メゾン・ド・ポリス|7話の動画無料視聴はこちら【2月22日放送見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話(2019年2月22日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『メゾン・ド・ポリス』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『メゾン・ド・ポリス』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『メゾン・ド・ポリス』第7話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『メゾン・ド・ポリス』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『メゾン・ド・ポリス』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年2月22日(金)放送終了後〜2019年3月1日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『メゾン・ド・ポリス』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『メゾン・ド・ポリス』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『メゾン・ド・ポリス』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『メゾン・ド・ポリス』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじは?

2019年2月22日(金)放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじを紹介します。

ある日、本郷幸成(井上順)という資産家の邸宅で窃盗事件が発生した。

本郷は内縁の妻・小倉汐里(西丸優子)と訪問看護師の赤井美香(太田美恵)の3人で箱根の別荘を訪れている間に金庫破りに遭ったようだ。

犯行翌朝に本郷宅に出勤した家政婦の本宮カレン(大西礼芳)が発見・通報したという。

そして本郷は旅先で体調を崩して入院してしまい、事情聴取は拒否されていた。

その本郷は都内に多数のビルを保有する資産家で、黒い噂が絶えず政財界や裏社会とつながるフィクサーとも目されている男だ。

そして昔から数々の美女と浮名を流し“世田谷のジゴロ”とも呼ばれている。

ひより(高畑充希)たちが現場検証をしていると、迫田(角野卓造)・藤堂(野口五郎)・夏目(西島秀俊)が現れた。

なんと伊達(近藤正臣)と本郷が幼なじみで、伊達が本郷から直接捜査を頼まれてしまったという。

藤堂が金庫を調べると、強引にこじ開けられた跡の他に小さな穴が開けられている。

さらにその穴には鱗粉が付着している。

この特徴的な痕跡に、迫田たちは昭和の時代に世間を賑わせた伝説の金庫破り“アゲハ”を連想する。

その一方で、藤堂は本郷が飲んでいる薬に違和感を覚える。

さらに、本郷を巡る汐里・美香・カレンという3人の女性の関係が非常にややこしく……。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
今回の最後で、夏目が人殺しだと話が出て気になりましたが、更に予告で夏目が責められている姿が出てきたので、早々に真実が明らかになるのだろうかと期待しています。

また、ひよりの家を盗聴していた人がいましたが、個人的には、見ていて、どこか草介のように見えてドキリとしました。

でも、どこか信じられない部分が大きいので、次回もっと盗聴していた人物の姿がハッキリするようになり、疑いが晴れたらと思っています。

また、関わらない方が良いと言われたことで、ひよりがメゾン・ド・ポリスメンバーとギクシャクすることが無ければ良いなとも思いますが、ひよりに限って、それはないと信じています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

飛べないアヒル
伊達の幼馴染役として井上順さんが登場するようで、昔のカックラキン大放送を思わせる野口五郎さんとの掛け合いが見れそうです。

事件は、井上順さん演じる資産家本郷の屋敷に窃盗犯が侵入し金品が奪われるようで、その手口が昭和に起きていた金庫破りを連想させるもので、過去の事件との関係が疑われるようです。

本郷の人物設定が、伊達の幼馴染で、政財界や裏社会とつながるフィクサー的な人物でありながら、世田谷のジゴロと呼ばれるほど女性関係もお盛んな人物という、なんとも井上順さんならではの役側を思わせます。

夏目の過去も少し明らかになりそうで楽しみですが、井上順さんの演技と野口五郎さんにも注目です。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

まめこ
本郷幸成という資産家の自宅で窃盗事件が発生し、ひよりたちが捜査することになる。

本郷は内縁の妻の小倉汐里と看護師の赤井美香の3人で箱根の別荘に来ている間に盗みに入られていた。

翌朝に出勤してきた家政婦の本宮カレンが通報したと言う。

しかし、本郷は別荘で体調を崩して事情聴取はできないと言われる。

本郷は黒い噂が絶えず、昔から美女と浮き名を流してきた世田谷のジゴロと呼ばれた人物だった。

現場検証に迫田たちがあらわれ、本郷は伊達の幼馴染みで直接本郷から捜査を頼まれたと言う。

藤堂が金庫を調べると、小さな穴に付着した鱗粉を見つける。

迫田たちは、その特徴は伝説の金庫破りアゲハだと言う。

藤堂は本郷が飲んでいる薬を見て、違和感を感じていた。

次回の見どころは、東郷を巡る女3人の争いです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ぽっぷっち
次回は盗聴されている続きから始まるのでしょうか?

それとも次の案件のストーリーになるのでしょうか?

個人的に西島秀俊さんのファンなので悪役にしないで欲しいです。

牧野の父親の死に関係している気がしてなりません。

すべてを知っていてメゾンの人たちは牧野に近づいたとしたら、ちょっとショックです。

牧野自身も父親をなくしているので、メゾンのおじ様たちが父親のように(お爺さんのように)接してくれてきっと嬉しいはずなのに…でも、警察側が何かを隠蔽したくてメゾンの人たちを利用しているとも考えられるので、果たしてどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。

ペンネーム:ぽっぷっち(50代・女性)

ロケット、
鮮やかな手口での金庫破りの事件が起きる。

迫田が手口から「アゲハ」という言葉を口にする。

そんなメゾンドポリスに世田谷のジゴロと呼ばれた男が訪ねて来る。

男は伊達の古い知り合いらしく、久々の再会を喜び合う二人だった。

そんな頃、1人で誰かの墓参りに来ていた夏目は遺族と思われる女性から献花を投げつけられ、「人殺し!」と罵られるのだった。

という様な展開予想が考えられますが、間宮という上司からメゾンドポリスに敵がいるという言葉が聞かれ、その真相が非常に気になっています。

手際の良い金庫破りの事件と夏目の抱えた過去とひよりの父親の事と色々と気になる見所が増えてきた様なので、どの様にこれらの問題が解決されるのかをジックリと楽しみたいと思いました。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

おじじ
次回は、黒い噂のある、世田谷のジゴロの話です。

また、「人殺しとしての過去」として、夏目さんの過去がわかりそうな、お話です。

ひよりの今までの刑事経験を踏まえて、刑事としての素質を問われる、そんな大事な回になっているのではないかなと思います。

夏目さんの過去はこれまで、謎に包まれていましたが、刑事を辞めた真の理由がこの次週で分かってくるような感じがします。

事件に登場する、3人の女性もややこしい事にはなってきそうです。

でも、この3人の女性の中の誰かが、犯人なのではないかなと思ったりしました。

被害者の資産家と伊達さんが幼なじみだということで、その辺りもポイントになってくるかなと思います。

ペンネーム:おじじ(20代・女性)

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレ

世田谷のジゴロと称された資産家、本郷幸成の家の金庫が破られる窃盗事件が発生する。

幸成本人は箱根まで出掛けており、事件当時に自宅には誰もいなかった。

妻の汐里と訪問看護師の美香も共に箱根へ行っており、窃盗に気付いたのは、翌日に訪れた家政婦のカレンであった。

捜査を始めたひよりの前に現れたのは、メゾン・ド・ポリスの面々だった。

幸成と伊達が幼馴染みで、伊達に直接連絡が行ったのだ。

現場を見た藤堂は、金庫の破りかたが、昭和に名を馳せた『アゲハ』の手口と同じであると見抜く。

アゲハの逮捕にも繋がるかと捜査にも力が入るなか、カレンが何者かに襲われる。

一命は取り止めたが、それを知った幸成は、ひよりに、カレンの警護をして欲しいと頼むのだった。

『メゾン・ド・ポリス』第7話の感想

金庫破りやカレンを襲ったことを自首しに来た汐里と美香の、取り調べでの態度に驚愕しました。

結局お金目的だったことは勿論、ひよりからの「本郷さんは、あなたを愛していたと思いますか?」との問いかけに、高らかに笑いながら「本郷に愛なんてあるわけない」と言い放ったシーンは、鳥肌が立ちました。

本郷だって、きちんと人を愛することはできていたのに、それを感じとることができず、決めつけているところが、とても悲しく見えました。

本郷は、このようなお金目的の人達ばかりだったので、グレース以降にも新しく愛することが出来なかったのかと予測でき、胸が痛みました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

tto

『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレ

今宵のエピソードは、伊達の親友である男による裏社会の人間であり、通称世田谷のジゴロと呼ばれる裏社会のフィクサーと呼ばれる男であった。

今回の事件は窃盗事件であるものの、その手口は依然世界を騒がせた窃盗犯「アゲハ」の手口を彷彿させる手際であった。

容疑者候補に選ばれた人物は全部ジゴロがらみの女性であり、動機も十分にあった。

そしてアゲハの捜査をしていく中、容疑者候補の一人が負傷を追ったり、容疑者が自首をしたりとジゴロに捜査をかく乱されているかのように、捜査が思うような展開に進められず困惑している中、旅から帰省した伊達と出会い、更にジゴロも遭遇したことによりひよりはある一つの確信を感じたのであった。

アゲハ騒動の犯人が時ごろであると断言し、容疑者の女性達を見事に手駒にとった確信犯であった。

それを見ていた伊達は引導を渡すべく金庫内にあった一匹の蝶をアゲハと同じ手際で開錠するジゴロの姿を見差占めるが、ひよりはそれぞれの思いを受け取りジゴロの今回の件を目瞑り事件しアゲハ事件は閉幕したのでした。

しかし、ひよりにかかってきた一通の電話から夏目とひよりの間に険悪な空気が流れだし、父親の真相を探るべくひよりが動いたのであった。

そして、その行動を謎の組織が盗聴しており雲行きが曇天へと変わっていってしまったのであった。

『メゾン・ド・ポリス』第7話の感想

今宵の事件は伊達がらみのエピソードであるものの、親友ということもあり丸く収まったエピソードとなっていながらも、このメゾン・ド・ポリスの面々を改めて評価する描写があったり、今宵の犯人であるジゴロに決断を下すなど警察サイドの人間としてひよりが頼もしく成長する半面、ひよりの忘れたくても忘れられない建設現場で不慮の事件に遭遇した父親のストーリーにも大きな進展があり、日和がとにかく活躍したエピソードでありました。

それに伴い、あろうことか父親の敵があろうことか夏目なのかという疑惑も浮上したことと謎の組織の盗聴も相まって、今後が楽しくなるエピソードでもありました。

ペンネーム:tto(30代・男性)

TK

『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレ

夏目が珍しく休みを取って過去の事件に関わったと思われる人物のお墓参りに来ていましたが、後から来た女性に備えた花を投げつけられ、罵倒されます。

その頃、資産家の本郷という男性の家で金庫破り事件が発生したという事件が判明します。

ひよりは捜査に現場に向かいます。

すると、メゾンのメンバーが現場に後からやってきました。

そして、本郷は伊達の幼馴染であることが判明します。

本郷は入院していましたが、ひよりを指名して事情聴衆を行うことになりました。

そして本郷の周りの女性が遺産を狙って金庫破りを行ったことが判明し、本郷の隠し子も狙われます。

その後、犯人は自首してきましたが、ひよりは違和感を感じます。

最終的に本郷が伝説の金庫破りであると判明しますが、時効のためにひよりは、諦めます。

『メゾン・ド・ポリス』第7話の感想

最終的に夏目がひよりの父親の事件に関わっていたことが匂わされていましたが、今回は少し物足りない感じがしました。

遺産狙いの事件ということで、ストーリー的には少し地味な感じがしました。

もっと夏目の過去のことが知りたいので、描いて欲しいと思いました。

また、伝説の金庫破りである本郷と元刑事である伊達がつながっているという関係がおかしいと思いました。

何故、あんなに仲が良さそうで、今でもつながっているのかなと思いました。

最後の場面でも伊達が少し怪しい感じが満載でした。

井上順さんの振り切った演技派魅力的で面白かったです。

ペンネーム:TK(30代・男性)

まめこ

『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレ

ひよりは窃盗事件の通報を受けて現場に駆けつけた。

本郷幸成という資産家の自宅で、金庫破りが入ったと言う。

本郷は内縁の妻の小倉汐里と看護師の赤井美香の3人で箱根の別荘に来ている間に盗みに入られていた。

翌朝家政婦の本宮カレンが通報したと言う。

本郷は昔から美女と浮き名を流してきた世田谷のジゴロと呼ばれた人物だった。

現場検証に迫田たちが現れ、本郷は伊達の幼馴染みで直接本郷から捜査を頼まれたのだと言う。

藤堂が金庫を調べると、小さな穴に付着した鱗粉を見つけ、その特徴は伝説の金庫破りアゲハだと言う。

藤堂は本郷が飲んでいる薬を見て違和感を感じ一錠持ち帰り、杉岡はこの足跡は強盗に見せかけた偽装工作だと言う。

家政婦のカレンが何者かに背中を押されて怪我をする。

ひよりは病院に駆けつけカレンに話を聞いたが、本郷から連絡があり、話す条件にひよりを指名してきた。

本郷はひよりに家政婦のカレンを守ってほしいと頼んだ。

藤堂は薬は中身がヒ素にすり替えられていると突き止めた。

ヒ素の入手ルートを洗うと、美香が研究室の友人から入手していたことが分かった。

そこに汐里と美香が自首してきた。

遺言状を確認し、本郷に死んでもらうのが目的だったと言う。

メゾンに本郷が訪ねてきて、伊達との再会を喜ぶが、ひよりはアゲハは本郷だと指摘する。

ポリシーに反して汐里と美香が金庫をこじ開けてしまい、遺言状に遺産はカレンに渡すと書かれてあったため、カレンを殺そうとしたのだった。

ひよりはグレースはカレンの母親ではないかと言い、伊達は昔の黒アゲハが金庫にあるので金庫を開けてほしいと頼んだ。

本郷はすばやく金庫を開け、警察官のひよりに判断を委ねた。

ひよりは窃盗の時効は7年だから警察には何も出来ないと話した。

ひよりは夏目に取り調べをした池原慎吾が自殺したことが辞めた原因だと言い、父親の事件のことを問い詰めた。

盗聴していたのは瀬川だった。

『メゾン・ド・ポリス』第7話の感想

第7話は、ひよりの父親の事件と夏目が警察を辞めたきっかけの事件が繋がりました。

ひよりは杉岡の協力で夏目が辞めた理由を知り、夏目を問いつめましたが夏目は知らないとだけ答え、結局今回は何も分からずモヤモヤしました。

もうひとつの謎だった盗聴の犯人は、しゅっちゅうメゾンに出入りしているフードコーディネーターの瀬川だったことが判明しました。瀬川は以前から怪しかったので納得しましたが、なぜこんなことをしているのか気になり、モヤモヤしました。

ひよりは今回の窃盗事件を解決し、犯人のアゲハが本郷だと暴きました。

このシーンでは以前に比べてたいぶ貫禄が出てきたなと迫田たちが微笑ましい顔で見ていたのが印象的でした。

確かにひよりの成長は著しくて、夏目の影響を受けていると感じました。

夏目と並んで缶コーヒーを飲む姿がとても絵になっていました。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ちっぷ

『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレ

窃盗事件発生。

被害者本郷は旅行中に空き巣に入られ現金が盗まれるが、本人は事情聴取を拒む。

その代わり、伊達に頼まれた夏目、迫田、藤堂が現れる。

伊達は本郷の古い友人だった。

家にいたのは愛人と訪問看護師。

2人は本郷より先に旅行先から家に帰っていた。

朝、空き巣に気づいたのは家政婦だった。

迫田たちは破られた金庫に蝶の鱗粉が残っていたことから昭和の金庫破り「アゲハ」の仕業を疑う。

その夜、家政婦が何者かに襲われた。

犯人は愛人と看護師だった。

遺言書の中を確認するために金庫を破り、それがバレないように中の現金だけを盗った。

また家政婦に罪をなすりつけるため襲ったのだ。

遺言書には遺産は家政婦に渡すよう書いていたからだ。

実は本郷は「アゲハ」だった。

家政婦は昔彼との共犯者だった女性の娘だった。

『メゾン・ド・ポリス』第7話の感想

どんな凶悪な犯罪者でも、愛する人はいるんだなと思いました。

自分が窃盗し、それを捌いていた女性が逮捕され、獄中で亡くなった。

最後まで「アゲハ」の正体を話さず。

彼女もきっと彼を愛していたのでしょうね。

だから、それを知った彼は足を洗うことが出来た。

何とも切ない話です。

それより、いくら遺産に目がくらんだとはいえ女性は怖いですね。

ライバル通しが仲良く結託するなんて、怖いです。

お金は人を変えると言います。

無いのも困りますが、あるのも苦労しますね。

元犯罪者だけあって、自分の命を狙われていると知り、薬を飲まなかったのはすごい勘です。

ペンネーム:ちっぷ(20代・女性)

あさこ

『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレ

お金持ちのおじいさん井上順さんが窃盗にあった。

怪しい女性は三人。

婚約者、看護婦、そして家政婦(大西礼芳)。

それからしばらくして、大西礼芳さんが、階段から落とされそうになってけがをした。

犯人は見えていない。

結局大西さんを消そうとしたのは、婚約者と看護婦だった。

二人は結託して、井上順さんの遺産を手に入れようとしていたのだった。

大西さんが井上さんの娘であることは、井上さんしか知らない。

井上さんは、そのことを大西さんに知られたくないので、婚約者と看護婦には条件とした、お金をさしだしたのだった。

また井上さん自身も窃盗のプロ、アゲハだった。

『メゾン・ド・ポリス』第7話の感想

今週のメゾンドポリスは血なまぐさくなったので、見やすくておもしろかったです。

金持ちのおじいさんと三人の怪しい女性に、伝説の金庫破りのアゲハにフィリピン…なんかいかにもミステリーって感じのするワクワクするワードがいっぱいの第7話、おもしろかったです。。

それと、今日はメゾンドポリスのおじさんたちの個々の活躍が少なかったので、ちょっと残念に思ってしまいました。

せっかく個性豊かな俳優さんを揃えているので、それぞれのキャラクターを強く押し出してほしいし、それぞれの強みを生かして事件を解決してほしいなあと思っています。

ペンネーム:あさこ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA