【グッドワイフ】7話ネタバレと感想。不倫相手の亜紀(相武紗季)との対決開始!

  • この記事を書いた人:Kawai
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

2019年2月24日(日)「グッドワイフ」7話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
杏子は、壮一郎から事件の全容を聞く。杏子は、どう思うのだろうか。告白した多田、それを知った壮一郎、二人の対決も楽しみですね。
ラマちゃん
カリスマIT社長が、自分をモデルに作られた映画を、イメージダウンになると訴訟を起こす。杏子の活躍するのかな。

壮一郎は杏子に全容を話し、南原の汚職の鍵を握る情報提供者を探す。IT社長から、自分をモデルに無断で映画にした会社との訴訟を担当する杏子。相手と話がかみ合わず窮地に.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』7話あらすじネタバレと感想

多田は、杏子に告白の電話を入れ、夜8時に会社の屋上で待つとの伝言を残すが、壮一郎が聞いて、削除してしまう。

佐々木と壮一郎は、杏子に、現職の官房長官・南原の汚職の証拠を持っていると情報提供者からあり、捜査を進めていたら、壮一郎が逮捕されてしまったと全容を教える。

今は、その情報提供者と証拠の文章を見つけることが最優先であることが分かる。

家に帰り、壮一郎の母・幸枝は、杏子に弁護士を引き受けてくれた感謝を言う。杏子は、壮一郎を信じたわけではなく、本当のことを知り、判断するために弁護を引き受けたと。

多田は、会社の屋上で、杏子を待ち続けていた。

翌日、佳恵は、杏子に、壮一郎の弁護は、検察側も真剣に向かってくるし、浮気した夫を弁護した妻と世間も冷たいだろう。人生を狂わされることになると忠告。

杏子は、勝てば事務所の宣伝にもなるし、自分自身のためにもやりたいと。佳恵は、やるからには勝つようにと指示。

カリスマIT社長・剣持から名誉棄損の訴訟案件が入り、多田のサポートで、朝飛と杏子も入ることに。杏子は、多田の様子がぎこちないのが気になっていた。

剣持の古民家暮らしのライフスタイルをモデルに、映画がつくられていて、その映画で、古民家暮らしだが成金主義と嘘のイメージをつけられ、株価も下がり、バッシングも受けたと。

剣持は、映画会社にクレームを言いにいったが、相手にされず訴訟を起こすことに決めたと。賠償金は不要で、謝罪の動画を流すことと映画の中止を条件にしたいと。

多田は、映画会社のプロデューサー・二見に会うが、剣持をモデルにしていないたまたま似てるように見えるだけだと全面否定。

映画が、剣持をモデルにしていると証明ができれば良いと。佳恵は、大口クライアントを掴むチャンスだと意気込む。

朝飛は、剣持の古民家に行き、色々な角度から写真をとる。剣持の古民家と映画は類似点が多くあった。

杏子は、情報提供者から連絡はまだないと佐々木に伝える。部屋に入ると脇坂の横には、以前杏子が負かした吉村が立っており、脇坂は、吉村も担当すると紹介する。

吉村は、公判の会期延期の申し出があったが、裁判所に必要ないと伝えたと。杏子は、弁護活動を始めてから日も浅いので、時間が欲しいというが、望みは薄かった。

吉村も担当についたのは、脇坂が佐々木を疑っているからだと、佐々木を外さないのは、こちらの動きを把握したいためだろうと壮一郎は読む。

佐々木から、壮一郎が無茶をしないようにして欲しいと言われたと杏子。壮一郎は、南原の不正を暴くことが目的で多少のリスクは負うと、情報提供者から連絡があるように手は打ったと。

多田から杏子に電話が入り、まとめたファイルを送って欲しいと。その姿を壮一郎は睨みつけていた。

剣持の裁判が始まる。多田は、古民家など、映画との類似点を列挙するが、プロデューサー・二見は、偶然だと言い張る。

映画会社は、今回の裁判をいい宣伝だと思い、長引かせることを狙っていると、多田は、剣持に伝える。

剣持は、自分の実家は農家で、最近になってようやく、周りに認めてもらってきたのに、あの映画のせいで、母親から泣いて電話があったと。意図した映像は許せないと。

壮一郎は、情報提供者から連絡が入ったと明日会えると、佐々木と杏子に伝える。

佐々木は、記者会見の成果があったと喜び、壮一郎は、あの会見で、まだ、諦めていないことを伝えたかったと。杏子は、あの会見は、子供たちを守るために開いたのではと怒る。

全てを話してもらうために弁護士になったのにと杏子がいうと、多田からの電話で遮られたと、多田は、気があるのではと疑う。

逮捕されたからどんな気持ちで過ごしてきたか、もっと前からもと杏子は言いかけやめる。

壮一郎は、本音を言わないからと言うと、あの女性の前では言うのかと喧嘩になりそうになり、杏子は、事務所に行くと去る。

杏子は、事務所で、みちるに、壮一郎と喧嘩をして、思わず、あなたのために、夢だった弁護士を捨てて子育てに専念したと嫌な女をさらけ出すところだったと。

みちるは、もっと本音を言って良いのでは、多田先生も選択肢の一つではと。杏子は、多田のことを昔は弟としてしか見えなかったが再会して良いところが見えてきたと語る。

みちるは、なぜ、新聞記者・亜紀は何回も会ったと嘘をついたのか。壮一郎が嘘をついたか、まだ未練があって、家族に大切に思う壮一郎を恨んだかと予想する。

杏子に、一度、亜紀に会って本音を聞いてみてはどうかと提案し、修羅場を避けていては真実が見えないかもしれないと。

杏子は、新聞社の亜紀の上司を訪ね、新聞社を辞めたことを知る。あの報道の前に大きな事件を掴んで記事にできそうと喜んだ矢先で、壮一郎を恨んでいたと。

朝飛は、映画のヒットによって、グッツが飛ぶように売れていると多田に伝える。多田は、剣持の映画だと説明されて、グッツ会社から映画制作資金を集めたのではと思いつく。

グッツ会社を調べることに。

杏子のところに、壮一郎が、情報提供者に会うのは良いが、検察が跡をつけていると、助けを求めてくる。

杏子は、外に出る準備をするからと、壮一郎に伝える。そこには、多田がいた。

多田は、壮一郎の弁護を引き受けて、事務所での立場が悪くなってきている。壮一郎では幸せにできないと。

壮一郎は、多田には関係がないと、今の案件うまく行っていないのではと。多田は、すぐさま、みちるを呼んで、あることを調べてもらう。

多田は、朝飛とグッツ店に行き、店長に、剣持の映画だから出資したと聞く。証言をしてもらうため、店長が脱税しているとの情報で脅し、証人になってもらうことを約束させる。

壮一郎と杏子を乗せたタクシーを、検察の吉村の車がつけていた。信号で、急に曲がり、吉村の車が足止めされる間に、壮一郎だけタクシーを降り尾行をまいた。

壮一郎は一人、情報提供者を公園で待つ、人影が現れ、警察が取り囲み連れて行く。背後から、吉村が出てきたのを気づくと、壮一郎しまったばれたと思う。

家に帰った壮一郎は、佐々木から、まだ黙秘しているとの連絡を受けるが、杏子に、脇坂の手に落ちたと落ち込む。

杏子は、初めて、落ち込んだ姿を見たと、亜紀に会ってきたが、会社を辞めたと、大きな事件を追っていたと話すと。

壮一郎は、亜紀から経済特区のことを聞かれたが、もしかして、同じ南原の事件を追っていたのかもしれないと。

亜紀に会いに行くという壮一郎を、杏子は、また、検察に摑まるかもしれない。自分が接触すると。

脇坂は、情報提供者を、今ならお咎めなして帰れると脅し、吉村たちには、一般人だったと嘘をつく。南原に会い、内閣府の役人だったことと、持っていたUSBを渡す。

映画プロデューサー・二見はネットで剣持もモデルにして、事実と違う演出をしたことを謝るネット配信と、映画の中止を行った。

朝飛は、佳恵に、多田が、剣持の件で、グッツ店の弱みを握り脅すため、みちるに情報を探らせたと。多田も、あくどいことをすると驚く。

杏子は、亜紀に会い、大きなネタを取材していたと聞いたがと。亜紀は、壮一郎とどんな関係だったか聞きたいのではと。

ここまでがネタバレですが、第7話は、壮一郎は、杏子の手助けもあり、情報提供者を会うが、脇坂に奪われる。多田は、IT社長の依頼を解決。

杏子が、壮一郎の事件の全容を聞くことになります。情報提供者と接触するために、会見を開いたと知り、夫の嘘にショックをうけましたね。

杏子は、壮一郎と家族のために、弁護士の夢を捨てたのにと言いたかったのでしょうね。壮一郎も、杏子に、もっと本音を言って欲しいと思っていて、お互いの我慢がぶつかりました。

ドラまる
壮一郎と対峙した多田は、あなたには杏子とのことは関係ない、仕事もうまくいってないと指摘され、目の色が変わりました。杏子のことを本気で思っているのですね。
ラマちゃん
情報提供者が脇坂の手に。壮一郎と不倫していた亜紀が何かを掴んでいるようです。杏子は、亜紀に会って冷静さを保ってましたが、心の中は穏やかではないのでしょうね。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』7話ネット上の反応

ドラまる
壮一郎と多田の対決、杏子と亜紀の対決に面白いとのネットで声が上がってますよ。

ラマちゃん
次週、多田が何をいうのか注目、多田役の小泉孝太郎にも注目が集まってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グッドワイフ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『グッドワイフ』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『グッドワイフ』8話のあらすじ

2019年3月3日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第8話のあらすじをご紹介します。

杏子(常盤貴子)は壮一郎(唐沢寿明)のスキャンダル相手である遠山亜紀(相武紗季)に会いに行くが、亜紀は何も話そうとしない。

そしてついに、壮一郎の裁判が始まる。

検察側は賄賂の証拠を揃え、さらに証人にトミオカ精工の社長も呼び、すべて壮一郎の指示だったと証言させる。

検察側の絶対的有利な状況で裁判が進んで行く中、壮一郎は事件の “本当の情報提供者” を見つけることが、事件解決に繋がると杏子たちに説明する。

一方で、脇坂(吉田鋼太郎)が円香(水原希子)に接触。

脇坂は木内(丸山智己)と円香に関して何かを掴んでおり、円香を利用しようと画策しているが…。

そんな折り、多田が蓮見家を訪ね、壮一郎に、このままでは杏子は壮一郎の裁判に負け、朝飛(北村匠海)との正式採用争いにも破れると言い、ある衝撃的な宣言をする。

杏子は亜紀を調べていく過程で、新聞社時代の上司・上森(松尾貴史)から亜紀の隠された過去を聞き出す。

そして、再び亜紀の元へ…

絶体絶命の状況の中、次第にわかってくる真実――

そして、壮一郎たちはついに “本当の情報提供者” にたどり着く… その正体は !?

公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グッドワイフ』7話のあらすじネタバレ、感想、8話のあらすじを紹介しました。

壮一郎は、杏子に全容を話し、情報提供者を呼び出すことに。杏子の協力で検察の尾行を逃れたが、情報提供者を奪われる。IT社長の名誉棄損を多田は、別の突破口を見つけ解決。

ドラまる
壮一郎の裁判が始まり、かなり不利な状況になる。多田は、壮一郎を訪ね、衝撃の宣言をするらしい。その宣言興味がありますね。
ラマちゃん
亜紀の過去を聞いた杏子は、再び、亜紀に接触するようです。亜紀の過去とは、杏子は亜紀から何を聞きだせるのでしょうか。

脇坂は、まどかの弱みを握る。今話で、まどかに接触してきた男はだれでしょうか。まどかにも注目ですね。

壮一郎がたどり着いた、本当の情報提供者とは。次週も見逃せません。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA