【メゾン・ド・ポリス】3話ネタバレと感想。大槻(橋本マナミ)が怪しすぎる!

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

2019年1月25日(金)にドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話が放送されました。

ドラまる
今日も”おじキュン”の時間が始まるよ。
ラマちゃん
夏目のエプロン姿が今日も楽しみ♪

こちらの記事では、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第3話あらすじネタバレと感想

今日の夏目惣一郎(西島秀俊)は窓ふきです。完璧を求めピカピカです。

青猫事件。

建設予定のマンション内にできていた猫の楽園で猫が殺害され、死体に青いペンキが塗られていました。

刑事課長の新木(戸田昌宏)に頼まれ牧野ひより(高畑充希)が持ってきた事件ですが、メゾンのおじさまたちは最初は乗り気ではありません。

そこへ何でも屋の瀬川草介(竜星涼)と一緒に入ってきたのは区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本マナミ)。

青猫事件の記事を広報誌に載せたら、また猫を殺すと脅迫状が届いたと言います。

急に興味津々になるおじさまたち。仁美ちゃんにメロメロです。

事件発生

事件の起きそうな木曜日の夜に現場の見張りをしますが、一緒に来ていた大槻は見回りに行くひよりと共に行動し、青いペンキを塗られた人の遺体を見つけてしまいます。

現場にいたため、取り調べを受ける迫田保(角野卓造)たちに新木は怪訝な顔を隠しません。

新木に嫌味を言われた夏目は、殺人事件は警察に、青猫事件は自分たちが解決すると言い出て行ってしまいました。

殺害されたのは、歌田圭吾。建設現場の現場担当責任者でした。

頭部に傷もあり事故の可能性もあるが青猫と同じペンキが使われたこともあり殺人の可能性も考えられました。

捜査資料に記載されていたひよりの過去。

20年前、建設現場で転落死したひよりの父。今回の事件とは関係ないのでしょうか。

容疑者たち

メゾンのおじさまたちを監視するよう言われたひよりはメゾンに向かいます。

青猫事件の予告状を持ってやってくる大槻からの情報で投稿サイトの常連をあたることになります。

一人目は広報誌に猫の絵を投稿していた女性・工藤。青猫事件に憤っていました。

二人目は詩を投稿していたビルの警備員・瀬戸。19時にはアリバイもあり、青猫事件については知りませんでした。

三人目は富士山の写真を投稿していた女性・山崎。アリバイはありませんでした。

最後に向かったのは近所トラブルの絶えないクレーマー・土屋。

事件で使われたペンキの量が多く相手は男性のこともあり土屋が一番可能性がありそうでした。

ペンキ缶を持ち建設現場に出かける土屋の後を尾行する夏目とひより。

しかし、彼は猫に餌をあげているだけでした。

新しい投稿

大槻が持ってきたのは、「殺してしまった責任を取ります。」という新しい投稿。

現場で実験を行うという元鑑識の藤堂雅人(野口五郎)。

ペンキの乾き具合を見ると遺体発見時にはペンキがかけられてから30分程度しか経っていないことが判明しました。

死亡推定時刻は19時。遺体発見時は21時。ペンキをかけられたのは20時30分となります。

青猫事件の犯人と今回の事件は別の犯人ではないか。

現場に落ちていた青いペンキがかけられた看板を丁寧にこすると下から建設反対の文字が現れました。

富士山の写真を投稿していた山崎を探すひより達。

マンションが建つことで自宅から富士山が見えなくなってしまうと考えた山崎は、事件当日、建設看板に反対の文字を書いていました。

しかし、それを歌田に見つかりもみあいになるうちに誤って殺害してしまったのです。

青猫事件の真犯人

後日、ひよりが建設現場に向かうと猫に手をかけている瀬戸がいました。

青猫事件の犯人であり猫を殺害しようとしていた瀬戸が、偶然歌田の遺体を見つけ臆病だと中傷されていた青猫事件の犯人がしたように見せかけただけだったのです。

リュックの中には証拠となるペンキが入っていました。

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第3話ネットの反応や感想

ラマちゃん
伊達さんも藤堂さんもひよりちゃんのお父さんのことを知っていて、今後どう動いていくのか気になる終わり方だったわね。

ドラまる
今日はいつも以上におじさまたちがわちゃわちゃしてたね。

ラマちゃん
今日はアイロンタイムがなかったけれど、すべてがかっこよかったわ!

ドラまる
草介くんがグイグイ来て、ひよりがどうするのか気になるね~。

ラマちゃん
私も騙されちゃったわ~。

だって怪しい目つきでひよりちゃん見てたもの~。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

『メゾン・ド・ポリス』第4話あらすじ

2019年2月1日(金) 22:00時から放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話のあらすじをご紹介します。

ある日、貫井秀之(山本涼介)という大学生がバットで殴打される事件が発生した。

幸い命に別状はないが、所属するバスケ部に復帰できるまで1年程度かかるという。

迫田(角野卓造)はひより(高畑充希)がこの事件を担当だと知っており、無理やり捜査に加わる。

迫田はひよりと夏目(西島秀俊)を伴い秀之の病室を訪ね、言葉巧みに秀之から新たな情報を聞き出す。

毎日自宅の駐車場でバスケの練習をしているのだが、そのボールが画鋲だらけになったことがあるというのだ。

秀之が語った“画鋲事件”は昨年12月に起きていた。

また、過去には練習音が原因で近隣と揉めたこともあるという。

そして秀之の同級生・櫻井陽斗(福山康平)が捜査線上に浮かんだ。

着々と捜査が進む中、柳町北署では刑事課長の新木(戸田昌宏)が迫田の捜査への関与を露骨に嫌がっており、ひよりは監視しろと命令される。

そんなひよりは迫田たちと陽斗に話を聞きに行くが、浪人生の陽斗はオドオドした様子であまり多くを話さず部屋に入ってしまう。

しかし、母親の貴美子(村松恭子)は事件の時間に陽斗がPCでネットゲームをしていたと証言する。

翌日、ひよりがメゾンを訪れると迫田や高平(小日向文世)たちおじさま全員がネットゲームを始めていた。

高平がゲーム内の掲示板で目撃情報を集めていると、そこには暴行の依頼が。

迫田たちは最初のターゲットとして名前が挙がっていた田口哲也(清水章吾)に接触する。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。
今回はおじさまたちが初登場の大槻にメロメロの回でしたね。

結局、最初に怪しいとにらんでいた大槻は、事件には全く関係なかったことに驚きでした。

そして、ひよりの父の事件について伊達さん藤堂さんが何かしら真実を知っていることがわかり、ひよりはそのことをどう受け止めるのか気になって仕方がありません。

ドラまる
橋本マナミさんには本当に振り回されたなぁ。

第一発見者で、ひよりたちのことを怪しげな目で見つめてたり。

ラマちゃん
大槻は今回限り?それとも今後も関わってくるのかしら?

とりあえず次週の夏目の柔道着のために今から待機よ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA