グッドワイフ|1話の動画無料視聴はこちら【1月13日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・常盤貴子主演『グッドワイフ』

ドラマ『グッドワイフ』第1話(2019年1月13日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『グッドワイフ』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『グッドワイフ』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『グッドワイフ』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『グッドワイフ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『グッドワイフ』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『グッドワイフ』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年1月13日(日)放送終了後〜2019年1月20日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送前ですが前クール『下町ロケット』の傾向から、最もお得に『グッドワイフ』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッドワイフ』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グッドワイフ』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『グッドワイフ』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第1話のあらすじは?

2019年1月13日(日)放送のドラマ『グッドワイフ』第1話のあらすじを紹介します。

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。

専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。

だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。

壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。

法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。

記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。

しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。

杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。

そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大 (小泉孝太郎) だった。

二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたが、その気持ちとは別に杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 (賀来千香子) を何とか説き伏せた。

ただ、それはあくまでも仮採用。

杏子は、半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の朝飛光太郎 (北村匠海) と競うことになる。

そんな中、最初の相手となるのは人気キャスター 日下部 (武田鉄矢)。

インターネットで配信している日下部の番組で、スーパーでの幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。

世論の風評に追い詰められた母親は自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。

多田と共にこの事件を担当することになった杏子は、“表現の自由” を巡り、争うことになる。

パラリーガルの円香みちる (水原希子) とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが…。

一方、新たに特捜部長に就任した脇坂 (吉田鋼太郎) は、壮一郎と腹心の関係だった検事の佐々木 (滝藤賢一) を担当に指名し、壮一郎を落とそうとする。

そんな検察側に対して壮一郎もある策を講じていた。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グッドワイフ』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

飛べないアヒル
若手弁護士として活躍していた蓮見杏子は出産を機に引退していたものの、東京地検特捜部長の夫である壮一郎に汚職疑惑と女性スキャンダルが発覚したことで、弁護士への復帰を決意し、司法修習生で同期だった多田の事務所に仮採用となります。

若手弁護士と半年間競い合って優秀と判断されれば、本採用という条件付きの中で奮闘する女性弁護士の姿が描かれます。

出産を機に職場を離れる女性は弁護士に限らず多く存在しているため、働き方改革を説く社会的な雰囲気の中で、働く人の苦悩が描かれることを期待します。

蓮見杏子が最初に扱うのは、ネットで追い詰められた女性の自殺による番組製作者への名誉毀損を問うもののようです。

特殊な資格を有する女性の社会復帰の難しさがいかに表現されるのかも興味深いものです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

mirokichi3
専業主婦として生活していた蓮見杏子でしたが、ある日夫の蓮見壮一郎が不正の疑惑で捕まってしまいます。

杏子は家族を守るために友人に頼んで、弁護士に復帰する事になりました。

しかし、ブランクのある杏子は以前との戸惑いを隠せず、苦戦します。

働く事になった事務所のメンバーも個性派揃いで杏子は振り回されます。

果たして、杏子は無事に弁護士として仕事をやっていけるのでしょうか。

夫の壮一郎は不正の疑惑で逮捕されてしまいますが、一体何があったのか気になります。

次々と問題が起きますが、どうやって杏子が乗り越えていくのか楽しみです。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

ヨウコ
グッドワイフはアメリカのドラマを日本版で行うようですが、予告を見ても面白そうなので、今から楽しみです。

私はスーツを観ていましたが、何となくそれに似ているような気がしました。

しかし、今度は女性が主人公ですし、内容も違った物になると思うので、それも期待していきたいです。

アメリカで評判が良かったドラマだったから、日本版ができたのだと思うので、間違いなく面白いドラマだと思っています。

女性が活躍するドラマは、同性の私からしても、共感できる部分がたくさんあるのではないかと思います。

観ていて、気分がスカッとするようなドラマだと嬉しいです。

ペンネーム:ヨウコ(50代・女性)

JuJu_meme
下町ロケット信者の私にとってはそれほど興味のあるドラマではないのが正直なところですが予告みてキャストが豪華だなと思いました。

唐沢寿明、常盤貴子、ゲスト出演ですが武田鉄矢など。

予告では唐沢寿明と常盤貴子が夫婦役で唐沢寿明は検察庁勤務で不祥事をおかし逮捕され弁護士だった常盤貴子が家族(子供)のため弁護士に復帰せざる得ない状況で好意を持っていた法律事務所の小泉孝太郎のはからいで復帰する。

復帰するがその後にいろいろと波乱が待ち受けている展開の模様。

唐沢寿明が逮捕される役というのが意外な設定でなんか面白そうな感じで期待できると思います。

ペンネーム:JuJu_meme(40代・男性)

極悪人の的場
主演が常盤貴子で、夫役が唐沢寿明だから豪華だなと感じた。

あと小泉孝太郎や滝藤賢一と名前を知らなくても顔を見れば「なるほど、この人か!」って分かるくらい有名な俳優女優が出るドラマだから面白いと思う。

特に唐沢寿明は白い巨塔などのドラマなどで上手な演技で見入っちゃうから、印象に残る演技をするのかなと思う。

あとグッドワイフはTBSテレビの日曜劇場で放送されるせいか、滝藤賢一と吉田鋼太郎の2人がこのドラマでキャスティングされてるのは思わずニヤリとした。

この2人は同じく以前TBSテレビの日曜劇場で放送されて社会現象にまでなった「半沢直樹」で引き込まれるくらい上手な演技してたから、グッドワイフでも視聴者がドラマに入り込んでしまうくらい魅力的な演技をしそうかな。

弁護士役の常盤貴子がスーツ姿なのもかっこいいと感じたし、常盤貴子がクールに弁護士を演じるかと思うと今から1話が楽しみ。

ペンネーム:極悪人の的場(20代・男性)

ロケット、
16年も現場から離れていた女性弁護士のヒロインを演じられる常盤貴子さんとのコトで、予告編では不安はあるが、立ち向かえ、法廷と理不尽に!との見出しにブランクはあるが、困難を克服しながら難しい裁判に光を当てようと努力するヒロインが見られそうだなと、今からとても楽しみにしています。

唐沢寿明さんらも出演されるとのコトで、心強い味方となるのか?手強いヒロインのライバルを演じられるのか?

そのキャラクター設定にも面白さが大きく左右するので、常盤貴子さんの周りの役者の方々の配役にも注目しています。

個人的に好きな法廷モノのドラマの様なのでワクワクしながら放送を待ちたいと思っています。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グッドワイフ』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

マレット

『グッドワイフ』第1話のあらすじネタバレ

検事の蓮見壮一郎が賄賂疑惑で会見を開いて弁明した。

その後、蓮見が失職してしまうのを受け、妻の杏子は司法修習生の時の同期であった多田の推薦で神山法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士に復帰することにした。

浜口夫婦の間の娘が行方不明になった事件で日下部は母親が犯人だという可能性があると報道した。

これにより、母親は自殺したとのことで、浜口は日下部を訴えたいのだと多田と杏子に話した。

だが杏子は和解にし、和解金で娘の捜索を進んだほうがいいと言った。

それに対し、日下部も浜口を訴えるのだと言い出した。

壮一郎は賄賂を受けたことについて認めていない。

その後、杏子との面会で「あなたはあなたで頑張って。子供たちのことは私が守るから」と言われてしまう。

日下部は臨時報道を開いて、杏子は検事の壮一郎の妻なのだとバラした。

杏子と朝飛どちらかが採用されることになるのだと杏子は知った。

杏子は日下部の番組で取り扱うニュースを調べた上で、口頭弁論の練習をした。

これにて裁判が行われた。

だが検事の壮一郎の妻だということだけで傍聴席の方が騒いでいるとのこともあって、杏子はスムーズに発言ができない。

そこで多田が代弁した。

日下部の主張では、浜口の妻は子供を中絶しようと考えたことがあるのだということだった。

産婦人科に尋ねた杏子と円香。

だが中絶の事実はないとのことだった。

清掃スタッフが情報を流したとの可能性が出た。

それで杏子はデマの情報を流したことで、日下部がその情報を口にした。

これで情報源が伊達であることが判明し、伊達は裁判で証言した。

これで日下部が嘘の情報を口にしたことも証明された。

判決結果、日下部と浜口、お互いの名誉毀損の訴えは棄却とのことであった。

警察の捜査結果、玲奈は発見した。

『グッドワイフ』第1話の感想

壮一郎が賄賂疑惑を起こしたのが原因で、弁護士に復帰することになった杏子の生き様はかっこいいのだと感じる。

杏子にとって、壮一郎が賄賂を受け取ったかどうかというよりも、他の女性と関係を持ったことについて一番許せないのだと伝わってきた。

一見、多田は有能な弁護士であるように見えるからこそ、16年前それなりに有能だったという杏子の手腕とはどのようなものだろうかとますます気になった。

壮一郎は女性と関係を持ったことについて認めているにも関わらず、賄賂のことを認めないというのは本当に賄賂を受け取っていないからだと信じてあげることはできると感じた。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まさ

『グッドワイフ』第1話のあらすじネタバレ

16年ぶりに弁護士に復帰した常盤貴子演じる蓮見杏子。

専業主婦として暮らしていた彼女が弁護士に復帰したきっかけは夫である東京地検検察庁・特捜部長の壮一郎(唐沢敏明)のスキャンダルからであった。

壮一郎はある事件の容疑者から賄賂を受けとり捜査を中止した疑いで逮捕されていた。

更に女性スキャンダルもあり、夫との関係も冷え切っていた。

杏子の最初の裁判相手は人気キャスターの日下部(武田鉄也)であった。

インターネット放送でスーパーの幼女行方不明事件を取り上げたが、母親を犯人の可能性が高いと放送し、母親は自殺。

幼女の父親が母親の名誉を回復するため、日下部を名誉棄損で訴えた。

しかし、日下部は父親を逆に名誉棄損で訴えた。

日下部は情報源は警察でありしっかりしていると主張、表現の自由を盾に訴えてきた。

調査の過程で日下部の情報源はコアなファンであり、根拠のないものと判明した。

しかし、裁判では相補の訴えは棄却される。

最後には子供が発見され母親が犯人でないことが判明。

大どんでん返しとなった。

『グッドワイフ』第1話の感想

杏子が16年ぶりの弁護士復帰、四苦八苦しながら裁判に臨んでいく姿が共感できる。

しかも、夫は容疑者として逮捕され社会でも話題となっており、四苦八苦しながら容疑者の妻であるから出来る調査をするなど面白かった。

裁判自体の行方も面白く裁判で負けたときはどうなることかと思ったが、最後には無事ハッピーエンドとなってホットした。

壮一郎のほうの捜査も気になる点がたくさんあり、2本のストーリーを見ているような気分になった。

第一話ということもあり、いろいろ伏線を張っていくところだと思うので、疑問に思うことがたくさんあったが、今後どのように回収されていくのか楽しみだ。

ペンネーム:まさ(30代・男性)

るる

『グッドワイフ』第1話のあらすじネタバレ

検事を旦那様に持つ元弁護士の常盤貴子演じる蓮見。

旦那様が贈収賄疑惑で逮捕されたことをきっかけに仕事に復帰を目指す。

ブランクがありすぎで中々採用されなかったが、弁護士時代の同期、小泉孝太郎の誘いで仮採用でなんとか弁護士に復帰する。

復帰最初の事件は子供が行方不明になり、そのことがきっかけで奥さんも亡くしてしまった男性の弁護。

子供が行方がわからない状態で、ワイドショー司会者の武田鉄矢が根拠のない情報から、子供は亡くなった母親の殺人と報道する。

子供の行方を案じながら名誉毀損で戦うこととなる。

最終的にネタが尽きた武田鉄矢が一般人からの情報を確認もせずに報道していた事が発覚。

その後子供が発見され、誘拐だったことがわかった。

和解金8000万で解決をした。

常盤貴子の旦那様は変わらず拘束されており、大きな権力が絡んでる様子。

『グッドワイフ』第1話の感想

常盤貴子が復帰後、徐々に仕事の感覚を取り戻していく様子にワクワクしました。

小泉孝太郎の優しさの裏に何かありそうな感じも今後気になります。

第一話では常盤貴子の復帰と唐沢寿明の贈収賄/浮気と別々の問題のように感じますが何かつながりがあるんでしょうか。

今回の敵、武田鉄矢の嫌なやつっぷりがすごかったw

実際にあんなキャスターはいないと思いますが、テレビのワイドショーの内容を鵜呑みにしちゃいけないなってちょっと思いました。

子供が見つかった時に走って子供の元に向かうお父さんの姿に恥ずかしながら泣いてしまいました。

ペンネーム:るる(30代・女性)

Toshi

『グッドワイフ』第1話のあらすじネタバレ

蓮見杏子(常盤貴子)が夫(唐沢寿明)の贈収賄の疑惑で捕まり職場復帰をしたが、職場に敵が多い状況だが、持ち前の明るさと多田(小泉孝太郎)のアドバイスもあり、頑張ろうと思う蓮見。

そして、16年ぶりに法廷に立ったが周りの目や噂が気になり動揺してしまう。

多田の助けもありなんとかその場を乗り切る。

そして、蓮見はあるトラップを仕掛けて再度法廷で戦う。

徐々に自信がついてきて、2回目の法廷では証拠を揃えて圧倒した。

判決はまさかの敗北。だが奇跡の逆転で徹底的な証拠が見つかり、和解が成立。

円香(水原希子)と蓮見の夫との関係や夫と佐々木(遠藤賢一)との関係が少し明かになり次週へ。

『グッドワイフ』第1話の感想

テレビのCMで弁護士の話とキャストは知っていました。

個人的には唐沢寿明や吉田鋼太郎が好きなので、どのように役に関わってくるのか気になっていました。

唐沢寿明は、主人公の夫役で家族にはとても優しく素敵な夫だったのだが家族には隠して裏では色々暗躍していてそうで重要な役どころになりそうだと思いました。

また、弁護士のドラマということもあり、情報集めや証拠などを作っていくといのがとても面白く、予想通りに引っ掛かってくれるときは見ているこちらもスカッとする気分になります。

弁護に負けたかと思ったが最後は逆転で勝つというところも粋なストーリーだと思いました。

ペンネーム:Toshi(30代・男性)

まめこ

『グッドワイフ』第1話のあらすじネタバレ

東京地検の特捜部長蓮見壮一郎が女性スキャンダルを認めて謝罪するシーンから始まる。

妻の杏子は家で家事をしながらそれを聞いていた。

日下部は自分の番組で女児誘拐事件の犯人が母親だと報道し、それを苦に妻が自殺したことを夫から訴えられていた。

神山多田法律事務所では、杏子が仮採用される。

杏子は多田と依頼人に会いに行多田は浜口を上手く説得した杏子の腕は鈍っていないと喜ぶ。

日下部は、和解しないと言い、浜口を名誉毀損で訴えると言い出した。

その頃、脇坂は佐々木を壮一郎の尋問役に任命し、壮一郎を落とそうとしていた。

杏子は拘置所に来ていた。

壮一郎は無実だと言うが、杏子は女性問題が許せなかった。

そんな中、日下部は杏子の素性を番組で公表する。

神山はそれを逆手にとって戦うよう杏子に命じた。

杏子は仮採用の朝飛と杏子はどちらかしか採用されないことを朝飛から聞かされる。

16年ぶりの法廷に足った杏子は、夫の話をされて動揺する。

多田が助けに入り日下部を追い詰めたが、逆に美里が中絶しようとしていたと言う。

杏子は浜口に産婦人科を聞き、医師から清掃スタッフがデマを情報を流したのではないかと聞く。

杏子は怪しい人物にそれぞれ別の情報を流し、情報源を見つける。

清掃スタッフの伊達は、わざと過激な内容を話したと証言した。

杏子は、伊達の友達が嘘の情報を送ったという証拠のメールを出して、その事を5分後に放送で話した日下部に裏を取っていないと指摘したが訴えは棄却された。

そこに娘が見つかったと連絡が入り、会いに行った。

多田は日下部に電話し、娘が見つかったので控訴すると宣言した。

事務所では打ち上げが行われ、杏子は円香から元検察事務官で、壮一郎にクビにされたと聞く。

壮一郎は佐々木の尋問に耐えるふりをして、佐々木に指示を出していた。

神山は多田が思い出の魔除けを杏子にあげたのを見て、忘れられない人は杏子ではないかと疑う。

『グッドワイフ』第1話の感想

第1話を見て、原作と設定はだいたい同じですが、豪華なキャストで見ごたえがありました。

主演のイメージに大きな差があると感じましたが、個人的には常盤貴子さんの方が年齢を感じさせない美しさがあり、この役柄には合う気がしました。

小泉孝太郎さんと恋仲になるのか楽しみです。

夫の壮一郎は切れ者ですが、女癖の悪さと平気で人を欺ける所がとても気になります。

何か裏があることは分かりましたが、他にもバレていない女性問題があることは確実なので、杏子には謝罪を受け入れたりしないで離婚してほしいと思った人は多いだろうと思いました。

パラリーガルの円香は、最後に壮一郎の元部下だったことを明かしましたが、円香の言う通り壮一郎は信用できない男なので、杏子が巻き込まれないように祈るばかりです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

みわ

『グッドワイフ』第1話のあらすじネタバレ

夫が汚職事件で逮捕された常盤貴子さん演じる蓮見は、弁護士復帰を果たします。

新人弁護士の北村匠海さん演じる朝飛やパラリーガルの水原希子さん演じる円香、賀来千賀子さん演じる神山も厳しく蓮見にあたります。

蓮見は始めての仕事で、武田鉄矢さん演じるキャスターの日下部と対峙します。

蓮見は、自分が汚職事件のあった夫の妻であることを自分の武器として戦うことに決めて、腹をくくりました。

自分が腹をわることで、関係者を味方につけ、証言を集めます。

日下部は噂程度の視聴者からの投稿メールをもとに、大した根拠もなく報道していたという事実を裁判で突きつけました。

『グッドワイフ』第1話の感想

武田鉄矢さん、憎たらしい感じでうまかったです。

まだまだ男性を中心とした社会で、女性は生きづらいなぁということを痛感しました。

最近は、女性主人公のお仕事ドラマを華やかに描いたものが多く、たくましく頼もしいヒーローのような女性を主人公としたものが多かったですが、そのようなドラマは見ていて気持ちは良いもののリアリティーはなかったように思います。

今回の常盤貴子さんが演じる弱々しく不器用なヒロインは、リアルで、視聴者の女性は思いを重ねやすいと思います。

全国の働く女性が、私も頑張ろうと思えるようなドラマです。

ペンネーム:みわ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『グッドワイフ』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA