メゾン・ド・ポリス|6話の動画無料視聴はこちら【2月15日放送見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第6話(2019年2月15日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『メゾン・ド・ポリス』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『メゾン・ド・ポリス』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『メゾン・ド・ポリス』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『メゾン・ド・ポリス』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『メゾン・ド・ポリス』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年2月15日(金)放送終了後〜2019年2月22日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『メゾン・ド・ポリス』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『メゾン・ド・ポリス』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『メゾン・ド・ポリス』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『メゾン・ド・ポリス』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじは?

2019年2月15日(金)放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじを紹介します。

ある日、メゾンに高平(小日向文世)の娘・小梅(水谷果穂)がやってきた。

小梅はおじさまたちのことを高平の元部下、ひより(高畑充希)は伝説の刑事である高平に憧れてメゾンに出入りしていると言い出し、メゾンのおじさまたちに解決してほしい事件があると切り出す。

どうやら高平は家族に盛大な嘘をついているらしい。

高平の嘘に怒りを覚えるものの、迫田(角野卓造)らは小梅から事件の概要を聞く。

解決して欲しい事件とは、彼氏・駿(水石亜飛夢)の祖母・春江(吉田幸矢)が自宅にいたところを何者かに頭部を殴打され金品を奪われた盗難事件だという。

春江の息子たち家族が疑われるなか、彼女が現金を保管していたタンスから駿の指紋が検出されたことから孫の彼も疑われているという。

事件以前に彼氏の存在にショックを受けた高平は思わず彼氏に会わせろと口走り、伊達(近藤正臣)のフォローもあって事件捜査を引き受けることに。

伊達のとりなしもあり、後日疑われている春江の家族全員をメゾンに招き、そこで謎を解くことになった。

嘘を根に持った迫田と藤堂(野口五郎)が協力しないと言い出す中、ひよりは夏目(西島秀俊)と事件を具体的に調べ始める。

こうして高平が全てを解決するように見せかける前代未聞の捜査が始まった。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
いつもは捜査にそこまで参加していない高平が、娘に自分を優秀な刑事と伝えてしまうような内容だったので、どのように誤魔化していくのだろうかとドキドキしています。

と同時に、良い顔をしたがる感じが、高平らしいと感じました。

恐らく他のおじ様達は、最初はバカにするかと思います。

でも、そこは共に生活する仲間なので、結局は協力してくれると予想します。

また、そんな中で、事件が起こって、高平は思いがけず捜査に参加させられるのだろうと感じています。

高平は、娘に嘘を見破られずにいられるのか、元刑事として高平もきちんと捜査が出来るのか、そのあたりが楽しみです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

tt
次回のキーキャラクターは、メゾン・ド・ポリスの一番のひょうきんで気さくな老人高平の娘が、登場することにより、また家庭事情的に面白いエピソードが期待できそうです。

とはいえ、次回の事件も金品を剥奪するという窃盗事件であるものの、これといった解決策も見つからず、あろうことかメゾン・ド・ポリス勢も非協力的であったりとどこか協調性を感じない中、内部で起きた窃盗事件を高平が自ら活躍し解決するという普段スポットを浴びず、家事料理ばかりしている高平が輝くエピソードはどこか楽しくなりそうな気がします。

そして娘にどのようなアクションや、アクトをとってくれるのか注目です。

ペンネーム:tt(30代・男性)

イカロス
小日向文世さん演じるメゾンの高平さんの娘がきて嘘がばれるということですが、以前「救命病棟24時」に出演した時にも、ブログで嘘を書きまくっていたというのがあるので、そういう感じは似合っていると思い面白そうです。

そして、その娘が事件を運んできますが、いつも間違った推理ばかりしている高平が事件を解決できるのかが、面白そうで楽しみです。

そして、ひよりは活躍できるのかも気になります。

今回もアイロンのシーンで真似していましたが、まだまだ、ひよっこで西島秀俊さん演じる夏目の域には達していない感じがするので、その辺も楽しみです。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

kiko
次回は今回以上に、ひよりがリーダーシップを発揮して事件を解決していくのだろう。

伊達が、今回の最後に見ていた捜査資料の写真の男が、次回のドラマの展開の鍵になると思われるが、はたしてどんな事件が隠されているのか。

伊達の妻も認知症で亡くなったということが、今回の 放送の最後に分かったが、そのことと何か関連があるのだろうか。

事件の中味も興味深いが、ひよりと元刑事のおじさんたちとの息もだんだんと合ってきたので、どのようなチームワークを発揮して事件を解決していくのかというところも、とても楽しみだ。

夏目とひよりの仲も気になる。

ペンネーム:kiko(50代・女性)

kawa
『メゾン・ド・ポリス』第6話は元名刑事高平さんという設定なおでしょうか、それにしても高平さんの衣装なんか変ですよね、刑事と言うよりは映画やドラマの中の名探偵風の井出達になっているのですが一体どうしてなのでしょうか、いずれにしても第6話のメインは高平さんになること間違いないと思います。

高平さんは事務方ではなかったかと思っていたので、今回はきっと誰かの手前良い格好をしたかったということなのでしょう、高平さんが関係する事件ならきっとドジ、ひょうきんが沢山観れるストーリーになっていると思いますので、第6話は今まで以上に笑いがあって面白いと期待しております。

ペンネーム:kawa(50代・女性)

なお
次回は、小日向さん演じる、高平さんの娘さんが登場します。

普段は、温厚な明るい性格で、メゾンドポリスのメンバーを料理等で癒している存在ですが、予告を見ると、やっと元警察官らしく捜査をして推理を披露する姿が見えました。

また、高平さんは、娘さんに対して見栄を張り、嘘をついているみたいで、おそらくその嘘を現実のものとしようとするひより始め、メゾンドポリスのおじさま達が奮闘するような気がしています。

そこで、高平さんの娘さんがどのようにして、事件に関わってくるか、ストーリーの鍵になってくるか、楽しみです。

見せかけの事件解決、どういう展開が待っているのか、次回も見所がたくさんある気がして今から待ちきれません。

ペンネーム:なお(20代・女性)

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじネタバレ

高平の娘の小梅がメゾン・ド・ポリスにやってくる。

高平は、自分は元捜査一課の伝説の刑事であり、メゾン・ド・ポリスのメンバーは皆、自分の部下だと小梅に嘘をついていた。

それを聞いていた小梅は、彼氏の駿が容疑者となってしまった事件を解決してほしいと頼みに来たのだ。

事件は、駿の祖母が自宅で何者かに襲われ、現金も奪われていたというものだった。

家の鍵全てが掛かっていたことで、家族に疑いがかかっていたのだが、小梅は、犯行時刻には駿と一緒に居たと話す。

小梅に彼氏が居たことに動揺を隠しきれないながらも、メゾン・ド・ポリスメンバーの助けを借りながら、高平は伝説の刑事に扮して謎解きを行うのだった。

『メゾン・ド・ポリス』第6話の感想

高平の小梅への愛と、小梅の高平への愛に、心が温かくなった回でした。

捜査したこともないのに、小梅の頼みを聞くために慣れない推理ショーを披露し、時には厳しく時には優しく、容疑者や犯人を諭している高平を見ていたら、とても良いパパだと感じ、これは好かれるパパだなと感じました。

また、高平の嘘に気付きながらも、高平の面子を守るために騙された振りをし、その騙されているということに嫌な気持ちさえ持っていない小梅は、とても父親想いの優しい娘だと感じました。

高平親子のような関係を、自分の父とも築けたら最高なのにと感じた回でした。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

飛べないアヒル

『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじネタバレ

メゾンドポリスに高平の娘の小梅が訪れ、伝説の刑事と言っていた高平に事件を解決して欲しいと言い出します。

高平は、小梅に自身のことを誇張して伝えていて、メゾンドポリスに住む警察OBたちは高平の部下になっていることに不満を抱えながらも、小梅が依頼した事件の解決に乗り出します。

事件は、小梅の彼氏である駿の祖母が自宅にいるところを襲われ、金品が強奪された盗難事件で、祖母の家族が疑われるなか、現金が隠されたタンスから駿の指紋が見つかります。

高平は、事件よりも小梅に彼氏がいたことにショックを受けながらも、容疑者となっている家族を全員集めて謎解きをします。

メゾンドポリスの住人たちは、現場に出たことのない高平を伝説の刑事にするために、夏目が高平にインカムで指示をするというやり方でその場をしのごうとします。

謎解きが進むなか、届け物を持ってきた瀬川が高平に絡みインカムを破壊してしまいます。

ピンチになった高平をひよりが代わりに謎解きをしますが、最後には高平が真実を突きつけます。

『メゾン・ド・ポリス』第6話の感想

人は身内や近しい人に見栄を張って、少しのつもりの嘘をつくことはよくあるもので、今回の高平のように、親が子供に仕事上の立場を誇張することはよくあるものです。

それを信じられて頼みごとを持ち込まれ、できないことを問い詰めることをせずに、それなりの成果として誰も傷つくことがない対応をみせたメゾンドポリスの人たちの優しさを感じる内容となっていました。

真実のみが人を幸せにするわけではなく、家族だからこそ、見栄を張る感情を理解した伊達の高平の判断能力を見抜いたような指示は、元警視庁副総監のような管理職ならではの配慮のように感じられました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

まめこ

『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじネタバレ

メゾンに高平の娘の小梅がやって来た。

小梅はおじさまたちを高平の元部下だと思っており、ひよりは高平に憧れて通ってきていると高平から聞いていたのだった。

小梅はパパのチームで友達を救ってと言うが、それを聞いたおじさまたちは機嫌を悪くする。

小梅が言うには、彼氏の駿の祖母大浦春江が自宅で襲われ金品を盗まれたと言い、タンスから孫の駿の指紋が出たことで、駿が疑われているという。

第一発見者の長男英二、次男の寿三郎、妻の藤子の中にいると睨んでいた。

小梅はひよりを呼び出し本当は前日から駿の部屋に泊まっていてアリバイがあると言うが、パパには秘密にしてほしいと言う。

後日、春江の家族をメゾンに招き、容疑者だらけの晩餐会が始まった。

小梅はパパに駿を紹介するが、駿はメゾポリのイメージが思っていたのと違ったとバカにした。

謎解きは始まり、高平は春江の家に盗みに入ったのは駿だと言う。

猫の爪の血も駿のものだと判明していた。

夕方に祖母の家に寄りお金を借りようとしたが、引き出しにお金はなかったのだと言う。

高平はイヤホンが壊れ、代わりにひよりが謎解きを始める。

夏目たちは春江が集めていた花差しを全て持ちこみ、殴るのに使った花差しは犯人が持ち込んだものだと説明した。

犯人は1000万は越えると言う花差しをレプリカとすり替えようとしたのだと言う。

迫田が落としそうになった木箱を拾った藤子が犯人だった。

藤子は春江に見つかり、バカ嫁となじられたことに腹が立ち、咄嗟に殴ったのだと白状した。

春江の意識が戻り、藤子をかばい空き巣に襲われたと話していると言う。

駿の本性を知って泣いていた小梅にクッキーを届けたひよりは、高平の嘘に付き合ってくれて感謝していると言われる。

小梅は高平が伝説の刑事かどうかはどうでもいいのだと言い、おじさまたちは喜んだ。

ひよりの家の前で間宮管理官が待っていて、特に夏目には心を許してはダメだと警告された。

『メゾン・ド・ポリス』第6話の感想

第6話は、高平の娘の小梅が登場しました。

高平は小梅に自分は捜査一課のエースで伝説の刑事だと嘘をついていました。

高平はエースという言葉が一番似合わないなと思って笑ってしまいましたが、小梅には子供の頃から言ってきたと言うので、みんなは小梅が本当に思い込んでいるのだと思っていました。

最終的には小梅は全てを知っていてひよりにも感謝していましたが、あんなに主夫丸出しの高平でも小梅は大事なパパだと言い、おじさまたちを感動させていました。

このシーンの夏目の笑顔が何気に刺さりました。

最後のシーンで、新人のひよりの自宅に間宮管理官が訪ねて来るという奇妙なシーンがありましたが、もっと驚いたのは、ひよりの自宅を夏目らしき人物が盗聴していたという事実が判明したことです。

夏目が悪いことをするとは思えませんが、次回の動きに期待したいです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ぽっぷっち

『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじネタバレ

管理人の高平の娘がメゾン・ド・ポリスにやってくる。

なんと高平は長年に渡って娘に自分が名刑事でこのメゾンのメンバーは皆部下だとウソをついていたのだ。

しかし娘の為にみんな話を合わせてあげる事にした。

娘の恋人のおばあちゃんが何者かに殴られ、捜査を依頼してきたのだ。

容疑者はおばあちゃんの子供たちと嫁と孫(高平の娘の恋人)の誰かと高平たちは推理する。

そこで牧野たちは作戦を仕掛ける。

おばあちゃんは陶器類をコレクションしていた。

迫田たちがメゾンに運び込む時にわざと落とそうとした。

とっさに嫁が拾い上げる…犯人は嫁だった。

義母の介護に疲れはて、出来心で一番値打ちのある花器をすり替えて盗もうとしていたところを義母に見つかってしまったのだ。

手元にあった花器で殴ったのだった。

しかし、義母は自分の世話をしてくれていた嫁をかばって「空巣に入られて殴られた」とかばってくれていた。

嫁は心から後悔したのだった。

高平の娘は捜査が進むうちに父の立場に気がついていた。

しかし牧野に「この事はパパに内緒にしておいて」と告げたのだ。

事件も無事に解決し、自宅に帰る途中上司が尋ねてきた。

そして夏目とメゾンの人たちには深入りしないよう忠告する。

過去に夏目が罪のない人を殺しているとも。

一体どういう事なのか?

しかもその会話を誰かが盗聴している。

次回へ続く…。

『メゾン・ド・ポリス』第6話の感想

お姉系? の高平が娘のためにムリして渋い刑事に扮するが、所々でいつもの口調に戻ってしまうのが可笑しかったです。

でも、娘の前ではカッコいい刑事でいたいお父さんともう気がついているのに気遣う娘の互いの優しさに見ている私もほっこりした気分になりました。

ほっこりしたと思ったらラストの数分間が「えー?なになに?」みたいな終わり方で早く次の話が見たいです。

牧野の自宅になぜ盗聴機が仕掛けてあるのでしょう?

誰が盗聴しているのでしょう?

メゾンの人たちだったら何か嫌だな、と思います。

私もすっかり愉快なおじ様たちの虜になってますから。

ペンネーム:ぽっぷっち(50代・女性)

ロケット、

『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじネタバレ

バレンタインのチョコを高平と作っていたひより。

そこへ高平の娘小梅が友人の中松駿と家族が大浦春江という駿の祖母を花瓶で殴った犯人として容疑をかけられた事で助けを求めにやって来た。

高平は捜査一課のエースで伝説の刑事で今はひより達と共に事件を解決していると嘘をついていたらしく、伊達の頼みもあり、渋々高平に協力して事件解決に乗り出すのだった。

その後容疑者の家族全員をメゾンドポリスで晩餐会を開き、事情を聞くと共に犯人を高平が伝説の刑事のフリをして暴く事になった。

トランシーバーで夏目がフォローしながら高平は真っ先に駿を犯人と断定して自供を迫るが、駿はお金を借りに行っただけと分かる。

イヤホンの調子が悪くなりひよりが代わりに推理を続けると、12個の木箱と花瓶が現場にあり凶器の分だけ木箱が無かった矛盾を話し、犯人は花瓶を盗もうとしたと推理する。

伊達が家族写真に写っていた1000万円する花瓶を指摘して、迫田がワザと木箱を落とし一人だけ慌てて拾おうとした次男の嫁藤子が春江の面倒に飽き飽きして、その対価として春江から聞いていた1000万円の花瓶をレプリカとすり替え様として見つかり、殴ったと夏目達が話すとアッサリと認める藤子だった。

その後春江が藤子を庇い、おとがめ無しで捜査は終了した。

家に戻ったひよりは管理官の間宮からメゾンドポリスのおじさん達の中に敵がいると聞かされ、誰かがひより達の会話を盗聴している中、夏目が3年前に罪の無い人間を殺していると聞かされるひよりだった。

『メゾン・ド・ポリス』第6話の感想

いつもメゾンドポリスで皆の料理を作っている現場に出た事が無い元警務課の高平が、娘に見栄を張り伝説の刑事の様にロングコートを着て、帽子を被り推理するという、ちょっと古い刑事ぶりに笑いながら見ていました。

事件自体は大浦家に関係する家族5人が容疑者となり、誰が春江を花瓶で殴ったのか?

見ていてなかなか分からなかったので、高平にも犯人を見つけるのは無理だろうなと思った通り、途中からひより達が次々と証拠を見せていつの間にかチームひよりとなって、皆で真犯人の藤子を自白させた展開はテンポよく見られて、楽しく見られました。

藤子を庇った被害者の春江の嫁への気遣いと嫁を追い詰めた自責の念も感じられた事件解決の下りは見ていて暖かい気持ちになりました。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

おじじ

『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじネタバレ

今回は、小日向さん演じる高平さんの娘、小梅ちゃんがやっと登場します。

高平さん以外のメゾンドポリスのおじさま達を、自分の元部下と偽っていたこと、ひよりは、自分を憧れていると話していたこと、凄く見栄を張っています。

その中で、小梅ちゃんは、事件を解決してほしいと依頼をします。

彼氏が関わる事件であるとのことですが、小梅ちゃんに彼氏がいると知り、高平さんは事件どころではなくなる姿が目立ちます。

ただ、高平さんが見栄を張っていたために、当初は、野口さん演じる藤堂さんは、協力しないと言い出しますが、何だかんだ仲間思いのおじさま達は、高平さんが事件を解決したようにしようと結局、協力して事件の真相を暴いていきます。

また、事件解決後、ひよりの自宅では、男性が、メゾンドポリスのメンバーの中には、実は敵がいると意味深な発言をして終わります。

『メゾン・ド・ポリス』第6話の感想

今回は、高平さんと娘の小梅ちゃんのやりとりにほっこりしたり、メゾンドポリスのおじさま達、ひよりが一致団結して、高平さんのために事件解決をしようと真相を追う姿に感動したり、事件の結末にもうるっときたり、気持ちや喜怒哀楽が激しく交錯する忙しい回でした。

1人のためにそこまで行動できるってすごいです。

なかなかないことだと思います。

これも、高平さんの人徳成せる事だと感じました。

みんな思い、日頃からメゾンドポリスのメンバーのこと、ひよりのことを大事に思っている高平さん、本当に素敵な方です。

また、娘さんのことも本当に大事に思われてるんだなと場面場面で本当に感じられました。

お父さんとしても、素敵って凄いです、本当に。

人としても、私も見習おうと思う、今回は人と人との交わりが多い、素敵なお話でした。

ペンネーム:おじじ(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA