メゾン・ド・ポリス|4話の動画無料視聴はこちら【2月1日放送見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話(2019年2月1日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『メゾン・ド・ポリス』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『メゾン・ド・ポリス』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『メゾン・ド・ポリス』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『メゾン・ド・ポリス』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『メゾン・ド・ポリス』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年2月1日(金)放送終了後〜2019年2月8日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『メゾン・ド・ポリス』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『メゾン・ド・ポリス』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『メゾン・ド・ポリス』の配信状況は以下のようになると思われます。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『メゾン・ド・ポリス』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじは?

2019年2月1日(金)放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじを紹介します。

ある日、貫井秀之(山本涼介)という大学生がバットで殴打される事件が発生した。

幸い命に別状はないが、所属するバスケ部に復帰できるまで1年程度かかるという。

迫田(角野卓造)はひより(高畑充希)がこの事件を担当だと知っており、無理やり捜査に加わる。

迫田はひよりと夏目(西島秀俊)を伴い秀之の病室を訪ね、言葉巧みに秀之から新たな情報を聞き出す。

毎日自宅の駐車場でバスケの練習をしているのだが、そのボールが画鋲だらけになったことがあるというのだ。

秀之が語った“画鋲事件”は昨年12月に起きていた。

また、過去には練習音が原因で近隣と揉めたこともあるという。

そして秀之の同級生・櫻井陽斗(福山康平)が捜査線上に浮かんだ。

着々と捜査が進む中、柳町北署では刑事課長の新木(戸田昌宏)が迫田の捜査への関与を露骨に嫌がっており、ひよりは監視しろと命令される。

そんなひよりは迫田たちと陽斗に話を聞きに行くが、浪人生の陽斗はオドオドした様子であまり多くを話さず部屋に入ってしまう。

しかし、母親の貴美子(村松恭子)は事件の時間に陽斗がPCでネットゲームをしていたと証言する。

翌日、ひよりがメゾンを訪れると迫田や高平(小日向文世)たちおじさま全員がネットゲームを始めていた。

高平がゲーム内の掲示板で目撃情報を集めていると、そこには暴行の依頼が。

迫田たちは最初のターゲットとして名前が挙がっていた田口哲也(清水章吾)に接触する。

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

マレット
新たな事件が発生したものの、警察側では人手が足りない等の事情により、メゾン・ド・ポリスの方々と協力して事件を解決するようにして欲しいのだと課長に言われたひよりは夏目らと協力した上で、事件解決に貢献していくのだという展開を予想する。

ひよりは自分勝手な行動をしないで、素直に夏目らメゾン・ド・ポリスの方々と協力して捜査をすることはできるかどうかということ、ひより達は事件を解決することができるかどうかということ、ひよりの何を伊達と藤堂が知っているかどうかということ、ひよりの父の死の真相とは何か?ということが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

さきママ
最後のシーンで、どうやらメゾン・ド・ポリスのメンバーが、ひよりの父親の事件に関わっている事が分かったので、その詳細が次回から徐々に明かされていくのかなと感じています。

予告を見る限り、次回は迫田さんが中心のストーリーのようですが、予告の台詞からして、親子間の関係が何か関わってきそうに思えました。

ひよりの、父親としての姿を求める熱弁も聞こえてきたので、次回の事件で、ひよりは本格的に父親の事件を調べ始めるのではないかと感じています。

メゾン・ド・ポリスの面々が、どのようにひよりの父親の事件に関わりがあるのか、気になるところです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

みわ
高畑充希さんのお父さんの死の真相について、野口五郎さんと近藤正臣さんは何か知っているようですね。

四話では、そろそろ高畑充希さん自身のことも明らかになっていくのかなと思います。

ドラマも核心に近づいていきそうですね。

過去のことも含めて、おじさまたちには、これからも高畑充希さんのことを守ってあげてほしいなと思っています。

そして、来週はネットゲームとか少年が出てくる話ですね。

今風のテーマですので、子どもをもつ親世代にも参考になる内容となるかと思います。

次週もおじさまたちのさらなる活躍、楽しみにしています!

ペンネーム:みわ(30代・女性)

まめこ
大学生の貫井秀之がバットで殴打される事件が起こる。

貫井はバスケ部で、復帰するのに一年はかかると言う。

ひよりが担当だと知った迫田は、無理矢理捜査に加わってきた。

迫田はひよりと夏目を連れて秀之の病室を訪れ詳しい事情を聞き出すが、毎日自宅の駐車場で練習しているが、ある日ボールが画ビョウだらけだったことがあると言う。

秀之が言う画鋲事件は昨年の12月に起きていた。

過去には練習の音が原因でご近所トラブルとなっていた。

同級生の櫻井陽斗が捜査線上に浮かび、捜査が進んでいたが、迫田が必要以上に関わろうとするので課長がよく思っていなかった。

またひよりは監視を命じられる。

ひよりは迫田と櫻井陽斗に会いに行くが、おどおどして話にならず、母親の貴美子からその時間はネットゲームをしたいたたの証言が得られる。

翌日ひよりがメゾンに行くと、全員でネットゲームをしていた。

高平がゲーム内の掲示板で情報を集めていると、暴行の依頼を見つける。

迫田はそのターゲットになっていた田口に会いに行く。

見どころは、普段はやる気のない迫田が単なる暴行事件なのに、何故ここまで肩入れするのかです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

あぁたん
ずっとメゾンドポリスメンバーが追っていた事件ということで、どんな内容のストーリーなんだろと楽しみです。

メゾンドポリスメンバーでも頑固親父なキャラなので、そこまで追うって事はよっぽどの理由があるのかな?

普段は腰が痛いと口癖で自分からあまり動かないキャラなのに。

そこまで動かせるってどんな事件なんだろ?

主人公の過去に何があったのか、だからメゾンドポリスに意図的に来させてるのか、そこの話が凄く気になる。

3話で明かされた、主人公のの父親の死と何か関係があるのかな?

徐々に明らかにしてくれるかと思って毎週の楽しみが増えました。

ペンネーム:あぁたん(30代・女性)

ゆーたんF
メゾン・ド・ポリスの住人達がこれからもっと事件に関与してくるのではないかと思います。

たとえは 昔 関わった事件に関連したような事件が起こるとか…また科学的な捜査の解決だけではなく もう少しアクションシーンなどもあり犯人を追い詰めていくようなストーリーもあるのではないでしょうか…

西島さんも今は大人しく冴えない感じですが 本当はもっと鋭くて切れる そんな感じで事件を解決していくストーリーになっていくのではないでしょうか…

私はもう少しハードボイルド的になってほしいと思います。

その他のおじさん達も実はハードでカッコいいといくような 楽しみにしています。

ペンネーム:ゆーたんF(50代・女性)

2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレ

貫井というバスケットボールをしている青年が襲われた。

珍しく迫田が率先して捜査をし始めて、ひよりは困惑する。

更には、捜査のためとは言え平気で嘘をつく迫田に、ひよりは嫌悪感を抱く。

そんな中、事件の方は、貫井の同級生である桜井が捜査線上に浮かぶ。

しかし桜井は、事件当日は自宅でゲームをしていたと話す。

そのゲームである、コスモクリエーチャーには、なかよしクラブという掲示板があった。

そこには、暴行依頼が多数書き込まれており、貫井もその標的だったのではないかと予測された。

そんな中で、その掲示板に桜井の暴行依頼が書き込まれるのだった。

『メゾン・ド・ポリス』第4話の感想

迫田さんの、相手の懐に入り込む話術に感心させられました。

普段は、ただの口うるさいおじさんですが、きちんと刑事だった人なんだなと改めて感じました。

また、最初から、きっと迫田さんの息子さんの話は本当の事なんだろうなと感じていました。

素直になれない父親の顔に、どこか切なさも感じました。

それを知らないひよりの怒りと、知っている夏目の気遣いも感じられて、それぞれの気持ちが分かる分、複雑な状況だと感じました。

最後の、息子の記事を読む迫田さんの表情には優しげな父親の顔を見ることができて、何だか嬉しくなりました。

ペンネーム:さきママ(30代・男性)

tt

『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレ

今宵の事件はバスケ部の生徒が何者かに襲われるという事件であったが、これといった証拠がなく、困惑していると、一つのオンラインゲームを通してそのバスケ部の生徒に暴行を起こしたことが判明した。

しかし加害者候補と思われる男が自らそのオンラインで被害にあわせるよう付く内の意味を込めての書き込みを行ったが、現場にてその暴行を加えた新の犯人を確保し、加害者の男に罪の代償を深く知るように伝える心温まるヒューマンストーリーとなっていた。

一方で、ひよりの父親が幼少期のころ事故で帰らぬ人ということを知り、そのことが今後の物語の原動力になることを日和はまだ知らないのであった。

『メゾン・ド・ポリス』第4話の感想

オンラインゲーム掲示板で行っていた、依頼サイトによる暴行事件。

サイバーテロという言葉もある通り、昨今のユビキタス社会ではアナログ的な攻撃よりSNSや機会を通じてやり取りする事件も非常に多く、しかも犯人確保が面倒という厄介なものを題材としたテーマでもあり、現代流ならではの捜査活動と関心いたしました。

また、今宵のキーマンは機械やSNSとは無縁な迫田が主役といっても過言ではなく、加害者や被害者にそれぞれ接する場面があったり、物語のテンポアップをしたりと非常に活躍しておりました。

頑固一徹ならではの迫田の活躍は、比較的引っ込み思案で陰湿になりがちなこの社会にアナログ的にも渇をいれるよいキャラクターでもあり、いい話でありました。

ペンネーム:tt(30代・男性)

飛べないアヒル

『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレ

大学のバスケ部に所属する貫井秀行がバットによる殴打される暴行事件が起き、迫田がなぜか積極的にこの事件捜査に前のめりの姿勢をみせます。

迫田は、ひよりに貫井の入院する病院に案内させ、棗と迫田の連携した会話で、毎日自宅駐車場でバスケの練習をしていたボールが昨年12月に画鋲だらけになった事実を聞き出します。

貫井の自宅でのバスケの練習の音が原因となって近隣トラブルとなっていて、貫井の同級生櫻井陽斗が捜査線上に浮かびます。

浪人生の櫻井に事情を聞いた迫田とひよりたちに対して、オドオドし、母親が事件発生時刻に陽斗がネットゲームをしていたアリバイを話します。

迫田たちはネットゲームの掲示板から、田口哲也の名前を探しだし、事件の真相へ近づいていきます。

事件のきっかけがネットゲームの書き込みを利用した犯罪依頼によるものと突き止め、櫻井と田口の事件関与を明らかにしていきます。

『メゾン・ド・ポリス』第4話の感想

ネットの書き込みを利用した犯罪依頼が現実にも殺人事件となったニュースもあり、顔も知らない相手が、お金などの報酬目的に顔も知らない相手を傷つけるという事件が、ドラマのストーリーに取り込まれています。

日常の生活で感じる不満や不快感から、ネット上でその憂さを晴らすために他人を使うという、なんとも卑怯な犯罪ですが、予備校生と大学のバスケ部で活躍する同級生同士の妬みに、全く関わりのない老人が関わるというネットの怖さを感じました。

人と人のつながりの可能性を広げるネットですが、使い方を間違えると、今回の事件のような後味の悪い状況となることを痛感させ、同級生同士が直接顔を合わせて話したシーンが、少しホッとさせるものがありました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

まめこ

『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレ

ひよりは大学生の貫井秀之が殴打される事件を担当していた。

貫井はバスケ部で、復帰するのに一年はかかると言う。

何故か迫田は捜査に加わってきた。

迫田はひよりと夏目を連れて秀之の病室を訪れた。

迫田は、秀之からボールが画ビョウだらけだったことがあったと聞き出す。

同級生の櫻井陽斗が捜査線上に浮かび捜査が進んでいたが、迫田が必要以上に関わろうとするので、またひよりは監視を命じられる。

櫻井陽斗に会いに行くが、夏目に追い詰められて話にならず、母親からその時間はネットゲームをしていたとの証言を得た。

酔っ払ったひよりは家族の話で嘘をつくのは良くないと言うが、迫田は相手に共感させることで情報を聞き出すのだと言う。

寝てしまったひよりをおぶって送った夏目は、ひよりが寝言でパパと言うのを聞いてしまう。

そこに杉岡と瀬川が来て、父親の事故の話を聞く。

翌日ひよりがメゾンに行くと、全員でネットゲームをしていた。

高平は以前からやっていると言い、ゲーム内の掲示板で情報を集めると、なかよしくらぶという依頼サイトを見つける。

リーダーは赤羊という人物だった。

迫田は殺害依頼されていた田口に会いに行く。

田口はパソコン講習会の後に公園のベンチでランチしていたが、何も起こらなかった。

そこに高平から連絡があり、櫻井陽斗がターゲットになったと言う。

迫田は犯人を現行犯で捕らえたが、陽斗が秀之を襲った犯人をおびきだそうとしたのだった。

ひよりと迫田は田口に会いに行った。

田口は赤羊で、誰かに殺されたいと自分で投稿していたのだ。

陽斗は秀之に謝りに行ったが、秀之は陽斗に死ぬ気で受験しろと言った。

ひよりは励ましの寄せ書きに迫田の名前があり驚く。

迫田の息子は、秀之のバスケ部のキャプテンだったのだ。

ひよりは父親のことを話し、親子でも言葉で伝えないと分からないと迫田に言った。

送ってくれた夏目は、ひよりに父親の亡くなった真相を調べたいのだろうと言う。

『メゾン・ド・ポリス』第4話の感想

第4話は、大学生の暴行事件を解決しました。

今回は単なる暴行事件にも関わらず、迫田が無理矢理参加して来たことに驚きました。

何かあると思っていましたが、やはり秀之が息子のチームのメンバーだったことが分かりました。

定年後すぐに熟年離婚されたという迫田でしたが、息子の活躍が記事になるたびに切り抜いてスクラップしていました。

口が悪くて誤解されがちな迫田ですが、本当は家族を大切に思っているのに素直になれないだけなんだと、ひよりは見抜いていました。

ひよりは人の心を見抜く鋭さがあるようです。

最初はもっとヘタレなキャラだった気がしたのですが、隠れた才能があったようです。

このドラマの面白さは脚本の良さもありますが、やはりベテラン俳優たちの好演が、より面白くしているのだと思いました。

そういう意味ではおじさんばかりでも悪くないなと思いました。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

みわ

『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレ

大学生の男の子が夜中に何者かに襲われ、大怪我を負った。

捜査を進めて行く中で隣の家の浪人生が被害者がバスケを練習する音が気になっているのではないかという思考に至った。

浪人生がよくやっているゲームの掲示板の中で、暴行の依頼がされていることがわかった。

そして、その浪人生の殺害を依頼している書き込みを見つけ、ひよこちゃんたちは警戒していた。

どうやら浪人生は自分をターゲットにすることで、大学生を襲った実行犯を見つけようとしていたようだった。

ひよこちゃんたちはその掲示板を作った人を突き止めた。

日々の生活に退屈した老人が作ったものだった。

『メゾン・ド・ポリス』第4話の感想

老害…普通に聞く言葉になりましたね。

お年寄りは尊敬しなきゃの時代は終わったのはわかるんですけど、子供が普通に使う言葉になってるのはヤバいなぁと思いました。

オープニングの柔道のシーン、西島秀俊さんがかっこよかったです。

小日向文世さんのゲームアバターが本人にあまりにもそっくりで笑っちゃいました。かわいかった!

今回は意外な展開だったので、おもしろかったです。

最初のシーンで子供が言った「老害ってなに?」から、始まって最後に角野卓造さんが公園にいる老人に言い放った「お前は老害だ。」に繋がるところが粋ですね。

ペンネーム:みわ(30代・女性)

ロケット、

『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレ

柔道教室をしている迫田から栄国大学のバスケ部の貫井がバットで襲われた事件の事を聞かれ、夏目と共に捜査する事になったひより。

貫井から画ビョウがバスケのボールに刺さっていた話を聞き出す。

調べると浪人生で貫井の親友だった近所に住む櫻井が疑わしいと浮かび上がる。

櫻井に話を聞きバスケの騒音の話で挑発した夏目は画ビョウの犯人は櫻井だと直感する。

櫻井の母親からアリバイとして「ハルト24」というハンドルネームで「コスモクリーチャー」というネットゲームをしていたと聞き出す。

ログイン履歴が分かり、疑いは薄れるが迫田とひよりは捜査のイロハで意見が別れる。

酔っ払ったひよりを自宅へ届けた夏目は後から来た杉岡と瀬川から事故死した父親の事を聞く夏目。

次の日迫田達は「コスモクリーチャー」をしながら捜査していた、そこでゲームをやり込んでいる高平が「なかよしくらぶ」という掲示板を発見する。

暴行依頼がゲームのコインを支払う事で行われていた事を掴みソコで貫井を襲うように依頼したのが櫻井だと推理するひより達。

その証拠を探す為に掲示板を管理しているチームリーダーの「赤羊」を調べると同時に殺害依頼が出ていた田口にも話を聞く為に大森にあるパソコン教室へ向かう。

講師の深山が疑わしいと考えるが、今度は櫻井がターゲットになっていると分かり、狙われた櫻井を助けると櫻井は貫井の件を認め、自分で自分を襲うよう掲示板に依頼したと分かった。

その後、チームメゾンドポリスで話し合い赤羊はゲームを全くしていない事から田口が赤羊だと事情を聞くと、定年暮らしに飽き飽きしてゲームに夢中な連中に殺して貰う為に掲示板を作ったと自供した。

こうして事件は解決し、その夜ひよりを送った夏目にひよりは父親の事故死の件は夏目には関係ないと話すと「関係あるかもしれない…」と夏目は答えるのだった。

『メゾン・ド・ポリス』第4話の感想

迫田が今回は活躍する回でしたが、柔道教室を子供達に開いていた事や息子が今回の被害者の貫井が所属している栄国大学のバスケ部キャプテンをしている事実が分かり、またチームメゾンドポリスの一員の人となりが知れて、物語が面白く感じられました。

牧野ひよりの亡くなった父親の事故死の事が夏目にも知られる事になり、その件を夏目がラストで関係あるかもと意味深な言葉を話していたので、ますますひよりの父親の死の真相が只の自殺では無かったんだなと感じられ、更にコチラの話もこれから盛り上がりそうで楽しみになってきたと感じられた4話でした。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA