イノセンス 冤罪弁護士|7話の動画無料視聴はこちら【3月2日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第7話( 2019年3月2日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『イノセンス 冤罪弁護士』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『イノセンス 冤罪弁護士』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『イノセンス 冤罪弁護士』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年3月2日(土)放送終了後〜2019年3月9日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじ

2019年3月2日(土)放送のドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじを紹介します。

楓(川口春奈)は、秋保(藤木直人)の妹を殺したとされた浅間(鈴之助)が拓(坂口健太郎)の幼馴染であること、自殺した浅間の冤罪を信じる拓に被害者遺族として複雑な思いを抱きつつ秋保が拓のサポートをしていることを知る。

そんな中、拓と楓は、湯布院(志賀廣太郎)の代打で、資産家の乗鞍権三郎(団時朗)の殺人を疑われている若妻・満里奈(川島海荷)の弁護を担当することに。

練炭による一酸化炭素中毒で亡くなった権三郎が無理心中を図ったという満里奈は、自らも中毒症状で病院に搬送されているが、事前に練炭を買っていたことなどから殺人を疑われている。

乗鞍家の廊下の防犯カメラ映像から、満里奈は一酸化炭素の充満した部屋に1時間以上いたことになるが……。

翌日、拓と楓、穂香(趣里)は乗鞍家へ。

権三郎の前妻の息子・肇(六角慎司)は、練炭を焚いている間に満里奈が窓から外に出て、権三郎が死んでから戻ったに違いないと話すが、拓はあることに気づく。

公判の日、若者の目撃証言から満里奈が事件時間に窓から外出していたと主張する検察に対して、拓は庭のセンサーライトが反応していなかったことを根拠に反論。

勝訴が見える中、なぜか深刻な拓に父親の真(草刈正雄)は「本当のことを知りたいという動機で成り立つ弁護活動はない」と諭す。

実は拓は満里奈が殺人を犯した可能性を疑い、思い悩んでいた…。

真実を追えば依頼人の嘘を暴くかもしれないことに、弁護士としてどうすべきか葛藤する拓。

しかし、楓の一言がきっかけとなって命がけの実証実験を決意する!

公式サイトより引用

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
まず、黒川が弁護士バッジを外したようなシーンを見て、何が起こったのかと驚きました。

どんなに父親に色々と言われても、冤罪を暴くために弁護士を諦めていなかったのに、そんな黒川がバッジを外すというのは、よっぽどのことがあったのではないかと心配しています。

一体何があったのか、弁護士を辞めてしまうのか、その辺りが気になるところです。

とは言え、黒川が簡単に弁護士を辞めるとは思えないので、いつものように真実を見つけてくれることを期待しています。

また、徐々に明らかになってきた秋保の妹の事件が、更に明らかになることにも期待しています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

マレット
新たな事件が発生し、自分は犯人でもないにも関わらず、警察に逮捕され、それでも無罪を主張しているという被告人が出現する。

被告人の関係者が正式に保駿堂法律事務所に弁護を依頼したことで、黒川はその弁護を引き受け、被告人が無罪であると裁判所にて明らかにしてくためにも事件の真相を究明していくのだという展開を予想する。

被告人は無罪であるにも関わらず、なぜ逮捕されてしまうかどうかということ、黒川はどのような方法で冤罪を証明していくかどうかということ、楓は黒川の過去の全貌を知ることになるかどうかということが楽しみなポイントである。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

イカロス
次回は、若妻として川島海荷が登場することが気になります。

もう、そういう役をする年齢になったのかと思います。

そして、資産家殺しの容疑者ということなので見所があると思います。

そして気になるのは、拓がこだわっている過去の事件です。

秋保が楓に見せた写真に写っていた容疑者が拓そっくりだったのが、とても気になります。

拓の髪型があの事件を機に変わったのかが気になります。

拓の幼馴染ということなので、真相が知りたいと思いました。

そして、秋保は何故妹が殺されていて、拓の幼馴染だったのに拓に協力しているのかが謎です。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

まめこ
秋保の妹を殺害した浅間が拓の幼馴染だと知った楓は秋保に会いに行き、自殺した浅間の冤罪を信じていた拓に秋保は被害者遺族として複雑な思いを抱きながらも後輩の拓のサポートをしていることを知った。

そんな中、拓と楓は湯布院の代わりに、青梅のカサノバと言われる資産家の乗鞍権三郎の殺人の疑いをかけられた妻の満里奈の弁護を担当することになった。

満里奈は、練炭による一酸化炭素中毒で亡くなった権三郎が無理心中を図ったと言い、自らも中毒症状で病院に搬送されてはいるが事前に満里奈が練炭を買っていたことなどから殺人を疑われていた。

乗鞍家の廊下の防犯カメラ映像から、満里奈は一酸化炭素の充満した部屋に1時間以上いたことになり、それで死ぬ可能性があったことを証明する必要があった。

翌日拓たちは乗鞍家へ行くが、権三郎の前妻の息子の肇は、練炭を焚いている間に満里奈が窓から外に出て、権三郎が死んでから戻ったに違いないと言う。

公判が始まり、目撃証言から満里奈が事件時間に窓から外出していたと主張する検察に対して、拓は庭のセンサーライトが反応していなかったことを根拠に反論した。

勝訴を目前にして、なぜか深刻な拓に父親の真は「本当のことを知りたいという動機で成り立つ弁護活動はない」と諭し、バッチは外した方がいいと言う。

拓は満里奈が殺人を犯した可能性を疑い、思い悩んでいたのだった。

しかし、楓の一言がきっかけで拓は命がけで実証実験を行ったのだった。

次回の見どころは、拓の命をかけた実証実験のシーンです。

無理心中を立証するための実験なので、極めて危険な実験となりそうです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

バカリズムすき
黒川先生がこだわっている過去の事件の犯人が、黒川先生の幼なじみだった、ということまでわかったので、次はその幼なじみがどんな人だったのか、なぜ犯人とされているのか辺りがわかってくると今後の流れがわかりそうなので
分かるといいなぁと思います!

そして、毎回の秋保教授の実験が面白いので、次回もどんな実験をするのか期待しています!

次は命がけの実験みたいなので、黒川先生の無事を祈りながら、ハラハラして見守りたいと思います。

6話では秋保教授のシーンがかなり少なめだったので、次回は秋保教授の登場シーンがもう少し多くなると嬉しいです!

ペンネーム:バカリズムすき(20代・女性)

aya
黒川先生は、煉炭によって亡くなった夫の殺人容疑にかけられた妻の弁護を担当するが、妻も一酸化炭素中毒にあったことから、心中したのか殺人したのかをどのように探っていくのかが見どころ。

煉炭による事件であることから証明する為に実験するのも命がけであり、黒川は依頼人の為に危険であると止められても、命をかけて実験をしていくのだと思う。

また、黒川が大学時代、同じ大学で起きた殺人事件の被害者が秋保教授の妹であったことが分かったが、犯人とされた幼なじみは自殺しており、その事件の真相をどうやって和倉先生が突き詰めていくのかも楽しみなポイントである。

ペンネーム:aya(30代・女性)

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

さきママ

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじネタバレ

資産家の乗鞍権三郎が亡くなった。

妻の満里奈は、乗鞍が満里奈を道連れに練炭自殺をしようとしたと証言したが、警察は、満里奈が無理心中に見せかけて乗鞍を殺害したとして満里奈を逮捕した。

満里奈から弁護を依頼された湯布院だったが、ぎっくり腰となってしまい、代わりに黒川と和倉が担当する。

無実を訴える満里奈の言葉を受け調べ始めた黒川だったが、満里奈の言動に様々な疑惑が沸き上がる。

やがて、満里奈はかつて湯布院が弁護し損ねて一家心中した家族の生き残りだと判明する。

更にその一家心中には、乗鞍が関わっていた。

次々と明らかになる満里奈の嘘に、黒川は弁護士としての自信を無くしていくのだった。

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話の感想

満里奈の境遇が辛いものでありすぎて、見ていてこちらも辛くなりました。

一家心中によって両親を亡くして、弟は脳障害を負い、そんな中で自分だけ助かり、それだけでも辛かったと思います。

それに加えて、復讐とはいえ乗鞍の妻になり、憎き男の側にいて、更には、弟の事は切り捨てろと罵倒された。

自分だったら絶対に耐えられないと思いました。

犯行に及んだ満里奈の気持ちが分からなくもなかったです。

黒川が、満里奈には救われてほしいと言っていましたが、本当にそうだと思いました。

黒川の懸命な想いで、これから満里奈には救われた人生が待っていてほしいと思わされた話でした。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

道子

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじネタバレ

資産家乗鞍の若妻満里奈はヒロイン気取りで取材に応じていた。

夫が無理心中のように見せかけ練炭で一酸化中毒死で亡くなったが、満里奈が生き残ったことで犯人となる。

満里奈は湯布院に弁護を依頼したが、黒川が弁護を行うことになる。

黒川は満里奈が練炭で生き残った理由を探り、黒川は秋保と一緒に事件の再現を行い、満里奈が生き残れたことを証明する。

満里奈の過去の一家心中を知り、その時の弁護士が湯布院だったことの因果関係がわかる。

真実を突き止めたことで黒川は弁護を降りることになる。

裁判では満里奈が自分が夫を殺したと発言した。

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話の感想

満里奈が取材を受けた時から、刑事が来た時の変わりようは凄かった。

かなり気位の高い女性の態度は何を示しているのか疑問だった。

父親から黒川は被告人のためでもなく正義でもなく真実を突き止めたいと言ったセリフは、とても重い感じに受け止めることが出来た。

被告人が嘘を証言していたとしたら、真実を知った時にこのまま弁護士を続けていけるのかと不安を感じた。

犯人か真犯人がいるのではなく、真実を知った時の弁護をどう立ちむかっていくかが弁護士の仕事であるように思え父親の意見に賛同してしまう。

黒川が途中で弁護から離れたことがモヤモヤした気持ちとなった。

ペンネーム:道子(50代・女性)

katsuzo24

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじネタバレ

練炭自殺を装った殺人事件の疑惑と黒川らがその容疑者の弁護をする中でその葛藤も描かれた第7話でした。

目撃者等の証言が警察などの捜査機関の誘導尋問的な部分も多かったことや、事件現場の不自然な状況等を根拠に反論しながら裁判は有利な展開を見せ勝訴の可能性が増していく中…。

相手検察側の主張を退けたものの、それらの中で疑惑が生まれ不自然な個所が多く出てきた。

そこで黒川らは状況から色々な「実験」を試みて勝訴目前の容疑者のからくりを突き止めることに成功、そのことを容疑者に伝えて真実に向き合うことを説得、最終裁判に向かい…。

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話の感想

元々この手のドラマは家族で好きで見ています。

今回ももちろんおもしろかったです。

いつもは弁護を依頼された人の無実のために色々な角度からそれを突き止めそれを証明するために葛藤する黒川や楓らの動きを描くところを、今回は実は依頼者の疑惑に気づきそれを証明することで依頼者(容疑者)に真実に向き合うことを説得するといういつも以上により深いところまで描かれていたところに引き込まれました。

特に今回はその容疑者役が川島海荷さんだったのですが、どちらかというと善人やこういうドラマの場合は被害者の側を演じることが多いタイプの方だと思いますが、その「悪役」ぶりが秀逸で中々川島さんには見えなかったほどです。

ペンネーム:katsuzo24(50代・男性)

イカロス

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじネタバレ

資産家が練炭自殺をするという事件が起こり、状況証拠により生き残った妻が逮捕されます。

そして、拓が弁護を引き受けますが目撃者がいることが判明します。

裁判で拓はその目撃証拠を引っくり返しますが、依頼人が何故生き残れたかということが気になり出します。

そして依頼人は、その被害者によって一家が無理心中に追いやられた生き残りであることが判明し、動機があることがわかります。

拓は犯行の再現実験をし、同じ状況でも生き残れることが証明されます。

そして、依頼人に確認すると認めますが弁護を首になります。

後日裁判で拓の顔を見た依頼人は改心して容疑を認めます。

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話の感想

今回も、色々な現代の闇が見えたストーリーだったと思います。

金持ちは何をしても許されるということと、警察の横暴があるということです。

そして弱者がバカをみるということや、ネットでは悪意が見えるということが描かれていました。

また川島海荷さんが出演していましたが、役的にはイメージが変わり大人になったような感じがしましたが、最後は素の感じも見れて良かったと思います。

悪ぶっている時もイヤミがない感じで良かったと思います。

そして拓は命をかけて再現実験をするなど、今回も無理をしていましたが、危なくて本当にやりすぎな感じがしました。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

ちびママ

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじネタバレ

青梅のカサノバが練炭で死亡する。

妻の満里奈が逮捕されるが「私はやっていない。夫による無理心中だ」と無罪を主張。

弁護を湯布院が指名されるが、体調不良により黒川が引き受けることに。

黒川は現場検証を行い、目撃者も現れ、満里奈が200m先にいたことを主張するが、黒川はそれが警察の誘導ではないかと主張する。

黒川は自分の父親にも呼び出された、「今回は確実に黒に近い。」と言われ、黒に近い人を無罪にしたいのか?と問われる。

そこで15年前の投資家詐欺のファイルが出てきて、諏訪家の練炭自殺が載っている。

今回の事件には今回練炭で亡くなったカサノバが関わっていた。

諏訪家の練炭自殺での生き残りが満里奈であり、弟は意識不明のまま眠ったままである。

そこからひもとき、黒川は満里奈が黒ではないかと問い詰めるも無罪を主張され、弁護を解任される。

しかし新しい弁護士が任命されるも、そんな中弟が容体急変し、亡くなってしまい満里奈は黒川の言葉を思い返して、法廷で黒川に再度弁護の依頼をする。

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話の感想

黒川の弁護士としての姿勢がすごかったです。

判決はスッキリしない終わり方だったけども「真実を追えば依頼人の嘘を暴くかもしれない」という黒川の葛藤や「本当のことを知りたいという動機で成り立つ弁護活動はない」と言う父親・真との確執もあって見応えある7話でした。

判決結果が出ていないこともあってスッキリする終わり方ではなかったけど、今回も考えさせられる内容で面白かった。
というより泣いた。

無罪まであと少しの麻里奈が黒川の言葉を思い出して罪を認めたシーンではさすが黒川!と思いました。

黒川先生の熱意で満里奈の考えを変えたことには感動しました。

ペンネーム:ちびママ(30代・女性)

まめこ

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじネタバレ

浅間が有罪判決を受けたとき、殺人犯は別にいるはずですと言った拓を秋保は殴っていた。

秋保は根拠のない希望的観測に腹が立ったのだと言う。

拓と楓は指名された湯布院の代わりに、ワイドショーで話題の資産家の乗鞍権三郎の殺人容疑をかけられた妻の満里奈の弁護をすることになった。

満里奈は、練炭による一酸化炭素中毒で亡くなった乗鞍が無理心中を図ったと言い、自らも中毒症状で病院に搬送されてはいるが事前に満里奈が練炭を買っていたことなどから殺人を疑われていた。

防犯カメラ映像から、満里奈は一酸化炭素の充満した部屋に1時間以上いたことになり、満里奈も死ぬ可能性があったことを証明する必要があった。

そんな中、乗鞍の遺言書には会社の株式や財産も全て満里奈に譲ると書かれていたことが分かった。

公判が始まり、目撃証言から満里奈が事件時刻に窓から外出していたと主張する検察に対して、拓は庭のセンサーライトが反応していなかったことを根拠に反論した。

勝訴を目前にして、なぜか深刻そうな拓に父親の真は「本当のことを知りたいという動機で成り立つ弁護活動などない」と言う。

そんな中、15年前に乗鞍が絡んだ投資詐欺で自殺した家族の娘が満里奈だと判明した。

弟は現在入院中で危険な状態だった。

拓は実際に同じ状況を作って実験することにした。

この実験で拓は助かり、満里奈が計画的に殺人を実行したことが証明された。

拓が水槽から二酸化マンガンを発見したと話すと、満里奈は乗鞍が死に損ないの弟は切り捨てろと言ってきたため、殺すことを決めたのだと話した。

乗鞍のせいで14人も死んだと満里奈は言い、無罪にしろと言い張った。

拓と楓は解任されて弁護士は変わり、満里奈の弟は急変して息を引き取った。

満里奈は罪を背負ったままでは救われないと言う拓の言葉を思い出し、裁判で自首すると言い出した。

傍聴していた拓に弁護をお願いしたいと言い、湯布院と担当することになった。

『イノセンス 冤罪弁護士』第7話の感想

第7話は、拓が何故真実を追求することに拘るのかが明らかになりました。

拓は幼馴染みの浅間は犯人ではないと信じていたが、秋保は何の根拠もなく冤罪だと言う拓を許せず殴っていました。

これが原因で拓は自分の浅はかな考えを捨てたのだと分かりましたが、秋保が複雑な気持ちのまま真実を追求する拓をサポートしていたことには驚きました。

秋保は拓がいつか妹の事件の真実を見つけ出すと期待しているのではと睨んでいます。

今回の事件は結果的に冤罪ではなかった訳ですが、気になったのは真の行動です。

真は既に満里奈が犯人だと分かっていて、それでも拓が満里奈の意志に寄り添えるのかと聞きました。

一見検事として呼び出したように見えましたが、拓が満里奈を疑い始めていることを見抜いて、心配していたのだと分かりました。

そんな真の気持ちは拓には伝わっていないようで、残念に思いましたが、真が優しい父親なんだと分かってホッとしました。

満里奈は無罪になりかけていましたが、拓の満里奈には救われてほしいという言葉を思い出して自首しました。

罪を背負って生きるより、全てを話して呪縛から解放される方が幸せだと気づいたのです。

満里奈を救えたことで、ホッとした拓は急にお腹がすいてバナナを食べ始めました。

このシーンで、拓が満里奈と同じ気持ちで戦っていたことがよく分かりました。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA