【さくらの親子丼2】2話ネタバレと感想。玲奈、追うヤクザの目にも涙!

  • この記事を書いた人:Kawai

2018年12月8日(土)オトナの土ドラ「さくらの親子丼2」2話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
さくらは、食事に興味のない子ども達に、アンケートをとって食べたいものを聞くようです。そこにはおでんが。なぜそれを書いたのか楽しみです。
ラマちゃん
シェルターの子ども達の外出が描かれ、そこで、トラブルがおこるみたい。さくらはどう向き合って行くのか展開を楽しみにしたいと。

食事に関心がない子ども達に、さくらはアンケートをとり、1つの鍋のおでんを囲む。玲奈は、部屋に黒い鞄を隠し持ち、それを探しにヤクザが家に侵入、そのヤクザにさくらは....。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼2』2話あらすじネタバレと感想

さくらは、シェルターに戻ってきた。朝、おにぎりをつくり、拓士と香は頬張る。食パンにソースをかけ食べる玲奈に、さくらは、おにぎりの方が美味しいよと薦める。

玲奈は、さくらのことをうっとうしいと思う。母親の借金のために、風俗店で働かされ、そこからシェルターに逃げてきたことを思い出す。

桃子や川端は、さくらが、シェルターの手伝いをしたいと言い出したことを、子ども達のためにもぜひと喜ぶ。

さくらは、逆で、シェルターの子ども達は、親を捨てたと言っているが、本当にそうなのか、親と子はどこかで求めていることを確かめたい。

桃子は、砂漠の中に落ちた指輪を探すようなものだと。さくらは、それが確認できないなら、自分が今までやってきたことがなんなんだろうと。自分のために戻りたいと。

九十九堂は娘が手伝ってくれることになり大丈夫だというさくら。

川端といっしょに、シェルターに向かう。川端も、さくらのどこかで親子は求め合っているという言葉を信じたい同感だと言う。

今日は、茜の気分転換のために外出につきあうという川端。シェルターでは、子どもを親から守るため、職員や弁護士が付き添い外出する。由夏と玲奈は、鍋島がついていった。

外出して川辺のベンチに座る川端と茜。川端は、茜をなぜ殴ったかをお母さんに聞いてみるというと。茜は、なんとなくそんな気がしていたと笑いながら言う。

詩は、一人で外出が許され図書館で勉強していた。同じ年代の男の子が勉強にやってきて、見つけると挨拶する。詩は、その男の子のことが気になっているようであった。

桃子は、入所したばかりのマリアに、ここにいられるのは2ヶ月で。それまでに、どういう方向に行くのか決める。人生を決めるのは自分の権利だからと。マリアは納得する。

玲奈は、ショッピングモールで下着を選び、試着室に入って行き、外で待っていた彼氏に会い、風俗店の連中が探していることを知る。

由夏と玲奈はシェルターに帰る。玲奈はベットの下に、黒い鞄を隠し持っていた。玲奈は、幼少期のころ、アルコール依存症の母に、スーパーから万引きをさせられていたことを思い出す。

さくらは、子ども達に、何を食べたいか聞くが答えない。鍋島は、母親から聞かれたこともないし、聞いたら殴られるからだと聞き、悲しくなるさくら。

さくらは、子ども達に、夕飯何を食べたいかのアンケートをとることを思いつく。

何も書かない子どもが多く、親子丼1票、親子丼だけはいや1票、おでんとかかれたのを見て、さくらは、おでんにしようと。

大きな鍋におでんをつくるさくら。全員がテーブルを囲むが、手をつけない子供たちに、さくらは、だれかがおでんを食べたいと言ったのだから食べてよと明るく言う。

香が最初に箸をつけて食べ、うまいという。女子から、お前がおでんと書いたのかと聞かれるが、香も拓士も否定する。

鍋を皆で食べるのに慣れていない子ども達に、好きなものをとればいいし、取り合いになれば、話し合いやじゃんけんをすればいい。それが楽しいとさくら。

由夏がめんどくさいからとってくれというと、さくらは、自分の好きなものを食べていいんだよと、決めるのは自分だからと。

マリアは、人生を決めるのは自分だと桃子先生が言っていたと言い、貞子が食べ始めると、一斉に食べ始める。

拓士は、ちくわぶをとり、得体のしれないまずそうと鍋に返す。皆から、姿形で決められるのはよくないことを知っているのは拓士ではないかと。拓士は、性同一性傷害であった。

拓士は、ちくわぶを口にとり、美味しいと思うが顔に出さない。皆からは、本当は美味しいんだろうとからかう。

茜は、和気あいあいの家族の雰囲気に、泣きだしてしまう。由夏は、また、そんな幻想を抱くと否定されるが、茜は、家族を夢を見て何が悪いと怒る。

玲奈は、心の中で、おでんと書いたのは自分だと。

幼少期のころ、スーパーでおでんを盗んで、警備員に捕まり、母親はその子は知らないと。スーパーのお姉さんが持ってきてくれたおでんが食べられなかったのを思い出していた。

空になったおでんの鍋を見て喜ぶさくら、香は、恥ずかしそうに、うまかったというと。さくらは、鍋を洗いながら、ガッツポーズをし、さらに喜ぶ。

由夏は玲奈と、人生ゲームで遊びながら、敬語を使うところをみると少年院に入っていたのではと。玲奈は、バイクとかの窃盗でと。

由夏は、玲奈が言っていた夢とは何かと聞くと。アパートを借りて一人暮らしをし、小物を扱うお店を持つのが夢と嬉しそうに答える。

玲奈は、風俗店のお金を盗んで、黒い鞄に隠し持っていたのであった。

お金を盗まれたヤクザは、やっきになって玲奈を探していた。玲奈の彼氏を脅して、合いびきのショッピングモールの試着室を突き止める。

玲奈は、試着室に入るが、彼氏がいないことにがっかりする。シェルターに鍋島と帰るのを、ヤクザがあとをつけていた。

シェルターの場所をつきとめたヤクザは、宅配便を装い、川端を騙して、シェルター内に押し入ってくる。川端が警察に通報するとしようとするが、気絶させられてしまう。

その騒ぎに、子ども達が出てきて、玲奈はまずいと思う。

ヤクザは、玲奈を連れて行こうとすると、鍋島が出てきて、ここの責任者だとヤクザを座らせる。

ヤクザは、玲奈の母親がつくった300万の借金返済のために、玲奈を連れて帰ると。玲奈は店の金1000万を持ち逃げしたからだと。

ヤクザは、玲奈にここに逃げ込むとは賢いと言い、鍋島に、窃盗犯をかくまうのかと脅す。玲奈は、お金を盗んでいないとしらを切る。玲奈を助けようとする鍋島を殴るヤクザ。

その様子を、買い物から帰ってきたさくらが見ていた。

ヤクザが、勝手に探させてもらうと、子ども達の部屋がある2階にあがろうとしたその時、さくらが立ちはだかり、ヤクザの頬を引っ叩く。さくらは、幸次郎とさくらさんの顔を忘れたのかとドスの効いた声で叫ぶ。ヤクザは、さくらだと気づきおとなしくなる。

さくらは、風俗の店長だとしょうもないことをしている。母親の借金を娘に返させるだといつの時代だと啖呵を切る。

小学生のころ牛乳が飲めなくて、いじめられて、さくらのとこにきて泣きながら来ていたやつが、いじめたやつを見返す男になれと言ってやったのに、それがこのざまかと。

それに、子どもに風俗させて、今のあんたは、いじめたやつらを見返せれるのかと。

さくらは、泣きながら、幸次郎にこんなことをやらせるために親子丼を作ってきたわけではない、悲しいと。幸次郎は、ただ、さくらさんと言うばかり。

さくらは、玲奈に、ここは、皆が幸せに暮らす家だと、そんなけがわらしい金を早く返しなさいと言うと。玲奈の目に一筋の涙が流れる。

玲奈の返したお金を見て納得する幸次郎。さくらは、母親の借金は、玲奈が返す義務はない、母親に請求するようにと、玲奈が稼いだ金を奪い取るさくら。

さくらは、この家のことは誰にもいわないこと、幸次郎が牛乳を飲めなくていじめられたことを言ってはだめと、幸次郎の子分に約束させる。

帰ろうとする幸次郎を、呼び止め、親子丼をつくるさくら。

幸次郎は、親子丼に手を付けず、何をやってもだめで、今の社長が、拾ってくれて、店を任せてくれた。

さくらさんは風俗を悪く言うが、助かった女も多い、玲奈だってのたれ死んでいたと。去って行く幸次郎に、さくらは、それは違うと、でっかい男になれと。

幸次郎は、車に乗り、子分に、親子丼美味そうだった食べなくて良かったのかと言われるが、今の自分には食べられないと涙ぐむ。

さくらは、幸次郎が食べなかった親子丼を涙を流しながら食べる。

玲奈は、さくらさんがなんで泣いているんだろうと思い、さっき怒られた時に、こころが熱くなったと。そんなことは今までなかったと。

さくらは、玲奈と、桃子を訪ねる。シェルターの場所は知られてしまったと困ったという桃子に、さくらは、玲奈は、恋人にも場所を言わなかったとかばう。

玲奈は、自分が出て行けば良いと言うと。

桃子は、玲奈の顔に顔を寄せて、そうではない。私たちは、あなたのことを最後まで見放さない。シェルターを出ることは、玲奈に死ねということだと。

玲奈は、涙ぐむ。その表情に、さくらも安心する。

玲奈は、「何で、ハチドリの家と言うの」と問う、桃子は、ハチドリのひとしずくの本を取り出して渡す。

玲奈は、本を読み、森が火事になって、動物たちが逃げて行く中で、ハチドリだけが、1しずくの水を何度も火にかける。「私は、私にできることをしているだけ」と。

一生懸命、大きな鍋を一生懸命洗うさくらの後ろ姿をみつめ、玲奈は、よくわからないが、なんとなく分かった気がすると思う。

さくらは、夕飯のアンケートを子ども達に配る。玲奈は、親子丼と紙に書く。

ここまでがネタバレですが、第2話は、さくらのおでんに家族を感じ。玲奈を追いヤクザがシェルターに。ヤクザは、さくらが昔世話をした子で.....。

さくらが、鍋島から、子ども達が、食事に関心がないのは、そんなことを聞かれたことがないからだと言われた時の悲しい顔が印象的でした。

鍋のおでんを前に、さくらが、自分の好きな物を食べていいと言い、桃子先生が自分の人生は自分で決めれば良いとの言葉が重なり、子ども達が一斉に食べだすシーンが良かった。

ドラまる
1つの鍋のおでんを皆が仲良く食べる。そこに茜は家族を感じて泣いていたね。親なんか信じてはだめという子もいて、さくらのおでんで、子ども達が親を意識したようでしたね。
ラマちゃん
おでんと書いたのが、玲奈だったとは、そこには幼年期におでんを盗んで、親から見捨てられた悲しくて怖かった思い出があるとは。悲しかったね。

玲奈が盗んできたお金を奪いにヤクザが、ハチドリの家に乱入し、川端は吹き飛ばされ、鍋島所長が毅然な態度をとったのですが、殴られてしまいどうなるかと思ったら、

さくらがヤクザの前に立ちはだかり、かっこ良かったです。実は、ヤクザが、さくらの親子丼にお世話になった子どもだったとは、

ドラまる
ヤクザに、いじめられていた子どもを見返すくらいでっかい男になれといったのに悲しいというさくらの真剣な顔に、ヤクザも観念しましたね。
ラマちゃん
さくらが、ヤクザに親子丼をつくり、親子丼に手をつけずに出て行くヤクザのやり取りも良かった。今は恥ずかしくて食べられないと泣くヤクザの思いが伝わってきました。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼2』2話ネット上の反応

ドラまる
ヤクザを怒るときのさくらさんの顔が良かった。ヤクザが次は親子丼が食べられるような大人になっているといいねといろいろな意見がでてますよ。

ラマちゃん
ドラマ中に出てくる言葉やセリフ、さくらさんのパシッと決めるところ面白いとの声がネットで上がってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『さくらの親子丼2』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『さくらの親子丼2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『さくらの親子丼2』2話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『さくらの親子丼2』3話のあらすじ

2018年12月15日(土)放送のドラマ『さくらの親子丼2』第3話のあらすじをご紹介します。

さくら(真矢ミキ)が通うようになってから、「ハチドリの家」の雰囲気に変化が訪れる。

香(塩野瑛久)はチンピラたちを手玉に取って追い返したさくらを見て、すっかり心酔したようだった。

女子たちも全員で食卓を囲むことが増えて以来、“女子会”で盛り上がることがあった。

茜(柴田杏花)は心配してくれる川端(柄本時生)の優しさを自分への愛情と勘違いしていた。

シェルターの子どもたちは、人に優しくされたことが殆どなく、その優しさが仇にならなければいいがと鍋島(相島一之)から聞かされるさくらだった。

ある日、由夏(岡本夏美)は東大の医学部を目指すほど優秀な詩(祷キララ)から「通っている図書館で気になる男子がいるのだが、どうやって打ち解ければいいのかわからない」と相談を受ける。

これまで勉強しかしてこなかったため、人とのコミュニケーションの取り方が思いつかない詩に由夏は驚きつつ、ありのままの素直な自分を見せるようアドバイスする。

図書館で彼から話しかけられた詩は由夏に言われた通り、ありのままの自分を話し始めるが、それが徐々にエスカレートし始め……。

青森県の弘前で病院を営む一家に生まれた詩は、ある理由から病院の跡を継ぐよう、父親から強いプレッシャーを受けていた。

いくら勉強しても、結果が出ないと父に暴力を振るわれていた詩は生きることに疲れ、家を飛び出して自ら死のうとしたのだ。

その際、親切な男に助けられたものの、男は詩にとんでもないことを強要して…。

父親への復讐のために人生を勉強にのみ費やし、感情を表に出すこともない詩をさくらも心配する。

そんな折、いつもの夕食の投票が行われ、その中の一票に「鍋焼きうどん」があった。

ピンときたさくらは、詩の受験勉強の夜食にと、熱々の鍋焼きうどんを持って行く。

うどんを食べる詩の目からは、かすかに一筋の涙が…。そして詩は、さくらにある頼み事をする。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『さくらの親子丼2』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

1つのおでん鍋で子ども達は家族を意識。玲奈を追いかけてきたヤクザが、ハチドリの家に。ヤクザはさくらがお世話した子で、昔を思い出しヤクザは涙。玲奈の目にも一筋の涙が。

ドラまる
次は、頭の良い詩がなぜハチドリの家に入ったのか分かるようです。図書館で好きな男の子ができて、その子に告白し、何かが起こるようですね。
ラマちゃん
さくらの鍋焼きうどんがキーワードになるようですね。詩の心が少し解け、何かを頼まれるようです。それは何か、さくらはどうするのでしょうか。

さくらが、ハチドリの家に関わって、徐々に雰囲気が変わって行くようです。親を捨てた子どもたちがどう親を意識し始めるのか、心の変化を楽しみにして行きたいです。

今回は、親子丼以外に、一つのおでん鍋、鍋焼きうどんと心温まるさくらの食事が登場し、最後は、親子丼を否定していた子ども達が、一致してリクエストするのかな期待したいです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA