【さくらの親子丼2】5話ネタバレと感想。貞子の驚きの過去…殺人犯か?

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年1月5日(土)オトナの土ドラ「さくらの親子丼2」5話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
記憶を失った貞子は、出雲となにか関係があり、それを調べるため、さくらは、出雲に行くようですが、どんなことが待っているのかな。
ラマちゃん
貞子は、少しずつ記憶が戻ってくるようです。血がついて倒れている男がたびたび出てきており、貞子にどんな過去があったのでしょうか。

さくらは、出雲に反応する貞子を見て向かうが、簡単に身元が分からない。泊まった旅館の写真から、観光バスと関係があることを知る。貞子も少しずつ思い出し、錯乱状態に.....。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼2』5話あらすじネタバレと感想

元旦に、さくらは、お節料理を作り、みんな楽しそうに眺める。さくらは、だて巻は、勉強ができるように、詩のために作ったと。栗きんとんは、お金が儲かるように香のためにと。

数の子は、元気な子供が産まれますようにと貞子にために作ったと言い、皆喜んで食べ始める。

鍋島から年賀状が届き、父をよろしくお願いしますと連絡が入る。鍋島の父は、お姉さんの所に戻っていた。

桃子先生と川端、さくらは、出産が近い貞子の今後について話をし、子供はここで産ませることになる。

桃子先生は、子供が生まれてからのために、まずは身元が分かることが必要だと。このままだと、出産しても、養育能力がないとみなされ、子どもは施設に。

その後記憶が戻り、もし、貞子が成人だとすると複雑になるから、まずは、身元が分かることが大事だとさくらは理解する。

皆で雑煮を食べている時に、出雲大社の初詣の報道番組が流れ、貞子が急に喚き出し、さくらが介抱し落ち着く。貞子がまいていたミサンガが切れていた。

さくらは、インターネットで調べ、ミサンガが、出雲大社の縁結びのひもであることと、貞子が書いた灯台の絵は、出雲の日の碕灯台であることを突き止める。

さくらは、桃子先生に、貞子と出雲には何か関係があるので1泊でいいので調べに行きたいと言うが、桃子先生は、鍋島さんもいないし当直がだれもいなくなると反対する。

そのころ、川端は、大学時代の友人で弁護士の七海に会っていた。七海は、外資の顧客を任され忙しそうで、川端は、子供シェルターに生きがいを感じていると語る。

桃子先生から電話が入り、七海をつれて、ハチドリの家に行く川端。桃子先生は、さくらは言い出したらきかないと出雲に行ったと。

桃子先生は、北海道で学会があるため出かけ、ハチドリの家は、川端と七海が任されることになる。

さくらは、出雲大社に行き、貞子がつけていたミサンガのひもがあることを確認し、巫女さんに貞子の写真を見せて訪ねるが分からない。警察も尋ねても、家出人などは出ていないと。

さくらは、泊まる旅館に行き、地図を広げて悩んでいると、仲居さんが、展示してある出雲の写真を見せてくれる。その写真の中に日の碕灯台の写真があった。

さくらは、夕方、日の碕灯台に行き、貞子の書いた絵と照らし合わせ、近くの土産物店に貞子の写真を見せるが分からなかった。

ハチドリの家では、茜たちが紙きりをして遊んでいると、貞子は、そのハサミを手に取り握っていた。

七海は、川端と食事を作りながら、子供達がいなくなったことを確認し、ここにきた目的は、川端がなぜ、ハチドリの家にめり込んでいるのか知るためだと。

川端が司法修習生時代トップクラスだったのに、本当にこれでいいのかと尋ねる七海。

二人の会話を、由夏と玲奈が盗み聞きし、川端は女を見る目がないと溜息をつく。

七海は、食事を作り終え、川端に、弁護士事務所の社長が会いたがっていると、ハチドリの家の仕事は、川端に向いていないと言い残し去って行く。

そのころ貞子は、何かを思い出しそうになり、苦しくなって、頭を鏡にぶつけ暴れていた。

異常に気付いた詩が、川端に知らせ、貞子の部屋を鍵で開けると、貞子は、ハサミを手に取り、自分の髪の毛を切っていた。

翌日、さくらは、旅館の写真をよく見ると縁日の写真に貞子が写っていることを発見し、貞子の胸には、出雲観光タクシーのシールが張られていた。

さくらは、出雲観光に向かい尋ねるが、分からない。写真を置いて連絡をくれるようにと去る。

バスの運転手の男がさくらを追いかけてくる。貞子は、縁日の数日前に、運転手の高見沢を訪ねてきて、あいにく、遠距離バスに乗っていて、その後会えたか分からないと話す。

貞子は、関西なまりがあり関西からきたのではと。高見沢は殺されたとさくらに話す。

高見沢を殺した犯人は捕まっておらず、貞子がきた翌日に殺されており、警察が貞子を探していると。茫然とするさくら。

ハチドリの家では、子供達全員が見つめる中、貞子の髪をショートに整えてあげる由夏。貞子は、実は可愛いと感心する。

貞子は、出雲観光で待っていて、高見沢に出会えた事を思い出しつつあり、頭が混乱していた。

川端は、七海に言われたこの仕事は向いていないという言葉が頭を巡っていた。ハチドリの仕事に不満はないが、桃子先生やさくらのように子供たちの心に入って行けないと悩んでいた。

そこに、茜が、貞子が暴れていると川端を呼びにくる。

貞子は、高見沢と出雲であったことを思い出す。

出雲大社で、縁結びのひもをミサンガにしたことや、ワイナリーに行き肉を食べたこと、おじいちゃんが亡くなり、出雲で暮らそうと思っていることを伝えたことを。

貞子は、高見沢の子どもを妊娠したと高見沢に伝えていたのであった。

さくらは、貞子が殺人に関係していると茫然としながら東京に帰ろうとしていた時に、出雲警察署の刑事から、貞子が、高見沢の殺人に関与しているのではとの電話が入る。

さくらは、刑事に、貞子が妊娠しており、記憶も失って不安定な精神状態にあると伝え、貞子の事情聴取は無理だと伝える。

貞子はさらに思い出していた。妊娠をしていることを高見沢に伝えると、高見沢は、お金を払うからおろして欲しいと。

貞子は、高見沢に海を見たいと言い、いっしょに向かう。はしゃぐ貞子。お腹をさすりながら、海の神社に祈る。

高見沢は、貞子にお金を渡して、これでなんとかするようにと言い二人は別れる。

諦められない貞子は、その夜、高見沢の後をつけ、奥さんと子供がいることを知る。次の瞬間、市内の空き地に場面は変わり、貞子は、血にまみれ倒れている高見沢を思い出す。

さくらは、東京に戻り、ハチドリの家に向かう河川敷を歩きながら、出雲観光の運転手から聞いた、高見沢には家族がいること、事件当時、貞子が目撃されていることを回想していた。

さくらは、ハチドリの家につき、出雲のことを思い出しため息をつくが、思い直して、元気に入って行く。

川端が、大変だと、さくらを居間に連れて行き、貞子が苦しみだし、陣痛が始まっているところだった。

ここまでがネタバレですが、第5話は、さくらは出雲で、貞子がバス運転手と会い、運転手は殺されたことを知る。貞子は、運転手のことを思い出し....。

貞子のお腹の中の子どもは、出雲観光の運転手のもので、妻子のある運転手は、出雲に会いに来た貞子に、おろすようにと言ったことが分かりました。

貞子は、おじいさんがなくなり一人ぼっちになったため、子供ができて喜んだのに、相手に妻子があることが分かり、ショックだったのでしょう。

ドラまる
さくらも、ショックでした。貞子の相手に家族がいたこと、貞子が、その人を殺したのではないかと思えることでした。ハチドリの家に向かう足どりが重かったですね。
ラマちゃん
貞子の記憶は、相手の運転手の後をつけ、妻子がいることを見て、その後途切れ、運転手が血を流して倒れているところになります。本当に、貞子が殺したのかはまだ分かりませんね。

記憶がほぼ戻った貞子。さくらが、ハチドリの家に帰った時に、陣痛が始まりましたね。次回は、子供が産まれるのでしょう。貞子はどうなってしまうのでしょうか。

川端は、司法修習生同期の弁護士・七海から、ハチドリの家の仕事に向いていないと言われ、思い悩み始めました。こちらもどうなるのか心配ですね。

ドラまる
鍋島もいなくなってしまい。川端もいなくなるとするとさくら一人でハチドリの家をやって行くのか。でも、鍋島も戻ってきて欲しいし、川端も、思い直し残って欲しいですね。
ラマちゃん
貞子に子供が生まれ、親を信じないハチドリの子ども達は、貞子とその子供の関係から何か学ぶのではないでしょか。親の気持ちも少しは理解するのか。展開が楽しみです。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼2』5話ネット上の反応

ドラまる
前話で貞子が鍋島の父に優しかった理由がわかったとか、貞子は記憶が戻ってどうなるとか展開を楽しみにされている方がいますね。

ラマちゃん
貞子は、殺していないのではとの予想し、次回が楽しみという声が上がってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼2』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『さくらの親子丼2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『さくらの親子丼2』5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『さくらの親子丼2』6話のあらすじ

2019年1月12日(土)放送のドラマ『さくらの親子丼2』第6話のあらすじをご紹介します。

気持ちの晴れないまま出雲から「ハチドリの家」に帰ってきたさくら(真矢ミキ)を、貞子(井頭愛海)の出産が待ち受けていた。

これまで一切言葉を発しなかった貞子が激痛に耐えられず、「痛い! 死ぬッ! 助けて」と大声で叫んでいる姿に驚くさくらだが、さらなる問題が起こる。

頼んでいた助産師がインフルエンザで寝込んでしまったのだ。

すでに赤ちゃんの頭が見え始めている状態で、さくらは直ちにシェルターで出産させる事を決意する。

「一人で大丈夫なんですか?」不安がる川端(柄本時生)や子どもたちを安心させるべく、

「こう見えても二人産んでるし」というさくらだが、子どもたちはこんな時でも「こう見えてもって?」「若く見えるって意味でしょ」と軽口を叩く。

さくらは女子たちに手伝いを命じ、出産の準備を始める。

各自様々な反応を示し、一旦躊躇したりはするものの、さくらの必死な姿と貞子の苦しみを前に、手伝い始めるマリア(日比美思)、詩(祷キララ)、玲奈(尾碕真花)、茜(柴田杏花)。

ところが由夏(岡本夏美)だけはその輪に入るのを拒む。

出産の痛みにうめく貞子は、苦しみの中で徐々に記憶を取り戻す。

出雲での出来事の断片が頭をよぎる中、息が荒くなり、呼吸困難に陥る貞子。

そんな中、リビングで漫画を読んでいた由夏だったが、貞子の苦しむ声が耳に届き続けると、堪えきれず立ち上がり、スタッフルームに飛び込んで、貞子の手を握り気持ちを落ち着かせるよう、優しく声をかける。

「頑張れ貞子!」みんなが“貞子”を連呼する中、

徐々に本来の自分を取り戻しつつある貞子は「誰が貞子やねん…けったいな名前つけやがって…ホンマ腹立つわこいつら…」と怒りに近い気持ちで思い切りいきむのだった。

やがて苦しみの末、赤ちゃんが誕生。それと同時に意識を失った貞子が、再び目覚めると…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『さくらの親子丼2』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

さくらは、出雲に行き、貞子が、妻子ある運転手と付き合っており、運転手殺害の重要参考人であることを知る。貞子も記憶が戻りつつあり、さくらが帰ると、陣痛が始まっていた。

ドラまる
貞子の陣痛が始まり、助産師が病気で来れないため、さくらが、ハチドリの家で出産させることになるようです。大丈夫なのでしょうかね。
ラマちゃん
他の女子は、さくらの指示で貞子の出産を手伝うようですが、なぜか由夏だけは拒むようです。由夏には何があったのでしょうか興味がありますね。

次回は、貞子が出産し、記憶や関西弁も戻るようです。おとなしかった貞子がどう豹変するのか、運転手を殺したのは貞子なのか、早く知りたいですね。

由夏がなぜ出産の手伝いを嫌がったのかの話や川端の迷いの話も並行して進むようです。どう話が展開して行くのか楽しみです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA