グッドワイフ|6話の動画無料視聴はこちら【2月17日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

ドラマ『グッドワイフ』第6話(2019年2月17日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『グッドワイフ』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『グッドワイフ』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『グッドワイフ』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『グッドワイフ』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『グッドワイフ』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年2月17日(日)放送終了後〜2019年2月24日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論から申しますと、最もお得に『グッドワイフ』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッドワイフ』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッドワイフ』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『グッドワイフ』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第6話のあらすじは?

2019年2月17日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第6話のあらすじを紹介します。

多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。

多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。

杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。

車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。

人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。

病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。

結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。

しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。

一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。

佐々木(滝藤賢一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。

そんな中、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。

南原に自ら接触をはかる―

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グッドワイフ』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

マレット
保釈が決まったとのことで無事保釈されるという蓮見は家に帰宅し、杏子、隼人、綾香には何も隠さないで、自分の身に何があったか?とのことについて話すことになる。

それで蓮見はもう一度やり直したいのだと杏子に話す。

それに対し、多田はまたもや杏子に告白することになる。

杏子は多田と蓮見のことで悩んでいながら仕事をするという展開を予想する。

杏子は蓮見と離婚しないで、今後過ごしていくことになるかどうかということ、蓮見は政治絡みのことも含めて何を隠しているのか?が明らかにされるかどうかということが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まさ
毎回の裁判のテーマとその行方は必ず一癖あるような話で面白い見どころではあるが、やはり、裏のストーリーとして進んでいる壮一郎の事件が気になるところだ。

脇坂はこの事件にどうかかわっているのか。脇坂は政治家とつながっているのか。

今回やっと事件の真相が見えてきて、今後どのように発展していくのか、政治がらみとはどのような事件なのかとても気になるポイントだ。

また、壮一郎の帰りを待つことにした杏子と杏子に思いを寄せる多田(小泉純一郎)との関係がどうなっていくのか杏子と壮一郎は離婚してしまうのか、これも気になるところだ。

ペンネーム:まさ(30代・男性)

なるはや
拘留されている蓮見が仮保釈されて、杏子との離婚が成立してしまうのか?

多田が昔から秘めていた思いを告白して離婚を後押しするのか次回が楽しみな展開になりそうです。

蓮見が保釈を要請するのは離婚の事もそうかもしれませんが、脇坂の悪事を暴く為に保釈となり自由の身となって堂々と調査して悪事を暴いてくれると期待しています。

盗聴器を仕掛けて蓮見の家の中での会話を盗聴するなど東京地検がやる事かと呆れてしまいましたが、まさかの脇坂の妻の暴露によって明るみになった事は良かったなと思います。

次回も蓮見と蓮見杏子と多田の微妙な感じの三角関係に結論は出なそうですが、保釈となったので何か動きがあるかなと楽しみにしています。

ペンネーム:なるはや(40代・男性)

まゆゆ
蓮見壮一の保釈が決まり、帰ってくることを多田に伝えた杏子ですが、壮一郎の不倫は別にして、しゅうわいようぎははめられたものだとわかれば、離婚はしない方向で話が進むかもしれません。

でも、予告で多田が杏子に、「ずっと好きだった」と言ってたので、杏子はその気持ちをどう受けとめていくのかが気になります。

また、多田が杏子を自分の事務所にいれたのは、もしかすると壮一郎の逮捕にも関係があるのかもしれません。

朝飛弁護士や、パラリーガルの円香さんたちとの関係もよくなってきている杏子さんの活躍に期待しています。

また、保釈された壮一郎と佐々木が、どつやって南原を追い詰めていくのかも楽しみです。

ペンネーム:まゆゆ(50代・女性)

まめこ
多田が集団訴訟の代理人をすることになる。

健康被害で賠償金は15億円を見込める訴訟で、多田が3年かけて無料で相談に乗ってきた大事な案件だった。

正式契約の当日、もう一人の弁護士が現れる。車椅子の三栗谷剛だった。

人づてにこの訴訟を聞き付けて、アポもなしに突然やって来たのだ。

自分の病気の話をして言葉巧みに被害者の心を掴んだ三栗谷は代理人の座を奪おうとしていたのだった。

被害者の多数決で決めることになったが、相手側の企業と三栗谷が繋がっていることが判明する。

そんな中、保釈されて壮一郎が帰ってきた。

佐々木と証拠探しに奔走し、南原を追い詰めようと必死だったのだ。

壮一郎はついに南原と脇坂が接触するのを目撃し、自ら南原に会いに行くことにした。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

カルピス
盗聴されていたことが判明した家族の今後の状態を描いていくことになると思います。

この家族も離婚問題を抱えていましたが、娘がいるので、なかなか難しいんではないかと思います。

盗聴した犯人について、これから突き詰めていくんだと思います。

ここで、家族の絆が深まるか、壊れたままヒビが入っていくのかは、夫の行動の仕方によるかなと思います。

妻の方も、本当に離婚したいなら、とっくにしていると思います。

確かに子供のこともあるとは思いますが、家族にとってのベストは何かということを再度確認しあい乗り越えていくはずです。

私は、この家族たちは元に戻るのではないかと思います。

ペンネーム:カルピス(20代・女性)

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グッドワイフ』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

kouasami

『グッドワイフ』第6話のあらすじネタバレ

健康被害による集団訴訟を多田と蓮見杏子が受け持つことになりました。

充分に準備を踏まえての状態であったが、どこかで情報を聞きつけた車椅子の弁護士、三栗谷が割り込んでくる事態となりました。

夫の壮一郎が保釈され帰宅して来ました。

長男は複雑な様子、娘の綾香は、伏し目がちながらも父にお帰りなさいといい、壮一郎を喜ばせるのでした。

三栗屋は、訴訟相手企業との接触が明らかになり、被害者団体の弁護を降りることになりました。

さらに、被害者それぞれに破格の賠償金を支払わせることを約束させられたのです。

杏子たちの手柄でした、がラストで三栗屋にあっと驚かされて、屈辱的発言をされます。

『グッドワイフ』第6話の感想

夫の壮一郎も釈放され、ストーリーは佳境を迎えます。

夫の存在に焦りを隠せない多田の存在は、壮一郎も意識せざるを得ない状態です。

それにしても、杏子の仕事ぶりはすごく成長していて、見ていて気持ちが良いです。

今回は裁判シーンはありませんが、三栗屋に対しての堂々としたものの言いっぷりは爽快感抜群です。

家族の元へ帰ったものの、夫、壮一郎の表情は暗いままなのが謎を深めます。

いつも奥歯にものの挟まった言い方、すっきりと釈明をできない歯がゆさ、じれったいです。

何を隠しているのか、早くはっきりとさせてもらいたいものです。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

まめこ

『グッドワイフ』第6話のあらすじネタバレ

多田が集団訴訟の代理人をすることになった。

クロソナイトが原因の健康被害で賠償金は15億円が見込まれた。

多田が3年かけて無料で相談に乗ってきた大事な案件だった。

しかし、正式契約の当日原告団がもう一人の弁護士三栗谷剛だった。

三栗谷は脳梗塞で体が不自由だったが、それを武器に言葉巧みに原告団の心を掴んだ三栗谷は代理人の座を奪おうとしていた。

そんな中、保釈された壮一郎が帰ってきた。

子供たちは冷たい態度で、壮一郎は無実だと言って必死に説得しようとしていた。

人生をかけて償うと言うが、子供たちには響かなかった。

杏子は陥れたのは誰なのかと壮一郎を問い詰めたが、話してもらえなかった。

最後の手段に出た多田たちは、海老塚建設に出入りする三栗谷の様子を撮影した。

三栗谷が繋がっていることが判明したが、相場より安い500万円で和解すると勝手に交渉するのは怪しいと指摘した。

見かねた原告団の代表は、協同弁護にすると決めた。

杏子は電話で席を外した三栗谷の手帳のボールペンに書かれていた会社が気になる。

壮一郎は後輩の応援演説に来ていた南原に接触した。

壮一郎は脇坂と接触したのを目撃していたのだった。

遠山亜紀がテレビの取材に応じ、杏子の自宅にマスコミが押し寄せていた。

杏子は壮一郎に怒りをぶちまけるが、多田からの電話で仕事に戻ることにした。

三栗谷がテイショーコーポレーションの顧問弁護士の候補になっていることを掴んだ多田たちは、原告団を集めて一人2000万円で交渉が成立したと発表した。

三栗谷はテイショーコーポレーションの顧問弁護士に就任できたと言い、海老塚建設は裁判を避けたい状況だったため、4000万円まで覚悟していたと言ってきた。

痺れを切らした林弁護士は弁護を降り、杏子は弁護をすると言い出した。

記者会見が放送され、多田は杏子に電話をしたが、出ていたのは壮一郎だった。

多田は知らずに杏子がずっと好きだったと言ってしまう。

『グッドワイフ』第6話の感想

第6話は、ついに壮一郎が保釈されて家に帰ってきました。

杏子だけでなく子供たちも冷たい態度で、壮一郎は何とか信頼を取り戻そうと必死でした。

子供たちはすごく良い子なので、杏子を守ろうとして無理しているのだと思いましたが、マスコミに揉みくちゃにされた綾香を見たら、やはり壮一郎は杏子たちの家には入れないほうが良かったのではと思いました。

子供たちには全てが残酷で、私は壮一郎がどうしても許せません。

設定は違うのかもしれませんが、アメリカのグッドワイフでは、壮一郎の役は沢山浮気していて、円香役の女性とも不倫していました。

それを見たから余計にそう思うのかもしれませんが、日本版は円香とだけは浮気していないことを祈ります。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

主婦

『グッドワイフ』第6話のあらすじネタバレ

保釈された蓮見杏子の夫。

杏子は夫と向き合おうとしましたが、夫は事情を明かしません。

子ども達はとても複雑な心境の様子です。

会話もほぼない状態で夕食を食べます。

夫は自分は無実だと主張します。

しかし、不倫相手とは1度だけやってはいけないことをしたと家族みんなに話します。

それを聞いた子ども達は父親に対してそれぞれの想いをぶつけます。

杏子の夫の保釈を聞いてあせった多田。

杏子に想いを伝えようとします。

しかし、雰囲気を察した杏子は困った表情をします。

その表情を見て、多田は想いを伝えるのをとどまっていました。

しかし、夫の弁護をすることにした杏子の会見を見た直後に電話で想いを伝えます。

それを聞いていたのは実は夫であることも知らずに。

『グッドワイフ』第6話の感想

多田の杏子への想いにキュンとしました。

夫が無罪なのかどうかはよく分かりませんが、不倫をしたことは許せない、でも子ども達を悲しませたくない、複雑な心境の杏子さんの立場がよく分かります。

同じ子どもを持つ妻として、不倫は許せない、でも弁護士としても夫が無罪だと信じたい、杏子さんの想いはとても複雑だろうなと思います。

今回対決した車椅子の弁護士さんはちょっとやり方が汚いなーと感じました。

杏子が言う、弱者には同情ではなく愛情を持って接することが大切という内容には感動しました。

確かにそうだな、私は同情して声をかけてり助けたりしているのかもしれないなと考えさせられました。

ペンネーム:主婦(30代・女性)

みどりん

『グッドワイフ』第6話のあらすじネタバレ

多田がもともと3年前から無料相談にのっていた、集団訴訟の代理人を杏子も一緒にすることになり、その契約を結びに行く時にもう一人、車椅子の弁護士である三栗谷剛も呼ばれていた。

三栗谷は、病気で車椅子生活を送る立場を巧みに利用して被害者たちに取り入っていく。

そして、代理人は被害者たちの多数決で決まることになったが、杏子は訴える相手企業と三栗谷がつながっていると考えるのであった。

一方、壮一郎と佐々木は陥れた事件の黒幕、南原を追い込む証拠を探していた。

南原と脇坂の接触を目撃した壮一郎は自ら南原との接触をはかる。

『グッドワイフ』第6話の感想

5話まではあまり展開が見込めず割と杏子の弁護士としての活躍が多い盤面であったが、今回6話から急展開で、壮一郎が保釈され家に帰ってからいろいろなことが目まぐるしくまわりはじめ、家族のこと、同級生の多田のこと、抱える事件のこと、とたくさんのことが杏子に背負いかかってきてドラマ的には『転』のところにきた感じがしてすごい楽しめました。

最後の、多田からの告白の電話を杏子の旦那の壮一郎が聞いてしまう場面にはハラハラドキドキしてしまいました。

今後の展開的には、身近にいる敵の存在と三角関係がすごく気になりました。

ペンネーム:みどりん(20代・女性)

りんご

『グッドワイフ』第6話のあらすじネタバレ

今回は弁護士事務所が3年にもわたって無料で相談をうけていた集団訴訟のために準備を始めます。

すんなりと弁護を依頼されると思っていたのに、車いすに乗った強力なライバル弁護士が登場します。

相手の気持ちをひくことがうまく、便もたけていて、多数決で負けてしまいます。

仕事をとるために被告側の人たちに会いにいくのですが、行く先々で車いす弁護士に先を越されます。

そんな中、車いす弁護士が使っていたボールペンから実は訴訟先の会社とのつながりをつきとめます。

本当のことを集団訴訟の人たちにばらすという場面を設けて、一人2.000万円という金額を勝ち取ります。

プライベートでは、夫が家に帰ってきて家族は困惑します。

『グッドワイフ』第6話の感想

主人公の夫が仮釈放され、家に帰ってきます。

夫の気持ちもわかるのですが、受け入れられない家族の気持ちが伝わってきました。

なんでこんなに心配しているのに、真実を話すことができないのか、本当に謎です。

今回の訴訟の件では、うまくいったように見えて、実はそうではなかったという後味の悪い思いをしました。

せっかく自分の思いを打ち明けたのに、よりにもよってライバルの夫に告白してしまっているシーンには、どうしてそうなるの、と気の毒に思いました。

ようやく気持ちを伝えられたのに・・。ですが、この展開、ドラマは盛り上がりそうです。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

道子

『グッドワイフ』第6話のあらすじネタバレ

神山多田法律事務所に賠償金15億を見込める集団訴訟が仕事に入る。

多田と車いすの三栗がどちらかが弁護することになる。

三栗谷の被害者の気持ちを代弁するかのような話し方、代理人は多数決で決まることになる。

三栗谷は相手側の企業と1人500万円で和解するべきと持ち掛ける。

三栗谷と相手側企業が繋がっていることが分り1人2000万円で和解となる。

壮一郎の保釈が決まり家族の元に帰ることになる。

食事中に人生をかけて償いたいと壮一郎が話すが、子供たちはその場を離れてしまう。

壮一郎の事件は政治が絡んでいるようだ。

杏子が壮一郎の弁護をすることになる。 

『グッドワイフ』第6話の感想

せっかく壮一郎が家に帰ってくるが、家族の反応も悪く家に居ずらいようだ。

政治が絡んでいるようで、これをひっくり返すことができるとは思えない。

三栗谷の巧妙なボ-ルペンのアピ-ルに、杏子が感づいたように思えた。

杏子たちが1人2000万円で和解交渉できて完全に勝利で良かったかのように思えたが。

三栗谷の仕組まれた和解交渉劇とわかりまんまとやられた。

もっと和解金を取ることができたなんて、健康被害の恐ろしさを知った。

杏子が壮一郎の弁護をすることで真相を暴くだろう。

壮一郎と多田は繋がっているのか?

多田の存在がとても気になってしまう。 

ペンネーム:道子(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA