【メゾン・ド・ポリス】1話ネタバレと感想。犯人の演技&おじさんたちが最高!

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』

2019年1月11日(金)にドラマ『メゾン・ド・ポリス』第1話が放送されました。

ドラまる
高畑充希さんが初の刑事役で送るドラマが始まったね。
ラマちゃん
新米刑事がたどり着いたのは退職警官たちが暮らす『メゾン・ド・ポリス』。

一筋縄ではいかない頑固者のおじさまたちと一緒に事件解決よ!

こちらの記事では、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第1話あらすじネタバレと感想

午前0時。1セントコインを渡され後ろ手に結束バンドで縛られた男。

「助けてほしい」と請いますが拘束された男は火をつけられ火だるまに。

古びた洋館「メゾン・ド・ポリス」で効率的に掃除を行おうとするエプロン姿の元捜査一課エース・夏目惣一郎(西島秀俊)。

最初からプンプン仕事の鬼っぷりが伝わってきます。

そこへ現れたのは柳町北署の新米刑事の牧野ひより(高畑充希)。

今回起きた火だるま事件が5年前のデスダンス事件の模倣犯ではないかと事件を解決した夏目に助言を求めに来ますが、邪険に追い返されてしまいます。

しかし、そこへ洋館「メゾン・ド・ポリス」のオーナー・伊達有嗣(近藤正臣)が現れメゾンの中へひよりを招き入れました。

中にいたのは、癖の強い元警官たち。

早々にひよりは元科捜研の藤堂雅人(野口五郎)に”ひよこ”と命名され可愛がられます。

事件のことを聞いたおじさまたちは捜査に参加しようとしますが、機密情報保持のためひよりは賛成できません。

しかし伊達の「上には私が一声かけておきましょう」の鶴の一声で一緒に捜査することになります。

資料の印刷の字が小さすぎるとか、洗濯の仕方とか家庭的な会話が飛び交っていますね(笑)

メゾンでの捜査会議が始まりました。なんと楽しそうなおじさまたち。

事件は5日前。

動画投稿サイトに人が焼かれる動画がアップされたことに始まりました。

その後、被害者はてんぷら屋の主人・薗田政二と判明。

この事件は5年前に起きた3人の被害者を出した事件の模倣犯と考えられていました。

5年前の事件は全身に灯油をかけられ、火をつけられた被害者は火だるまになりながらダンスを踊っているように見えたため「デスダンス事件」と呼ばれていました。

「デスダンス事件」の犯人は本間弘喜。現在も無罪を主張していました。

問題なのは3人の被害者が持たされていた1セント硬貨。

5年前、マスコミには発表していない情報でしたが、薗田の遺体からも1セント硬貨が発見されていたのです。

そこで内部の人間の犯行説が飛び出し、一番怪しいのは夏目?ということに。

その疑惑の目を晴らすために捜査協力をするよう、伊達から夏目に提案がなされます。

5年前の事件で逮捕された本間に会いに行くひよりは、本間が薗田のてんぷら屋の近くに住んでいたことや犯行の手口を誰かに話したか情報を得ようとしますが無罪を主張されるだけでした。

しびれを切らした夏目は、本間を必要以上に煽り真相を聞き出そうとしますが、ひよりはそんな夏目の方法に反発します。

しかし、またまた伊達の一声がかかったようで所長から直々の通達で夏目と一緒に捜査をするように指示されてしまいました。

そんな中、捜査会議では被害者の薗田が愛人クラブサイトの会員で会ったことが判明。

そのことから薗田の息子・義政が犯人ではと睨む警察。

しかし「1セント硬貨についての整合性が取れない」と、「デスダンス事件」についても他に真犯人がいるのではと発言します。

警察も間違えることもあると思うというひより。ひよりにも過去に隠された秘密があるようです。

てんぷら”その田”で、政二の妻と息子に話を聞くひよりと夏目。

息をするように嘘を並べ、家族の関係を探る夏目に母息子は政二が「若い子がどんなブランドが好きなのか」と聞いてきたことがあったと話しました。

薗田が焼き殺された公園に出向いた二人は、そこで本間の母・弘子がお花を手向けているのを見かけました。

息子の無罪を信じている弘子は、真犯人の存在を探してくれているひよりを自宅に招き入れます。

ひよりは自身の「政二の息子が犯人説」を弘子にぺらぺらと話してしまって、心配になりましたが義政を尾行中に案の定スタンガンで襲われてしまいました。

夜10時。非通知でひよりから夏目に連絡が入ります。

「手足を拘束され灯油もかけられています。犯人は薗田義政です!」そいういって切れる電話。

夏目の推理では午前0時に犯行が行われるため、あと二時間の猶予しかありません。

おじさまたちがそれぞれに鑑定、後輩の刑事に連絡と動き出します。

いよいよおじさまたちの出番です。動き出したらキリリとしてかっこいいですね。

警察も動き義政は確保されましたが、ひよりのことは知らないと言います。

藤堂の鑑定の結果、現場の砂と被害者の携帯からトルコキキョウの花粉が検出されたことがわかりました。

しかも東京にはこの時期自生していないといいます。

さらに薗田に接触していた愛人クラブのヨウコという女性が20代の息子がいる熟年男性を探していたことも判明。

目を開けたひよりの前にいたのは弘子でした。

息子の無実を証明するために愛人クラブを通して知り合った薗田を殺し、遺書を書いたという弘子。

自分が5年前の事件の犯人でひよりと一緒に死のうとします。

弘喜が警察から逮捕後に1セント硬貨のことを聞かされたと自分に知らせていたというのです。

ひよりに火をつける直前飛び込んできた夏目。

弘子の悲痛な叫びに、夏目は過去の映像がフラッシュバックを起こし向けられた包丁をよけることができません。

そこへ助けに来たのは迫田保(角野卓造)と藤堂。

後日、警察の発表ではひよりが現場に踏み込んだことになっていました。

母親の逮捕を受け、本間は自分が冤罪で逮捕されたことを悔やんでいましたが、警察は1セント硬貨のことを弘喜に伝えてはいませんでした。

最後まで弘子が守ろうとしていた弘喜は真犯人だったのです。

さらに弘子が本当は真実を知っていたと供述する本間にショックを受けるひより。

迎えに来た夏目に「お世話になりました。」と告げたひよりに対し、「あの人たちがこれで収まるわけがないだろう。」と返す夏目。

事件が解決し盛り上がる「メゾン・ド・ポリス」。

スナック完落ちって。ノリノリの高平厚彦(小日向文世)さんが可笑しいです。

そこへ帰ってきた伊達の一言で、今後もおじさまたちが捜査に加わり、ひよりがこのくせ者おじさまたちのリーダーとなるのでした。

スポンサーリンク

『メゾン・ド・ポリス』第1話ネットの反応や感想

ラマちゃん
あっという間に一話が終わってしまったわ。

来週もおじさまたちが活躍してくれるのが楽しみ。

ドラまる
カッコいいのに、先輩おじさまたちにこき使われて可愛いとか反則だよね。

ラマちゃん
事件の陰惨さ自体は「ストロベリーナイト」に通じるところがあったけれど、おじさまのワイワイが面白かったわ。

それにしてもひよりちゃんが憧れてたドラマが「沙粧妙子-最後の事件」というのが渋い。

ドラまる
昭和元禄落語心中で見せた三代目助六の演技がちらっとよぎったね~。

元気いっぱいだ。

ラマちゃん
親子でかなり間違った方向に進んでいたわね。

狂気が宿っててお二人とも怖かったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

『メゾン・ド・ポリス』第2話あらすじ

2019年1月18日(金) 22:00時から放送のドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話のあらすじをご紹介します。

ある日、独居老人の平松祥恵(内藤尋子)が自宅で死亡しているのが発見された。

現場は密室状態で遺書も発見されたため柳町北署では自殺として捜査が進むが、ひより(高畑充希)は違和感を覚え他殺を疑う。

前回の事件がきっかけでメゾンのおじさまたちのリーダーにされてしまったひよりは、藤堂(野口五郎)と迫田(角野卓造)を伴い遺体発見現場を訪れる。

藤堂はクローゼットに残されたコートに謎の毛を見つけ、署の鑑識には任せず自分で解析すると息巻く。

ひよりは仕方なく鑑識係の杉岡(西田尚美)をメゾンに呼ぶのだが、それが思わぬ事態に発展する。

数日後、ひよりは夏目(西島秀俊)とともに第一発見者の三上絵里花(中山エミリ)を訪ねる。

と、そこにはなぜか三上の娘が通う小学校のPTA会長や渉外広報担当の森元妙子(白羽ゆり)らが同席していた。

小学校の見守り隊員を務めていた祥恵とPTA役員の三上には面識があったのだが、どうやら三上が犯人だという噂が出回ってしまいこれ以上あらぬ噂が立たないようPTAとして事情を聞かれたことにしたいと言う。

そんな三上は夏目のある発言に明らかな動揺を示す。

一方、祥恵の周辺を調べていた迫田は彼女の意外な一面を発見する。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。
元刑事のおじさまたちと、新米刑事のドタバタとは想像していましたが、想像以上にテンポよくとても楽しい第一話でした。

個人的に小日向文世さんの高平さんが好きでした。

前回の月9「SUITS」で見せた冷徹弁護士が頭に残っていましたが、今回は「コンフィデンスマン」のリチャード寄りのキャラで嬉しかったです。

事件自体はとても暗く、救いのない話なのですが、おじさまたちのワイワイしている姿が可愛くて次回が楽しみです。

そして、バディを組むひよりと夏目のコンビもお互いに隠していることに気が付き、今後お互いに助け合う関係になりそうですね。

演じる西島秀俊さんおエプロン姿はお宝です!

ドラまる
とっても楽しい刑事ドラマが始まったね。
ラマちゃん
次回予告で夏目がひよりに「結婚するぞ!」って言っていたのが気になる~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA