【メゾン・ド・ポリス】2話ネタバレと感想。夏目(西島秀俊)のプロポーズが話題!

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

2019年1月18日(金)にドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話が放送されました。

ドラまる
ひょんなことからおじさまたちのリーダーになってしまった牧野ひより。

愉快なおじさまたちが今日も大はしゃぎの予感。

ラマちゃん
今回もひよこ(=ひより)ちゃんは振り回されそうね。

こちらの記事では、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第2話あらすじネタバレと感想

二重の密室

今回の事件現場。

小学校の見守り隊にも参加している独居老人の平松祥恵(内藤尋子)が自宅のトイレで自殺を図っていました。

トイレのドアが内側から接着され、睡眠薬を飲んだ平松は密閉されたトイレの中で硫化水素を発生させ命を絶っていました。

さらに玄関のドアも施錠され、二重の密室が作り出されていることから自殺と断定されます。

現場にはメゾン・ド・ポリスから藤堂雅人(野口五郎)迫田保(角野卓造)が駆り出されていました。

二人とも自殺の現場に呼ばれ文句たらたらです。

残された遺書や派手な服など気になることがある牧野ひより(高畑充希)は他殺の可能性も考えていました。

藤堂は、現場の押し入れから何かの毛を発見します。

それを持ち帰った藤堂は、現役鑑識の杉岡沙耶(西田尚美)にもサンプルを手渡しますが、まさかの元夫婦です!

しかもメゾンのオーナー伊達有嗣(近藤正臣)は元副総監!いろいろ見えてきましたね。

ひよりと夏目の捜査開始

藤堂の鑑定検査室にやってきた杉岡は、あくまでも自殺で決定と言い、ひよりも他殺の線を追って一人で捜査すると言って出て行ってしまいます。

ひよりが出て行った後、夏目惣一郎(西島秀俊)はおじさまたちに捜査を進めるように後押しされます。

第一発見者のの三上絵里花(中山エミリ)に会いに行くひよりについていく夏目。

三上に会いに行くとなぜか小学校のPTA会長や渉外広報担当の森元妙子(白羽ゆり)が集まっていました。

校内で三上が犯人ではないかと噂が立ってしまっていたのです。

ひよりが甘い質問を繰り返していると夏目が乗り込んできて、一方的に疑惑の目を三上に向けます。

夏目の尋問で動揺を隠せなかった三上。

公園で、ひよりと夫婦の振りをし三上の子が通う小学校の保護者に話を聞きだす夏目。

「結婚するぞ。」「おーい、ひよりー!」とは!突然のプロポーズに悶絶してしまいました。

話の中で三上とPTA会長が不倫しているのではと噂があったことがわかします。

迫田の捜査

平松が通っていた区民センターに出向いた迫田は、運動施設の老人から平松に彼氏がたくさんおり、さらに金づるがいたこともわかりました。

迫田からの捜査報告書を読むひよりは、平松の銀行口座の入金を確認しようとします。

そこへ鑑定結果を持ってきた藤堂は、現場で見つけた毛がうさぎのものだったと言います。

小学校のうさぎか?ということで学校で飼われているうさぎの毛を採取していると、平松が毎月20万ずつの貯金していたことがわかったと連絡が入りました。

同時に、三上が飛び降り自殺を図ったという情報も飛び込んできます。さらにその手には白い毛が。

PTA会長の本橋が事情聴取され三上と不倫関係にあり、平松への口止め料を払うためにPTA会費に手を付けていたことも証言します。

三上のクレジットカードから睡眠剤と接着剤の購入履歴も発見され、事件の犯人と確定されます。

しかし、ひよりはまだ密室の秘密がわかっていないこともあり事件の解決に懐疑的でした。

その思いは杉岡も同じで、三上が握っていた白い毛の一部を藤堂に渡すように託しました。

公的な鑑定では時間がかかるため、藤堂に任せることにしたのです。

どうしても事件の真相を知りたいひよりは一人で捜査をすることをやめ、おじさまたちに協力を仰ぎます。

鑑定の結果、うさぎの毛は小学校のうさぎではないことがわかりました。

三上ひとりでは眠らせた平松をトイレまで運ぶことはできないため共犯者の可能性も浮上してきました。

果たして共犯者は?

小学校では次期会長に森元が選出されていました。

その森元のコートの袖にはラビットファーが。

事実上夫婦関係が破たんしていたことを隠していた森元は、それを平松に気づかれ三上と同様に恐喝されていました。

平松は脅していた二人によって殺害され、翌日、森元が内側から鍵を閉め押し入れに身を隠すことにより密室が出来上がっていたのです。

三上がわざわざ危険を冒して第一発見者になったのは森元を逃がすためでした。

捜査が再び始まったことを知り焦った三上を口封じのために殺害した森元。

二人の現場から発見されたファーの毛は証拠にはならないという森元ですが、クローゼットの中に隠れていた時に手跡を残してしまっていました。

藤堂さん、お手柄です!

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第2話ネットの反応や感想

ドラまる
唐突なプロポーズ!

全国の牧野さんが羨ましいね~。

ラマちゃん
尋問になると豹変しちゃうのよね夏目さん。

ドラまる
想像以上にツボなのが藤堂さん。

野口五郎さんが違和感なくちゃらおじさまを演じているよね。

ラマちゃん
今週も来たわよ~、アイロンタイム!

ドラまる
犯人の森元が放った最後の一言は、迫力があったね。

第一話だけじゃなく、白羽ゆりさんもすごかった。

ラマちゃん
ひよりのお父さんは20年前に自殺したとされていたのよね。

伊達さんは事件の真相を知っているのかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

『メゾン・ド・ポリス』第3話あらすじ

2019年1月25日(金) 22:00時から放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第3話のあらすじをご紹介します。

柳町北署管轄内のマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生。

猫の死体に青いペンキがかけられており通称「青猫事件」と呼ばれていた。

刑事課長の新木(戸田昌宏)からこの事件の捜査をメゾンに回すよう指示されたひより(高畑充希)は事件のあらましを説明するが、当のおじさまたちは全くやる気を示さない。

そこに区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本マナミ)がやってきた。

青猫事件を誌面で取り上げたところ犯行予告が編集部に届いたのだが、警察が取り合ってくれずメゾンに相談に来たのだという。

すると藤堂(野口五郎)らの態度が一変、全力で青猫事件の捜査をすることに。

その夜、ひよりはあきれながらも事件現場を訪れる。

しかしそこで、猫の死体でも犯人でもなく、なんと青いペンキがかけられた人間の死体を発見してしまう。

遺体発見の報を受け臨場した新木課長は居合わせたメゾンの先輩たちを露骨に煙たがる。

そして嫌味を言われた夏目(西島秀俊)は、殺人事件は任せるが青猫事件のホシはこちらで追うと宣言する。

しかし、署に戻ったひよりは新木からメゾンのおじさまたちを監視するよう命じられ…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。
世に”おじキュン”なる言葉が発生したようですね。

ひよりちゃんをいじりながら、着々と捜査をしてくれるおじさまたち。

今回は藤堂さんがたくさん走ってくれました。

杉岡さんと元夫婦だったことも驚きです。

野口五郎さんの演技をこんなに長く拝見したことはなかったのですが、本当に藤堂という人物がそこにいるようですね。

いつもは軽いのに、鑑定に関しては真剣に取り組む素敵なおじさま。

次にクローズアップされるのは誰でしょうか?

ドラまる
今回も犯人の豹変ぶりが怖かったね。
ラマちゃん
一人で捜査するというひよりちゃんが、また一歩成長したわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA