【グッドワイフ】8話ネタバレと感想。本当の裏切り者は誰だ!

  • この記事を書いた人:Kawai
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

2019年3月3日(日)「グッドワイフ」8話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
壮一郎の裁判が始まるが、不利な状況になるが、事件のカギを握る本当の情報提供者。それは現れるのかな。
ラマちゃん
杏子は、亜紀を調べて行くうちに、亜紀の過去に知るようです。亜紀の過去とはなんだろう。

壮一郎の裁判で、検察側の有利で進む。脇坂はまどかの弱みを握り、利用しようと画策。杏子は、亜紀の元上司から、隠された過去を聞き、亜紀に会いに行く、次第に真実が見えて.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』8話あらすじネタバレと感想

亜紀は、倉庫で働いていた。杏子は、経済特区に関して、政治がらみの汚職を調べていたのではと問うが。亜紀は、壮一郎との不倫のことばかり言いごまかす。

何も得られず杏子は、壮一郎の裁判の準備のため事務所に戻ると、多田から、順調に言っているかと心配される。

脇坂は、御手洗検事正から、げきを飛ばされ、壮一郎を必ず潰すように命じれれる。

裁判が始まり、壮一郎は、無罪を主張する。

トミオカ精工に、賄賂を依頼したという壮一郎の音声データに対し、合成ではと杏子は指摘するがうまく行かない。

500万円を振り込んだ口座は普段使われてない口座で、気づく前に告発したと故意を主張するが、決定的な否定材料にはならず、このままでは、有罪判決がでそうだった。

杏子は、亜紀しかいないと調べることに。

代表の佳恵は、今回の裁判が終わったら、朝飛にするか杏子にするか決めると多田に告げる。

まどかは、元夫・木内に、検察官時代になぜ辞めたのかばらされたくないだろうと付きまとわれていた。朝飛が助けるが、返り討ちに。

多田は、フットサルをやりながら少し荒れていた。朝飛は、好きな人が、夫の裁判をやるなんで荒れる気持ちが分かると同情する。

朝飛も、自分も何もできないと、多田の気持ちが分かっていた。

杏子は、もう一度、亜紀の上司に会いに行き、亜紀が、何を調べていたか分からなかったが、結婚していたことを知る。

翌朝、子供を送り出し慌ただしくしていると、多田が家を訪ねてくる。

弁護の協力をさせて欲しいと言い、杏子は、朝飛と争っており、このままでは負ける。自分をうまく利用してほしいと提案する。

まどかは、検察庁の戸梶と情報交換をしているところを、脇坂の息のかかる吉村に見つかってしまう。吉村は、脇坂に報告し、いいタイミングで見つけたと。

多田は、事件の全容を聞き、情報提供者も捕まりどうするつもりだったと壮一郎に怒る。視点を変えて、なぜイーデンスだったのかと。

イーデンスは、非上場で、経済特区に採用され、上場して株価が上がったと、直接イーデンス株を持っていたらばれるが、イーデンスに出資している会社株ならばれる可能性が低いと。

南原の隠し口座も含め、その線を追うことになる。

みちるは、杏子に、亜紀には、娘がいて分かれた夫と暮らしているとの情報を得る。杏子は、元夫・輝夫を訪ね、娘がアメリカで心臓移植の手術をしたことを知る。

杏子は、再度、亜紀に会い、娘の手術のため数千万のお金を用意したと問う。そのお金が口止め料だったのではと。否定する亜紀に、杏子は、マスコミにリークすると脅す。

杏子は、亜紀の娘からの手紙を渡す。それを読み泣く亜紀。杏子は、子供たちのために真実を明かすことが必要と説得する。

亜紀は、南原の秘書からお金をもらったが、口止め料ではなく、壮一郎の社会的な地位を落とすため、関係を持てと命令されたと。

亜紀は、壮一郎が誘いに乗ってこないため、睡眠薬を飲み物に入れて、関係を持ったように壮一郎に思い込ませたと。報道陣に何回も関係があったと言ったのも南原の秘書の命令だと。

経済特区について取材をしていたが、つかんだわけではなかった。ただ、情報提供者から、情報は得て持っていると。

杏子は、ホテルの部屋で、壮一郎と佐々木に会い、亜紀が、改ざん前の経済特区の入札記録を持っていて、明日受け取ると伝える。

多田が、部屋に入ろうとした時、検察の役人がつけてきていた。

多田は、イーデンス関連企業に、南原がペーパーカンパニーを通じて株を購入し、経済特区に決まった時に売りぬき、5億の儲けを得たことを報告する。

壮一郎は、亜紀の持っている文章に、南原が、未公開株を買ったという証拠が掴めばと喜ぶ。

杏子は、亜紀と壮一郎には、関係は一切なく、ハニートラップだったことを打ち明ける。

家に帰る途中で、壮一郎は、杏子に、子供たちには、すべてが済んでから伝えたいと言われ納得し、途中でみちるに会うため別れる。

杏子は、みちるに会い、壮一郎と亜紀は何もなかったことを伝え、今さら、何もなかったことにできないと胸の内を明かす。

相談できるみちるに会えて良かったと。みちるは、検察官時代に何があったのか、杏子に言うか迷っていた。

翌日、みちるは、いつもの検察庁の戸梶との情報交換をしようと待っていると、脇坂が現れる。

脇坂は、みちるに元夫をおっぱらったと、検察官を辞めた理由を、事務所に知られるとまずいのではと脅され、頼みを聞いてほしいと。

杏子が、亜紀を待っていると、朝飛から電話が入り、亜紀が、階段から突き落とされ意識不明の重体だと知る。その話を聞いた壮一郎は、怒りに震える。

杏子は、佐々木に会い、亜紀の所持品には書類はなく、突き落とされたのはタイミングが良すぎると。だれか、内通者がいるのではと。

多田は、特命推進事務局長を当たると伝え、佐々木は亜紀の周辺を探ると、佐々木は、壮一郎とともに、強い検察を目指してした、ここでやめるわけにはいかないと。

壮一郎は、野球観戦している南原に、亜紀が死ななかったのは失敗だった。目を覚ますと犯人が分かると脅すが、南原は動じない。

多田は、特命推進事務局長・宮前に接触し、宮前の息子が通っている帝都大学との黄なくさい噂をネタに脅し、政治家の汚職の証拠と交換する。

多田は、証拠を杏子に渡すか迷っていた。証拠を渡してしまうと、壮一郎は無罪となり、杏子と壮一郎は元のさやに戻る。

杏子が、多田の事務所の部屋に入ってきた時、多田は、思わず、証拠は手に入れられなかったと言ってしまう。

佐々木は、亜紀の自宅には、文書はなかったと。監視されていることを壮一郎に伝える。

多田は、突然、特命推進事務局長の証拠を入手したと杏子に電話する。

壮一郎と杏子に、特区に選ばれた5社の聞き取り記録が入って、すでにイーデンスが上場することも書かれていて、その後に南原がイーデンスを押し、株を買ったと説明する。

佐々木は、本物だろうかと疑う、事務局長が偽物を多田に渡した可能性もあるし、多田が、杏子のことを思っており、壮一郎が無罪になっては困るから改ざんした物を渡した可能性のもと。

杏子は、多田をかばうが、壮一郎は、確固たる証拠を再度見つけようと言い、書類を佐々木に渡し処分を頼む。

壮一郎は、杏子に、本当の裏切り者はだれかを確かめに行こうと誘う。雨の中、傘をさした人物が、壮一郎と杏子の前に現れる。

壮一郎は、「やっと分かったよ、お前が南原に情報を流していたんだな」と。

ここまでがネタバレですが、第8話は、亜紀は、子供を救うため、南原の指示で、壮一郎を誘惑したことを知る。南原のインサイダーの証拠を掴むが.....。

亜紀は、娘の病気を治すため、南原の秘書の指示で、壮一郎をハニートラップにかけて陥れたのですね。壮一郎と亜紀には何もなかったが、杏子は素直になれませんでした。

脇坂は、みちるに何を頼んだのか、みちるが、事務所に言えない検察官を辞めた理由とは何だろうか。DV夫から逃げるため、情報を売ったのだろうか。

多田は、南原の不正の証拠を渡すか迷いましたね。渡せば、杏子と壮一郎が元に戻ることを危惧したのですが。気持ちは分かるのですが。

ドラまる
多田は、最後に、本物の証拠を渡したと信じたいね。そんなことをしても、確かに、壮一郎は有罪になるかもしれないが、ばれた時に、杏子に嫌われるリスクが高いからね。
ラマちゃん
最後に現れた、本当の裏切り者とはだれでしょうか。壮一郎が、佐々木に、書類を渡したあと言ったので、もしかしたら、佐々木なのかもしれないですね。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』8話ネット上の反応

ドラまる
多田先生が切ないとの声や、次回、多田ファンが死ぬとも、多田人気急上昇ですね。

ラマちゃん
本当の裏切り者は、黒幕予想をみなさんしてます。佐々木が怪しいが多いかな。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グッドワイフ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『グッドワイフ』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『グッドワイフ』9話のあらすじ

2019年3月10日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第9話のあらすじをご紹介します。

壮一郎(唐沢寿明)の一連の事件を計画した “裏切り者” の正体がついにわかった。

その “裏切り者” は、壮一郎に衝撃の理由を語る。

そんな中、法律事務所では、円香(水原希子)のある秘密が波紋を呼び、円香は事務所を辞めることを決意していた。

また、杏子(常盤貴子)と朝飛(北村匠海)の本採用を懸ける争いも、ついに決着がつく。

果たしてどちらが採用されるのか !?

一方、一連の事件が解決した壮一郎だったが、あることがきっかけで多田(小泉孝太郎)からの留守電を消したことが杏子にばれてしまう。

そのことで言い合いになり、夫婦の間に亀裂が…。

さらに、壮一郎は、多田に関して何か仕掛けようと画策していた。

そんなある日、多田の想いを改めて聞いた杏子は多田と二人きりになり、急接近する…

公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グッドワイフ』8話のあらすじネタバレ、感想、9話のあらすじを紹介しました。

亜紀と壮一郎は関係がなかった。南原の不正の証拠を亜紀が渡す直前に事故に。多田は、証拠を掴むが、杏子を思い渡すか悩む。壮一郎は、多田を疑い、証拠は採用しないことに。

ドラまる
本物の裏切り者の正体が分かり、その理由は衝撃のようです。誰なのでしょうか楽しみです。
ラマちゃん
みちるは、検察官時代の秘密が波紋を呼ぶようですね。その秘密とは。みちると仲良くなった杏子はどうするのかな。

一連の壮一郎の事件は決着するようですね。

杏子に、多田の告白伝言を消したことがばれるようです。

壮一郎と杏子、そして多田との関係はどうなってゆくのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA