【メゾン・ド・ポリス】4話ネタバレと感想。迫田の家族への思いをひよりが解きほぐす。

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

2019年2月1日(金)にドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話が放送されました。

ラマちゃん
今日もおじさまたちがわちゃわちゃする時間がスタートよ。
ドラまる
いつも腰の痛い迫田が捜査の中心になるんだね。

ひよりのお父さんの事件にも進展がありそうだよ。

こちらの記事では、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第4話あらすじネタバレと感想

冒頭からの黒帯の夏目惣一郎(西島秀俊)さんかっこいいです!

迫田保(角野卓造)が教える柔道教室で牧野ひより(高畑充希)と組み手をしています。

迫田はひよりが担当している事件を一緒に捜査すると言いだします。

第一の容疑者

大学生がバットで殴打される事件が発生。被害者は貫井秀之(山本涼介)。

大学で所属しているバスケもしばらくできないほどの大怪我で入院していました。

病院へ向かった迫田は自身の息子もバスケをしていることから、やけに親身になり話を聞きます。

夏目も迫田の行動を止めません。

殴打事件の前に大量の画鋲がボールに刺される事件があったという新たな話を聞きだすことに成功しました。

相変わらず夏目も迫田も、聞き出すために平気で嘘をつくことにあきれるひより。

調べを進めるうちに、秀之の練習の騒音でもめたこともある二軒隣の浪人生・櫻井陽斗(福山康平)が浮上してきました。

迫田は直接、陽斗に話を聞きに出かけます。

陽斗はオドオドとした青年で、夏目の追い込みが炸裂します。

追い込んでいるときの夏目は本当に嬉しそうな顔をしますね。

夏目も迫田も画鋲の件は彼だと目星をつけます。

陽斗の母親の貴美子(村松恭子)から二人は元々仲の良い関係だったが、息子の浪人が決まってから二人は話さなくなっていたと聞きます。

事件の日、陽斗は家でネットゲームをしていたという新しい証言も聞き出せました。

ひよりの父への思い

捜査の聞き込みについて、迫田はひよりに「話を聞きだすんじゃない、相手の身になって共感することが大切だ」と説教しますが、酔いつぶれたひよりは熟年離婚を突き付けらた迫田に、「家族をないがしろにしている」と食ってかかります。

ひよりが自分の父親への気持ちを少し表に出した瞬間でした。

酔ったひよりを送り届けた夏目は、ひよりの寝言を聞いてしまいます。

父親を欲するひよりの姿。

そこへ登場した瀬川草介(竜星涼)と杉岡沙耶(西田尚美)。

夏目は杉岡からひよりの父親の事故死について話を聞き、高遠建設が関係しているとわかると目つきが鋭くなりました。

おじさまたちの捜査開始

メゾンに入ると、ネットゲームの中で聞き込みをしているおじさまたち。

犯行時刻に陽斗もゲームに参加していたことがわかりました。

ゲームの仲間で作られた「なかよしくらぶ」という掲示板。

そこにはゲームのコインを謝礼とする暴行の依頼が書き込まれていました。

要注意ユーザーは創設者の赤羊。

そして、あろうことか一番最初の依頼は殺害依頼。

ターゲットとなった田口哲也(清水章吾)を見張る迫田とひより。

迫田は田口に巧みに話しかけ、身近に人物がネットゲームに参加していないか探りを入れます。

そこへ次の新たなターゲットが陽斗であると連絡が入りました。

予備校から出てくる陽斗。

襲ってくる犯人を止めたのは迫田でした。

陽斗は嫉妬から掲示板に秀之を襲うように依頼を書き込んでいました。

本当に事件が起こってしまい、そのことを後悔した陽斗は自分を襲うように掲示板に依頼を書き込んでいたのです。

迫田「秀之のことを思うなら、殴られてもきちんと謝れ。」

赤羊の正体

パソコン教室に来る柳町北署の刑事たち。

赤羊のログインが田口が通うパソコン教室からされていたことから講師を疑っていました。

しかしひよりたちが話を聞きに行ったのは田口。

赤羊の正体は田口でした。ゲームに殺害依頼を書き込み自分を殺してくれる人を毎日待っていたのです。

ひより「掲示板のせいで若者が一人大怪我を負っている。その書き込みをした人も追い込まれてしまった。殺人未遂の教唆に当たります。」

迫田「人の手を借りなきゃ死ねない臆病者だ。老害だ。」

それぞれの思い

病室で秀之は笑顔を取り戻していました。連れてきたのは保釈された陽斗。

土下座をする陽斗に秀之は「死ぬ気で受験やれよ」と言葉をかけました。

秀之が持っていたボールには迫田の息子の名前が。
実は迫田の息子は本当にバスケチームのキャプテンでした。

嘘じゃなかったのですね。

迫田にそっくりだったというひよりの父。

仕事一辺倒だったが、いつもは帰ってきてくれる約束の日に、約束を破って残業をしていた父は建物から落ちて亡くなってしまったのです。

「なぜあの日、父は約束を破ったのか。口に出して聞かないとわからない。」というひより。

「迫田さんも口に出して家族に伝えてください。」

ひよりの願いにも似た思いに触れ、スクラップしていた息子の記事を取り出し、元妻から届くお漬物を食べる迫田。

ひよりを送ってあげた夏目は、「親父の亡くなった理由調べたいんだろ。」と問いかけます。

「夏目さんには関係ない。」と答えるひよりに夏目は「関係あるかもしれないけどな。」と返すのでした。

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第4話ネットの反応や感想

ドラまる
角野卓三さんが、素晴らしい昭和の刑事魂を見せつけてくれたね。

他のドラマで話題になっている昭和刑事とはまた違うアプローチだね。

ラマちゃん
杉岡さんと草介くんが入ってきたときの夏目の慌てようが可愛かったわ。

ドラまる
ひよりちゃんはお父さんが大好きだったんだね。

ラマちゃん
夏目を見つけた時の草介くんの嬉しそうな顔(笑)

ドラまる
次回のメゾン・ド・ギルティにみんなくぎ付けだよ。

ラマちゃん
柔道着の西島さんはいつもより倍かっこいいの。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

『メゾン・ド・ポリス』第5話あらすじ

2019年2月8日(金) 22:00時から放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第5話のあらすじをご紹介します。

ある日、ひより(高畑充希)と伊達(近藤正臣)が愛犬バロンを散歩していると、ひとりの老人がフラフラと歩いてきた。

その老人・金森春子(島かおり)はぼんやりとしていて、認知症を患っているようだ。

伊達が声をかけると、人を殺したと言う。

伊達とひよりに保護されメゾンにやってきた春子は非常連絡先のメモを持っていた。やはり認知症のようだ。

そんな春子は男を階段から落としたと口にする。

やがて、連絡を受けた丸山栄一(大谷亮介)が部下の西条(内藤大輔)・岡嶋(木下政治)とともにやってきた。

3人は春子の亡き夫が創業した零細工場の社長と従業員だった。

ひよりは春子の殺人発言を伝えるが、3人は表情を変えることもなく認知症のせいだと一蹴する。

その態度に違和感を覚えたひよりは転落事故の有無を調べる。

すると2週間ほど前に三崎(亀田佳明)という会社員が歩道橋から転落死する事故が起きていた。

その三崎は営業職で取引先には春子の工場も…。

事故として処理されていたがひよりはメゾンおじさまたちを巻き込んで捜査を始める。

ひよりは夏目(西島秀俊)を伴い春子を訪ねるが、意識こそはっきりしているものの先日のことを覚えておらず…。

また、最近工場を辞めた男の存在、さらには春子の過去など不可解な事実が次々と明らかになる。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。
なんと、ひよりの父親の事故と夏目まで関係があることが浮上してきましたね。

伊達、藤堂、夏目。

やはりひよりがメゾン・ド・ポリスに引き寄せられたのは、裏があるということですよね。

はやく事件の真相が知りたいです。

そして、今回の主役は迫田。かっこよかったですね。

夏目とはまた違う強引な一面もありますが、ちゃんと今のご時世や、人の気持ちに寄り添うようにして捜査を進める素晴らしいベテラン刑事でした。

奥さんも離婚を突き付けたものの、完全に見捨てるには至らなかった理由が見えたような気がしました。

ドラまる
迫田さん、かっこよかったね。
ラマちゃん
嘘かと見せかけておいて、本当に息子がバスケをしていたところなんか、やるじゃんって思ったわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA