トレース科捜研の男|1話ネタバレと感想。原作ファンからは違うとの声も

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』

2019年1月7日(月)にドラマ『トレース~科捜研の男』第1話が放送されました。

ドラまる
関ジャニ∞の錦戸亮さん月9初主演のドラマが始まるよ。
ラマちゃん
その名も科捜研の男!

本物の科捜研の男だった原作者・古賀慶さんが描き出すリアルな科捜研の姿が見られるのも楽しみだわ。

こちらの記事では、ドラマ『トレース~科捜研の男』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男』第1話あらすじネタバレと感想

アイドルの握手会。迷い込んできた犬が加えていたのは人の手首。

その頃、沢口ノンナ(新木優子)は初出勤を迎えていました。

出勤するのは科学捜査研究所。そこへやってきたのは虎丸良平(船越英一郎)たち捜査一課の刑事でした。

先日発見された左手に付着していた泥から珪藻とマンガンが検出されたことを知らせる科捜研の男・真野礼二(錦戸亮)

多摩川を探しに行くという虎丸に、真野は「違いますよ」と声をかけます。

鑑定結果から真野が推測したのは上流に鉱山を持つ日原川。

虎丸のことを無視し、日原川を捜索しに行くという真野に同行することになったノンナは今朝からの腹痛に苦しみます。

「(トイレを)その辺で…」とか言われて可哀想~と思っていたら、ノンナはバラバラ遺体を見つけてしまいました。

そして土の中に埋められていたその女性の遺体のそばには、赤い花が置かれていました。

虎丸は勝手に捜査を始めた真野の行動に納得がいかない様子ですが、司法解剖へと向かい被害者が生前に恒常的に暴力を受けていた可能性を知ります。

そこへ被害者の母・五十嵐千鶴(森口瑤子)が夫の教育学者・康信(吹越 満)と共に警察署に現れました。

遺体は五十嵐美加・23歳。母の連れ子でした。

真野は虎丸に呼ばれ、ホテルの臨場を行うことになりました。

被害者の婚約者が彼女にDVをしていたのではと睨む虎丸。

二人が立ち寄ったホテルの検証をすることになり、ルミノール反応を調べることになります。

血痕の採取はよく見ますがここまで丁寧に行っているんですね。ドラマではだいたい「血痕ありました~!」というシーンしか見ないですよね。

血痕を発見できなかった風呂場の検証だけでは納得できなかった真野は勝手に室内の検証も始めます。

ホテルの部屋から持ち出した証拠品を隅々まで鑑定する真野とノンナ。

遺体の発見現場に落ちていたプリムラの花は外部から持ち込んだもの、そしてその花の種子がホテルの部屋から発見され、同時に母親の髪の毛も発見されたと鑑識結果を出しました。

美加にホテルに呼び出された母は、美加に部屋にいるように言われて待っていたというのです。

母親をホテルに呼び出した後、美加は一人で父親に会いに行っていたことがわかり、さらに隣人の証言から犯人は父親で自宅で殺人が行われたと導き出した虎丸。

「気持ち悪い」

勝手な思い込みで犯人を決めつける虎丸に嫌悪感を隠さない真野。

ノンナは真野に反感を覚えた虎丸から一人での臨場を任されることになってしまいました。

「自分が大事な何かを見落としてしまうのではないか」と緊張を隠せないノンナは臨場の準備をしながら、ほんの数日前までいつも通り楽しい日々が続くと思っていた被害者・美加に思いを馳せていました。

そんなノンナに真野は「考えうるすべてを追求するんだ。真実につながる欠片を見つけるのが俺たち科捜研の仕事だ。」と告げました。

五十嵐家に家宅捜索。

真実につながる欠片を見つけるために、ノンナはあらゆる可能性を探していきます。

しかし、部屋のどこからもルミノール反応は出ませんでした。

臨場が終わった後、ノンナは母親に直接話しかけ、二人の火傷は同じ時に康信から娘を守るために負わされたものではないかと質問します。

ノンナからそういわれた母は新たな証拠品の灰皿を持って警察にやってきました。

それは事件当日、母親がホテルから自宅へ帰ったときに荒れていた部屋の片付けをしていた時に発見した美加の血痕が付着したものでした。

虎丸はすぐに康信に事情聴取をしますが、娘は殴られた後帰っていったと証言されてしまいます。

捜査に行き詰った虎丸は再び五十嵐家の捜査に踏み切ろうとしますが、真野は玄関の外=廊下を調べるように指示しました。

再び意見をたがえる真野と虎丸。

「鑑定は推測を証明するためのものではない。鑑定結果こそが真実だ。」

真野の上司の海塚律子(小雪)の助けもあり、真野も廊下の鑑定に加わることになりました。

そして血痕が見つかったのは隣の住人の玄関前。

結婚の話しが出た美加は「母を置き去りにできない」と、母を連れ出そうとしますが説得ができず父に直接直談判しに自宅へと向かっていました。

しかしそこでも父親は娘を罵り、怒りに任せて娘を灰皿で殴りつけていました。

その後、父からのDVにも負けず気丈に出て行った美加は、隣の住人・飛田慎吾(池田純矢)に監禁され殺害されていたのでした。

日常的に隣を盗聴していた飛田は美加にシンパシーを感じ「美加を守れるのは自分だけだ」と思い込み、逃げ出そうとした美加を殺害してしまいました。

現場に落ちていた花は手向けの花。美加が大切に育てていた花でした。

そして母親は離婚を決意し夫のDVを訴えることに決めたのでした。

自分のために命を犠牲にさせてしまった娘へのせめてもの償いになると信じて。

事件が解決し、「最後に正義は勝つ」というノンナの言葉に引っかかりを覚える真野。

自身の身に起こった過去の事件を思い出すのでした。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
とにかく真野がかっこいいね。

ラマちゃん
虎丸が時代錯誤だっていう意見も多かったけれど、定年間近の刑事の堅物な感じがよく出てたと私は思うの。

ドラまる
殺人事件とはそういうものだよね。

人が一人命を奪われるって、どんな理由であれ納得できるものじゃないんだよね。

ラマちゃん
音楽がいろいろ気になったわ。

あとで調べてみようっと。

ドラまる
ドラマ前のインスタライブは前作のドラマ『スーツ』からの流れなのかな新木優子さんが盛り上げてくれたね。

ラマちゃん
原作者の古賀慶さんもドラマに向けて情報を発信してくれていたわ。

スポンサーリンク

2019冬・月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『トレース〜科捜研の男〜』1話の動画を無料で見る方法はこちら

『トレース~科捜研の男』第2話あらすじ

2019年1月14日(月) 21:00時から放送のドラマ『トレース~科捜研の男』第2話のあらすじをご紹介します。

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。

席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。

そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。

真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。

また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。

これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。

警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永渉(篠原篤)を拘束していた。

現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。

しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。

真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。

だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『トレース~科捜研の男』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

第一話が終わり、やはり原作がある作品なので、賛否両論見られましたね。

特に虎丸さんがアクが強すぎて非の意見が多かったように思いますが、真野のドライな考え方の対極にいる人物ということでわかりやすかったように思います。

そして、最後の千原ジュニアさん。

悪い顔してニヤリとしていましたね。

真野が抱えている過去の事件に関係する人物のようなので、今後深く関わってきそうですね。

ドラまる
今回の事件、美加ちゃんが本当にかわいそうだったけど、真相が判明してよかった。
ラマちゃん
もうちょっと科捜研の仕事について見てみたいなぁっていう気もするので、今後に期待よ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA