グッドワイフ|4話の動画無料視聴はこちら【2月3日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

ドラマ『グッドワイフ』第4話(2019年2月3日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『グッドワイフ』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『グッドワイフ』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『グッドワイフ』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『グッドワイフ』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『グッドワイフ』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年2月3日(日)放送終了後〜2019年2月10日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論から申しますと、最もお得に『グッドワイフ』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッドワイフ』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッドワイフ』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『グッドワイフ』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第4話のあらすじは?

2019年2月3日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第4話のあらすじを紹介します。

杏子(常盤貴子)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。

翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。

杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。

翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。

朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。

本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。

そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する…

一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。

脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。

そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。

それは杏子を想う多田(小泉孝太郎)だった…。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グッドワイフ』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

りんご
弁護士の仕事場ではまた新たな事件が持ち込まれるようです。

今度はどんな事件が起こるのか、楽しみです。

また、主人公が夫と別れることを選択して新たな道を選ぶのか、同期で今は事務所の上司となる男性との関係がどうなるのか、はたまた、有望な若手新人弁護士にうちかって、見事事務所に正式採用されるのか、気になります。

夫は本当は何をしたのか、有罪なのか、無罪なのか、無罪を証明するために誰を使って何をしようとしているのか、こちらも大変気になります。

登場人物たちの思惑や策略がどうからんでいくのか、予想がつかず、次回も見ようと思います。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

masa
毎回の裁判での展開は楽しみであるが、それ以上に、壮一郎が何を考え何をしようとしているのか。

壮一郎の裏には何があるのかが楽しみである。

その一部が垣間見えた今回であったが、杏子の壮一郎への疑惑など二人の関係がどのようになっていくか、見どころだと思う。

また、杏子と多田の関係は今後どうなっていくのか、今回の最後のシーンでますます楽しみになった。

壮一郎が以前、多田には気を付けろと言っていたが、その言葉の意味は何なのか、壮一郎と多田はどういう関係性があるのか謎であり今後明らかになっていく楽しみなポイントである。

ペンネーム:masa(30代・男性)

マレット
朝飛の方が採用にまで一歩リードしているものの、杏子が最近奮闘して頑張っているとのことを受け、神山も多田も朝飛か杏子のどちらかの方を採用しようかどうか頭を抱えてしまうことになる。

その一方で、杏子は新たな案件を担当することになるクライアントの方の話を聞いた上で、事件解決に挑んでいくという展開になるのを予想する。

壮一郎と向き合うことを杏子はやめて、多田と関係を築くことになってしまうかどうかということ、杏子はクライアントの方の要望通りに案件を処理することができるかどうかということが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まめこ
杏子のママ友だった荻原奈津子の息子翔平が傷害致死容疑で逮捕された。

奈津子はかつては親友だったが、壮一郎の事件の後、真っ先に杏子を見離していた。

杏子は奈津子のことを考えて、朝飛をメインにするよう頼んだ。

翔平はやっていないと言うが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手立てがなかった。

朝飛は早いうちに認めて情状酌量を求めた方が良いと主張し、杏子は本人がやっていないと言う以上裁判に持ち込むべきだと主張する。

そんな中、朝飛のある事実がはっかくしてしまう。

脇坂は壮一郎の起訴を決め、何としても有罪にしようと企んでいた。

そんな中、壮一郎の面会に多田がやって来るのだった。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ナナモ
何と言っても、多田先生と杏子の間が気になる!

もう壮一郎に気持ちが戻ることはまずないと思うし、こうなった以上、多田先生は遠慮しなくていい!

これから離婚を決意するであろう杏子をしっかり支えてほしい。

どう考えても壮一郎は一筋縄ではいかないと思うし、もし拘置所を出て今までどおり家族の元に戻ろうとしてるなら、泥沼間違いなしな気がするので、がんばれ多田先生!

あと、杏子は予想以上にしっかりと弁護士としてのスキルを上げてきていると思うし、次の弁護にも期待。

そうやって自分で立てるようになれば、壮一郎とも戦えると思うので(戦うんかーい)、しっかり足場を固めておくべき!

来週も楽しみです!

ペンネーム:ナナモ(40代・女性)

ぺしおら
小泉孝太郎さんが動き始めましたね。

常磐貴子さんも夫の唐沢寿明さんに不信感を抱き始めたようですし、これはひょっとするとひょっとするかもしれません。

ちょっと二人の関係に進展があるかもしれませんね。

そして、若手弁護士の北村匠海さんには何か秘密があるようですね。

前向きでしっかり者でエリートの北村匠海さんにも、何らかの事情や、もしかしたら悲しい過去があるのならば、興味があります。

賀来千賀子さんはやたらと弁護士をひとりに決めたがっていますけど、ただ何としても常磐貴子さんを辞めさせたい意地悪なオバサンにしか見えません。(笑)

ペンネーム:ぺしおら(30代・女性)

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グッドワイフ』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

マレット

『グッドワイフ』第4話のあらすじネタバレ

杏子と親しかったという奈津子の息子である翔平がマンションの屋上で喫煙したことについて杏子に助けを求めた。

杏子が奈津子の家に訪ねた結果、管理人を死なせたことで翔平が警察に連行される。

マンションの屋上で喫煙したという翔平と中村を管理人が発見し、逃げていく翔平を追いかけた。

そこで揉めあった結果、管理人が非常階段から落ちて死んだとのことを中村が証言した。

だが翔平は自分の仕業ではないと否定した。

壮一郎の起訴が決まった。

杏子は裁判がはっきりした場合、壮一郎と離婚しようと思っているのだと隼人と綾香に話した。

奈津子と話した結果、和解示談ではなく、裁判で闘うことになった。

マンションで検証した杏子、朝飛、円香。

裁判当日を迎えた。

翔平が突き落としたのを見たという中村の証言を確認した朝飛。

杏子の頑張りにより、映像を証拠として認められる。

朝飛は「代わりにお願いします」と杏子に頼んだ。

映像では夜間照明により、逆光で犯人の顔は見えないとのことだ。

野球部員のアリバイを調べることになった。

その結果、宇佐美のアリバイが嘘だったと判明した。

多田は杏子の辛さを取り除かないと家族の元に帰ってはならないのだと壮一郎に忠告した。

隼人はお母さんのために差し入れを持ってきた。

宇佐美に靴のことで話を伺う朝飛と杏子は、事件の夜に雪が降ったことを言及した。

宇佐美が21時に外で見かけたとの目撃情報があったという杏子と朝飛。

それを証明するためにも、塩化カルシウムが付いているかどうか靴を見せてもらうことにした。

宇佐美の仕業であることが判明した。

杏子は10年間色々とありがとう、と奈津子に話した。

『グッドワイフ』第4話の感想

朝飛と杏子はお互い異なる考え方を持っているからこそ、多田が良い具合に二人の意見をまとめ、依頼人の意向を聞こう、と言い出したのが良かった。

朝飛は裁判に慣れていないとのことに驚いた。

朝飛にとっての武器が交渉であって、杏子にとっての武器が法廷戦術だと思うと、二人は良い組み合わせではないだろうかと感じるから、いっその事、二人とも採用されれば良いのではないか?と気になった。

杏子思いだという隼人がわざわざ杏子のために差し入れを用意してくれるというのがあまりにも優しくてホッコリとした。

翔平の言うことを信じてあげることができたからこそ事件を解決したのが良かった。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

とにー

『グッドワイフ』第4話のあらすじネタバレ

杏子の息子の友達で野球部員の荻野翔平がある死亡事件の重要参考人に。

翔平の母は、数ヶ月前まで友人関係だったが、夫の事件を機に見捨てられた相手だった。

マンションの屋上で喫煙が見つかり、もみ合いになった末に管理人を階段から転落死させた犯人だと疑われている翔平。

朝飛は、指紋や残された靴、友人の目撃証言から翔平を犯人とし、示談に持ち込もうとするが、杏子は一貫して否認する翔平を守るべく裁判で争う。

そして、目撃証言に基づき再現検証した結果、見えたのは人影だけで、着ていたウインドブレーカーでしか判断出来ない事が分かり、他の野球部員のアリバイを再度調べ直し、宇佐美友也が真犯人と浮上。

雪がキーワードとなり、自治体が転倒防止の為に撒く塩化カルシウムが決め手となり、靴に残された成分表から、友也が犯人だと突き止める。

一方、収賄容疑で逮捕されている夫は、脇坂によって正式に起訴が決まり、保釈請求も取り下げられてしまう。

事件はまだ解き明かされず、トミオカ精巧の倒産後の話、イーデンスという会社、今後どう繋がっていくのか謎が深まる。

『グッドワイフ』第4話の感想

過去との決別!が今回のタイトルだった第4話。

夫の事件を知った途端に態度を一変させた元友人が、今回の依頼人の母、という設定にまず面白さを感じました。

困っている息子の友人の為に、一生懸命証拠を見つけるべく奮闘する杏子。

人に優しくなるには、自分が強くならなければいけないと、裁判が終わった後、過去の裏切りはなかったことの様にランチに誘ってくる勝手な翔平の母に、文句を言うでもなく、毅然とした態度で10年間の感謝をするとともに、今後の付き合いはないことをきっぱり伝え、決別!シーンはとてもかっこよかったです。

4話の途中で、夫・壮一郎と離婚を考えている事を子どもたちに話すシーンは、仕方ないと言いながらも涙を流す娘、母を想い、賛成だと気丈に振る舞う息子、子どもたちそれぞれの気持ちが分かり、切なくなりました。

夫との過去はきっぱり決別できるわけはなく、壮一郎の事件の謎がどう解き明かされていくのか、杏子、子どもたちの未来が明るいものであることを願うばかりです。

ペンネーム:とにー(30代・女性)

まめこ

『グッドワイフ』第4話のあらすじネタバレ

杏子のママ友だった荻原奈津子の息子翔平が杏子を訪ねてきた。

奈津子はかつては親友だったが、壮一郎の事件の後、真っ先に杏子を見離していたことを翔平も申し訳なく思っていた。

杏子は翔平のために奈津子の家を訪ねたが、そこに警察が来て翔平は逮捕されてしまった。

杏子は奈津子のことを考えて、朝飛をメインにするよう頼んだ。

管理人を殺した傷害致死容疑だったが、翔平はやっていないと言うが、指紋や友達の中村の目撃証言があり、無実を証明する手立てがなかった。

朝飛は早いうちに認めて情状酌量を求めた方が良いと主張し、杏子は本人がやっていないと言う以上裁判に持ち込むべきだと主張する。

多田は本人の意向次第だと言う。

荘一郎の起訴が決まったと林が報告に来たが、杏子は保釈請求すると聞いて子供たちに離婚するつもりだと話した。

杏子は円香たちと現場を訪れ、足跡の成分から何か探ろうとしていたが、朝飛は否定的だった。

杏子は円香から朝飛がまだ法廷に立ったことがないと聞かされる。

中村の証人尋問で、朝飛は杏子に代わってほしいと申し出た。

翔平が突き落とすのを見たと言う中村に、杏子は逆光で見えるはずはないと言う。

中村は部活のウィンドブレーカーは見えたと主張したが、杏子は着ていた服だけで翔平と判断したのかと追い詰めた。

そんな中、近所の宇佐美の息子の目撃情報が上がる。

そんな中、壮一郎の面会に多田がやって来た。

荘一郎に保釈請求を取下げるように話すが、荘一郎は強気だった。

宇佐美を訪ねて、雪が降った後に撒かれた塩化カルシウムが着いているかどうか靴を調べたいと言う。

宇佐美の息子は自分が揉み合いの末に突き落としたと認めた。

杏子はランチに誘う奈津子にどうせ口だけだと言い返した。

それを見ていた円香は飲みに誘ってくれた。

そのとき、荘一郎の保釈が却下されたと連絡が来た。

『グッドワイフ』第4話の感想

第4話は、杏子が離婚を決意し、多田も自分の気持ちを抑えられずに動き始めました。

前回の最後で思わず杏子を抱き締めてしまった多田は慌てて誤魔化しましたが、やはり杏子は多田の気持ちには気づいていました。

円香はそんな正直な杏子に心を開き始めていました。

円香は初めはお金のことばかり考えている嫌な女だと思いましたが、本当はただ杏子がどんな人間なのかを慎重に探っていたのだと思いました。

だんだん笑顔も見せ始め、杏子にも協力的になった円香は、今後も大きな役割を果たすことになりそうです。

今回の事件では、杏子を真っ先に省いた奈津子の息子の弁護でしたが、事件が解決して杏子に調子の良い言葉を並べる奈津子に、どうせ口だけてしょと言い返したシーンはすごく良かったです。

何よりスカッとしましたし、また少し強くなった杏子を応援したい気持ちになりました。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

グッドぽん

『グッドワイフ』第4話のあらすじネタバレ

杏子は息子の同級生から、あるマンション屋上で目撃されてしまった自分の喫煙が広まってしまうのをどうにかしてほしいという相談を受け保護者に説明に向かうが、母親はかつて杏子の夫・壮一郎の逮捕時にすぐに杏子を裏切った元ママ友だった。

彼はそのまま、喫煙場所であるマンション屋上から転落死した管理人の殺害容疑者として警察に連行、拘束されてしまう。

弁護を引き受けた同僚弁護士・朝飛とともに時間の真相究明に取り組む。

同じく事故現場にいた野球部の友人の証言から裁判で罪を問われるが、杏子たちの検証によりその目撃証言が真実でなく、同じ野球部のほかの部員が真犯人だったと判明し無実が証明された。

今回も弁護は勝利するも今まで法廷に立った経験のない朝飛は途中苦戦、杏子にで助けてもらったことで実績として十分な結果となった。

その事を受けて、朝飛は 杏子に想いを寄せる事務所の上司・多田に彼の気持ちが分かる、と告げた。

一方、杏子は拘束中の壮一郎とは離婚を決意、子供達にその旨を伝える。壮一郎が保釈請求をしていることを知った多田は壮一郎に接触、彼女を苦しめるのなら彼女のもとに戻るべきではないと思いを伝えた。

壮一郎の起訴に執念を燃やす上司・脇坂によって保釈請求はかなわず、結局起訴が決まった壮一郎の今後は次週以降の展開を待つこととなる。

『グッドワイフ』第4話の感想

今回は、いつも口が達者な朝飛弁護士成長の回、そして杏子の心の強さをまた一段と感じられる回となりました。

やはり思った通り、朝飛さん法廷の経験がなく交渉術で今までは乗り切ってきていたみたいですね。

ですが、きちんと杏子から学ぶ方は学んでいてハングリーさも相まって若いのに貪欲でイイ奴!って思いました。

まどかが彼を見直してた心境がとてもよくわかります。

それにしても今回も杏子はかっこよかった。

態度がコロコロ変わる人に、ガツンと口だけでしょって。

まんまと言われた相手のビックリした顔。

きっと杏子がそんな風に言うとは思いもよらなかったんでしょうね。

過去を失っても別の未来を行けば良いと思わせてくれる、杏子のまわりには息子や事務所の仲間含め心強い存在が多くて良かったです。

ただ、今回はかつての蓮見家の楽しかった過去が垣間見えてもう戻らないその情景が心にしみて、見ていて辛かっです。

ペンネーム:グッドぽん(30代・女性)

飛べないアヒル

『グッドワイフ』第4話のあらすじネタバレ

杏子の昔の親友だった奈津子の高校生の息子翔平が、傷害致死容疑で逮捕される現場に居合わせたため、翔平の弁護を担当することになります。

奈津子は杏子の以前住んでいた近所の住人で、夫の事件発覚でその関係に歪みがあるため、京子は翔平の弁護を朝飛が主導してくれるように依頼し、奈津子との面談で本人が否認している限り裁判で争う弁護方針を確認します。

朝飛は、これまでの法廷での弁護経験がないため、早々に情状酌量を求めるべきと主張します。

杏子は、翔平の無罪を勝ち取るべく、事実関係立証のための聞き込みと情報収拾に奔走し、初公判で朝飛は経験のなさを実感し、弁護を杏子に変わってくれるように頼みます。

杏子と朝飛のコンビは、犯人の靴底についた融雪剤の有無から、翔平の同級生に真犯人がいることを突き止めます。

『グッドワイフ』第4話の感想

良好な隣人関係が壊れ、再度その人たちとの関わりを持たなければならない状況となった杏子が、弁護士として元親友だった息子の弁護を引き受けたことは、自分がその立場だったらできないと思ってしまいました。

しかしながら、仕事だからという理由で嫌な相手に対しても対応する必要は、弁護士以外の仕事にもあることです。

弁護士が依頼人の利益を最優先に考えるというプロとしての判断が、杏子の朝飛への主導権のお願いであり、裁判での朝飛の杏子への弁護の交代に現れているように感じられました。

また、杏子と奈津子の友人関係にも、人のつながりの難しさが感じられ、断ち切ることも将来をつくるうえでは必要なことと思えました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

サボテン

『グッドワイフ』第4話のあらすじネタバレ

主人公が前に住んでいた家の近所に住む男子高校生が相談に訪れます。

たばこを吸っていたことを見られ、所属する野球部が活動停止になるというのです。

状況を確認しようとするさなか、男子高校生は警察に逮捕されてしまいます。

マンションの管理人をつきとばして、殺した容疑だというのです。

しかも証拠もあり、彼をみたという証言者もいます。

男子高校生の母親は主人公が引っ越してきた当初から仲良く付き合いをしていたのですが、主人公の夫が逮捕されたとたん、態度を変え、付き合わなくなった人でした。

高校生本人は犯行を否定しています。

圧倒的に不利な状況から、現場の再現を行い、裁判で証言を覆します。

また、新たな証言者や現場の証拠から本当の犯人にたどり着きます。

『グッドワイフ』第4話の感想

圧倒的に不利な状況の裁判をどうひっくり返すのか見ていてハラハラドキドキしました。

友人だとおもっていた人の態度の変化に傷つく主人公にはよくある話だと思いつつ、共感できました。

表面だけのつきあいの様子がうまく描かれていたと思います。

また、いつも応援してくれ、助けてくれる主人公の息子には頼もしさを感じました。

主人公の友人と夫が対面する場面はお互いの気持ちがぶつかりあって、迫力がありました。

二人の男性にこんなに思われている主人公をうらやましく思います。

最後に元友人にさよならをいう主人公はかっこよくて、拍手を送りたくなりました。

ペンネーム:サボテン(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA