【メゾン・ド・ポリス】8話ネタバレと感想。ヒトイチの草介がかっこいい!

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

2019年3月1日(金)にドラマ『メゾン・ド・ポリス』第8話が放送されました。

ドラまる
今日は藤堂さんが大変なんだよ~。
ラマちゃん
まさか誘拐されちゃうなんて。

身代金は一億円。タイムリミットは30分!

こちらの記事では、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第8話あらすじネタバレと感想

海辺で佇む一人の女性の元にやってきた牧野ひより(高畑充希)。

彼女は夏目惣一郎(西島秀俊)の尋問が原因で亡くなった池原慎吾の妻・美砂(萩野友里)でした。

ひよりは自身の父も池原と同じ高遠建設の社員だったと話を始め、さらに夏目と行動を共にしていることを打ち明けました。

同じく海辺に泊まる二台の車。ひよりが事件の捜査を進めているという瀬川草介(竜星涼)からの情報を受け取るのは誰でしょうか。

「組織を守るためだ。」と言っていましたね。

その頃、藤堂雅人(野口五郎)は科学捜査の講演を行っていました。マダムたちを手玉に取る術は表彰状ものですね。

可愛い訪問者

メゾンでは一人の少女・館林桃香(住田萌乃)が祖父が被害に遭ったオレオレ詐欺の犯人を捕まえてほしいと依頼しに来ていました。

そこへ、謎の荷物が届きます。

中身は二台のスマホ。かかってきた電話に出ると、藤堂を誘拐したと告げられます。

スマホに映った藤堂は血まみれでした。犯人の要求は一億円。

しかも30分で用意するように言われてしまいます。

犯人は外部との連絡手段を遮断するなど、メゾンの内部も知り尽くしているようでしたね。

そして、メゾンの中にある一億円の価値のあるものを探すよう言い渡されました。

そんな中、ひよりが美砂を連れてやってきます。話がややこしくなってきましたね。

二人も否応なしに巻き込まれてしまいます。

犯人の要求する一億の価値のあるものは”情報”だと言います。

キッズ携帯を持つ桃香に気が付いたひよりは桃香の母・真琴(東風万智子)に連絡し、誘拐を警察に通報するようにお願いしました。

誘拐犯の目的は?

桃香の母の携帯から桃香にかけられた電話。

現場に来ていた母までも犯人に捕まってしまい、高遠建設の事件の情報を出すように迫られたひよりはメゾンの中を探し始めます。

そこで声をあげたのは伊達有嗣(近藤正臣)でした。

しかし伊達が集めてきた高遠建設事件の資料では足りないという犯人。

伊達「こちらに来てはいかがですか。舘林真琴さん。」

電話の相手は、フリージャーナリストの桃香の母・真琴でした。

高遠建設の事件の真相を知るためにひよりと美砂と組み、今回の狂言誘拐を起こしていました。

何をやっているんですかひよりさん!

藤堂はひよりに騙され、死んだふりをさせられていたんですね。安心しました。

ひよりは余命少ないと宣告された美砂のため、差し違える覚悟で急いで真相を解明するために強硬手段を取ったのでした。

高遠建設の闇


事件の舞台となっている高遠建設は警察の人間が多く天下りをしていた建設会社でした。

ひよりは、高遠建設に天下りをしていた伊達が刑事部長時代に高遠建設のために事件を自殺として処理したのではと考えていました。

しかし、伊達はひよりの父の不審死を捜査するために天下りをしたが、真相をつかめなかったと言います。

そして、メゾンに夏目やひよりを呼んだのも事件の真相を突き止めるためだったと話しました。

明かされた草介の正体

メゾンを飛び出したひよりを車に押し込んだのは草介でした。

草介は警察の内部調査をする組織・人事第一課(ヒトイチ)の人間でした。

ヒトイチは警察と高遠建設の癒着を調べており、ひよりの行動は邪魔者以外の何物でもないと告げられてしまいます。

帰宅したひよりは今までメゾンで過ごしてきたおじさまたちとの出来事を思い返し、草介に「私はメゾンドポリスのリーダーでもあります。仲間を信じます。あの人たちと必ず事件の真相を突き止めます」と宣戦布告をしました。

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第8話ネットの反応や感想

ドラまる
最初は何やってるんだぁって思ったけれど、ひよりが刑事として大きな一歩を踏み出した一話になったね。

ラマちゃん
草介くんは警察の人間だったのね。

それにしても、真顔の草介くんは夏目さんに負けないぐらいステキ。

ドラまる
細かいところの設定がちゃんとしてて面白いね。

ラマちゃん
同じ笑顔なのにこんなにも違うのね~。

ドラまる
戸棚に隠されたお雛様を見た時のひよりの表情が辛かったね。

おじさまたちの気持ちも考えると切なかったな。

ラマちゃん
ここ、気になったのよね。

充電式の盗聴器だったのかなぁ。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

『メゾン・ド・ポリス』第9話あらすじ

2019年3月8日(金) 22:00時から放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第9話のあらすじをご紹介します。

ひより(高畑充希)とメゾンのおじさまたちは、フリージャーナリストの真琴(東風万智子)とともに改めて高遠建設を調べ始めた。

警視庁から天下りした常務取締役・野間仁(佐野史郎)という男が全ての鍵を握っているようだ。

数日後、真琴は野間と青幸興行社長・大黒毅(中野英雄)の密会現場を写真に収めることに成功する。

青幸興行は暴力団・青戸組のフロント企業で、渉外部部長を兼務する野間が青幸興行に仕事を発注する事案も多いという。

野間と大黒が癒着しておりその不正会計を経理部の市野沢譲(税所伊久麿)や池原慎吾(関幸治)に処理させていたのではないか。

そしてこの企みから逃げようとした市野沢は転落死に見せかけて殺されたのではないか。

そして後任となった池原は刑事時代の夏目による苛烈な取調べを苦に自殺したとされてきたが、彼も自殺に見せかけた口封じだったのではないか。

野間と大黒の接点が見つかったことで一連の事件が線としてつながり始める。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。
藤堂さんの誘拐が狂言で本当に安心しました。

藤堂さんのことなので、ノリノリでエイプリルフールのために参加してそうですね。

そして、今回はひよりが少し間違った方法で暴走してしまいました。

それにしても、おじさまたちが事件の真相に気が付くのが早い!

確かに一瞬バロンの声が携帯から聞こえましたね。

おじさまたちの裏のない深い愛に触れ、ひよりはついに本当の意味でメゾン・ド・ポリスのチームリーダーになることができました。

次回から、いよいよ高遠建設の事件の真相に迫ります。

ドラまる
草介は警察の人間だったね。

怪しい上司と密会してたから、黒い方の組織の人間なのかと思っちゃった。

ラマちゃん
黒幕に佐野史郎さんよ。

黒幕感満載!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA