スキャンダル専門弁護士QUEEN|2話の動画無料視聴はこちら【1月17日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・竹内結子主演『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

↓無料で『スキャンダル専門弁護士QUEEN』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話(2019年1月17日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年1月17日(木)放送終了後〜2019年1月24日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論から申しますと、最もお得に『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムになると思われます!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『スキャンダル専門弁護士QUEEN』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されるでしょう。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『スキャンダル専門弁護士QUEEN』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじは?

2019年1月17日(木)22時00分より放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじをご紹介します。

鈴木法律事務所・危機管理部。

リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。

やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。

谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。

谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。

氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

早速、与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。

その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。

敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。

一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。

氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。

金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。

氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

アンクレー
2話では氷見(竹内結子)を広告代理店社員で様々な賞を受賞したクリエイティブディレクターの谷正輝が尋ね、週刊誌に自分が過去に契約社員にセクハラをしたと記事に掲載され世間の批判を浴びていると訴えます。

被害者の佐藤瑠璃(成海璃子)が契約社員として広告代理店で働いていましたが、深夜に大量の仕事を頼まれ、翌朝までに終えろと命令され、ためらうと体を触れたと言います。

結局、佐藤は会社を辞めたのですが、受けた仕打ちをなかったことにはできないと告発したのでした。

谷はセクハラを認めず、金で解決しようとしますが、佐藤は謝って欲しいと言います。

実は谷は、借金を抱えていて、ライバルの広告会社から、谷に記者会見で謝罪させたら借金の肩代わりをしてみ良いと誘われた可能性があります。

その結果、谷の評判は落ちてライバル会社にクライアントに流れるのが目的でした。

おそらく、氷見は、その陰謀を暴いて、実際はハラスメントがなかったと証明するのではないかと期待します。

ペンネーム:アンクレー(60代・男性)

マレット
鈴木率いる事務所に新たな依頼者がやってきた。

依頼者から依頼の内容を聞いた氷見江たちは依頼者の要望通りに行動を取ることに決意した。

そのためには人間関係を洗い直し、さらに周りの方に聞き込みをすることで、真相を突き止めることに成功する。

か弱い女性たちを救うためにはどうすればいいかというのを氷見江は藤枝、与田、真野と協力した上で捜査することになるのだという展開を予想する。

危機管理を専門とする氷見江達だからこその独特の視点が見られるかどうかということ、氷見江は依頼者の依頼内容通りに遂行することができるかどうかということ、竹内結子さんがどのような弁護士の姿を見せつけてくるかどうかということが楽しみなポイントである。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まめこ
第二話の依頼人は、大手広告代理店の部長藤原と、クリエイティブディレクターの谷で、谷のセクハラ疑惑が週刊誌に掲載されて、業務に支障をきたしているという。

調べても何も出てこず、谷は事実無根だと主張していた。

氷見は東堂の紹介で編集者に接触し、被害者が暴露本の発売を計画していることを知る。

被害者の佐藤瑠璃との接触に成功した氷見は、暴露本を差し止めようとお金で解決しようとしたが、佐藤は女性としての尊厳を傷つけられたと謝罪を要求された。

氷見はその事を藤原に伝えるが、謝罪せずに解決しろと怒鳴られてしまい、後ろめたい何かを隠していると気づくのだった。

見どころとしては、次回の依頼人である藤原と谷よりも、救うべき相手は被害者の佐藤瑠璃だと気づいてしまうところです。

本来は依頼人の利益を追求しなければならない立場で氷見はどうやって佐藤を救うのか、次回のポイントになりそうです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ぴよちゃん
第2話では職場のセクハラとパワハラみたいなのでそれぞれどんなことがあったのか気になります。

そして鈴木法律事務所はどちらを守るのか気になります。

私はもし訴えが本当ならば受けた側が納得のいく結果になってほしいと思います。

ただパワハラの件は訴えられた側からの依頼みたいなのでその人を守らないといけないので江たちには両者が納得できるような方法で解決することを期待しています。

第1話だけ見ても江と知恵のコンビはすごく息が合って良いと思ったので、第2話でもコンビプレーに期待しています。

私は泉里香さんが好きなので裕子の出番がもっと増えたら嬉しいです。

第2話も楽しみです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

ロケット、
広告代理店で働く女性がクリエイティブディレクターにセクハラをされ、女性としての尊厳を傷つけられたと訴える。

その騒ぎが大きくなり女性達の集団抗議運動まで発展してしまう。

騒動を起こされたクライアントの女性社長からは「相手を黙らせるのがあなた達の仕事です!」と言われ譲歩を考えていた氷見は苦慮してしまうのだった…。

という様な展開が予想されますが、今回写真で登場したアズマ リョウスケという人物と氷見の関係性が分かる内容にも触れて欲しいと思っています。

おっとりしているが冷静で頭の切れるヒロイン氷見と行動派の与田の二人の弁護士としての、これからの活躍が大いに楽しみなポイントです。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

みわ
山本耕史さんですかね、来週のゲストは。

ご結婚されてからはあまり見かける機会がなかったので、楽しみです。

山本さんらしい艶のある演技、期待しています。(笑)

竹内結子さんや水川あさみさんがメインキャストですから、やはりその世代の女性を視聴者のメインターゲットにしていると思います。

特に竹内さんは久しぶりの主演ドラマなので期待しています。

今流行りの人気の俳優さんを見ることも楽しみですが、30代中盤くらいの人にとって懐かしいなぁとか好きだったなぁと思えるような俳優さんをどんどん出演させてほしいなぁと思います。

ペンネーム:みわ(30代・女性)

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

どら弁護士

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじネタバレ

前話の最後に送られた来た氷見のUSBのスキャンダル写真の話題から始まる、爆弾より怖いものであった。

こんな中で新たな依頼がやってきた。

広告代理店でのプロデューサーのセクハラ疑惑を解決であった。

しかし、既にTVや週刊誌まで取り上げられていて、穏便に解決できる状態ではなかった。

こんな状態でありながら依頼人は、謝罪はしないで解決させてほしい要求だった。

一方、被害者の女性はお金の問題ではなく、謝罪をしてほしい考えであった。

また、この件で暴露本が作られる情報を編集社で入手する。

これが出てしまうと勝ち目はなくなる。

詳しく加害者と被害者を調べると共通点が見つかった。

それは以前付き合っていたことだった。

上司と契約社員の関係でありながら、良い関係の時もあっただろうが、今は修羅場とかしていた。

氷見達はこの原因を調べる中で、広告代理店の盗作疑惑が浮上してきた。

この内容を抑える交換条件として、加害者ならびに会社までもが謝罪をすることになった。

暴露本の発行については、もともとこのふたりは付きあっていた情報を記者に流し、暴露本は差し止めになった。

この時、情報を流した記者こそが氷見のスキャンダル写真を送ってきた人物であった。

氷見の昔のことから調べ上げていた。

さて、氷見は今後も追いかけまわされていくのか気になります。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の感想

上司からの契約社員へのセクハラ問題で、これは許されるべき問題ではないので、損害賠償を要求されるのかと思っていたが、謝罪のみと、最初から怪しかった。

昔、付き合っていた仲であったことが発覚。

なぜ、そんな仲であったふたりが、こんな状態になったのか、よっぽど酷い仕打ちを受けていたに違いない。

だから、世の中に公表する姿勢で引き下がる事はしない。

ネックレスを見るとまだ未練が残っているようだったが、暴露本まで出してすっきりさせたかったのであろう。

セクハラは一歩間違えるとこんな展開になりかねないと思わせるシーンでもあった。

現実だと訴えたりしないのが普通なんだと思う。

氷見の過去の話が出てきた。

大丈夫であろうか、いつかは暴露されるあろう。

その時にどう立ち向かうのか楽しみである。

ペンネーム:どら弁護士(50代・男性)

マレット

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじネタバレ

クリエイティブディレクターの谷は契約社員の瑠璃にセクハラしたのだとマスコミが騒いだ。

広告代理店の人事部長である藤原と谷はセクハラは事実無根だと鈴木法律事務所に訴えかけた。

被害者だという瑠璃の話では、谷はセクハラ以外にパワハラもやっていた。

瑠璃は謝罪を望んでいるとのことだが、藤原は謝罪しないと主張した。

パワハラの証拠にもなる会話内容がニュースで流されたにも関わらず、藤原は謝ろうとしない。

別れたくて別れ話をしたら部署を異動されたのだと、谷のパワハラに関する行為について瑠璃は与田に話した。

氷見達は聞き取り捜査を繰り返した。

氷見、瑠璃、谷で話し合った結果、解決には至らなかった。

これで谷は謝罪会見を開いて謝罪をした後、会社を辞めた。

瑠璃も暴露本の販売がキャンセルされるとの結果に至った。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の感想

氷見が茂呂という記者に目をつけた時は、今後氷見は茂呂と何らかの関わりを持つ時が来るのではないだろうかと思っていた。

その茂呂が「あなたは人を殺している」と氷見に言い放った時を見て思わず愕然としてしまった。

第1話の終盤でも氷見が次期首相候補の人と関係を持っているとの衝撃な事が明らかにされていた。

だからこそ第2話ではどのようなラストが待ち構えているのだろうかと気になっていた。

それがまさか「あなたは人を殺している」とは思わなかった。

人の良さが出ているという氷見を見る限り、氷見が人を殺すような真似はしないような人であるのだと見えるが、結局どうなのだろうかと気になった。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まめこ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじネタバレ

大手広告代理店の藤原とクリエイターの谷がセクハラで訴えられたとやって来た。

事実無根で仕事に影響を及ぼしていると言い、氷見は社内を調査させてほしいと頼んだ。

与田と藤枝は聞き込みをしたが、何も見つからなかった。

氷見は東堂を訪ねて編集者を紹介してもらい、セクハラを訴えた被害者が暴露本の出版を進めているとの情報を掴む。

与田は藤原に暴露本が2週間後に出ると話し、被害者の名前を聞き出した。

氷見と与田は被害者の佐藤に接触する。

佐藤はお金ではなく谷に謝ってほしいだけだと言うが、藤原は謝罪を頑なに拒んだ。

被害者の佐藤は顔出しをしてセクハラ被害を公表したが、ネットでは売名行為だと騒がれ炎上する。

谷がパワハラする音声がアップされ、与田と氷見は抗議したが、藤原は弁護士なら謝罪無しで解決しろと言う。

佐藤のインスタで、マツエクの日だと分かり、与田はサロンに会いに行き、藤枝は藤原から会社の内情を聞き出すことに成功する。

会社は暴露本に書かれたネタを隠そうとして、谷に全てを擦り付ける方針に変えていた。

暴露本では、社員の膨大なノルマや盗作の事実が書かれており、最後に谷が全部背負うという筋書きになっていた。

氷見は谷と佐藤に会い、二人が交際していたことを指摘した。佐藤は別れたいと言うと、酷い扱いを受けて異動させられたと言う。

氷見は二人とも会社に利用されていると言い、谷にはセクハラを認めて謝罪すること、佐藤には周りを巻き込まずに解決することを提案したが、佐藤はどうしても暴露本を出すと聞かず、氷見は会社に盗作の証拠を提示して、謝罪会見を要求した。

与田は記者に記事を書かせることで、発売が迫った暴露本を差し止めていた。

与田は記者と中華料理屋で飲んでいたが、席を外したと見せかけて氷見と交代した。

その記者は氷見のことを調べており、以前に氷見が人を殺したと言い、事実を知りたいと言う。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の感想

第2話は大手の広告代理店からの依頼で、セクハラ被害にあった女性に訴えを取下げさせると言う内容でした。

氷見たちにしてみれば、辛い目にあった女性をやり込めなければならないという立場に疑問を感じていたはずですが、かなりのストレスを感じながらも、プロらしく依頼人を助けることに徹していました。

ストレス発散にボクササイズをするシーンは、見ている私もスカッとするような弾けぶりでおもしろかったです。

氷見たちの危機管理チームは、それぞれが潜入して情報を得てくるというやり方で、藤枝は女性の藤原を担当したのですが、ハーバードを出ているエリートの藤枝には、おばさんからの誘惑が相当堪えたようで、ベロベロになっていました。

何だか気の毒でしたが、正義のために弁護士になったと言ったので、割り切って頑張ってほしいなと思います。

最後のシーンで、謎の多い事務員の真野の息子が登場しました。

こんな大きな息子がいたとは、みんなも驚いていましたが、お金を渡したり体を心配するところは普通のお母さんなんだなと、少しほっこりしました。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ぴよちゃん

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじネタバレ

大手広告代理店の人気クリエイティブディレクターである谷正輝にセクハラ疑惑で話題になっていた。

正輝は事実無根と主張していた。

セクハラを受けたというのは、契約社員の佐藤瑠璃だった。

瑠璃は暴露本も出すことになっていた。

与田知恵や藤枝修二は会社に行き、社員に話を聞こうとしたらたらい回しにされた。

人事部長の藤原貴美子は正輝に頑なに謝罪をさせることを認めなかった。

江たちは調べていくうちにデザインが盗作のものが多いことに気づいた。

会社は膨大なノルマを正輝たちにつけさせたのであった。

江たちは正輝と会社に謝罪会見をさせた。

暴露本は発売中止となった。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の感想

正輝が悪いと最初は思って見ていましたが、正輝も会社の被害者だったのだなと思いました。

いくら優秀でもノルマを無理に出すと質が落ちるのも分かります。

正輝は会社を辞めることになりましたが、これから会社側はこのことを考えて改善していって働きやすい会社になっていってくれたら良いなと思いました。

江と知恵が会社の人に話しを聞くときの年齢をごまかしているシーンが面白かったです。

特にあれだけ優秀でしっかりした知恵は不思議ちゃん系で話していたのが可愛かったし演じきるのかすごいと思いました。

瑠璃のブログのフォロワー数がすごかったです。

あの後瑠璃が知恵たちが言ってたような生活をしているのか気になりました。

第2話も面白かったです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

ベリー

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじネタバレ

大手広告代理店の契約社員がパワハラを受けたとして、その事で沢山の女性が集まりデモを起こしていた。

鈴木法律事務所に広告代理店の加害者の谷と上司の藤原が訪れ、騒動を鎮めて欲しいと依頼される。

そこで会社の内部調査を行うが、社員達は口を閉ざしていた。

被害者の佐藤瑠璃に話を聞くと要望は謝罪して欲しいという事だった。

その事を上司の藤原に伝えるとセクハラの事実が無いので謝る気は無いと言われる。

被害者は暴露本を出すと動画を通じて世間に訴えたが、逆に世間から計算高い女だと叩かれてしまう。

そんな時パワハラがあったという事実の音声が報道されてしまう。

その後突如代理店側がパワハラの事実があった事を認め謝罪をしてきた。

そこには隠したい事実があったのだ。

利益を求めるあまりロゴの盗作を行なっていた事実が判明、その事を突き付け加害者側にマスコミの前で謝罪させる事に成功する。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の感想

弱い立ち場の契約社員に対してのパワハラ。

働く為には我慢しなければならないという、何だか観ていて理不尽な仕打ちで腹が立ちました。

そんな考えは、間違っています。

同じ仕事をしている仲間なのに、社員だから偉いとか契約社員だから見下して良いんだとか、そんな事は世の中から無くなれば良いなと思いました。

社員と契約社員の立ち場が同等になる時代がいつか来れば、社員だから契約社員よりも能力が上だという考えは違うと思います。

契約社員でも能力が優れている人は沢山います。

そんな人達が活躍出来る世の中が今後来れば良いなと思います。

ペンネーム:ベリー(30代・女性)

白姫

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじネタバレ

鈴木法律事務所の危機管理部にまた依頼がやってきた。

今回の依頼は大手広告代理店からだった。

代理店のクリエイティブディレクターにセクハラをされたという契約社員の告発が週刊誌に掲載されたのだ。

週刊誌の影響で世間の代理店への風当たりは強く、事態を収集してほしいとの依頼だった。

そして危機管理部の4人はそれぞれ調査を進める。

その中で被害者の女性が暴露本を出版しようとしていることや、広告代理店の社員を苦しめる体制が明らかになる。

そこで氷見たちは、クリエイティブディレクターの谷と会社に謝罪をするように説得し、謝罪をさせた。

また、野呂という記者を利用し、谷と被害者が恋人同士であったという事実を公表し、暴露本の出版を止めさせた。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の感想

第1話はあまりスキャンダルぽくなくて、すごい平和な話だったけれど、第2話の広告代理店の件はタイトルの通りいかにもスキャンダルだなぁという感じでした。

今回も危機管理部のクライアントの依頼にもちゃんと答えつつ、クリエイティブディレクターの谷や被害者女性も不幸にさせない華麗な戦略に感動しました。

また、竹内結子が演じる氷見江の謎の自信や落ち着きがなんだか心地よかったです。

一方ドラマの最後で記者の野呂が氷見の過去について衝撃的な事実を持ち出してきました。

彼女がどんな過去を持っているのかとても気になりました。

ペンネーム:白姫(10代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA