【グッドワイフ】5話ネタバレと感想。杏子の手で壮一郎ついに釈放決定!

  • この記事を書いた人:Kawai
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

2019年2月10日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第5話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
多田を良く知っているの元恋人や、壮一郎と敵対する脇坂の妻からの離婚協議と、今度は、やりにくい相手が。杏子はどう戦うのでしょうか。
ラマちゃん
壮一郎が、ついに、黒幕を掴むようです。だれなのか。面白くなってきましたね。

ロックスターの離婚訴訟を担当する杏子。相手の弁護士は、多田の元彼女で、交渉は難航する。脇坂の妻も離婚調停と、二つを受け持つ杏子。脇坂まで絡み、複雑になって行く.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』5話あらすじネタバレと感想

総資産20億円のロックスター・東城数矢の妻・ちなみの依頼で、離婚調停の代理人になる杏子たち。多田は、財産分与10億円+慰謝料1億円を要求する。

数矢は、結婚する予定の若い恋人・唯奈をつれて交渉に臨んでおり、数矢の代理人は、栗山美咲で多田の元恋人、多田はやりにくそうであった。

美咲は、7年別居状態で、同居の時の資産分5000万円と破格の慰謝料1千万円で、6000万円が妥当と主張し、金額はゆずらないと。

多田は、別居状態とは良い戦略だと言う。みちるが、来週、海外で二人は結婚する予定で時間が無いとの情報をもたらす。

多田と、杏子は、引き伸ばし戦略に出て、困った数矢側は5億まで引き上げることを約束する。

ちなみは、昔、数矢が売れない頃作ったキーホルダーを見ながら、これが終われば、気持ちが整理できると思ったができないと溜息をもらす。

壮一郎の弁護士・林は、壮一郎に接見し、保釈の準抗告をしていると。林は、トミオカ精工と何があったのか話して欲しいと言うが、壮一郎は何もないですと。

脇坂の妻・怜子は、離婚をしたいと、杏子を指名してくる。突然の離婚宣言に、脇坂は慌てるが、怜子は、財産分与分のお金をくれれば良いと去って行く。

脇坂は、杏子に、壮一郎のことで嫌がらせかと言うが、杏子は、弁護士として、怜子の気持ちを考えて欲しいという。

脇坂は、壮一郎を呼び出し、今回のことも、壮一郎の嫌がらせかと、絶対に保釈しないと。壮一郎は何のことだか分からなかった。

家で、杏子が書いている離婚調停の書類を見て心配する娘・綾香に、杏子はこれは父との離婚書類ではないと否定。綾香は、まだ、両親の離婚を飲み込めてなかった。

翌日、数矢が事故で意識不明となる。医者は、脳に損傷を受け、植物人間状態だと診断。

数矢の妻・ちなみは、離婚はしないからと、数矢の恋人・唯奈に言うが、唯奈は、数矢の子供を妊娠していると。ちなみは延命治療を望むが、唯奈は望まないと対立。

数矢が長く生きれば、財産管理人のちなみがお金を使う期間が増える。早く亡くなれば、財産は、ちなみと生まれてくる唯奈の恋人子供に分与されるので、延命治療をどうするかが重要。

唯奈は、テレビに出演し、子供がいることを暴露し、ちなみが離婚に一旦応じたのに、財産が欲しいため、離婚しないとマスコミを使い非難する。

脇坂と妻・怜子が、杏子立ち合いで離婚協議。脇坂は、離婚しないと言うが、怜子は、応じなければ、家のPCに入っていた壮一郎のフォルダの中身を暴露すると脅す。

杏子は、壮一郎の元部下・佐々木に会い、脇坂のPCのフォルダのこと、林弁護士が、政治がらみで壮一郎ははめられたと考えていることを告げる。

佐々木は、壮一郎に、林弁護士が、政治がらみと言っていることを伝え、イーデンスには、官房長官の南原が関与していたことを告げる。

佐々木は、イーデンスに捜査をしようとする検察の動きを南原が知って、イーデンスがトミオカ精工を通じて、壮一郎をはめた。

トミオカ精工は、当時経営難で、計画倒産させて、役員たちをイーデンスが引き受けたのではと予想する。

壮一郎をはめた黒幕は、南原であることが分かる。

杏子は、数矢を見舞いに行く。マネージャーの三宅が、ちなみがあまり寝ないで付き添っていると心配する。

ちなみは、数矢が延命治療をして欲しいのか分からないと。杏子は、周りの人のためもあるからよく考えて下さいと助言。

警察が病室に入ってきて、ちなみを任意同行でつれて行く。みちるは、数矢から、ちなみが飲んでいるものと同じ成分の睡眠薬が検出され、ちなみを重要参考人として連行したと。

恋人の唯奈にはアリバイがあることが分かり、杏子が、資料を持って家で調べようとすると、朝飛は、将来の大口顧客だからいっしょにやらせてほしいと願い出る。

杏子の家に、朝飛、みちる、多田が集まり調べることに。

TVで、恋人の唯奈が公開した、葉山の別荘で数矢が歌う動画は、唯奈に送られてきたのが、朝6時半であった。

睡眠導入剤を飲まされたのが、6時から7時の間であることが。犯人は、この時間に葉山にいたことになる。

いっしょに買い出しに行ったみちるに、朝飛は、まずは自分のことを知ってもらいたいと話し出すと、みちるは、DVの夫から逃げているから私と付き合いのはやめた方が良いと語る。

朝飛と多田は飲んで寝てしまう。杏子はみちるに、夫・壮一郎と離婚するか悩んでいると言い、帰ってきたら話し合いたいと。その話を、多田は、寝たふりをして聞いていた。

葉山の別荘で、撮影現場の再現をしようとすると、杏子たちは、スマホには、タイマー機能がなく、TVで報じられた動画の前があることに気づく。

恋人の唯奈に、編集前の動画を見せてもらうと、杏子は、ちなみが持っていたキーホルダーが写っていたことに気づく。

そのキーホルダーは、ちなみ以外に、三宅も持っていた。数矢の書いた遺言書があり、最初は、三宅とちなみが相続人だったが、恋人に子供が生まれると3人に相続させる遺言に書き換えた。

三宅は、不満と、育ててやったのにという嫉妬で、数矢に睡眠薬を飲ませて事故に遭わせたのであった。

新しい遺言書は作られておらず、三宅が殺人で権利をうしなったため、すべて、ちなみに行くことに。遺留分として、子供へ5億となった。

ちなみは、相続を放棄し、恋人の唯奈とその子供に譲ると言い出し、その代わり、延命治療をどうするか、納得行くまで話し合いをさせて欲しいと。

美咲は、依頼人に相続放棄させたら、事務所には一銭も入らないと多田も、杏子の影響を受けたのかと。杏子は、そういう時もあると。

脇坂は、妻・怜子との離婚に同意。怜子は、ここにサインをすると、脇坂がPCに何を隠していたのか言ってはいけないのよねと言いながら、杏子の部屋を盗聴していると暴露。

杏子から聞いた壮一郎は、盗聴をされていたことを脇坂に話し、裁判になれば指示した男も表にでると脅し、保釈をついに勝ち取る。

ここまでがネタバレですが、第5話は、離婚調停が決まった歌手が事故で植物人間に、殺人だと分かり、杏子は犯人を特定。脇坂の離婚が決まり.....。

ロックスター・数矢の事故は、自損だと思いきや、財産を巡る殺人でしたね。杏子がその証拠となるキーホルダーを見つけ出しました。杏子は弁護士としてますます冴えてきましたね。

多田たちが、杏子の家で議論した時、子供達も嬉しそうで良かったですね。きっと、母親の仕事を理解したのですね。杏子が、壮一郎と向き合いたいという気持ちが多田にばれましたが。

ドラまる
壮一郎は、ついに、自分をはめた黒幕を特定しましたね。官房長官の南でした。献金がらみなのか。
ラマちゃん
脇坂が、杏子の家を盗聴していたとは驚きです。杏子は、壮一郎としっかり向き合うために、その情報を伝えたのですね。壮一郎がついに保釈されますね。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』5話ネット上の反応

ドラまる
杏子の言葉や笑顔に共感する声がネットで多くなってますよ。

ラマちゃん
多田が素敵。多田の恋の行方にも、注目が集まってます。ついに告白か、次週が楽しみですね。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グッドワイフ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『グッドワイフ』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『グッドワイフ』6話のあらすじ

2019年2月17日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第6話のあらすじをご紹介します。

多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。

多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。

杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。

車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。

人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。

結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。

しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。

一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。佐々木(滝藤賢一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。

そんな中、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。南原に自ら接触をはかる―

公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グッドワイフ』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

ロックスターが事故で殺されかける。杏子が犯人を特定。妻に財産が全部行くが放棄し、妻は、夫の延命を選ぶ。杏子は、脇坂の離婚調停を通じ握った脇坂の弱みを使い、壮一郎が保釈。

ドラまる
次話、多田が3年かけた訴訟が、車いすの弁護士に取られそうになる。その弁護士は、相手企業と繋がっているようです。どのように、杏子は打破して行くのでしょうか。
ラマちゃん
壮一郎が保釈され、黒幕の南原を追い詰める証拠を探す。壮一郎は、自分の危機を脱することができるのか、注目ですね。

壮一郎の保釈が決まったと言う杏子に、多田がついに自分の思いを伝えるのでしょうか。

家に帰ってきた壮一郎と、杏子は、どう向き合うのでしょうか。

子供達の気持ちは整理されるのか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA