【メゾン・ド・ポリス】7話ネタバレと感想。草介(竜星涼)が盗聴する理由は?

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話が2019年2月22日(金)に放送されました。

ドラまる
ひよりの部屋を盗聴していたのは誰なのか気になったまま一週間が過ぎちゃったよ。
ラマちゃん
今日は井上順さんも登場で、おじさま率がまた上がるわよ。

こちらの記事では、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話あらすじネタバレと感想

メゾンで麻雀にいそしむおじさまたちの元にやってきたのは、何でも屋の瀬川草介(竜星涼)。

姿の見えなかった夏目惣一郎(西島秀俊)は池原家のお墓参りに来ていましたが、そこに現れた女性に「人殺し!」とののしられ追い返されてしまいます。

夏目が警察を辞めることになった原因に深く関係がありそうでしたね。

世田谷区の本郷幸成(井上順)邸に窃盗が入ったとの知らせを受けた牧野ひより(高畑充希)は現場に向かいました。

金庫が破られていたのを発見したのは家政婦の本宮カレン(大西礼芳)

本郷がフィリピンから連れ帰ってきた女性でした。

女性関係にだらしない本郷は婚約者の小倉汐里(西丸優子)と愛人で訪問看護師の赤井美香(太田美恵)と一緒に旅行している最中に被害に遭っていました。

資産家の本郷はフィクサーとして暗躍していたと言われていた人物で、現在は旅行先で入院中、事情聴取を拒否していました。

現場になぜかやってきたのは藤堂雅人(野口五郎)と迫田保(角野卓造)と夏目。

伊達有嗣(近藤正臣)の同級生だった本郷からの依頼で捜査をすることになりました。

藤堂は雑に開けられた金庫に小さな穴と鱗粉が付いていることに気が付きます。

「まさかアゲハが?」という迫田。

アゲハとは昭和に活動していた金庫破りの名前。

30年前、相棒のグレースの逮捕でアゲハの金庫破りはピタッと止んでいました。

鱗粉が付いていたのは本郷が趣味で蝶を収集していたため、そのためではないかというひより。

メゾンでは小倉と赤井がお鍋でおもてなしを受けていました。

二人が同じアクセサリーをつけていることから、お互いにその関係を知っているということに驚くおじさまたちとひより。

その夜、何者かに襲われたカレン。

カレンが金庫破りの犯人で本郷が襲わせたと考えたひよりでしたが、突如事情聴取を受けることを快諾した本郷と会うことになりました。

本郷は初対面のひよりに『中の中』との判定を下す失礼な人ですが、何か嫌いになれない新しいタイプのおじさまですね。

持ってきた金庫の中身の確認をすると、盗まれた現金以外全部あると言い、さらにカレンをメゾンで守ってほしいとお願いをしました。

藤堂の調べで、本郷の薬の中身がヒ素にすり替えられていたことがわかりました。

ヒ素を入手した人物は訪問看護師の赤井でした。

そこへ自首してきた赤井と小倉。

本郷と旅行に行っていた小倉と赤井は共犯で、二人は金庫の中にあった遺言状の中身を確認するために窃盗犯に見せかけて事件を起こしていました。

罪を着せるためにカレンを襲ったのも自分たちだと白状します。

そのことを本郷に気が付かれ、自首するように説得されたというのです。

本当に事件は終わったのか?

腑に落ちない顔のひよりは、旅行から帰ってきた伊達を見てフィリピン帰りだと言い当てました。

そこへ事件解決のお礼にやってきた本郷。

アゲハの相棒・グレースの国籍がフィリピンであることを知っていたひよりは、カレンが本郷とグレースとの間に生まれた子供であることに気が付いていました。

アゲハの正体が本郷であることも。

毎年金庫を買い替えていたのは、自分の腕を試すためだったんですね。

遺言状には、財産のすべてをカレンに相続させることが記されていました。

カレンが狙われることを恐れた本郷が小倉と赤井に口止め料を支払い自首するよう促していたのです。

伊達からメゾンにある金庫を開けてほしいと頼まれた本郷は、いともたやすく金庫を開けてしまいました。

金庫破りに使われていた鱗粉は、金庫と会話するために必要なものでした。

金庫の中には、立派なアゲハ蝶の標本と、カレンの母であるグレースの写真が入っていました。

アゲハの正体を知って、判断をゆだねられたひより。

「窃盗の公訴時効は7年。警察には何もできません。」と告げました。

本当の意味で事件を解決したひよりに届けられたのは夏目の過去。

池原慎吾という人物が夏目の事情聴取を受けた後、投身自殺をしていたというのです。

そしてその人物はひよりの父と同じ高遠建設の社員でした。

「池原や父は誰かに殺されたのではないか?」と詰め寄るひよりたちのやり取りを盗聴していたのは草介でした。

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第7話ネットの反応や感想

ドラまる
今日もかっこいい西島さんがたくさん見れたね。

ラマちゃん
ひよりちゃんの中でアイロン=推理になってて面白かったわ。

前回は、ひよりちゃんが真似して何も思いつかないというのもあったわね。

ドラまる
野菜も運んで、金庫も運んで、そして盗聴!

草介くんのいろんな顔が見れたね。

ラマちゃん
井上順さんが藤堂さんと似てチャラいけど素敵なおじ様だったわ~。

ドラまる
僕も小日向さんはこっちの顔が好きなんだなぁ。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

『メゾン・ド・ポリス』第8話あらすじ

2019年3月1日(金) 22:00時から放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第8話のあらすじをご紹介します。

ある日、館林桃香(住田萌乃)という少女が1人でメゾンにやってきた。

祖父がオレオレ詐欺に遭ったので犯人を捕まえてほしいという。

桃香にメロメロになったおじさまたちが話を聞いていると、宛名も送り主もない謎の小包が届く。

夏目(西島秀俊)がリビングに運んできたその小包から着信音が。

中にはスマホが2台入っていた。

電話の主は変声機を使った声で藤堂(野口五郎)を誘拐したと告げる。

そしてもう一方のスマホにメールが届き、添付された写真には血を流して倒れている藤堂の姿があった。

犯人は午後5時までに1億円を用意しろと要求、できなければ藤堂の命はないと脅す。

しかし、すでに指定時刻まで30分しかない。

さらに犯人は外部との連絡手段を全て遮断させ、1億円の価値があるものがメゾンの中にあるだろうとけしかける。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

いつものおじさまたちプラス、井上順さんで、ますますおじキュンの度合いが増した回でしたね。

そして、事件が解決したとホッとしたのもつかの間、ひよりの父の事件に夏目が関係していることに気が付いてしまいました。

さらに、ひよりの部屋とメゾンを盗聴していたのが、草介だったことも明かされました。

いつもの底抜けに明るい草介からのあの真剣な表情は、何か切なさを感じました。

草介も高遠建設の関係者で、事件の真相を探っているのでしょうか?

それとも、誰かに命令されて探っているのか?

次回の展開が気になりますね。

ドラまる
ひよりちゃんがメゾンの一員としての自覚が目覚めたね。
ラマちゃん
次回は藤堂さんが大変な目に遭うのよ!

血だらけだった???気になる~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA