イノセンス 冤罪弁護士|4話の動画無料視聴はこちら【2月9日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第4話( 2019年2月9日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『イノセンス 冤罪弁護士』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『イノセンス 冤罪弁護士』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『イノセンス 冤罪弁護士』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年2月9日(土)放送終了後〜2019年2月16日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじ

2019年2月9日(土)放送のドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじを紹介します。

企業法務部門の弁護士・登別(正名僕蔵)が、好意を寄せる女性・小笠原奈美(ともさかりえ)の刑事事件弁護をこっそり引き受けていたことが発覚した保駿堂法律事務所では、拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)が急遽弁護を引き継ぐことに。

食品玩具メーカーに務める奈美は同僚の姫島ひめしま理沙(入山法子)を旅行先の海で殺害した容疑で逮捕されたキャリアウーマン。

溺死した遺体の肺から大量の砂が出たことから殺人容疑をかけられたものの、本人は容疑を全面否認している。

聡子(市川実日子)によると、奈美の人望は厚く、職場に聞き込みに行った拓と楓、穂香(趣里)は同僚たちの証言から奈美と理沙の仲の良さを窺い知る。

収穫のない中、拓と楓は現場の島へ。

殺害現場とされている海岸に着いた拓は突然真冬の海に入ると、事件を再現すべく顔を海中に突っ込むが…。

その帰り、楓は拓の実家の食事会に巻き込まれ、エリート検察官の父・真(草刈正雄)を交えて黒川家の気まずい食卓を一緒に囲むことになるが、そこで親子の確執を垣間見ることになる…。

そして、有力な弁護材料がないまま迎えた裁判初日、検察側証人として出廷した奈美の上司・鶴見(村上新悟)は、そこでとんでもない証言をし、拓たちは一気に苦境に立たされる!

奈美が隠していた複雑な人間関係が明らかになり追い詰められる拓。

そんな中、事務所を訪ねてきたのは科学者の秋保(藤木直人)だった……。

公式サイトより引用

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

どら弁護士
第4話は、会社の同僚を海で殺害したとされる事件の弁護である。

聞き込みでは、亡くなった人物と容疑のかけられている人物とは、会社でも有名で仲良しであった。

では、何故こんなことになってしまったのか。

裁判に望むが、その会社の上司より意外な証言が出てくる。

黒川たちにとって不利な証言であることは間違いない。

あとはやはり、海での殺害を実証するのであろう。

決めてになるものは何だろうか気になる。

一方、和倉が黒川がなぜ弁護士になったのかいろんな人に聞いて少しずつ分かってきている。

黒川の実家に和倉も一緒に行くことになる。

そこで、黒川と父親の関係や弁護士になった原因を知る事になるのであろう。

ペンネーム:どら弁護士(50代・男性)

さきママ
次回、いよいよ黒川と父親の対面が見ることができるようなので、そこが楽しみなところです。

今回最後の秋保の言葉も合わせると、父親の登場によって、今まで知らなかった黒川の過去も少しは出てくるのではないかと期待しています。

また、ストーリー自体は、OL殺害というもので、何やら女性同士のいざこざのような雰囲気もあったので、どのような経緯でOLの女性が被害にあったのか、予告で自分を責めて叫んでいた女性は誰なのか、とても気になっています。

黒川が、今回のことや父親と会うことでヤケにならないかは心配な所です。

また冷静に証拠を、集めていってもらいたいです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

マレット
黒川は雲仙の裁判で負けてしまったとのことで今後はより一層に無罪を勝ち取るのだという気持ちで仕事をするようになる。

黒川の相手がいつものように指宿かと思えば、自分の父親でもある真と対決になってしまうとの場面が出てくる。

だが黒川にとっては、自分の父と対決するよりも無罪を証明するのだということしか考えていないのだという展開を予想する。

黒川は冤罪を晴らしていくことができるかどうかということ、楓は黒川の過去をつかむことができるかどうかということ、黒川と秋保の関係とはどういうものであるかということが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

イカロス
次回は、ともさかりえさんがゲストで出演し、殺人の容疑をかけられるということで、どんな感じのストーリーになるか面白そうで、期待できます。

しかも人望が厚いということで無罪で勝訴になるとは思いますが、またしても人が亡くなっているということで苦戦を強いられると思います。

しかし、一番気になるのは拓の過去のことだと思います。

今回の拓の落ち込みようは尋常ではない感じがしたので、過去に何があって人格まで変わってしまったのかに興味があります。

そして楓の立場の変化も面白そうです。

最初は敵的な感じでしたが、今は見方になってきていると思うので、そのへんも楽しみです。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

からすこ
これまで3階連続で指宿検事と戦っているので、今度はまた新しいクセのある検事との戦いになると予想します。

最後は黒川の実の父親であり検事である黒川真との対決になると思いますし、その展開を期待します。

このドラマの楽しみなポイントは、科学実験により、無罪を主張するする証拠を探し出すのですが、その着眼点が予想も出来ないところです。

2話では、隣接している住宅のオブジェの光の反射の仕方が、決定的な証拠となりました。

他の弁護士のドラマを視聴しますが、このドラマだけの特徴で、あっこんな方法があったんだと思わずうなづいてしまいます。

ペンネーム:からすこ(20代・男性)

ぺしこ
ついに草刈政雄さんが登場するのですね。

メインストーリーでもある坂口健太郎さんの過去の問題にフォーカスする予感にドキドキします。

坂口健太郎さんが、科学者でも父と同じ検事でもなく、弁護士になった理由をそろそろ明かしてほしいと思います。

そして、ゲストはともさかりえさんですね。

ともさかりえさんと言えば、怪演が期待できそうなので楽しみです。

ともさかりえさんは悪役なのか良い役なのかわかりにくいし、どちらを演じたとしてもとても上手なので、最後までどうなるのかがわかりにくく、ハラハラを楽しむことができそうです。

ペンネーム:ぺしこ(30代・女性)

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

さきママ

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじネタバレ

マロンサークルという会社に勤める姫島理沙の水死体が、天音島で発見された。

容疑者である小笠原奈美は無実を主張。

そんな小笠原とお見合いイベントで交流があった登別は、自らが無罪を勝ち取ると約束するが、その事を知った別府に激怒され、裁判自体は黒川が担当することとなる。

本人や周囲から話を聞くが、小笠原の評判は良く、とても殺人を犯すとは思えなかった。

ところが裁判になると、マロンサークルの上司である鶴見が小笠原からのストーカー被害を告白。

心象が悪くなってしまう。

それでも無実を訴える小笠原のため、水槽で実験を繰り返す黒川の元に秋保が現れ、助言をすることで、黒川は真実に近付くのだった。

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話の感想

小笠原が無実なのは確かなのだろうと思って見ていましたが、だとしたら誰が犯人なのだろうと、自分なりに必死に推理をしていました。

ところが犯人などいなくて、事故という結果に、とても驚かされました。

と同時に、なんとも切ない結末だったと感じました。

自分にないものを全て持つ姫島に一方的に嫌悪感を抱きながらも、姫島が悪くないことは分かっていて、迷惑をかけないように敢えて離れたのに、それがキッカケで事故が起きて姫島が死んでしまったという展開には、運命の残酷さを感じずにはいられませんでした。

最後まで姫島は良い人だったのだなと感じました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

マレット

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじネタバレ

奈美のことが好きだという登別が勝手に奈美の弁護を引き受けてしまったとのことで別府は黒川が担当するようにと指示を出した。

奈美と理沙がシュノーケリングをしている時に起こった悲劇であり、奈美は理沙を殺していないと主張した。

職場では理沙と奈美が仲良かったとの話が続発し、現場に行ったという拓は海に入って事件を再現させようとした。

黒川家に顔を出す楓は、そこで黒川と黒川の父の不仲を目にした。

裁判にて、鶴見は奈美にストーカーされたと証言した。

これにて奈美の立場が不利になってしまう。

秋保と黒川は実験を行うことになった。

黒川と有馬が情報を収集した結果、ペンダントが発見された。

裁判にて実験結果を検証映像として黒川は皆に見せた。

理沙が死んだのは逆潜流による事故であることが判明し、奈美は無罪へとなった。

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話の感想

奈美に裏切られたのだと登別はショックを受けていたにも関わらず、奈美の冤罪を晴らすためにも実験台としての仕事を全うにするというのが素晴らしいことだと感じた。

最後の最後に、奈美に気持ちを確かめた結果、フラれることになってしまったものの、それでも登別は前向きにしていくことは出来るのだろう。

黒川と黒川の父の間の不仲があまりにも酷いとのことに驚いてしまった。

検事と弁護士、確かに立場は真逆であるものの、なぜ黒川の父は黒川のことを素直に認めないのだろうかと気になった。

黒川の母は予想以上に良い人であるとのことが伝わってきて感動した。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

飛べないアヒル

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじネタバレ

企業法務部門の登別弁護士が、結婚相談所で知り合った女性の刑事弁護案件を持ち込みます。

登別では勝つ見込みがないと判断した所長が、弁護を拓と楓に任せます。

海辺でシュノーケリングをしていた奈美と姫島理沙のふたりは同じ会社の先輩後輩にあたり、奈美は、高齢の両親の介護をしながら真面目に仕事をするキャリアウーマンで、周囲の評判もすこぶる良いものです。

溺死した理沙の肺からは、大量の砂が発見されたため、現場にいた奈美に殺人の容疑がかけられます。

裁判中に明らかになる奈美の理沙に対する嫉妬やストーカー疑惑で、裁判員の心象が悪くなる中、拓は、現場の実証実験と物証を見つけて、理沙の死が事故であることを立証します。

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話の感想

前回の医療事故で裁判に負けた拓が、殺人容疑がかけられた容疑者の弁護に臨むために接見した際にみせた厳しい顔には、弁護士として葛藤が感じられるものでした。

一度負けた後に、弁護を引き受けることが怖くなるのではないかと素人の立場では感じますが、拓の事件現場を科学的に検証して無罪を勝ち取ろうとする姿勢には、引き込まれるものがありました。

また、日頃どれだけ良い人と言われる人にも、さまざまな裏の顔があっても不思議はなく、容疑者となった女性のように表には出さない悩みを抱える人は多いと思います。

「人を殺したいほど憎んだとしても、実際殺したのとは違う」と言った拓のセリフには、弁護士ならではの説得力を感じました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

イカロス

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじネタバレ

海で女性が溺死し、普通の溺死では見られないような大量の肺に砂が溜まっていることから、ともさかりえさん演じる会社の同僚で、一緒に旅行をしていた女性が殺人の容疑者となります。

そして、拓がその弁護を引き受けることになります。

しかし、その女性は元恋人で会社の上司にストーカー行為をしていたり、その被害者のことを妬んでいたりと、隠し事をしていて、次第に裁判は不利な感じになっていきます。

拓は行き詰まりますが、秋保が心配して助言をして、実験などを重ねて、溺死は事故だということを証明します。

そして、拓は無罪を勝ち取ります。

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話の感想

今回も次第に不利な状況になったりしたので、また負けてしまうのでは、と思いハラハラしました。

最終的には無事に無罪を勝ち取ることができましたが、溺死の原因を作り出してしまっていたので、後味が悪い感じがします。

そして、表面上は良い人でも、人は何を考えているのかがわからないので、怖いと思いました。

良い人は良い人であろうとして本当にストレスが溜まるものだと思います。

そして拓の父親にあったり、秋保の証言から、悲しい過去が次第に明らかになってきたので、今後が気になります。

今回も色々な展開があり面白かったと思います。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

ぷしこ

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじネタバレ

入山法子さんが海で砂をたくさん飲んで亡くなった。

容疑者としてともさかりえさんが勾留されている。

坂口健太郎さんはともさかりえさんの冤罪をはらすために、実際に入山法子さんが亡くなった場所へ行き、実際に海の中に入って実験をした。

川口春奈さんもそれを見て慌てて海に入ってしまい、ずぶ濡れになった。

近くに坂口健太郎さんの実家があったので立ち寄るはめに。

川口春奈さんは彼女だと勘違いされてしまう。

藤木直人さんも登場し、実験をした結果、入山法子さんはともさかりえさんが捨てた二人の思い出のネックレスを拾うために海に入り、溺死したことがわかった。

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話の感想

ともさかりえさんの表情の変化に魅了されてしまいました。

職場の素敵な先輩、介護に疲れたOL、ひとりの男性にすがってしまうストーカー的な女性、そして、人を殺したかもしれない女性、どんな風にも見えてしまうところがともさかりえさんの演技力のすばらしいところだと思いました。

一話だけのゲストとは思えない丁寧さでした。

坂口健太郎さんのただむやみに容疑者を信じるだけではなく、冷静に判断しようとしているところや、真実がすべてわかったあとの言葉も冷静で、どこか突き放したものであるところが、逆におもしろいと思います。

ペンネーム:ぷしこ(30代・女性)

けんたろー

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじネタバレ

同僚である友人殺しで勾留されている女(ともさかりえ)の無罪を証明するストーリー。

黒川は前回の裁判で負けた事で焦っていた。

接見での言葉使いもキツいと和倉に指摘される。

しかし黒川は女は何か隠していると確信していた。

黒川の予感は当たり、裁判で女が上司と不倫関係の挙げ句にストーカー行為をしていたのだ。

情勢は一気に不利となった。

しかし黒川と和倉は諦めない。

黒川を気遣って事務所に寄った秋保に励まされ、事件の真相にたどり着いたのだ。

検証実験の結果を裁判で公表し、女と同僚の友情の証のペンダントを女が退職でお別れだと海に捨てたのだ。

女が帰った後同僚が海に入り探しにいって溺死していたのだ。

女の無実は見事証明された。

無事に裁判に勝ち、黒川は和倉に料理を振る舞う。

散らかった黒川の部屋を和倉が片付けようとすると、一冊のファイルを見つける。

それは黒川の学生時代の秘密にかかわるとみられる新聞記事が入っていたのだ。

『イノセンス 冤罪弁護士』第4話の感想

今回まで弁護士として活躍する黒川だったが、実家で家族と食事をする黒川家の息子の顔を見せてくれた。

父親とは相変わらず折り合いが悪く、黒川は和倉を半ば強引に付き合わせる。

黒川の母親(榊原郁恵だった!)は彼女を連れて来たと浮かれて料理に腕を振るう。

「美味しいです」とにこやかに母の手料理を食べている黒川は子供のようで見ている方も癒された。

もう1つ今回の見所は殺人犯として勾留されていたともさかりえの演技だ。

年を重ねてベテランの域のともさか。

仕事で認められず、不倫して、親の介護で心身が疲労するなかで、自分のせいで亡くなってしまったが幸せな結婚をした友人を羨んで吐き出すセリフの迫力は鬼気として見事な演技だった。

少し怖くて引いてしまう位だった。

ペンネーム:けんたろー(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA