNA鑑定を行ってほしいと乗り込んできますが、真野は宮永の鑑定を先に行いたいといいます。

二つの折り鶴の血液の赤い成分を抜くとそこには中原という名前がはっきりと判別できました。

その紙に宮永の指紋が付いていた以上、先に鑑定するべきなのは宮永だと言う真野。

真実をつかむとき。

真野、ノンナ、虎丸の三人は傷を負った宮永が包帯を買った薬局を探し出し、そこで宮永が支払いに使った血液の付いた一枚の500円玉を見つけることに成功しました。

そこに付着していた宮永の血液と被害者の着衣についていた血液のDNA型が一致しました。

???服の血液と宮永の血液は一致しなかったはずでは?

真相は特異体質。同一個体の中に異なる遺伝子を持つキメラ。

岸田は骨髄移植のドナーで、15年前、真田が務めていた病院で宮永に骨髄を提供していたのです。

そのため二つの遺伝子を持つことになった宮永。

最初のDNA鑑定では口から取っていましたね。骨髄移植でDNA型が変わるのは血液だけ。

これが今回のズレのきっかけだったのです。

さらに中原と言う女子高生が同時期に工事現場での事故に巻き込まれ病院に運ばれたが死亡していました。

彼女は宮永のお見舞に来ていた恋人でした。

狙われた有里

勤務中、一人になった有里の元へと向かう宮永。

「恨むなら親父を恨め。」

首を絞められ真っ赤になった有里の顔を見て手を放す宮永は、突入してきた虎丸たちに確保されていきました。

なぜ宮永はその手を止めたのか。

ノンナは有里に真相を話し始めます。

中原沙知絵という宮永の恋人を手術をしたのは真田でした。

事故に巻き込まれましたが、助かると聞かされていた宮永の前に戻ってきた恋人は脳死の状態でした。

その時に一緒に手術室に入っていたのが葬儀の際に姿を見せた三井でした。

その頃、有里は移植の順番が近くなっていましたが危篤の状態だったというのです。

そして、その時たまたま運び込まれた沙知絵がドナー登録をしていたため、真田は娘のために筋弛緩剤を投与し故意に脳死を引き起こしていました。

このことを知った宮永は二人への復讐に走り、犯行に及んでいました。

真田が、一度手すりの上で振り返り犯人と向き合ったのは謝罪の言葉を伝えるためでした。

無理やり奪った心臓。

そのショックを隠せない有里は、「生きてていいのか。」と涙します。

「最後の最後に復讐を辞めた宮永、不幸にも命を奪われた沙知絵、二人のためにも命を受けついであなたは生きていくべきです。」

そう言った真野さん、素敵な表情でしたね。

帰り道、「悲しい真実を突き付けるのは救いにならない」というノンナに、「どんな真実であったとしても知らない方がいいことなんてない。真実を知ることで初めて前に進むことができるんだ。」の真野の言葉は優しく降り注ぎました。

「お前はよくやった。」

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男〜』第2話ネットの反応や感想

ドラまる
今日も真野さんはびしっと決めて、優しく笑って最高だったね。

ラマちゃん
確かに、第一話よりも科捜研としての役割がはっきりしていたわね。

ドラまる
二人の私服、いいなぁって思ってたんだ。

みんなも気になったみたい。

ラマちゃん
関めぐみさんの演技力がすごかったわ!

ドラまる
今回も虎丸さんは怖かったけど、一話よりも真野達の話を聞いてくれてるみたいに感じたね。

ラマちゃん
今週も原作者の古賀慶さんがツイートしてくれていたわ。

スポンサーリンク

2019冬・月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『トレース〜科捜研の男〜』2話の動画を無料で見る方法はこちら

『トレース~科捜研の男〜』第3話あらすじ

2019年1月21日(月) 21:00から放送のドラマ『トレース~科捜研の男〜』第3話のあらすじをご紹介します。

科捜研の真野礼二(錦戸 亮)は、絞殺されたものと思われる9歳の少女・松戸ココ(高松咲希)に関する鑑定を依頼される。

ココは、同級生の三島唯(稲垣来泉)と公園内の山林に基地のようなスペースを作って遊んでいた。

夕方、唯は先に帰ったが、ココの母親から娘が帰宅しないとの通報があり、翌朝、ココは遺体となって発見されていた。

死因は窒息死だった。また被害者の通う小学校付近では不審者の目撃情報もあったという。

ノンナ(新木優子)とともに付着物のDNA鑑定などを行った真野は、被害者に暴行された形跡がないことを確認する。

するとそこに、虎丸(船越英一郎)の先輩でもある刑事・鶴見茂(大地康雄)が現れる。

鶴見は、20年前と10年前に起きた連続幼女殺人事件を追っており、今回のケースも犯行手口が酷似していることから情報を求めにきたらしい。

実は鶴見たちは、10年前に被疑者として西内智幸(池内万作)をマークしたが、証拠不十分で逮捕出来ずにいた。

その西内は、ココも時々訪れていた児童館のボランティア職員だった。

虎丸は、ココの両親・志津香(松本若菜)と直樹(永岡佑)に会いに行く。

だが、志津香と直樹は、お互いに責任をなすりつけ、ケンカを始めてしまう。

そんななか、真野たちは証拠を求めて臨場に行く。

そこで、木の枝が折れていることに気づいた真野が周辺を調べると、タバコの吸い殻が落ちていた。

吸い殻から採取した検体のDNA型は、西内のDNA型と一致し…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『トレース~科捜研の男〜』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。
前回同様、救いのない事件でしたね。

残された有里の乗り越えなければならない壁が高すぎて辛くなってしまいました。

そして、ノンナの葛藤もわかるような気がします。

真野は自身の抱えている過去の事件への執着から、真実は伝えるべきだとの信念を持っているのですが、そう割り切れないのも人間というもので。

そんな中、ノンナはノンナなりの信念を見つけていけばいいなと思います。

ドラまる
虎丸の先輩刑事が出てくるなんて、一癖も二癖もありそうだよ。
ラマちゃん
次週は幼女殺人事件の隠された真実に真野が挑むわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA