イノセンス 冤罪弁護士|3話の動画無料視聴はこちら【2月2日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第3話( 2019年2月2日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『イノセンス 冤罪弁護士』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『イノセンス 冤罪弁護士』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『イノセンス 冤罪弁護士』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年2月2日(土)放送終了後〜2019年2月9日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじ

2019年2月2日(土)放送のドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじを紹介します。

大学3年の時に理工学部から法学部に移ったという拓たく(坂口健太郎)の珍しい経歴を聞いた楓かえで(川口春奈)。

その頃から拓を知る湯布院ゆふいん(志賀廣太郎)は弁護士を目指す前の拓は今とは正反対の性格だったと話すが、拓が変わったきっかけについてはお茶を濁す。

そんな中、聡子さとこ(市川実日子)が青ヶ島病院の看護師・白山しらやま美紀みき(青野楓)を連れてくる。

美紀は、手術中に人工心肺が停止し患者が亡くなった医療ミスの責任を問われて逮捕された執刀医・雲仙うんぜん(平岳大)の冤罪を晴らしてほしいと懇願する。

実直な雲仙に思いを寄せる美紀は、院内の内部告発が決め手となり雲仙一人に罪がなすりつけられたことを不審に思っていた……。

早速雲仙に接見した拓と楓は、雲仙が遺族側に直接説明したいと何度も頼んでいたにも関わらず、病院に止められていたことを知る。

患者を救えなかった事実に変わりはないと自らを責める雲仙だが、拓は遺族のためにも事実関係を明らかにすべきだと弁護を持ちかける。

早速、雲仙の同期で出世頭の医師・磐梯ばんだい(山本耕史)を訪ねた拓と楓、穂香ほのか(趣里)は病院が遺族に送った内部調査報告書を手に入れ、現場調査を開始。手術に立ち会ったスタッフの話も聞きたいと頼む拓だが、磐梯から急患が多いという理由で断られてしまう。

拓は内部調査報告書を手に再び雲仙に接見。

その内容を見た雲仙は、愕然とする……!!

病院側は雲仙個人の医療ミスとして事態を終息させるため、雲仙の指示ミスに見えるような嘘の記載をしていたのだ。

拓たちは人工心肺の電源が何の前触れもなく落ちたと話す雲仙の話を元に、電源が落ちた原因を探ることに。

しかし、その前に立ちはだかったのはなんと別府べっぷ所長(杉本哲太)と登別のぼりべつ(正名僕蔵)!

人工心肺メーカーと顧問契約している保駿堂事務所がメーカーの機械トラブルを暴けば、事務所にも大損害が及んでしまうという。

拓は事務所の不利益になる結論を出せば解雇されるのを承知の上で、徹底的な真実の追究を誓う。

そんな中、雲仙の起訴が確定。

手術に立ち会った研修医に裁判での証言をしてもらえるよう取り付ける拓だったが、裁判当日に思わぬトラブルが……!!

打つ手がなくなった拓は、ある意外な場所で手がかりを掴むと、秋保あきう(藤木直人)の助けを借りて、またもや大規模な実証実験を始める……!

公式サイトより引用

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ポイントゲッター
娘が病院でのオペの最中に亡くなった親は、そもそも救えなかったリスクのあるオペだったとの外科医の説明に納得せず、医療ミスを疑います。

そして黒川に相談するのですが、和倉は医療訴訟は病院側のスタッフの防御が固く、医学知識の専門性が問われるので、医療ミスの立証が難しいから断った方が良いと反対すると思います。

でも、黒川は敢えて取り組むのだと思います。

そして内偵でミスを疑われる外科の執刀医師が医局で派閥争いに巻き込まれていたとわかります。

そして黒川は看護師からオペの記録を入手してカルテが改ざんされた証拠を入手し、オペの最中にオペの助手を務めていた医師がわざとオペ中に事故が起きるようなミスをして責任を執刀医に押し付けたと突きとめるのではないかと期待します。

ペンネーム:ポイントゲッター(60代・男性)

どらどら
第3話は医療ミスにより患者が亡くなったとされて執刀医師が逮捕された件の弁護である。

内部告発により逮捕が決め手になったようだが、どうも逮捕された医師に確認すると事実は違うようだ。

誰かの罪を責任転嫁するために、仕組まれたものだと思われる。

院内の関係者が複数関与している事も考えられる。

派閥争い、あるいは院長の座を奪うためなのか、院内での醜い争いが根本にあると思われる。

犠牲になった患者のためにも、真実を明らかにしようとする黒川。

その真実のカギを握るものは、次回何であろう。

また、黒川が好きなものが解決の糸口となるのか、その過程も楽しみである。

ペンネーム:どらどら(50代・男性)

マレット
新たな事件が発生したのを受け、被疑者は自分が犯人ではないと主張しているため、黒川の元に依頼が入ることになった。

それで黒川は被疑者の話を伺う上で、被疑者の無実を証明するためにも捜査に当たることになった。

相変わらず暴走してしまうという黒川に対して理解を示せないものの、渋々と黒川に楓はついていくようになる。

やがて黒川は秋保と共に実験をした上で、事件解決に貢献するという展開を予想する。

楓は黒川のやり方を認めることができるかどうかということ、黒川と秋保はどういう関係であるかどうかということが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

さきママ
次回は医療ミスに関する弁護のようですが、予告で言っていた「真実が分かっても死んだ人間が帰ってくるわけではない」という秋保の発言に、どこか引っ掛かるものを感じました。

今回の最後の方で、大学の話が出ましたが、その大学時代に、秋保と黒川の間に何かあったのかなと思っています。

と同時に、次回の弁護は、そんな大学時代のことを思い出してしまうような、リンクしている物なのではないかと予想しています。

黒川の辛そうな表情も出てきていたので、これまでとは違って、黒川自身が辛く苦しい思いを抱くような事件になるのではないかと思って気になっています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

まめこ
第4話は、黒川の過去について明らかになります。

楓は黒川が理工学部だったが3年の時に法学部に移り弁護士を目指すことにしたと聞いて驚いた。

その頃の黒川をよく知る湯布院は、今とは正反対の性格だったと話したが、何故変わったのかは教えてくれなかった。

聡子が、事務所に青ヶ島病院の看護師白山を連れて来た。

白山は手術中に人口心肺が停止して亡くなった患者の医療ミスで逮捕された外科医の雲仙を助けてほしいと言う。

雲仙は内部告発が決め手となって逮捕されたと言い、一人に罪をなすりつけるのはおかしいと白山は思っていた。

雲仙に接見すると、遺族に説明させてほしいと何度もお願いしたが、病院側が止めていたのだと言う。

黒川は自分を責める雲仙に遺族のために真実を明らかにすべきだと裁判を勧めた。

早速雲仙の同期の磐梯から内部調査報告書を入手して捜査に乗り出した。

雲仙に報告書を見せると愕然した。

報告書には、雲仙が指示ミスした内容が記載されていて、明らかに病院側が事態を終息させるために雲仙わ、犠牲にしたのだと分かった。

黒川は何の前触れもなく人口心肺の電源が落ちたという雲仙の話を元に、人口心肺メーカーについて調べ始めた。

所長は事務所の存亡に関わると、契約している医療機器メーカーの機械トラブルを調べるのを止めた。

黒川はクビになるのを覚悟で真実を調べていたが、雲仙が起訴されて打つ手がなくなる。

そんな中黒川は思わぬところから手がかりを見つけ、秋保に実験を依頼したのだった。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ぷしこ
来週は、白い巨塔というか…病院の医療ミスのお話ですね。

病院って、私たちの生活からは切り離せない施設ですし、一番明日は我が身というか、いつ巻き込まれてもおかしくない題材ですよね。

怖いと思いつつも興味を持って視聴できる内容だと思います。

そして、坂口健太郎さんは藤木直人さんと同じ理系の人間だったのですね。

なぜ科学者ではなく、弁護士になったのか、何らかの秘密が隠されていそうです。

そして、坂口健太郎さんのお父さんの方の話も気になりますね。

坂口健太郎さんの過去が来週くらいから少しずつ明らかになっていきそうな予感がします。

ペンネーム:ぷしこ(30代・女性)

2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

どら弁護士

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじネタバレ

第3話は医療事故により少女が亡くなり、執刀医が逮捕された。

看護師がそんな医師ではないと弁護を依頼する。

事故原因はなんらかの原因で人工心肺の電源が落ちてしまったことだった。

病院の調査報告書によると執刀医の指示により起きたことによるものとされていた。

黒川が接見して確認するが、でたらめな報告書であり病院は隠蔽していた。

人口心肺の原因と疑うがこの事務所が顧問弁護をしているクライアントでもあった。

弁護内容によっては黒川の首がかかるものになってきた。

黒川はまた病院に行き手掛かりになる情報を探す。

すると洗濯室で事故当日の異変を聞き出した。

それを実証するために秋保に協力してもらう。

その結果を持って裁判に望むのであった。

黒川は裁判で、雷が落ちたことと病院内の避雷器が故障したままだったことにより、人口心肺が止まったのが原因であり、執刀医の無実を訴えた。

そして判決が言い渡される。

弁護は推測としか判断されずに有罪となった。

黒川は憤り悔しい思いでいっぱいになり、自分の部屋に閉じこもってしまうのであった。

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話の感想

医療事故で病院側が執刀医に代表で責任を取っていったような感じのストーリーだった。

確かに少女は亡くなっている。

誰かが責任は取らないとおかしい、しかし、執刀医ではないだろう。

大企業でもやるだろ隠蔽工作だったが、本当の原因がはっきりしないままだと同じ事故は起きる。

それを正そうと副部長が立ち上がった点は良かったと思う。

そうあるべきです。

ただ、遺族に何らかの謝罪が必要だと思うが、そのシーンはこのドラマではなく、すっきりしない感じがした。

裁判で黒川は早くも負けてしまう。

きっと父親の圧力がかかっている感じがしてきた。

悔しがる黒川は閉じこもってしまうシーンが印象的だ。

きっとこれからは負けない弁護をするはずだろう。

ペンネーム:どら弁護士(50代・男性)

さきママ

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじネタバレ

青ヶ島病院で13歳の少女、美沙が亡くなった。

美沙は人工心肺を使用した手術の最中、人工心肺が突然止まるというトラブルに巻き込まれ亡くなっていた。

病院側は、手術を担当していた雲仙の指示ミスだと遺族に提示。

その雲仙が、遺族の前に現れもしないことで、遺族は憤慨していた。

ところが、看護師の白山は、雲仙がそのような行動を取るわけがなく、病院側が雲仙に罪を擦り付けていると訴えてきた。

黒川が雲仙に話を聞きに行くと、雲仙は人工心肺は突然前触れもなく停止したと話す。

また、遺族に説明したかったが、病院から止められたとも話す。

病院側の隠蔽を感じた黒川は病院内を調べ始めるが、厳重な箝口令がしかれてしまっていたのだった。

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話の感想

有罪判決が出た時の黒川の悔しそうな表情が胸に焼き付いて離れませんでした。

何故裁判長は有罪判決を出したのか、素人である私でも、雲仙先生が悪かったわけではないと分かるものでした。

それこそ、遺族に不必要な傷を増やしただけ、罪のない先生に前科を増やし、仕事を奪っただけだと感じ、怒りしか感じませんでした。

正直、裁判については詳しく分かりませんが、裁判というものは、これほどまでに人を残酷なところに落とすものなのかと思いました。

黒川同様、とても納得できるものではなく、モヤモヤした気持ちの残る形となった回となりました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

マレット

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじネタバレ

聡子の紹介により、看護師の美紀が雲仙の冤罪を晴らして欲しいと訴えた。

雲仙が執刀の最中、患者の人工心肺が停止したため、患者は心不全で死去したとのことだ。

雲仙は患者を救えなかったとのことで自分を責めた。

病院側の内部調査報告書では雲仙個人だけのミス扱いになっているため、黒川と楓は調査をした。

赤城が証言してくれるとのことになったが、圧力により、裁判に来ることがなかった。

磐梯は隠蔽工作を自分が行ったとのことを認めた。

部屋のテレビの電気が消えて、コンセントを付け直したら治ったという患者の話を聞いた黒川は何かに気づいた。

秋保の実験を経て、裁判で逆流雷があったから人工心肺が停止したのだと拓は話した。

それでも雲仙は懲役1年との判断結果に至った。

黒川の父である真を調べたほうがいいと秋保は楓に話した。

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話の感想

病院の上下関係があまりにも恐ろしいことに愕然とした。

磐梯が病院を変えるためだと言ったのも嘘っぽく聞こえてしまった。

病院を本気で変えたければ、動作不良になっているという避雷器をなぜ放置し続けているのだろうかと疑問を感じる。

雲仙があまりにも優しい人物であるからこそ、裁判は終わってしまったものの、雲仙が病院側と戦おうとする意思を貫き通せば、雲仙は控訴することで無罪を勝ち取ることができたのではないだろうかと感じる結果だった。

磐梯が悪者であると思い込んだが、実際そうでもなかったということに驚いてしまった。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

イカロス

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじネタバレ

今回は医療絡みの問題で、患者が人口心肺装置の不調によってなくなりますが、病院側は事件を隠蔽し執刀医に全ての罪を着せさます。

そして、執刀医は逮捕されてしまいます。

拓は依頼を受けますが、事件に関係する人工心肺装置のメーカーが、在籍する事務所のスポンサーであるために弁護から手を引くように言われますが、諦めませんでした。

そして、事件に落雷が関係があることを発見し、病院側の避雷装置が故障していることを突き詰めますが、裁判では残念ながら負けてしまいます。

拓は落ち込み、自分の実力のなさを嘆きます。

楓はそこまで落ち込む拓を不憫に思い、拓の過去を調べますが真相にたどり着けませんでした。

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話の感想

今回は切ない感じのストーリーだったと思います。

秋保の言うように人が亡くなっている問題は真相がはっきりしてもスッキリしないものだと思いました。

そして、今回拓が負けてしまいましたが、これは意外でした。

この作品は毎回、苦戦を強いられますが、最後は圧倒的に勝利を掴むものだと思っていました。

そして、あそこまで拓が落ち込んでしまうのも、切ない感じがしました。

また、亡くなった患者の両親の気持ちもわかりましたが、裁判の結果には納得できませんでした。

一人の人の人生がかかっているので、病院の責任者を逮捕するべきだと思いました。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

からすこ

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじネタバレ

黒川は青ヶ島病院の医療ミスによる死亡事故の冤罪を晴らす依頼を受ける。

しかし、病院側の関係者の口止めや事務所都合で問題となった医療機器への捜査も制限されてしまい、調査が難航する。

当事者への口止めの事故状況の証言も得られない中、黒川は科学実験を行い事件時、電気トラブルの起因で医療機器が正常に動作せず、患者の死亡する真相にたどり着く。

法廷にて、その証拠を提出し無罪を主張するも、結果は有罪。

このシリーズで初めて無罪を勝ち取れなかった。

黒川はそんな自分に悔しそうな表情を浮かべる。

次回の真価が問われる結末となりました。

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話の感想

まず決定的な証拠を示したのにもかかわらず、有罪になってしまったことに驚きです。

このドラマの魅力である科学実験による誰も予想できなかった角度からの証拠提出で毎回無罪を勝ち取る。

そんなお決まりの展開ではなく、黒川や楓の成長や謎に包まれた黒川の過去など、人間模様でもこのドラマを楽しむことが出来ると大きな期待になりました。

いやらしい指宿検事や、黒川の捜査の妨害する所長など、内外に敵がいる展開は見ていてドキドキします。

それでも黒川の真実を追求したいという熱い気持と検証で乗り越えていく展開が本当に面白いです。

ペンネーム:からすこ(20代・男性)

ぺしこ

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじネタバレ

13歳の女の子が手術中に亡くなった。

その手術の執刀医だった平岳大さんが責任者だったとされて、逮捕された。

しかし、立ち会った看護師の女性が平さんだけに責任を負わせるのはおかしいと弁護を坂口健太郎さんたちに依頼した。

しかし、平さんは病院が良いように変わるのならば、自分への判決はどうなっても良いと言っている。

坂口さんは手術中に機材のトラブルがあったことを突き止めた。

しかし、検事には理解してもらえず、平さんは無罪にはならなかった。

平さんはその結果に納得しているが、坂口さんは悔しさをあらわにして荒れていた。

『イノセンス 冤罪弁護士』第3話の感想

食べ過ぎで苦しむ坂口健太郎さん、おもしろかったし、かわいかったです。(笑)

そんなにたくさん食べたんだーって想像するだけで、萌えーですね。

どうせなら食べるシーンもあったら良かったのにーと思っちゃいました。

今週も藤木直人さんの登場が遅い!(笑) 

それでも毎週5分ずつくらい早くはなってるんですけどね。

大きな組織では、隠蔽は日常的におこなわれており、立場の弱い者は泣き寝入りすることになるのかなと思うと悲しくなりました。

山本耕史さん、上手だったと思います。

前半の悪い顔と良心を取り戻した後の表情にメリハリがありました。

ペンネーム:ぺしこ(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『イノセンス 冤罪弁護士』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA