【グッドワイフ】4話ネタバレと感想。過去と決別し強くなる杏子!

  • この記事を書いた人:Kawai
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

2019年2月3日(日)「グッドワイフ」4話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
杏子の昔の友達の息子が事件を起こす。杏子はライバルの朝飛に弁護を依頼するようですが。どうなるのでしょうか。
ラマちゃん
壮一郎の起訴が決定。多田なぜか、壮一郎の接見に行くようです。多田と壮一郎の対決が見ものですね。

杏子の知り合いの息子が傷害致死で逮捕。朝飛に弁護を頼む。本人は否認しているのに対し、状況証拠は有罪を示す。朝飛と杏子は弁護方針で対立。壮一郎の起訴が決定し......。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』4話あらすじネタバレと感想

壮一郎に利用されたと分かって泣く杏子を、多田はそっと抱きしめる。我に返った二人は、お互いにゴメンと言い仕事に戻る。

翌日、以前杏子の近所に住んでいた高校生の荻原翔平が事務所に訪ねてきて、ビルの屋上で友達と喫煙していたのがばれて、このままだと、野球の大会に出られないと相談にくる。

杏子は、母親に話すべきだと翔平をつれて、以前住んでいた住宅街に向かい、雪が道路脇に残っていた。翔平の母親は、壮一郎の事件直後離れて行ったのであった。

杏子が、翔平の自宅を訪ねると、ご近所の奥様・宇佐美沙織ら集まっていて、壮一郎の事件であれだけ騒がせたのに、よく来れたと嫌味を言われる。

そこに、パトカーがきて、翔平を傷害致死事件の参考人として捕まえていってしまう。

翔平は、友人の中村と、タバコを吸っているのをビルの管理人に見つかり、逃げる途中でもみあい、管理人は地面に落下し死亡したと。

ベルトに残った指紋と、友人の証言で逮捕された。翔平は容疑を否認。杏子は、翔平の母親と関係が良くないため、朝飛に弁護をお願いする。

佳恵は、多田と杏子の様子がおかしいことから、不倫スキャンダルは、この事務所にとってダメージになるし、杏子も困るから大人の対応をしてほしいと多田に釘をさす。

脇坂は、壮一郎の杏子を使った企てにより、マスコミに横浜地検時代のまずい対応を指摘され窮地にたっていたが、検事正に、壮一郎の送検まではと土下座してたのみ許される。

杏子は、朝飛と翔平の接見に行き、友人の中村が、非常階段でもみ合うのを見て、管理人が落ちたことを証言していると伝える。

翔平は、もみあったのは確かだが非常階段ではないし、管理人から逃げることができてそのまま家に帰ったと否定する。

野球部の人間関係を調査すると、翔平は、肩を壊してから素行が悪くなり、同情した中村がつるんでいたということが分かる。

多田は、中村が嘘をいっている可能性はと問うが、指紋に加え、翔平が現場に落としていった靴の後と一致することから、朝飛は情状酌量で臨むべきだと主張。

杏子は、本人も否定しており、青年に前科がつくのは良くないと対立。

多田は、杏子を執務室に呼び、抱きしめたことを謝るが、友人として、未来をみた方が良いと助言したのは本気だと。

その様子を見ていた、みちるは、杏子を問い詰める。杏子は、多田の好きだという気持ちを理解していると白状する。

壮一郎は、佐々木から、トミオカ精工が計画倒産したあと、役員たちは、イーデンスに再就職しており、関係があったことを、トイレで密会して伝える。

脇坂に押し切られ起訴が決まったと。

壮一郎の弁護士・林は、杏子を使った企てのことは起訴を免れたいためにやったと謝る。起訴が決まり保釈請求をしようと考えていると杏子に伝える。

杏子は、息子・隼人、娘・綾香に、裁判が終わったら、壮一郎と離婚しようと思っていると伝える。隼人は冷静に賛成だと、綾香は、涙を流ししかたがないと納得。

杏子は、翔平の母・奈津子を訪ね、翔平がやっていないと言っている限り裁判で争うと、以前、壮一郎のことがあった時に、杏子を見捨てたことを謝る。

現場に行く、杏子、みちる、朝飛。みちるは、検察側から、情報の代わりに、翔平の事件の開示されていない情報を入手していた。

犯人の靴跡についていた成分で、朝飛は、そんな情報役にたつのかとイライラする。みちるは、朝飛は、企業法務専門で、法廷に立ったことがないと説明。

杏子は、中村の証言した場所から、翔平と管理人がもみあっていた場所を見上げると、翔平の顔が分からないことを発見する。

中村の証人喚問が始まるが、朝飛は、しどろもどろで、中村が本当は顔を見ていないのではことを示す映像を証拠としてあげることができない。

杏子は、裁判長に説明し、映像を流す許可を得る。朝飛は、これ以上はできないから杏子にお願いすると。

杏子は、中村が見た場所からの昼間の映像を流し、中村に見え方を確認させる。次に、犯行時刻の映像を流し、ライトで顔が見えないことを示す。

中村は、顔を見たのではなく、野球部の青いウインドブレーカーをみて、翔平だと思ったのであった。

杏子や朝飛は、野球部の生徒の犯行時刻のアリバイを確認する。杏子の近所だった宇佐美の息子・友也のアリバイが不明確であることが分かる。

多田は、壮一郎に面会し、保釈の請求を取り下げて欲しいと、杏子は、利用されたことを知っており、今帰って、精神的にダメージを与えるのは良くないと。

壮一郎は、どういう立場で話をしているかと問うと、多田は、「上司であり友人で、あなた次第で、さらに、杏子を傷つけるなら、それを取り除く立場になるかもしれない。」と去って行く。

朝飛は、アリバイがないというだけでは、宇佐美の息子・友也を捜査できないと。みちるも八方ふさがりだと嘆く。

杏子を、息子・隼人が、遅くなるだろうからとおにぎりを持って事務所にくる。

隼人は、翔平の母親にされた仕打ちから考えると、人が好過ぎると言う。父・壮一郎のことも、杏子がいいようにすれば良いと優しく言う。

杏子は、人に優しくするには、強い人間になる必要があると、依頼人と隼人と綾香を守りたいのが今の気持ちだと語る。

雪が降ってきており、隼人は、途中で自転車で転んだと言う、その言葉に、杏子は、現場にあった靴跡についた成分のことを思い出す。

朝飛と杏子は、宇佐美の家を訪ね、息子・友也に野球部の練習は、事件があった日からやっていなく、靴も履いていないと確認。

杏子は、現場についた足跡から塩化カルシウムが検出され、事件当日、雪が降っており、この付近の自治体のきまりで、塩化カルシウムを撒いていた。

翔平は、自宅には帰らず、直接事件現場に向かいタバコを吸った。現場に残された靴からも塩化カルシウムが検出されていないことから、犯人ではないのでは。

宇佐美の息子・友也は、当日家にいたと言っていたが、他に目撃証言があり、靴を調べさせて欲しいと言うと。友也は黙ってしまう。杏子は、ここからは警察に任せましょうと。

友也は、最近成績が下がり、翔平達がタバコを吸うと聞き、家に帰ってから、事件現場に行くと、翔平達は帰ったあとで、管理人が追いかけてきたためもみあい事件が起きたと。

多田に、朝飛が、杏子のことを少し見直したと。

翔平の母・奈津子は、杏子に礼を言い、また、ランチに行こうと話すが、杏子は、それは口だけだと、でも、引っ越すときに言えなかった10年間ありがとうと言い去って行く。

デスクに帰った、杏子は、みちるから飲みに行きましょうと誘われ、多田に、過去を失っても、別の未来があるのかもしれないと。

杏子に林弁護士から電話があり、壮一郎の保釈が、検察からの反対で認められなかったと。

ここまでがネタバレですが、第4話は、杏子は、知り合いの息子の弁護を。朝飛は法廷で慌てて、杏子が助ける。杏子は、あることに気づき、息子は無罪に.....。

朝飛は優秀だと思っていたら、法廷経験がなくしどろもどろでしたね。杏子にすぐに譲って、依頼人に不利益にならないようにしたのは立派でした。

多田が、壮一郎に接見に行ったと思ったら、保釈請求しないようにと驚くべきことを言いました。それほど、杏子のことが大事なのか。対決。すごかったです。

ドラまる
杏子は、息子・隼人に語った。人に優しくなるためには、強くならなくてはと言う言葉に、杏子の母として、弁護士としてだんだん強くなってきたのを感じましたね。
ラマちゃん
昔仲良しだった奈津子が、杏子に昔のようにまたランチでもと言った時、杏子の顔に光が当たらず、口だけだと分かっていると怖い顔をしたとき、過去との決別を表現してました。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』4話ネット上の反応

ドラまる
杏子の前を向く言葉、過去との決別を示す演出が良かったとネットで話題ですよ。

ラマちゃん
多田と壮一郎の対決。多田を演じる小泉孝太郎がかっこいいとの声が上がってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グッドワイフ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『グッドワイフ』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『グッドワイフ』5話のあらすじ

2019年2月10日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第5話のあらすじをご紹介します。

資産20億のロックスター東城数矢(宇崎竜童)の離婚訴訟を巡り、妻のちなみ(銀粉蝶)の代理人として担当することになった杏子(常盤貴子)。

数矢は売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈(松本まりか)と結婚するつもりだという。

杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲(芦名星)は、6千万円が妥当だと主張。

法律的根拠も相手側にあり、杏子たちは窮地に追い込まれる。

しかも美咲は多田(小泉孝太郎)の元彼女。多田を知り尽くした様子から、交渉も難航する。

そんな中、突然の事故で数矢は意識不明の重体に陥ってしまう。そんな数矢を前にして、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争い始める。

一方、杏子の元に東京地検特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)の妻・怜子(峯村リエ)が現れる。

脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいとやってきたのだ。

しかも怜子は、壮一郎に関する脇坂の弱みを握っているようで、脇坂は血相を変えて事務所に怒鳴り込んでくる。

難題が山積の二つの離婚協議ははたしてどうなっていくのか…?

そして、壮一郎(唐沢寿明)も、自らが逮捕された収賄事件の真相にたどり着きつつあった。

遂に事件を画策した人物の正体を突き止めたのだ。その男とは一体…?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グッドワイフ』4話のあらすじネタバレ、感想、5話のあらすじを紹介しました。

杏子の元ご近所の息子が殺人で逮捕。朝飛に弁護をお願いするが、法廷経験がなく苦戦。杏子が助け、雪道からヒントを得て無罪を勝ち取る。杏子は過去と決別し、未来に進むことを決意。

ドラまる
ロックスターの離婚と、壮一郎を調べている脇坂の離婚も絡んでくるようですね。杏子はどう対応して行くのでしょうか
ラマちゃん
壮一郎が、ついに黒幕を突き止めるようです。だれが、壮一郎をはめたのか、興味深いですね。

第4話で多田の杏子への思いがはっきりしました。杏子も強くなりました。

二人は、どうなってしまうのでしょうか。

壮一郎、そして、追い詰める脇坂との対決、次話が楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA