QUEEN(クイーン)|8話の動画無料視聴はこちら【2月28日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・竹内結子主演『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

↓無料で『スキャンダル専門弁護士QUEEN』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話(2019年2月28日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年2月28日(木)放送終了後〜2019年3月7日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論から申しますと、最もお得に『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムになると思われます!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『スキャンダル専門弁護士QUEEN』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されるでしょう。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『スキャンダル専門弁護士QUEEN』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじは?

2019年2月28日(木)22時00分より放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじをご紹介します。

ニュース番組を見ている氷見江(竹内結子)、与田知恵(水川あさみ)、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)たち。氷見がチャンネルを換えようとすると藤枝が止めた。

番組で特集しているのは医療ベンチャー『フィニシス』を立ち上げた帝都医科大学の研究者、和久井純菜(森矢カンナ)。

純菜は共同研究者の柏木さつき(伊藤麻実子)と髪の毛1本で様々な疫病が判別出来るという検査キットを開発し、いまメディアからも注目の的だ。

藤枝は純菜が帝都医科大学では珍しく女性で成功している研究者だと、氷見たちに向かって褒め称える。

そんな純菜がネットで叩かれる。

彼女の過去の論文に不正があったと疑われ、検査キットも嘘ではないかとネットニュースになったのだ。

純菜は鈴木法律事務所に助けを求めて来る。

氷見はまず大学の様子を純菜に尋ねた。

純菜によると、大学は男性優位で女性にはセクハラやパワハラは日常茶飯事らしい。

『フィニシス』の件も、大学側にとっては女性である自分たちが活躍することが目障りなのではないか、と言う。

次に氷見はパートナーのさつきのことを聞く。

純菜はさつきには才能があり、といかく研究に専念したいタイプなので、自分は彼女が研究に没頭出来る環境を作っていると答えた。

氷見と与田は帝都医大を訪ねる。

さつきに話を聞くが、研究のことしか考えていなかった。

大学理事長の楽山大作(長谷川初範)も純菜の言葉通り、男尊女卑の塊のような人物だった。

事務所に戻ると真野が純菜の論文に盗用があったことを突き止めていた。

氷見たちは、論文についての謝罪会見を純菜に開かせることにする。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ぽにょ
氷見はまだ東議員と繋がっているのか…?気になるところですが、与田ちゃんが氷見のことを疑っているので、その件がもう少し掘り下げられることを期待しています。

早くスッキリしたいけど、分かっちゃったらさみしいような。

でもやっぱり知りたいですね!

次回は大学の研究室のパワハラ、女性差別など、またもリアルな問題がテーマになっているので、どう戦っていくのか、どう解決するのか期待しながら見たいと思います。

中川大志くんがどこか行っちゃうのかな?

もうあのバトルは見られないのかな?

寂しいから早く帰って来てくれると嬉しいです!

ペンネーム:ぽにょ(20代・女性)

momon
大学の研究者として働く和久井純菜が論文を盗作した疑いを掛けられてしまい、危機管理部に相談しに来るのが見どころだと感じています。

藤枝は女性で活躍している純菜がテレビに出ていたため、氷見達に褒めたたえていた人物が相談しに来ることになったため、藤枝が気合を入れるのではと予想しています。

藤枝がどんなことをして純菜を救うのかとても楽しみです。

氷見達は純菜をどうやって救うのか、どんな方法を使うことになるのかとても期待しています。

氷見は謎だらけなので、次回に少しずつ本性が見えていくのを期待しているところです。

ペンネーム:momon(20代・女性)

スナフキン
第8話では医科大学内での醜い争いにからみ、論文の不正問題について鈴木法律事務所が動くようです。

昔から象牙の塔といわれるだけあって、大学なんて閉鎖的な社会ですからね。

しかも理系の研究者はその専門分野に生涯をかけているわけで、結果が出ずに研究打ち切りなんてことになれば路頭に迷うことになる。

であれば足の引っ張り合いも起こるでしょう。

そんな醜態を鈴木法律事務所の面々がどう料理するのか楽しみです。

また気になるのは氷見(竹内結子)のことです。

彼女の裏の顔というか、真意がどこにあるのか、その一端が少しでも見えることに期待します。

ペンネーム:スナフキン(50代・男性)

グリーン
次回は、大学で起こる問題のようで、発明をしても、大学からの圧力、ましてや女性となるとまた女性差別の問題など解決しなくてはならないことが多すぎるくらいだと思いました。

次回のお話も、実際に起こっているような問題かもしれないので、氷見たちの解決策に期待感が高まります。

毎回、どんなどんでん返しがあるのだろうと楽しみなので、次回も事態が驚く方向へ行くのかドキドキしています。

バカリズムさんのセリフが少しずつ増えてきて、出番もちょっとだけ多くなっているのがうれしいです。

毎回ゲスト出演者たちも迫真の演技を見せてくれてドラマを盛り上げてくれていると感じています。

ペンネーム:グリーン(40代・女性)

はるまき
今回、氷見さんの過去に言及するシーンがあった。

氷見はどんな過去を持っているのか?

また、今何を考えているのか?とても気になる…。

また、バディのような存在の与田でさえ、氷見の行動や可能なこと(今回の株価暴落のような)を把握しきれていないことが今回分かり、このままだと与田は氷見を信頼し続けることができないのではという懸念もある。

今後、氷見と与田がすれ違う展開や、氷見が孤立する展開があるあるだろう。

そうなった時、氷見はどう動くのか?

使えないコマだと判断して新たなコマを使うのか、仲間意識があり信頼を取り戻して仲直りするのか、とても楽しみだ。

ペンネーム:はるまき(20代・女性)

まめこ
第8話は、氷見たちが男尊女卑の理事長と戦います。

事務所でニュースを見ていた氷見たちは、番組に医療ベンチャーのフィニシスを立ち上げた帝都医大の研究者和久井純菜が出ていた。

柏木さつきと共同開発した髪の毛一本で様々な病気が判別できるという検査キットを開発したのだと言う。

藤枝は女性で成功した珍しい研究者だと絶賛した。

その純菜がネットで叩かれ、事務所に相談にやって来た。

大学は男性優位で、女性である自分達の活躍が目障りなのだと言う。

パートナーのさつきは才能があり、研究に没頭できるようにしてあげたいのだと純菜はい。

氷見と与田は大学でさつきに話を聞くと、研究のことしか頭になく、理事長の葉山は男尊女卑の塊のような人だった。

真野が純菜の論文に盗用があったことを突き止め、氷見は謝罪会見をさせることにした。

次回の見どころは、理事長の性差別発言に氷見が反論するシーンです。

予告では、理事長がテレビで特集される純菜をまるで女優かなんかだと勘違いしているんじゃないかと発言するシーンが流れました。

聞いていた氷見たちはこの理事長をどうやって懲らしめるのか、次回が楽しみです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

道子

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじネタバレ

大学の研究者和久井純菜が、髪の毛1本から疾病の原因を発見できる検査キットを発明をした。

純菜は過去の論部が不正で報道され鈴木法律事務所に相談に来る。

パワハラ、セクハラがあったことを話し出し、論文の不正もなかったことを主張する。

氷見江と永見が大学に行き理事長に会うが、やはり女性を馬鹿にする発言で問題があった。

純菜は過去の論文に一部不備があったとは謝罪記者会見を開き、フィニシスが完成出来てないのではないかと記者に指摘される。

氷見江と永見たちはフィニスの研究を守るための策略であった。

さつきはアメリカでフィニスの研究を行うことになる。

純菜は記者会見を開きフィニスの研究をおりて、理事長のセクハラや圧力があったことを暴露する。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の感想

和久井純菜は美人でスタイルが良く研究者のように思えない、きっとなにか隠されているのだろうと思った。

研究のために資金援助を要求している純菜、研究が素晴らしかったら企業から資金援助は申し出てくるはずだが。

同じ研究員さつきがあまりにもおどおどしているのが気になり、この女性が研究員の本当の姿なのではないかと感じた。

純菜とさつきは研究員であり、お互いに持っていない部分があったことで、二人の関係は上手く行っていたようだった。

しかしフィニスが完成もしていないのに世に出したのが間違い、この二人がいなければフィニスの完成はないだろうと思った。

ペンネーム:道子(50代・女性)

rulu

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじネタバレ

和久井純菜は大学でフィニシスという研究をしており、髪の毛一本であらゆる疫病を見つけることができるというのだ。

すごい研究だが、大学では男女差別がひどく行われており、純菜と柏木さつきの研究を辞めさせるために純菜が論文を盗作したという噂が広まりバッシングを受けてしまう。

危機管理部に頼ってきた純菜は、フィニシスの研究が続けられることが目的だと聞いたため、氷見達はフィニシスを守るために作戦を立てる。

純菜は盗作を認めて謝罪したため、世間からさらにバッシングを受けたが、フィニシスはアメリカの大学で引き続き研究をできることになったため柏木さつきは旅立ったのだった。

純菜は理事長が男女差別をしていることをメディアで伝えて理事の席をもらうことができたのだった。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の感想

氷見と与田が大学へ行き、依頼者の和久井純菜さんが大学でどんな仕打ちを受けているのか分かったところがとても驚きました。

理事長から男女差別と思われるひどい意見を聞くことができたのと、理事長室に潜入していた真野が理事長から男女差別のことを聞くことができたので、この二つを使って見事理事長を降ろすことができたのがとても良かったです。

男女差別でもっとひどいと思ったのは、受験でも女性を大学に入れないために点数を変えて不合格にしていたというのはダメだと感じました。

純菜がそのことをメディアで発言して、純菜が理事になることができてとても素敵でした。

ペンネーム:rulu(20代・女性)

マレット

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじネタバレ

フィニシスを立ち上げ、髪の毛1本により、疾病を判断できるという検査キットを開発している純菜とさつきについて特集された番組を視聴する氷見、藤枝、真野、与田。

その時、純菜の論文に盗用があるとの疑いが発覚したため、純菜は鈴木法律事務所に顔を出し、研究を守って欲しいのだと訴えた。

帝都医科大学では理事長の楽山による女性差別が行なわれている最中、純菜の論文に盗用があるとのことを真野が見抜いた。

それで純菜は謝罪会見を開くことになった時、氷見らに頼まれた東堂が、研究のめどが立っていないというさつきの映像を流すとの行為を取った。

その後、藤枝が恩師に連絡したことで、さつきはアメリカで研究を続けることになった。

氷見は裏口入学に吾妻が斡旋したとのことを隠すためにも村西と協力した上で、村西が純菜に、大学の理事になることを勧めた。

純菜は緊急会見を開いて、フィニッシュの研究から降りることにし、楽山理事長による女性差別を糾弾することで理事になることにした。

今回も氷見の思惑通りに事が進んだのだと与田は見抜いた。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の感想

帝都医科大学では女性差別を行っているにも関わらず、今まで良くも純菜は耐え続けることができたのだと痛感した。

特にひどいのだと感じるのが入学試験の話だ。

帝都医科大学に入りたいとの気持ちがあるからこそ、女性が入学希望を出し、受験を受けてそれなりの成績を残したとしても、楽山は女性だからだという理由により、勝手に入学を拒否するというのがひどく、女性側からすれば楽山を許せないのだと憤りを感じることになるというのが当然であるのだと考えさせられる。

また、裏口入学も許されることではないのだと感じる。裏口入学の存在を隠すという氷見も同罪であるように見えてしまう。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まめこ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじネタバレ

事務所で氷見たちは、医療ベンチャーのフィニシスに密着した番組を見ていた。

番組では帝都医大の研究者和久井純菜が美人研究者として取り上げられていた。

柏木さつきと共同開発した髪の毛一本で200種類の病気が判別できるという検査キットを開発したのだと言う。

藤枝は女性で成功した珍しい研究者だと絶賛した。

その純菜が論文の不正でネットで叩かれ、事務所に相談にやって来た。

これを受けて大学側は内容を精査すると会見した。

純菜は、大学は特に酷い男性優位で、女性である自分達の活躍は目障りなのだと言う。

パートナーのさつきは才能があり、研究に没頭できるようにしてあげたいのだと純菜は言う。

氷見と与田は大学で話を聞くと、さつきは本当に研究のことしか頭になかった。

この研究には莫大な研究費が掛かり、全ては純菜の金作が要だとさつきは話した。

理事長の楽山は、男尊女卑の塊のような人で、メディアに出て女優か何かだと勘違いしているのではと言う。

与田と氷見は完全に頭に来ていた。

真野は純菜の論文に盗用があったことを突き止め、謝罪会見をすることになった。

謝罪会見では、過去の引用を謝罪したが、東堂は未完成のフィニシスについて指摘し、大きな波紋を呼んでしまう。

東堂にさつきに動画を流したのは氷見の策略だった。

さつきが新代表となり、研究はアメリカで続けられるよう藤枝が手配した。

純菜は村西に呼び出され、やってほしいことがあると提案した。

氷見の計画通り、純菜は会見を開くことになった。

会見では理事長のセクハラ発言を流し、フィニシスへの圧力を公表した。

純菜は楽山を追い落とし理事長に就任した。

氷見は論文の盗用も楽山の陰謀だったとリークしていた。

与田は氷見への疑いが消えず、氷見のデスクを調べていたが、氷見に見つかってしまう。

与田は氷見が吾妻のためにクライアントを利用していると言う。

氷見は東堂からのメールで、吾妻の不正献金の記事が出ると聞かされた。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の感想

第8話は、氷見に対する疑惑が消えずにモヤモヤしていた与田が、ついに氷見について調べ始めました。

氷見が吾妻のために何かしていることは以前から分かっていましたが、与田が気になっていたのはクライアントを吾妻のために利用していることでした。

確かに毎回面白いくらいに氷見の思惑通りに進むことは妙てしたが、私の知る限りではクライアントが損したことはなかったので、最終的に利害が一致すれば良いのではと思ってしまいました。

今回面白かったシーンは、真野が色っぽい清掃員として理事長室に潜入したり、藤枝がハーバード出身を強調してさつきを説得してアメリカに連れていくシーンでした。

清掃用のモップにマイクが仕掛けられていたのも良かったです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

レタス

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじネタバレ

帝都医科大学所属の和久井純菜と柏木さつきが共同開発している毛髪一本で疾病が検査出来るキット。

医療ベンチャー企業フィニシスとして和久井が代表として立ち上げ世間からの注目を浴びていた。

しかし和久井が過去に書いた論文に不正疑惑が起き、一気に名声が失われる事に。

そこで和久井は鈴木法律事務所に救いを求めた。

帝都医科大学を調べると、理事長が女性を軽視している事がわかる。

氷見弁護士達は、フィニシスの研究は続けさせながら、帝都医科大学の理事長の悪事を暴露し騒動を収める事となる。

与田は氷見と政治家の吾妻の繋がりを感じ氷見を問いただすのだった。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の感想

女性を軽視する大学理事長の発言は観ていて、とても腹が立ちました。

研究を頑張っている者に対して、支援するどころか邪魔をするなんて最低です。

男性だから優秀とかそういう物の見方は間違っていると思います。

氷見弁護士達が理事長の実態を世間に公表してくれた時は、とてもスッキリとした気分になりました。

理事長には自分の考えを改めて反省して欲しいです。

そして女性に対して謝罪をするべきだと思いました。

男女平等といいながらも女性が活躍出来る場が、まだまだ少ないのが現状です。

もっと女性が働きやすい環境が整っていくと良いなと思いました。

ペンネーム:レタス(30代・女性)

ロケット、

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじネタバレ

医療ベンチャーフェニシスという髪の毛一本で疾病を検査出来る検査キットを開発中の和久井純菜と共同開発者の柏木さつきを取り上げたドキュメンタリー番組が放送されているのを見ている氷見達。

そんな時和久井の論文が不正という記事が出てネットが炎上してしまう。

困った和久井は氷見達に依頼に来る。

研究の実用化が目的と確認した氷見達は大学を訪れさつきからも研究を守って欲しいと頼まれるのだった。

理事長の楽山と会うが研究を批判し、どうして女性には子宮があるのか等の差別的な偏見に腹を立てる与田。

そんな与田は大学の外部理事にマネークの村西がなっているというポスターを見かける。

真野が和久井の論文が一部盗用されていると指摘すると、氷見は謝罪会見を和久井に開かせ、東堂にフェニシスの研究がまだ完成のメドが立たないうちに出資をしたのではと指摘させて、更にさつきに告白映像で証言させ、得意の情報操作を行う。

世間が落ち着くまで待つしかないと和久井を説得して1週間後さつきはアメリカのベンチャーで研究を続ける事になり渡米して行く。

残った和久井は楽山の差別発言や女性の合格者数を操作していた事を会見でリークさせて氷見はマネークの村西に頼み彼女を理事長の椅子に座らせ、女性が活躍出来る環境作りを和久井にさせるだった。

その後与田が氷見の机から帝都医科大学の裏口入学の記事を見せて氷見が村西に裏工作した事は実は吾妻を守る為にした事で、その為にクライアントを利用したのかと詰め寄るのだった。

そこへ東堂から吾妻と村西の不正献金と裏口入学のスキャンダル記事が送られてくると氷見は「さすが与田ちゃん、おつかれさま…だね」と呟き帰って行くのだった。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話の感想

与田が氷見がマネークアミューズメントの村西や吾妻と深い繋がりがあり、全ては吾妻の為に氷見が動いているのかと疑い始めた展開がドキドキして見ていました。

てっきり真野は氷見の不審な行動に気付いていると予想していたのですが、まだその辺りは分からなかったですが、今回の帝都医科大学の案件で与田が氷見に対する疑いの目が更に強くなりましたので、良いコンビと思っていましたので二人の関係がギクシャクしていくのが見ていて辛いですが、次回の展開がとても気になってしまいました。

それと今回は余り副所長の鈴木のアドリブシーンが見られなかった(感じられなかった)ので、個人的には笑えるシーンも次回は見たいなと期待しています。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA