スキャンダル専門弁護士QUEEN|1話の動画無料視聴はこちら【1月10日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・竹内結子主演『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

↓無料で『スキャンダル専門弁護士QUEEN』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話(2019年1月10日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年1月10日(木)放送終了後〜2019年1月17日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送開始前ですが、最もお得に『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムになると思われます!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『スキャンダル専門弁護士QUEEN』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されるでしょう。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『スキャンダル専門弁護士QUEEN』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじは?

2019年1月10日(木)22時00分より放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじをご紹介します。

鈴木法律事務所・危機管理部。

リーダーの氷見江(竹内結子)は、法廷ではなくスキャンダルやトラブルの裏側を主戦場に活躍する異色の弁護士であり、情報操作のプロ“スピン・ドクター”としてクライアントを窮地から救ってきた天才トラブルシューター。

ミナトテレビの敏腕記者・東堂裕子(泉里香)から依頼されたセクハラ被害対応を無事終え、ようやく休みが取れると思ったのもつかの間、新たな案件が事務所に舞い込んで来る。

依頼に来たのはミナトテレビプロデューサーの深川章一(宇野祥平)。

深川が担当する国民的アイドルグループ「フォレスト」の冠番組『フォレスタ』放送中に、パフォーマンス中のメンバー・白石杏里(馬場ふみか)が、歌うことをやめた同メンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を突然突き飛ばしたのだ。

これがネット上で大炎上。

「フォレスト」の解散説や不仲説が流れ、ミナトテレビにも多数のクレームが殺到しているという。

事態を収めるため、次回の番組収録時に「フォレスト」の謝罪会見を開こうと思った深川は、会見を円滑に行うため、氷見たちに協力を求めたのだ。

そんな中、「杏里を殺す」という殺害予告がミナトテレビに届いてしまい・・・。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

シャワーズ
個人的に好きだという女優・竹内結子さんが主演だということだけでも楽しみに感じる。

ドラマのタイトル通り、スキャンダルに苦悩する人々を弁護士が救ってあげるとの話になるのだろうか?と気になっている。

女性の危機に立ち向かう姿を描写するとのことだが、男性が出る幕はあまり少ないのだろうかということ、世の中の女性がどのような悩みを抱え、どのような危機に遭遇している最中で竹内結子さんが演じる氷見紅が行動を取ることになるかどうかということ、ストーリー展開のセンスがどのようなものであるかどうかということに期待したい。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ゆうとりん
法廷弁護士のドラマは面白いものが多いのでとても期待しています。

ドラマ出演する方々もとても有名な方が多いので、視聴率も取れると思いますし、話題になること間違いないと思います。

主演である竹内結子さんはとても大好きな女優さんで、久しぶりのドラマ主演なので、大いに期待しています。

法廷弁護のドラマなので毎回毎回、ストーリーが違うと思いますが、裏ストーリーがどんなのか想像つかないので、そこも期待しています。

木曜10時は特に見る機会が多いので、妻と一緒に見たいと思いました。

あまり期待すると良くないと思いますが、キャストや内容的にとても期待できるドラマだと思います。

ペンネーム:ゆうとりん(20代・男性)

黄昏
まずは竹内結子の久しぶりの連ドラ出演ということで、私はとても楽しみにしています!

日本初のスピンドクターを題材とした作品とのことで、どんな内容のどんな作品なのだろうと今からドキドキ、ワクワクします。

また、ここで起きるいろいろなスキャンダルにも、どんなものが出てくるのか…そちらも気になります。

また竹内結子以外のキャストも中川大志、水川あさみ…と注目の俳優さんばかり。

特に私はバカリズムが出演とのことで、どのような俳優姿を見せてくれるのか、そこも楽しみの1つです。

ドラマのスタートが、今からとっても楽しみです。

ペンネーム:黄昏(30代・女性)

まめこ
次から始まる新ドラマ、スキャンダル専門弁護士 QUEENは、竹内結子さんの久しぶりの主演ドラマということで、とても楽しみです。

今まで見ていた竹内結子さんのドラマは全部ツボ過ぎたので、今回も相当期待してしまっています。

主人公の氷見江は、99.9%の確立でクライアントを救うトラブルシューターで、危機にあり女性の最後の砦という信念を持っており、女性を救うためなら手段を選ばないという弁護士です。

スキャンダルの多い昨今では、このようなドラマが受けることは間違いなさそうです。

リーガルチームには水川あさみ、中川大志、泉里香が出演するようです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ちょろ
このドラマは7年ぶりの竹内結子さん主演ということもあり、とてもおもしろくなりそうでとても期待している。

弁護士だけどスキャンダルの裏側が主戦場で、必要なら嘘も正義に変えるスピンドクターとのことでそれがどういうものかいまいちピンと来ないが、女性の見方でどんなことでも救ってしまうみたいなので、どのような展開のストーリーになるのか今から楽しみでしょうがない。

竹内結子さん演じる氷見はきっとさっぱりしていてどんな問題もバリバリこなしていって欲しいなと思う。

どんなスキャンダルの問題が出てくるのか、1月が待ちどうしい。

ペンネーム:ちょろ(30代・男性)

みちこ
予告みてものすごくみたくなりました。

スキャンダルっていつでも、何処にでもありうる事でそれをどんな風に解決するのかわくわくしました。

竹内結子さんが特に好きで、今まで弁護士役ってあったかな?と、振り返ってしまいました。

一般的な弁護士の主な仕事弱者救済だと思っているのですが、困っている内容って人それぞれ違うのでどんな対処で対抗していくのか未知な事ばかりだと感じました。

QUEENて所から女性が主の話なのかな?と印象を受けました。

いつも新しいドラマが始まるとまずは、1話を見てから見続けるかを決めているので1話が楽しみです。

ペンネーム:みちこ(40代・女性)

2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

アンクレー

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじとネタバレ

氷見が政治家のパーテイー会場に来ます。

息子が東堂という記者に行ったスキャンダルを議員である父親の林に報告しリスクの処理を提案します。

父と取引して息子のハラスメントを隠すかわりに山川議員の汚職ネタを入手して東堂が公表しました。

一方、ミナトテレビプロヂューサーの深川が氷見に相談に来ます。

アイドルグループのフォレストのメンバー白石がメンバーの赤江を突き飛ばしたのです。

深川は氷見に相談して謝罪会見を開こうと決めますが、1月10日に白石を殺すという殺害予告がネットに出ます。

白石は謝るのを躊躇うのですが、氷見は説得します。

白石は、すぐにでもグループを解散したいと言います。

しかし赤江はリーダーの白石は解散を望んでいない筈だと言います。

しかし白石が姿を消します。

テレビでは解散できないのは違約金12億円をはらわなければいけないとの情報が出ます。

芸能界のドン森が氷見を役に立たないと威圧します。

白石は、赤江に嫉妬したとの憶測もあります。

そうするとテレビ局内に面をかぶったビデオカメラを持った男が盗撮しに来て藤枝が捕まえます。

与田と真野は白石を発見します。

与田は白石に同情して真実を聞き出そうとします。

しかし、判らず、氷見と与田は写真の男性が、男でなく赤江だと見破りメンバーを集めて解明します。

そして会見で謝罪しますが、グループは突然、解散を宣言します。

怒る森でしたが氷見は森に山川議員への脱税横領を明かしたのです。

氷見はグループが解散すれば万博に関する贈賄は表に出ないと言い、森と取引します。

おまけの話で、ネットに氷見が次期総理候補とされる議員と歩く姿が事務所で確認されます。

もしかして氷見は、政界をも動かす凄いフィクサーのようです。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の感想

冒頭から大物議員の息子のスキャンダルを取引材料に議員から他の議員をの汚職ネタを氷見が入手したり、森に対して贈賄とグループの解散を取引するなど、一歩、間違えば利益相反行為で訴えられかねない違法行為すれすれなので、びっくりしました。

一方、芸能界のアイドル同士の確執は子供の世界とは思えなかったです。

与田はアイドルの前のマネージャーが社長がタレントを賞品としてしか見ていなくて彼女たちが苦しんでいるのを見ていられず、辞めたそうです。

マネジャーは白石が男性と歩いている写真を見せられても口を割りません。

赤江は隠し事がありましたが、それは男装して自分がLGBTだと告白したのは意外でした。

ドラマの運びが去年、放映された「スーツ」に似ている気がします。

氷見と与田のコンビは、息があっているので、次回以降が楽しみです。

ペンネーム:アンクレー(60代・男性)

マレット

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじとネタバレ

東堂が林の息子にセクハラされたとのことで氷見江は林にその件での話を持ちかける。

これにてセクハラ事件は一件落着に終わる。

深川は、フォレストのリーダーである白石が放送の最中に赤江を突き飛ばすとの事件を起こしたため、次回放送の時に謝罪会見を設けたいとのことで、氷見江らに協力してもらいたいのだと依頼する。

これで氷見江らは行動をとることになった。

殺害予告が入る最中、白石は謝罪したくないと主張し、姿を消した。

そのため、与田らは白石を探し続けた。

白石がいなくなったのは氷見江らのせいだということで、加藤や森尾が怒りを表すという場面もあった。

テレビ局に青い仮面をした人が入り込んだため、藤枝や警備員が追いかけた結果、捕まえることに成功した。

真野と与田は白石を見つけた。白石はフォレストの聖地にいたのだ。

リーク犯は元マネージャーの海老原であることに藤枝は気付いた。

だが海老原はリークしていないと主張し、よく頑張ったねって白石に伝えて欲しいと与田にお願いした。

白石とともに写っている男性の正体を見破った氷見江。

その正体とは赤江だったのだ。

赤江の脱退を認めない社長が海老原をクビにするとのトラブルもあった。

それで白石達はクビにしてもらうとの作戦を実行したのだ。

氷見江のアイデアにより、生放送をすることになった。

そこで白石は、私たちは解散します、と話した。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の感想

革ジャンをカッコよく着るという氷見江が素敵だった。

氷見江、藤枝、真野、与田、鈴木それぞれどのような人物であるか?を分かりやすく序盤に紹介して欲しかったという感じはあった。

だが話が進むのにつれ、だんだん氷見江らのことが分かるようになっていった。

特に印象的だったのが深川の言葉である。

テレビ局のプロデューサーとして本当は番組を作りたかったにも関わらず、忖度をしているという辛さが伝わってきた。

それでもフォレストに対して、思い入れをする深川はちゃんと仕事をしているのだと感じた。

白石と赤江の間にちゃんとした話し合いを設けることさえできてれば、最初から仲良しのままで入られたのではないかと思った。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まめこ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじとネタバレ

氷見たちがパーティーに潜入し、依頼人の東堂がセクハラを受けた件で総務大臣の父親に接触するシーンから始まる。

フォレストの杏里が、歌うのを中断したメンバーに暴行したシーンが生放送で流れた。

事務所に来た依頼人は番組プロデューサーの深川で、フォレストの番組で謝罪会見をする際の危機管理をしてほしいとの依頼だった。

当日は届いた殺害予告の影響で大騒ぎになっていた。

氷見は杏里に謝罪するよう説得するが、杏里は解散したいと言う。

その頃杏里は局を抜け出し、電話の男性に助けを求めていた。

その頃局内では、動画を撮る怪しい男が警備員に捕まる。

氷見は協力を求めていた東堂から写真を受けとり、その写真には杏里が男性と写っていた。

与田と真野はフォレストの聖地で杏里を見つけ、私たちが助けるからと真実を話すよう説得した。

スポンサーがおりると言い出して、深川Pは頭を下げていると、そこに与田が会見の準備をすると、杏里を連れて入ってきた。

藤枝は脅迫メールの送信元が、元マネージャーの海老原だと突き止める。

与田は海老原に会うが、海老原は頑なに何かを隠しており、男性と写る杏里の写真が出回らないようにしてほしいと頭を下げた。

与田は東堂に闇献金リストから一人外してほしいと、あるネタを提供した。

氷見はスタッフを追い出し、桃子から真実を聞いた。

桃子は性同一性障害で、杏里は桃子を脱退させようと考えていたのだった。

謝罪会見が始まり、フォレストは謝罪とともに解散を発表した。

氷見は番組スタッフの賛同を得て、メンバーを説得していたのだった。

氷見は森尾社長に不正献金の件を持ち出し、フォレストの解散と引き換えに公にしないことを約束した。

氷見に請求書が届き、仮面の男は氷見の仕込みだったことが判明する。

そこにUSBが届き、爆弾ではないかと恐る恐る真野が確認すると、氷見が次期首相候補の東と撮られた写真が入っていた。

氷見は私が爆弾だったと誤魔化していた。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の感想

第一話を見て、女性から人気が出そうなドラマだなと思いました。

氷見たちの鈴木法律事務所は、意外にも精鋭が揃っており、それぞれが自分の得意分野を活かして良い仕事をしています。

窮地に追い込まれた女性を救うために権力に屈せずに戦う姿勢もかっこよくて、1つずつ問題をクリアするたびに、スカッとした気分が味わえました。

こんなに後味が良いドラマも久しぶりで、次回も是非見たいという気持ちにさせられました。

法律事務所の所長をバカリズムが演じているのも、とても良いと思いました。

所長の鈴木は父親の事務所を継いだボンボンで、スタッフに対する配慮に欠ける点も多々あり、それに意見する氷見たちの姿も見物でした。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ぴよちゃん

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじとネタバレ

人気アイドルグループ「フォレスト」の冠番組「フォレスタ」の放送中にメンバーの白石杏里が赤江桃子を突き飛ばしたことからメディア等で不仲説が出た。

また杏里に対して殺害予告も届いた。

鈴木法律事務所の弁護士氷見江と与田知恵、藤枝修二はテレビ局に行った。

杏里は謝罪会見する前にテレビ局から脱走した。

知恵と事務員の真野聖子が連れ戻した。

江は杏里が自ら悪者になって何かを守ろうとしているのではないかと考えた。

実は桃子は体と気持ちの性別が合っていなかった。

脱退したくても社長が許さず、膨大な違約金が発生してしまう。

杏里たちは桃子が違約金を払わなくて辞めれるように、わざとクビにさせようとしていたのだ。

そんなフォレストに江は謝罪会見を生放送にさせて、本人たちに突然解散発表をさせたのだった。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の感想

不仲とは全く違う、メンバー思いのフォレストに感動しました。

世間の目がすごいのに自ら悪者になっていた杏里が素敵でした。

フォレストだけではなくて、フォレスタのスタッフたちの協力もあって感動しました。

スタッフたちが泣いているのを見て、私も涙が出てきました。

フォレスト好きの修二が大泣きしていたのが可愛かったです。

江は笑顔が素敵でニコニコしながらも驚くような作戦を立ててすごいなと思いました。

仮面の付けた不審者も江が仕込んだというのは予想外で驚きました。

また副所長が真剣な電話や話なのにずっとお菓子を食べているシーンには笑いました。

第1話とても面白かったです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

ロケット、

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじとネタバレ

パーティー会場で政治家の林に、息子がセクハラをミナトテレビの東堂裕子にした事を話し、黙っている見返りにネタを仕入れた弁護士の氷見江。

彼女達が所属する鈴木法律事務所にミナトテレビのプロデューサーの深川からフォレストというアイドルグループの揉め事により殺害予告が届き、謝罪会見をする事になったが万が一に備えて立ち会うという依頼が来る。

その後氷見達がテレビ局に行くがフォレストの杏里と桃子は険悪な関係となっており、謝罪会見は遅れてしまう。

その後杏里がコッソリと抜け出したり、不審者が現れたり、杏里のツーショット写真が暴露されたり、元マネージャーが情報を流したのでは?と様々なハプニングが起きる。

その後ツーショット写真を詳しく見直し、氷見が写真の男が桃子ではと気付く。

その予想を桃子に話すとメンバーが止める中、認めるのだった。

彼女はメンバーや元マネージャーしか知らない性同一性障害である秘密を告白するのだった。

彼女をフォレストから脱退させてやりたいと考えての揉め事を起こした事も分かり、謝罪会見と解散を無事にした彼女達はそれぞれの道へと向かうのだった。

社長には政治家の林から仕入れたネタの山川議員の不正献金問題に社長も関わっていた事を氷見が指摘して交換条件としてメンバーの解散を納得させたのだ。こうして今回の案件は解決した。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の感想

オープニングでの林議員から入手した山川議員の不正献金問題で依頼者の裕子を助けると共に今回のアイドルグループフォレストの社長もその件に関係していたという伏線的なストーリーが最初から最後まで繋がっていて、個人的に面白く見られました。

キャラクターはまだ謎がありどんな人物なのかはハッキリ分かりませんが、回を増すごとに個性が見られそうで楽しみです。

その代表がヒロインの氷見江でラストで小包で送られてきた謎のUSBメモリに入っていた次期首相候補のアズマ リョウスケというヒロインとのツーショット写真の真相が早くも気になる秘密と感じさせてくれたので他の人物の秘密にも触れられればと感じた1話でした。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

みわ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじとネタバレ

人気アイドルグループの女の子が番組内でトラブルを起こしました。

それが原因で、世間からはバッシングを受け、大きな騒ぎになってしまいます。

弁護士の竹内結子さんや水川あさみさんは彼女たちには何らかの事情があるのではないかと思い、彼女たちを救おうと画策します。

トラブルを起こした彼女は、メンバーのことを守ろうとしていました。

なんとか違約金を払わずに解散をする方法を考えていたのです。

メンバーのひとりは、性同一性障害を抱えていて、女の子のアイドルとしてふるまわなければならないことに苦悩していました。

竹内さんのアシストを得て、彼女たちは生放送中に解散を発表するという手段をとりました。

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話の感想

アイドルグループの女の子が抱えてる悩みが性同一性障害だったというのは、予想していなかった展開だったので、意外性がありおもしろかったと思うのですが、その部分をもう少し丁寧に描いて欲しかったなぁと思います。

性同一性障害の彼女がいつから自分の性質に気づいて苦しんでいたのかということや、恋愛の対象はどうなのかということなどを掘り下げて欲しかったです。

また、なぜ性同一性障害の人が女性アイドルという仕事を選んだのかということは理解しづらいです。

ちゃんと説明してくれないと、一般の視聴者には伝わりにくいと思います。

ペンネーム:みわ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA