【グッドワイフ】3話ネタバレと感想。恐るべし妻をも騙す壮一郎(唐沢寿明)!

  • この記事を書いた人:Kawai
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

2019年1月27日(日)「グッドワイフ」3話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
杏子は、脱線事故の遺族の代理人を担当。相手の妊婦の弁護士に、翻弄され窮地になるようです。今回はどう切り抜けるのでしょうか。
ラマちゃん
杏子は、夫・壮一郎との昔話で笑顔が戻る。それを多田が面白くないと思うようですが、どんな展開になるのか楽しみですね。

脱線事故が発生。遺族の代理人になる杏子たち。相手の弁護士は妊婦で、話し合いは中断し、杏子たちは窮地に追い込まれて行く。杏子は、ある違和感を感じ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』3話あらすじネタバレと感想

回送列車が曲がりきれずに脱線する事故が起こり、周りに被害はなかったが、運転手・井口が亡くなる。

運転手の代理人を、多田、朝飛、杏子が担当する。杏子たちは、会社の過重労働が原因だったと主張するが、会社側の弁護士・河合映美は、運転手のミスと取り合わない。

杏子は、東神鉄道の労務担当・小川に、奥様から過重労働の相談を受けていたのではと問い詰めるが、小川は知らないと通す。

多田は、過重労働はあったと主張し、会社側に1億円の賠償金を要求すると言うが、映美は、見舞金50万円が妥当と言い。裁判にするなら、会社側も、車両破損で訴えると脅す。

映美は、妊娠をしており、交渉がまずくなると、休憩をとって、交渉はいっこうに進まなかった。

脇坂は、壮一郎の捜査を自慢げに話していた。壮一郎は、弁護士の林に、頼んだことをしてくれたたかと言い、林は指示通りやったと書類を見せる。

杏子は、会社の勤務表を調べるが、過重労働の証拠は見つからないが、井口の手帳にORと書かれた部分にひっかかる。

映美がアポなしでやってきて、会社の抜き打ち検査で、井口が違法薬物を使っていた疑いがあったと。

事故現場に行き、手を合わせる杏子とみちる。いつも新しい花がたむけられているのに気づく。

杏子は、井口家に行く。妻・春乃は、夫は、薬物なんてやっていない、いつも、運転手たちは過重労働を強いられていると心配していたと。

杏子が家に帰ると、壮一郎の母・幸枝が料理を作りにきていた。幸枝は、壮一郎を許せとは言わない。差し入れをしてほしいと頼む。

壮一郎は、最低の夫だ悪かったと謝る。子供たちの様子を聞く。

杏子は、隼人が数学が苦手というと。壮一郎は、昔、隼人が自転車に乗れなかったが、自転車が壊れていた。原因が違うところにあるかもしれない、勉強法を見直すようにと助言。

昔話をしたら、杏子に笑顔が戻り、壮一郎は久しぶりに見たと喜ぶ。

事務所に帰ると、多田は、家にあった薬に薬物が含まれていたが、検視報告書では出てこなかったから薬物依存はなかっただろうと。なぜ、映美が、薬物の話を持ってきたのか疑問に。

多田は、杏子に、今回の代理人は、杏子の頑張っている報道を知って依頼してきたと、杏子は少し喜ぶ。

朝飛は、東神鉄道に、他に事故が無かったか調べ、オーバーランがあった事実を掴む。それは、井口の手帳に書いてあったORではないかと杏子が気づく。

杏子は、東神鉄道の運転手にオーバーランが、疲れていたために起こったのではないかと聞き込みに行くが、運転手は否定する。

映美は、杏子たちに、薬物の話をして時間を稼ぎ、運転手たちに箝口令を強いていたのだった。

みちるが調べると、オーバーランした運転手の一人・北原は、東神鉄道を辞めて所在が不明だった。

ラーメンを食べながら、みちるは、杏子に、壮一郎に辞めさせられたのは、副業がばれたからだと。杏子は、何か知っていてごまかしているのではと。

みちるは、突然、井口の葬式の芳名帳を見れば、北原の所在が分かるのではと。北原を尋ねるが、追い返される。北原は、高級マンションに住んでおり、みちるは何かあると調べ始める。

脇坂は、壮一郎が、贈収賄で捕まるほど馬鹿じゃない裏に何か隠しているのではと佐々木を問い詰める。佐々木に、あと3日で落とせと命じる。

壮一郎が、トイレに行くと佐々木が隠れていた。佐々木は、3日で起訴するかもしれないと。壮一郎は、手を打ってあると。富岡製鋼は計画倒産だったと佐々木に伝える。

多田と杏子は、北原を尋ねるが、留守のため夜遅くまで待っていた。杏子は、壮一郎に面会して昔を思い出し笑ったという話を楽しげに語る。

杏子は、壮一郎が捕まる数日前から気づいていたが見て見ぬふりをしていたかもしれない。もう一度見つめ直そうと思うと語る。

多田は応援する言い、今日は出直そうかと言った時に、北原がゴルフバックを持って帰宅してきた。杏子は、また過重労働が起こるかもしれないと北原に問いただすが、家に隠れてしまう。

その様子を、東神鉄道の労務担当・小川が見ていた。

みちるは、杏子に壮一郎のことを何か隠しているのではと言われたことを気にしていた。朝飛は、多田も杏子も今日は直帰すると連絡があったと。

多田は、バーで飲んでいると、着物を着た女性が近づいてきて、あれから、どうしていたと聞く。

映美は、東神鉄道の安西にまだしつこく調べていると。そのころ、杏子にある人物から電話が入り話すことに。

その人物とは、東神鉄道の労務担当・小川だった。北原に、過重労働を隠すため、会社側が高額の退職金を払ったし、見舞金を上乗せして井口さんを黙らせようとしていると告白。

翌日、映美は、東神鉄道の安西と小川をつれて、見舞金2000万円で和解しようと持ちかけてくる。

多田は、北原さんが過重労働が原因でオーバーランしたあと会社に訴えたが聞きいられず、そのあと井口さんが事故をおこしたと証言してくれる人がいると。

映美は、小川だと気づき、今頃後悔して裁判にこないかもしれないと脅す。

裁判になれば、他の運転手も声をあげ集団訴訟になるかもしれないし、過重労働が認められれば、役員の責任にもなり、会社が危機に立つことになると言い返す。

杏子は、過重労働を認めて社会的責任をとった方が会社にとって良いと説得しはじめると、映美が急にお腹が痛くなったと同じ手を使い、交渉を先延ばしにしようとする。

安西は、会社のダメージを与えたくないと言い、要求を呑むからここで終わりにしてほしいと。多田は、賠償金1億円と、井口さんへの正式な謝罪を要求。

多田と杏子は、代表の佳恵から、なぜ勝ったのに浮かない顔をすると。杏子は、あっさりしすぎると疑う。

杏子とみちるが、事故現場に花束をたむけに行くと、ホームレスの島田が、花をたむけていた。島田は、事故の時、汽笛のような音がしてたと。

杏子は、事故の時ブレーキ痕が無かったことや、オーバーランが頻発していたことを思い出し何かに気づき、終わりにしてはいけなかったと叫ぶ。

東神鉄道に、杏子は、多田、朝飛と行き、映美、安西と小川と交渉を行う。

杏子は、過重労働による井口の居眠りではなく、ブレーキが利かず、汽笛を鳴らしたが脱線事故が起こったのではないかと問いただす。

過重労働をあっさり認めたのは、杏子たちが北原に近づき、ブレーキの故障がばれる前に、小川を使って、過重労働が原因とした方がダメージが少ないと判断したからだと。

北原がみちるに連れられて出てきて、オーバーランを起こしたのも、1年に1回交換しなくてはいけない部品を経費節減のため2年に1回にしたからだと。共犯になりたくないと暴露。

安西はいくら払えば良いと言うが、多田は、もうその段階ではない、国交省に話をして、それとは別に、集団訴訟をおこすと。

映美は立ち上がり、元々過重労働の件の弁護を頼まれただけとさっさと逃げて行く。

杏子は、安西に本当の意味での社会的責任をとりましょうと。

多田は、車両故障の件を見つけた杏子の手柄だと、代表の佳恵に言うと、朝飛もオーバーランを見つけたとおあいこだと言う。

東神鉄道の車両隠しの報道を見て、娘・綾香からすごいと言われる杏子。壮一郎からのヒントで気づかせてもらったと喜ぶ。

その報道には続きがあり、横浜地検が、東神鉄道の捜査を行っておりしっかりした捜査が行われていればと報じ、当時、横浜地検だった脇坂に取材が殺到する映像が流れる。

佐々木は、報道を見て、壮一郎が、後ろから手を回したことを知る。脇坂は、検事正・御手洗に呼び出され、どういう責任をとるんだと叱責させられる。

杏子は、依頼人の井口に電話して、杏子を弁護士に指名したのは、だれかの口添えかと尋ねると。壮一郎の弁護士・林からの紹介だったと驚くべき事実を知る。

弁護士の林は、壮一郎に接見し、すべて指示通りうまくいったと。

杏子は、壮一郎が、自分を使って、宿敵の脇坂を窮地に陥れたことを、すべて、壮一郎が仕組んだことであると、子供のことを心配してくれて言ったのではないと多田の前で泣く。

多田は、「もう忘れろ、自分のために生きろ」と杏子を優しく抱きしめる。

ここまでがネタバレですが、第3話は、杏子は、脱線事故の裏にある車両故障隠しを見抜き勝利するのだが、壮一郎がすべて仕組んでいたとは......。

あれほど否定していたのに、過重労働をあっさり認めた裏になにかあると思っていたら、車両故障隠しとは、杏子が気づいて良かったと思ってました。

最後に、脇坂が報道陣に攻められるのを見て、すべて、壮一郎が、刑務所の中から仕組んでいたとは、ビックリしました。

ドラまる
壮一郎が、息子・隼人が自転車に乗れなくて、よく見たら自転車が壊れてたと話した時に、なんて、優しい家族思いだろうと、見る側はすっかり騙されましたね。
ラマちゃん
壮一郎に騙されたと泣く杏子を、すかさず、多田が、優しく抱きましたね。二人は、結ばれるのかな。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』3話ネット上の反応

ドラまる
すべてが壮一郎が仕組んだことと最後に分かり、ネットですごいと評判ですよ。

ラマちゃん
登場人物が魅力的と声が高まってきてます。ますます見逃せませんね。

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グッドワイフ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『グッドワイフ』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『グッドワイフ』4話のあらすじ

2019年2月3日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第4話のあらすじをご紹介します。

杏子(常盤貴子)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。

翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。

杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。

翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。

朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。

本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。

そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する…

一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。

脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。

そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田(小泉孝太郎)だった…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グッドワイフ』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

電車脱線事故が、過重労働が原因と会社側は認めないが、内部告発者現れ認める。壮一郎のヒントから、車両故障隠しを杏子が見つける。すべて、壮一郎が、脇坂を陥れる罠だった。

ドラまる
壮一郎の事件で離れていった杏子の昔の友達の息子が事件を起こす。杏子は、朝飛に弁護を頼むが、うまくいかないようです。杏子はどうするのだろうか。
ラマちゃん
脇坂により、壮一郎の起訴が決定。そんな壮一郎に、多田が会いに行く。何の目的で行くのだろうか、壮一郎に、杏子との離婚を勧めに行くのか。

第3話で、壮一郎の恐ろしさが爆発しました。

杏子は、壮一郎と別れてしまうのか、多田は、杏子にアプローチをかけるのか。

スピード感ある展開が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA