イノセンス 冤罪弁護士|最終回(10話)見逃し動画無料視聴はこちら【3/23配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話  2019年3月23日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『イノセンス 冤罪弁護士』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『イノセンス 冤罪弁護士』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『イノセンス 冤罪弁護士』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年3月16日(土)放送終了後〜2019年3月23日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじ

2019年3月23日(土)放送のドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじを紹介します。

謎の男から拓(坂口健太郎)をかばい刺された楓(川口春奈)。

一方聡子(市川実日子)は、殺された京香と殺人を疑われている富士田(坂本真)のSNS上の共通の“友達”である『KooZ』という人物が、11年前に殺された彩花と自殺した浅間(鈴之助)の両方のブログにもコメントを残していることに注目していた。

『KooZ』のSNSの画像に被害者の傷と同じ形“勾玉まがたま”の模様があるのを見た秋保(藤木直人)は、勾玉が英語で所有を表す「’(アポストロフィ)」に似ていることから「被害者は自分の所有物だ」という犯人の主張かもしれないと推測。

そんな中、楓を刺したという男・神津一成(武田真治)が自首をする!

拓は、神津が京香の通う大学の職員だということと、『こうづ』が『KooZ』に似ていることが単なる偶然ではないと感じ、接見を願い出る。

翌日、接見室での何気ない会話に11年前の事件との関係を匂わせる神津は、立会いの警察官が席を外した隙を狙い、今回の2件と11年前の事件で被害者を殺したのは自分だと拓に囁く……!!

証拠がないため真犯人を前に何もできないことに苛立つ拓は、11年前捜査に当たっていた元刑事・草津(佐藤B作)に会い、現場の遺留品だった煙草の吸殻が、浅間が喫煙者でなかったために証拠として採用されなかったことを知る。

地裁に対し証拠品の開示と再審請求に踏み出す拓だが、そんな矢先検察が想定外の暴挙にでる!!

果たして閉ざされた真実への扉は開くのか!?

それぞれの思いを胸に真実に迫る衝撃と感動の最終回!!

公式サイトより引用

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
まず何よりも、和倉の無事を心配しています。

何者かに刺されてしまった和倉ですが、どのような容態なのか、助かるのか、そのあたりが気になっています。

ただ、今回の出来事で、落ち込んでばかり居た黒川は、やる気を出すのではないかと考えています。

予告でも、父親に怒鳴っている様子が出ていましたが、さすがの黒川も、あまりの批判と秋保を取り込むような真似をする父親や、和倉を刺した犯人に対しては敵意をむき出しにして向かっていくのではないかと予想します。

そして必ず、11年前の事件の真相を明かしてくれると信じていますし、浅間は無実だと信じています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

サラエイ
有馬からSNSに、KOOZ、いつもあなたを見ている、彩花日記と書かれた書き込みがあり、真犯人かも知れないと言う連絡があった後に拓が襲われ、その犯人が捕まり、自分が11年前の犯人だと自供するのだと思います。

楓はかろうじて命を取り留めるでしょうが、怒った拓は、その男が彩花殺人と山代と花巻の殺人の真犯人だと証拠固めをしようと、敢えて弁護を引き受けるのだと思います。

ところが、狂言の疑いがあり、確かな証拠がつかめない可能性があります。

しかし、裏切ったと思った秋保が、拓に助け船を出して男の証拠を掴むのだと思います。

秋保は拓の為に協力したのではない、真実を確かめたかったからだと冷たく最後も言い放つのだと思います。

真犯人は有罪になるのでしょう。

拓は意外にも弁護士をやめると言うかも知れません。

ペンネーム:サラエイ(60代・男性)

まめこ
楓が謎の男から拓をかばって刺された。

一方聡子は、殺された京香と殺人を疑われている富士田のSNS上の共通の友達である『KooZ』という人物が、11年前に殺された彩花と自殺した浅間の両方のブログにコメントを残していることに注目した。

『KooZ』のSNSの画像に被害者の傷と同じ形勾玉の模様があるのを見た秋保は、勾玉が英語で所有を表すアポストロフィに似ていることから被害者は自分の所有物だという犯人の主張かもしれないと推測した。

そんな中、楓を刺したという神津一成が自首した。

拓は神津が京香の通う大学の職員だということと、『こうづ』が『KooZ』に似ていることが単なる偶然ではないと感じ、接見を願い出た。

翌日、接見室での何気ない会話に11年前の事件との関係を匂わせる神津は、立会いの警察官が席を外した隙を狙い、今回の2件と11年前の事件で被害者を殺したのは自分だと拓に囁いた。

証拠がなく、真犯人を前に何もできない拓は、11年前捜査に当たっていた元刑事の草津に会い、現場の遺留品だった煙草の吸殻が、浅間が喫煙者でなかったために証拠として採用されなかったことを知る。

地裁に対し証拠品の開示と再審請求に踏み出す拓だが、そんな矢先検察が想定外の暴挙に出た。

予告では、事務所が一丸となって拓を応援するシーンが流れました。

拓を潰そうと躍起になる検察の圧力で事務所が対応に負われる中、普段は拓を毛嫌いしている所長も拓にエールを送っていました。

周りの協力が拓の力になるといいなと思いました。

思い悩みながらも父親に抗議する拓の姿は、権力に屈しない立派な弁護士に見えました。

真は立場上は拓のしようとしていることを認める訳にはいかないのですが、父親としてはこの事件が解決して拓の気持ちに区切りが付けられることを願っているのだと思いました。

最終回は、拓と真の関係が修復されることを願っています。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

イカロス
遂に真相が明かされるであろう11年前と今回の事件の結末がなんといっても気になります。

また、今回ラストシーンで刺されてしまった楓の命がどうなるかが心配です。

何故犯人は拓を狙ったのかも気になります、真相まで近づいた拓の口を封じたかったのでしょうか。

また、楓が無事だった場合に拓との関係も気になります。

あれだけ献身的な楓を、拓は好きになっているみたいなので、最終回で結ばれることもあると思います。

また、今回決裂してしまった秋保との関係も気になります。

最後は和解して良い感じで最終回を迎えて欲しいと思います。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

さき
ついに最終回で今回の事件とともに、11年前の事件の真相が明かされると思います。

真犯人は誰なのか、また11年前の事件について再審が通り、黒川の幼なじみの無実を証明することができるのか、期待して観たいと思います。

第8話で、真実がほとんど見えていたのに再審請求が通らなくて、日本の司法に不信感が募り始めていますが、実際はどうなんでしょうね。

また、秋保教授が今後協力しないと言っていましたが、最終回ではまた黒川先生と秋保教授が協力して一緒に真相にたどり着いてくれることを期待しています。

そして願わくば、秋保教授には警察の傘下のような施設に入ることなく、自分の道を進んで欲しいと思います。

ペンネーム:さき(10代・女性)

aya
黒川を狙い、黒川をかばった和倉を刺した犯人が捕まり、一連のストーカー事件と11年前の事件について自供するのではないか?

和倉が自分の為に刺されたこと、また11年前に黒川の幼馴染みが自殺したのもこの犯人のせいなのかと、黒川は感情を抑えきれないのではないだろうか?

もう実験には協力しないと冷たくされた秋保准教授との関係、また検事である父親との関係は、この一連の事件の真相を追及していくことで変わっていくのか?

いつも相手に言われてばかりで反論や口答えをしない黒川は、果たして秋保准教授や父親に対して本音をぶつけることが出来るのかも楽しみ。

ペンネーム:aya(30代・女性)

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

マサコ

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじネタバレ

楓は何とか一命を取り戻し、しばらく経って職場復帰をしました。

しかし、その頃事務所では検察庁の取り調べが行われ、存続の危機に陥っていました。

拓を襲おうとした男が、拓の前で、自分が今回の事件と、11年前の事件の犯人だと自白したことで、拓が再審を要求していたことがきっかけでした。

そんな中、所長は事務所を立て直すためにも、なんとしても今回の事件と11年前の事件の真犯人の立証を立てることを宣言し、全員で誓い合いました。

事務所総出で真犯人の証拠探しに奔走しました。

そこで出てきたのがタバコの吸い殻でした。

拓は秋保準教授に吸い殻の鑑定をお願いしました。

その後、裁判で真犯人が自分の犯行だと自白したことで、今回の事件も11年前の事件も容疑者は無罪になりました。

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)の感想

真犯人は自分のことを見つけてほしかったのではないかと少し思ってしまいました。

黒川拓への犯行は結局、楓が犠牲になってしまいましたが、何とか助かって良かったです。

真犯人は面談であっさりと黒川拓に自白をしています。

それでも証拠がないから捕まえられないと言っていました。

警察や検察をおちょくっている行為とも取れますが、それだけ冤罪事件になってしまうことが多いのかもしれません。

真犯人は自分が冤罪になったことを逆恨みして、自分も犯行に及んでいます。

そういう仕返しの仕方は全く良くないことですが、嘘がどんどんエスカレートしてしまったことが怖いと思いました。

ペンネーム:マサコ(50代・女性)

さきママ

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじネタバレ

和倉が何者かに刺されてしまう。

その犯人として、神津という男が自首してくる。

神津の存在が気になった黒川は、神津と面会。

そこで、11年前の事件を起こしたのは自分だと自白を受ける。

しかし、いざ刑事を目の前にすると、やっていないと惚ける神津に、黒川は怒りを抑えられない。

証拠さえあれば神津を追い詰められると考える黒川に有馬は、同時歯切れの悪い対応をした刑事が居たと教えられる。

既に引退しているその人物から、実は煙草の吸い殻という証拠があったと知らされた黒川は、それを証拠品として提出しようと考えた。

ところがその矢先、そんな黒川を邪魔するような検察の働きが相次ぐのだった。

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)の感想

裁判での、黒川と神津のやり取りが印象に残りました。

あっさりと罪を認めて笑いながら真相を話始めた神津に、最初は嫌悪感しか感じませんでした。

でも実は、そこに至るまでに、神津にも冤罪で苦しんだ過去があったこと、そして、そんな神津の事をただ責めるだけでなく、冤罪で苦しんだ過去を認めて、それなのに冤罪を利用した犯罪を犯してしまったことを諭した黒川の姿に、心が持っていかれた感覚がしました。

黒川は、しっかり弁護士だったと、改めて感じて安心したところでもありました。

これでようやく過去の事件に決着が着いたのだと、力の抜けた感覚でした。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

ワーカーママ

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじネタバレ

11年前に殺害された女性と、今回殺害された女性が結びついたことによって、新たな殺人犯の存在が浮かび上がる。

また、過去に殺人犯とされ起訴された男性について冤罪出会った可能性もでる。

その裏付けのため主人公は別件で拘留されている武田真治と面会した際、3人とも殺したのは自分だと証言する。

これに激怒した坂口健太郎は立件を試みるが、検事から事務所が嫌がらせを受ける。

過去の物的証拠をかき集め、裁判が開かれた際に、妹を殺害された藤木直人が証言に立ち、検察が状況証拠と思い込みで作った冤罪がいかにひどいものかを証言する。

また、真犯人の武田真治が、あっさりと犯罪を認める。

この武田信治も過去、冤罪で苦学して合格した医学部の合格が取り消しになり奈落の底に落とされた経験をもっていたことが坂口健太郎の口から語られ、結果的に冤罪が犯罪を生んだことの悲しさが場所全体に伝わり、自分も冤罪を生んでしまったと、その場で父親の草刈正雄が発表する。

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)の感想

単刀直入に面白かったです。

最初から最後まで見所が満載。

おそらく一番言いたかった部分は、最初の藤木直人が参考人として証言台に立った時に放った言葉「状況証拠だけを積み重ねて、先入観や思い込みだけで犯人を作り上げることの愚かさ」「正しいのは真実にひたすらに向き合う姿勢」など、この部分にとても共感できましたし感動しました。

少し残念だったのが、もう少し武田真治が悶え苦しんで必死に真実を追求されないようにして欲しかったと感じました。

検察および武田真治と坂口健太郎がバトルしあう場面が見たかったと思いました。

ただ、あのあっさり認めてあっけにとられるのも趣があって面白かったです。

一番、なるほど!と感心したのが、結局、冤罪が新たに死人まで出す新たな事件を生んでしまっていたという事実。

このことがわかって少し犯人に同情してしまったことについては、人間は勝手なもんだなと思いました。

元は必死に勉強して苦学して合格を掴み取ったにも関わらず、一転奈落の底に落とされてしまった武田真治が気の毒でした。

同時に、示談金欲しさに嘘をついた当時女子高生もドラマに出て、袋叩きにあうシーンを見てみたかったです。

ペンネーム:ワーカーママ(30代・女性)

Y is

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじネタバレ

秋川に、『死体の冷たさを知らない』浅間が犯人で終わらせたいと黒川は言われてしまい、秋川先生は、黒川検察庁の方についてしまった。

和倉弁護士は黒川弁護士をかばい、さされてしまった。

11年前の秋川の妹と恋人浅間、黒川の親友でもあった浅間の無実を晴らしたいと今回の事件と11年前の事件の真相のつながり、手がかりを探す。

和倉先生を刺した犯人が自首し、黒川弁護士に僕が11年前も今回も殺した犯人だと告げ、黒川を挑発する。

東京地検が嫌がらせ。

父黒川がやったと思っている。

横浜地裁からの手紙が届いた。

再審請求の棄却された。

証拠品のタバコの吸殻など…なかっことにされてしまった。

コウズカズナリは和倉先生を刺したと自首してきた。

11年前の秋川彩香、今回の殺人も自分がやったと殺す相手と犯人役を決めて、餌も仕込んんでやったと。

そして今回も警察がどんな判断をするのか確かめるためにやったと自供した。

黒川は、コウズの過去をしらべた。

大学受験を控えてたコウズは痴漢で訴えられていたが冤罪だった。

そして全てが上手くいかなくなったコウズは3人を殺す凶悪犯人なってしまった。

冤罪から生まれた、凶悪犯人…黒川先生は殺された人、コウズにより冤罪で捕まった人の苦しみを人として、心の痛みと向き合って欲しいと…。

次長検事が冤罪への謝罪をした。

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)の感想

冤罪がテーマの弁護士ドラマなのです。

冤罪を晴らすために葛藤していく黒川弁護士と父黒川次長検事の親子関係や弁護士事務所の危機に、辞めることじゃ無く弁護士事務所を上げて、事件に向き合っていく姿は、とてもカッコ良いとおもいました。

親は子の為に何も言わずに、守ろうとするところが描かれていたのもよかったです。

冤罪が生まれてしまう家庭で、よくある刑事の自白や思い込み、状況証拠、活用する人間が真実の大切さを重んじることができなければ冤罪が生まれるのだと言うシーンは、すごく重みを感じました。

リアルでそのような体験はした事も無いのですが、いつ事件に巻き込まれてしまうかと考えると怖いです。

黒川先生のような弁護士が本当にいて欲しいと心から願います。

ペンネーム:Y is(30代・女性)

まめこ

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじネタバレ

楓が謎の男から拓をかばって刺された。

命に別状はなかったが、警察の対応は冷たかった。

一方聡子は、京香と富士田のSNS上の共通の友達であるKooZという人物が、11年前に殺された彩花と自殺した浅間の両方のブログにコメントを残していることに気づいた。

KooZのSNSの画像に被害者の傷と同じ勾玉の模様があるのを見た秋保は、勾玉がアポストロフィに似ていることから被害者は自分の所有物だという犯人の主張かもしれないと言う。

そんな中、楓を刺したという神津一成が自首してきた。

拓は神津が京香の通う大学の職員だということと、『こうづ』が『KooZ』に似ていることが単なる偶然ではないと感じ、神津に接見を願い出た。

神津は、立会いの警察官が席を外した隙を狙って今回の2件と11年前の事件で被害者を殺したのは自分だと拓に囁いた。

拓は怒りを露にしたが、証拠がなく真犯人を前に何もできなかった。

拓は11年前捜査に当たった元刑事の草津に会い、現場の遺留品だった煙草の吸殻が、浅間が喫煙者でなかったために証拠として採用されなかったことを知る。

拓は草津の協力を得て煙草の吸殻を入手し、秋保に鑑定を頼みに行った。

裁判が始まり、秋保が吸殻の鑑定結果を説明した。

隠蔽の可能性を指摘してきた検察に、秋保は証拠を取捨選択した検察を責め、愚直なまでに真実を追求しようとする意思が必要なのだと主張した。

拓は監視カメラの映像と目撃証言を提示するが、神津はそのまま全ての犯行を認めた。

全てをぶちまけて気分爽快だと神津は笑っていた。

拓は神津が示談金目当てで痴漢と決めつけられた過去を話した。

真は傍聴席から浅間を死に追いやったことを謝罪した。

拓は過ちを正す勇気を持てば、必ず冤罪を晴らすことが出来ると話した。

拓はそれでも殺された人たちは帰ってこないと嘆くが、秋保は救われたと晴れやかな顔を見せた。

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)の感想

最終回は、楓を刺したと自主してきた神津が自ら自白してしまうという何とも物足りない結果となってしまいましたが、このドラマの趣旨はよく理解できる内容で、犯人だとはっきりしていても、確実な証拠を見つけないと有罪にはできないという、裁判の歯がゆさがこれでもかと言うほど伝わってきました。

今回とても良かったシーンは、病室で楓が目を覚ましたとき、拓がしっかり楓の手を握っていたシーンです。

拓は楓に指摘を受けるまで手を離そうとせず、無意識でやっていたのだと思うと、とても可愛いなと思わず笑顔になってしまいました。

最後に楓がいつも崩れてきて困っていた拓の書類をガードする衝立をつけていたのを見て、この二人は性格は真逆ですが、きっと上手くいくだろうと思いました。

裁判で真が傍聴席から謝罪を述べたシーンも良かったです。

真が自分が起訴した浅間を死に追いやってしまったことを自ら謝罪したときは、これまで拓のことで苦しい立場に追いやられていたことを一切口に出さず、自分の過ちを素直に認めたその潔さに感服しました。

とてもかっこいい親子だなとしみじみ思いました。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

あやぺん

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじネタバレ

11年前の殺人事件と今年2件の殺人事件を行ったと自白するものが現れる。

実はその人は過去に痴漢冤罪にあったことにより警察、検察の脆弱性を暴くために綿密な計画をたて容疑者とその証拠になりうるものを徹底的に調べ上げて冤罪を誘発させていた。

法廷で黒川弁護士は11年前の容疑者の無罪を主張することができた。

和倉弁護士は真犯人に刺されたものの特に命に別状はなかった。

再審請求が難しいなか無実を勝ち取った黒川弁護士とその事務所には裁判のあと多くの依頼が寄せられるようになり、最後には弁護士事務所内に和気あいあいとした雰囲気が流れていた。

『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)の感想

前話で再審請求の難しさをよくわかった上で今回はどうなるのだろう、11年前の容疑者の冤罪は晴らされるのか、とドキドキしていました。

前話で和倉弁護士が刺された場面で終わっていたので死んでしまわないかとひやひやしながら見はじめましたが大丈夫そうでよかったです。

自白するというてんにも驚きましたが、まさか冤罪が冤罪を所長するような形になっていたとは思いもつかなかったので、あぁ世の中やられたことをやり返すのはいけないことだな、と痛感しました。

人の痛みをわかったらその痛みを他人に与えてはいけない、と改めて思いさせられるラストでした。

ペンネーム:あやぺん(10代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第10話(最終話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2019年4月から同枠でドラマ『俺のスカート、どこ行った?』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA