グッドワイフ|8話の動画無料視聴はこちら【3月3日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

ドラマ『グッドワイフ』第8話(2019年3月3日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『グッドワイフ』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『グッドワイフ』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『グッドワイフ』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『グッドワイフ』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『グッドワイフ』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年3月3日(日)放送終了後〜2019年3月10日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論から申しますと、最もお得に『グッドワイフ』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッドワイフ』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッドワイフ』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『グッドワイフ』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第8話のあらすじは?

2019年3月3日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第8話のあらすじを紹介します。

杏子(常盤貴子)は壮一郎(唐沢寿明)のスキャンダル相手である遠山亜紀(相武紗季)に会いに行くが、亜紀は何も話そうとしない。

そしてついに、壮一郎の裁判が始まる。

検察側は賄賂の証拠を揃え、さらに証人にトミオカ精工の社長も呼び、すべて壮一郎の指示だったと証言させる。

検察側の絶対的有利な状況で裁判が進んで行く中、壮一郎は事件の “本当の情報提供者” を見つけることが、事件解決に繋がると杏子たちに説明する。

一方で、脇坂(吉田鋼太郎)が円香(水原希子)に接触。

脇坂は木内(丸山智己)と円香に関して何かを掴んでおり、円香を利用しようと画策しているが…。

そんな折り、多田が蓮見家を訪ね、壮一郎に、このままでは杏子は壮一郎の裁判に負け、朝飛(北村匠海)との正式採用争いにも破れると言い、ある衝撃的な宣言をする。

杏子は亜紀を調べていく過程で、新聞社時代の上司・上森(松尾貴史)から亜紀の隠された過去を聞き出す。

そして、再び亜紀の元へ…

絶体絶命の状況の中、次第にわかってくる真実――

そして、壮一郎たちはついに “本当の情報提供者” にたどり着く… その正体は !?

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グッドワイフ』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

パネル
杏子は遂に、遠山に会いますが、遠山は南原の事は言わず、壮一郎とは本気の関係だったというのでしょう。

おそらく、毎朝新聞社の上層部から弱みを握られて口止めをされていると思います。

一方、壮一郎の裁判が始まり、検察は壮一郎の贈賄の証拠をだしてきます。

しかも、倒産した富岡精工の社長も贈賄が壮一郎の指示だったと証言します。

そして脇坂が円香に会い、別れた夫との離婚問題の解決に協力する姿勢を見せて杏子の動向を探らせようとするのではないでしょうか。

一方、多田は壮一郎に、このままでは杏子が裁判に負けて事務所もクビになるので、自分が多田の代理人を務めるので、裁判が終わったら杏子と別れて欲しいと条件公証をすると思います。

又、杏子は再度、毎朝新聞社に行き、遠山の上司に会うと、上司は遠山が南原のスキャンダルの証拠を持っていたというのでしょう。

そして杏子は再び、遠山に会い、南原に掴んだ証拠の開示を求め公判では一発逆転の展開をするのではないかと期待します。

ペンネーム:パネル(60代・男性)

りんご
ついに夫の不倫相手に会いに行った主人公。

のっけから思わぬセリフを言い放たれ、一筋縄ではいかなそうです。

彼女はうそをついたのか、夫がうそをついているのか気になります。

また、事件の本当の情報提供者が現れるのかいなか、今回ライバルたちが手に入れた証拠というのは何だったのか見当もつきません。

仕事ではまたあらたな事件が起こりそうです。

事務所に正式に採用されるのは主人公かはたまた新人の若い弁護士かみどころです。

主人公と上司、さらに夫との関係はどうなるのかこちらも目が離せません。

同僚の女性もなんだかわけありの関係のような男性が出現していました。過去が知りたいです。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

マレット
壮一郎から聞かされた話とはまったく逆の話をする亜紀は実際、亜紀も南原のことを追っていたとのことが発覚する。

それでも亜紀は記者を辞めたため、これ以上南原を追及するようなこともしなく、杏子のことを敵視しているため、これ以上、杏子に情報を与えないとの態度を示すことになるという展開を予想する。

佐々木が壮一郎とつながっていることについて脇坂は既に気づいているかどうかということ、杏子は壮一郎の無罪を裁判できちんと証明することができるかどうかということ、杏子と壮一郎に勝ち目はあるかどうかということが楽しみなポイントである。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

kouasami
相変わらず活躍の蓮見杏子ですが、やはり気になるのは夫の弁護をどのようにして行くかということに尽きます。

夫の壮一郎は、多田の存在が気になり続けています。

杏子の弁護士事務所内で、2人は直接初めて口をききます。

検察側に追われる蓮見壮一郎です。

相変わらず真相は分からないままなので、杏子の苛立ちはつのります。

夫は何を隠しているのか、誰かを庇っているのか、まだまだ謎が多すぎます。

脇坂はとにかく黒すぎる人物ですね。

腹にドス黒いものを抱えすぎですし、政治家と繋がっているのも確実です。

杏子の方も夫の浮気相手の遠山に会いに行き、夫がその報告からヒントを得たので次の展開が望めそうです。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

まめこ
杏子は夫の不倫相手の遠山亜紀に会いに行くが、亜紀は何も話そうとしなかった。

壮一郎の裁判が始まり、検察側は証人にトミオカ精工の社長も呼んでいた。

全ては壮一郎の指示だったと証言させ、検察側に有利な状況で裁判が進んでいた。

一方で、脇坂は円香に接触していた。

木内と円香に関するネタを入手した脇坂は円香を利用しようと画策していた。

そんな中、多田が蓮見家にやって来た。

壮一郎にこのままでは杏子は壮一郎の裁判に負け、朝飛との正式採用争いにも破れてしまいと言い、ある衝撃的な宣言をするのだった。

杏子は亜紀を調べていく過程で、新聞社時代の上司の上森から亜紀の隠された過去を聞き出し、再び亜紀の元へ向かうのだった。

次回は、遠山亜紀から夫の知らない顔を聞かされます。

遠山亜紀の目的は何なのか、情報提供者は誰なのか、この二つが見どころとなりそうです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

タカシ
次回は円香が夫との関係が原因で仕事が支障が出るのかそれも裁判にしてしっかりと対処するのかは気になっています。

ドラマも終盤になってきているので多田と杏子と壮一郎の関係がどうなるのかはやはり気になります。

初回からずっと思っている壮一郎は善人か、それとも悪人なのかそこはそろそろはっきり見えてきて欲しいです。

7話では杏子と朝飛のどちらを採用するのかという点については全くなくてチームな感じが強かったのですが、次回もそういう感じなのかは気になります。

少しずつ蓮見一家、杏子の弁護士としての道、壮一郎が調べている政治家がらみの問題についての展開が見えてくることを願って来週も楽しみたいと思います。

ペンネーム:タカシ(40代・男性)

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グッドワイフ』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

まめこ

『グッドワイフ』第8話のあらすじネタバレ

杏子は夫の不倫相手の遠山亜紀に会いに行ったが、何も収穫はなかった。

壮一郎の裁判が始まり、検察側は証人にトミオカ精工の社長を呼んでいた。

全ては壮一郎の指示だったと証言させ、検察側に有利な状況で裁判が進んでいた。

円香は木内に検察を辞めた理由で脅されていた。

遠山亜紀の元上司の上森から離婚歴があることを聞いた杏子は円香に調査を頼んだ。

そんな中、多田が蓮見家にやって来た。

壮一郎にこのままでは杏子は壮一郎の裁判に負け、朝飛との正式採用争いにも破れてしまうと言い、弁護の協力を申し出た。

円香の調べで、遠山亜紀の4才になる娘の小春の心臓移植が判明する。

杏子は小春からの手紙を渡し、泣き崩れた亜紀からお金を受け取った事実を聞かされた。

秘書から壮一郎をはめればお金を出すと言われて、壮一郎に薬を盛って不倫をしたと思わせたのだと言い、実際には何もなかったと話した。

一方で、戸梶が情報を円香に流していることがバレてしまった。

脇坂は円香に接触していた。

円香と元夫の木内に関するネタを入手した脇坂は円香を利用しようと画策していた。

そんな中、遠山亜紀が階段で突き落とされて意識不明というニュースが流れた。

南原に会いに行き、亜紀が証言したら終わりだと言うが、勝ってる試合を中止にする人間がいますか?と言われる。

多田は文書の改ざんをした事務局長の宮前に接触し、証拠を入手した。

佐々木は多田が証拠を改ざんして持ってきたのではないかと言う。

壮一郎と杏子は本当の裏切り者を突き止めた。

『グッドワイフ』第8話の感想

第8話は遠山亜紀の意外な素顔が分かり、壮一郎と杏子の中も修復されるかというところまで来ました。

前回の最後で遠山亜紀の冷徹な顔を見ていたので、まさか悪い女を演じていたとは思いもしませんでした。

娘の心臓移植のために好きだった仕事も捨てるなんて、その愛情深さには感動しました。

人の弱味に漬け込むなんて、計画した人物がいかに冷酷かがよく分かりました。

今回の遠山亜紀の話で、壮一郎は浮気していなかったことが判明しましたが、それを知った多田の不穏な動きが気になりました。

誠実な多田を狂わせてしまうなんて、杏子の魅力が羨ましいです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

なるはや

『グッドワイフ』第8話のあらすじネタバレ

遠山が事件の真相をどこまで知っているか調べているか確かめるために蓮見杏子は遠山に会いに行った。

しかし遠山は真相を知らないという 特捜部の裁判で蓮見壮一郎をつぶすようにと裁判に負けてはならないとトップからの指示が出ていた。

蓮見壮一郎の裁判が始まる。

蓮見杏子の質問が次々と異議を唱えられ不利な状況にそんな中、多田から弁護の協力要請がありこの件に負けると職を失うことを知られてしまう。

そして情報交換をしている現場を特捜部の人間に目撃されてしまう。

遠山には離婚歴があり、アメリカで心臓の手術が必要で大金が必要な事がわかる。

蓮見杏子は遠山の娘からの手紙を手渡す そして遠山がついに真実を伝える。

蓮見壮一郎の社会的信用を落とすために取り引きをした事がわかる。

証拠の文書は翌日に遠山から受け取る事になった。

『グッドワイフ』第8話の感想

不倫した相手を仕事とはいえ会いに行き、真相を確かめに行かなければならない 蓮見杏子は凄いなと思いました。

いくら仕事とはいえ夫の不倫相手に会いに行き、話をするなんて並みの人ではできないなと思います。

特捜部の人間がバスに乗り、情報交換の現場を目撃したシーンにはびっくりしました。

裁判に勝つためなのか、回りの人間のちょっとした行動も見逃さずマークしているのには驚きました。

子供の手術のために大金が必要だったことがわかり、同じ子を持つ親として胸が痛くなりました。

手術をするために大金が必要となれば私自身もどう行動するかわからなくなりそうだなと思いました。

ペンネーム:なるはや(40代・男性)

ラジオ男

『グッドワイフ』第8話のあらすじネタバレ

裁判が始まり神山は杏子は厳しいと多田に言います。

多田は壮一郎に会い、弁護の協力を申し出ます。

一方、遠山は3年前に離婚し娘がいるとわかります。

杏子は娘がアメリカで心臓移植の8千万円のお金を口止め料で貰ったのかと言い、娘の手紙を杏子が遠山に渡すと動物の人形が入っていて遠山は涙を流します。

杏子は自分の子供の為に親が何をしたか真実を教えないといけないと言うと、遠山は南原から金を受け取ったが、口止め料でなく、見返りだと言います。

ハニートラップをしかけたら手術代金を出すと言われ薬を使って壮一郎に不倫があったと思い込ませたと言います。

経済特区の取材で南原の汚職の情報を遠山が持っていると改ざん前の決済文書に南原の証拠があると言います。

内閣府の宮前事務局長が改ざんをしたと疑われます。

3月17日に株を買った前にイーデンスの上場を知っていたという証拠があればインサイダーの疑いがあります。

杏子は壮一郎に真相を話します。

脇坂が円香に会い、元夫に金をせびられていると聞き、元夫から円香の秘密を聞いたので取引を匂わせます。

遠山が階段から落ちて重体だとニュースが入り誰かに突き落とされた疑いがあります。

遠山の文書は行方不明で、杏子は情報が流れていると言います。円香が裏切ったかと思いました。

多田はイーデンスを南原が選んだのは未上場のイーデンス株を所有する企業の資産価値が上がるので、その株を買っていたと多田が言います。

南原に壮一郎は遠山の意識が戻ったら突き落とした相手も消すのかと言いますが、南原はとぼけます。

多田は宮前が息子が通う大学の学長と仲が良いと言い、多田は宮前に今なら内部告発で済むと言い文書を入手します。

佐々木は本物の文書なのか多田が杏子との関係を続けようと文書を改ざんするかもしれないと壮一郎に忠告します。

狐とタヌキの馬鹿しあいです。

誰が真の味方か判りません。

円香か佐々木が裏切り者でしょうか?。

『グッドワイフ』第8話の感想

公判で富岡精工の社長が壮一郎が贈賄を指示した証拠の音声を公開しますが、杏子は壮一郎がパーテイーでオードブルを勧められたときの音声を合成したと主張し、500万円を振り込みの時に普段使わない口座に金を振り込んだのは、すぐに気づかれないようにしたのではないか、何故、すぐに告発したのか不自然だと言いますが、証人は否定し、杏子にとってはとても、裁判では勝てそうにないと思わされました。

しかし、円香の情報で杏子が判れた遠山の娘が心臓移植の手術費用を入手したとの情報を得た時点では円香は杏子の味方だと思いました。

もし、娘の情報がなければ遠山の口から真実は出て来なかったでしょう。

同じ子を持つ母親どうし、気持ちが通じ合えたのが、良かったです。

円香が、裏切り者でないと信じたい気持ちです。

そして杏子にとってもハニートラップがあって、不倫は壮一郎の思い過ごしだったと判ったのは救いでしたが、それでも何故か杏子にも壮一郎にも笑顔がなかったのは、一度、不信感を持たれて壊れてしまった夫婦の溝の深さを見せつけられました。

一方、多田の複雑な心理描写も巧みでした。南原の告発文書が明らかになれば壮一郎と杏子の関係は元に戻り、多田の手の届かない場所に行ってしまうので、かといって、真実の追求の為には証拠は握り潰せないという葛藤が理解できます。

しかし、杏子の言うように、多田は、そんな気量の狭い人間ではないと信じたいです。

一方で、改ざん文書が公表されそうになり、焦っているようにも見える佐々木も怪しいなと思います。

誰が味方で敵なのか、混沌としてわからない練られた演出です。

ペンネーム:ラジオ男(60代・男性)

さこ

『グッドワイフ』第8話のあらすじネタバレ

今回は蓮見さんの事件の奥底に迫る物語。

裁判は劣勢でうまく進みません。

多田先生も仲間に加わり、展開が膨らみます。

ずっと気になっていた遠山さんとの関係…実は何もなくハニートラップだったと聞いて安心しました。

それにしても、子どもの手術代のために仕掛けるとは汚い手。

まどかさんと蓮見先生の関係が微笑ましくなってきたところで遠山さんの転落事故が発生…

まどかさんの過去とはそんなに知られたくないことなのか…

そして多田先生が加わることでせっかく掴んだ事実が捻じ曲げられそうでややこしくなりました…

最後は裏切り者の登場ですが来週に続きます。

『グッドワイフ』第8話の感想

蓮見先生とまどかさんの微笑ましい関係ににやけてしまいましたが、まどかさんは本当に遠山さんを突き落としたのでしょうか?そんなことする人には思えない…

DVをしていた夫、本当に腹立たしいです。

そして、特捜部がそんなに探偵みたいなことをしていていいのか疑問になります。

遠山さんと蓮見さんの関係は全くなく、ハニートラップと聞いて安心しました。

本当に裏のない人なんですね。

多田先生が仲間に加わることでややこしくなってもどかしくなりました。

恋のもつれはややこしいですね…

最後の裏切り者への蓮見さん話し方、滝藤賢一さんでしょうか…気になりすぎて来週まで待つのがしんどいです。

ペンネーム:さこ(20代・女性)

道子

『グッドワイフ』第8話のあらすじネタバレ

杏子が遠山亜紀の子供が心臓移植のために多額な資金が必要となったことを突き止める。

壮一郎はハ二-トラップにあっていたことが遠山から聞かせれる。

遠山から南原の不正の証拠を受け取ることになったが、遠山は何者かに階段から突き落とされ意識不明となる。

円香は元夫から過去にDVを受け過去の検察時代の脅迫を受ける。

脇坂はこの事実を知り円香を利用しようと何かを企む。

杏子が壮一郎の弁護をするが、多田はこのままでは裁判に勝てる見込みがないことがわかり杏子に協力をする。

多田は事務局長から需要な書類を預かるが、この書類は佐々木の手に渡ることになる。

『グッドワイフ』第8話の感想

円香が検察時代にどんなことをしたのか気になり、このことで元夫から脅迫される意味が全く見当がつかない。

脇坂は円香に接近したことが気になった。

壮一郎は不倫した事実がなかったことがわかり、多田は杏子と壮一郎の関係が元の戻ってしまうことの邪魔をするような人物には思えない。

必ず事務局長から書類を受け取り杏子に渡すはずだと信じていた。

改ざん前の議事禄と改ざん後の議事録が多田が持っていたことが、その直後に佐々木から偽物の文章なのではないかと電話があり、改ざん前の文章が佐々木の手に渡ったことで、佐々木を裏切り者に繫がる確信を持ってしまった。

ペンネーム:道子(50代・女性)

りんご

『グッドワイフ』第8話のあらすじネタバレ

杏子は夫の弁護のため裁判に出廷しますが、勝ち目がありません。

政治家の不正を証明するための資料を手に入れようと画策しますが、なかなかうまくいきません。

多田は自分も弁護の仕事を手伝わせほしい、自分を利用しろと杏子と夫に申し出します。

そんな中、夫の不倫相手とされる女性が実は、離婚していて娘がいることがわかります。

彼女の娘は病気を患っており、その手術のために大金を寄付した女性がいるということがわかります。

杏子は彼女が重要な証拠となる資料を持っているということを聞き出します。

彼女から資料を渡してもらうまさにその日に、彼女は階段から落ちて意識不明となってしまいます。

多田は資料を手に入れますが、すぐには杏子に渡しませんでした。

『グッドワイフ』第8話の感想

まさか多田が杏子と夫に自分を利用しろというとは思いませんでした。

急に行動的になった彼に驚きました。

不倫相手だったとされる女性が本当は何もなかったと告白した時はよかったと思うものの、やっぱり複雑な気分でした。

杏子には円香という信用できる相談相手ができてよかったと感じました。

まさか遠山亜紀が意識不明になるとは思ってもみなかったので、この展開には驚愕しました。

やはり政治家は腹黒い人が多いのかと思ってしまいました。

さまざまな伏線が折り重なっていて、いったい誰が犯人なのか、検討もつきません。ハラハラドキドキします。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA