スキャンダル専門弁護士QUEEN1話ネタバレと感想。謝罪会見がSMAPを連想?

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・竹内結子主演『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』
ドラまる
2019年冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN(クイーン)』第1話が2019年1月10日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
スキャンダルを専門に取り扱ったドラマ。

「ブラックスキャンダル」などスキャンダル報道をテーマにしたドラマが最近多いけど、このドラマは爽快感を味わえそうね!

こちらの記事では、ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第1話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第1話のあらすじネタバレと感想

氷見江(竹内結子)は、鈴木法律事務所・危機管理部のリーダー。

法廷ではなくスキャンダルやトラブルの裏側を主戦場に活躍する異色の弁護士であり、情報操作のプロ“スピン・ドクター”としてクライアントを窮地から救ってきた天才トラブルシューターです。

ミナトテレビの敏腕記者・東堂裕子(泉里香)から依頼されたセクハラ被害対応を無事終え、ようやく休みが取れると思ったのもつかの間、新たな案件が事務所に舞い込んで来ました。

依頼に来たのはミナトテレビプロデューサーの深川章一(宇野祥平)。

深川が担当する国民的アイドルグループ「フォレスト」の冠番組『フォレスタ』放送中に、パフォーマンス中のメンバー・白石杏里(馬場ふみか)が、歌うことをやめた同メンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を突然突き飛ばしたのです。

これを見た視聴者は当然問題視。

すぐさまネット上で大炎上しました。

これをきっかけに「フォレスト」の解散説や不仲説が流れ、ミナトテレビにも多数のクレームが殺到するという状態に。

事態を収めるため、次回の番組収録時に「フォレスト」の謝罪会見を開こうと思った深川は、会見を円滑に行うため、氷見たちに協力を求めてきたというわけです。

しかし、その矢先にんな中、「杏里を殺す」という殺害予告がミナトテレビに届いてしまいました。

結局、予定通り謝罪会見は行われることになりましたが、本番前に杏里が逃走するという事態も発生。

さらに、問題発生後のフォレスタの収録も出来ていないことがマスコミにも伝わり事態は最悪の方向に。

そんな中、杏里が男と一緒にいる写真の存在が判明。

その写真が今回の騒動に関係していると氷見は考えます。

そして、フォレストの元マネージャーの海老原に会いに行った与田知恵(水川あさみ)。

氷見と与田は今回の騒動の真相に気づきます。

桃子はFtMでした。

故に女性アイドルグループとして活動していくのが辛くなり脱退を考えた桃子でしたが、フォレスト社長はそれを認めようとしません。

海老原は社長を説得しようとしますが、結局海老原は解雇されてしまいました。

脱退を強行するなら違約金が発生してしまうという厳しい状況。

そこで問題を起こしてクビになるしかないと杏里は考えたのでした。

真相を知った氷見はフォレスタでの謝罪会見を生放送にすると提案。

そこで、フォレストメンバーは一連の騒動を謝罪すると同時にフォレスト解散を発表しました。

許可ない解散発表に当然怒り心頭の社長でしたが、社長には賄賂疑惑があり、氷見はフォレストが解散すればその不正も表に出ることはないと告げて…。

…以上が「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」1話の大まかなあらすじ。

爽快感があり面白かったです!

先日、NGT48のメンバーが男に暴行されたというニュースが報道されたばかりの状況だっただけに、タイムリーな話題でした。

2話も期待です!

スポンサーリンク

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第1話のネットの反応や評価は?

ドラまる
白石、桃子、与田など乃木坂46の人気メンバーの名前が登場人物に!
ラマちゃん
しかも、アイドルをテーマにした回で。

もしや狙ったのかしら?

ドラまる
アイドルの謝罪会見というとSMAPを思い出すね。
ラマちゃん
スマスマでの謝罪。

同じフジテレビだしなんだか感慨深いわね。

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』2話のあらすじは?

2019年1月17日(木)放送のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』2話のあらすじをご紹介します。

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

スキャンダル専門弁護士 QUEENスキャンダル専門弁護士 QUEEN
早速、与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

スキャンダル専門弁護士 QUEENスキャンダル専門弁護士 QUEEN
氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第1話のあらすじネタバレと感想と2話のあらすじをご紹介しました。

面白かったです。

アイドルをテーマにしていたのもタイムリーで興味深かったです。

爽快感もありましたし、最後はすっきりしました。

2話以降も期待が出来る初回ではなかったでしょうか。

ドラまる
新たな道を選んだフォレストの後日談も気になるね。
ラマちゃん
最終回で再登場しないかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA