家売るオンナの逆襲|視聴率一覧を最終回まで更新中【2019冬ドラマ】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす
2019年冬ドラマ・北川景子主演『家売るオンナの逆襲』

2019年冬ドラマ・日テレ水曜の夜10時枠は北川景子さん主演の『家売るオンナ』続編の『家売るオンナの逆襲』に決定!

ドラまる

コミカルな演技の北川景子さんが面白いドラマだね!

ラマちゃん

スペシャルドラマにもなっているから、続編を願うファンの声が大きかったのかな!

こちらの記事では2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』視聴率はどうなる?

まずは日本テレビ水曜ドラマ枠で2018年冬から放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

anone

初回(第1話)視聴率 9.2%
最終回(第10話)視聴率 5.6%
全話平均視聴率 6.1%

正義のセ

初回(第1話)視聴率 11.9%
最終回(第10話)視聴率 10.0%
平均視聴率 9.8%

高嶺の花

初回(第1話)視聴率 11.1%
最終回(第10話)視聴率 11.4%
全話平均視聴率 9.5%

獣になれない私たち

初回(第1話)視聴率 11.5%
最終回(第10話)視聴率 8.3%
全話平均視聴率 8.7%

「困難に立ち向かう強い女性像」がヒロインになることが日テレ水曜ドラマ枠には多いのですが、人気女優さんをヒロインにしていて話題性は高いもののなかなか視聴率が2桁に届くヒット作が出ていない状況です。

昭和や平成の初めころには人気だった、ヒロインがかなりつらい目にあいながらも負けじと生きていく、というようなドラマは最近では共感しづらくなっているのかもしれませんね。

2018年夏ドラマでは野島伸司さんが『高嶺の花』の脚本を担当しましたが、なかなか数字が伸びなかったのにも表れている気がします。

笑って、ちょっと泣けて、スカッとしながらも共感できるドラマが現在の先が見えない時代を生きる視聴者が求めているストーリーなのかもしれません。

そしてそれにピッタリなドラマの続編が2019年冬ドラマに帰ってきました、北川景子さん主演の『家売るオンナの逆襲』

過去作の視聴率をチェックしてみますと、

2016年 家売るオンナ

初回(第1話)視聴率 12.4%
最終回(第10話)視聴率 13.0%
全話平均視聴率 11.6%

2017年 帰ってきた家売るオンナ(スペシャルドラマ)

視聴率 13.0%

という高視聴率ドラマとなっています。

北川景子さんが2018年までに主演したドラマの中でも一番視聴率が高いドラマとなっているので、いかにハマり役であるかが分かりますね。

クールビューティーな北川景子さんの仕事が完璧だけどちょっと変わり者というコメディタッチな演技、不動産を売りまくるという爽快なストーリーに夢中になる人が続出しているドラマです。

いつもニコニコと愛想がよい「愛され女子」ではなく、情は持ちつつもバシバシとクールに不条理を斬って社会を渡っていくヒロイン像が女性視聴者にはグッとくるのかもしれません。

2018年夏ドラマで大ヒットした『義母と娘のブルース』の綾瀬はるかさんが演じたヒロイン像とも重なる部分がありますね。

ドラまる

今回は不動産営業のライバルとして松田翔太さんが新たにメインキャストに登場、物語をさらに盛り上げてくれそう。

『下町ロケット』でもいい演技をしていたイモトさんにも注目だね。

ラマちゃん

同枠の前クールドラマ『けもなれ』ではお兄さんの松田龍平さんが出演されているね!

過去作からの固定ファンもいると考えられるので、こうしたことをふまえると初回視聴率は10%と予想いたします。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』制作陣から視聴率を予想!

2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々です。

脚本 – 大石 静

主題歌 – 斉藤和義 「アレ」(スピードスターレコーズ)

チーフプロデューサー – 西 憲彦

プロデューサー – 小田玲奈、柳内久仁子(AXON)

協力プロデューサー – 水野葉子

演出 – 猪股隆一、久保田充 他

ウィキペディアより引用

2016年の『家売るオンナ』第1シリーズのスタッフ陣からはチーフプロデューサーと演出の方が若干変わられただけであとはほぼ同じ布陣のようですので、人気シリーズのために再結成された意気込みを感じます。

脚本は人気作家の大石静さんで、1996年の朝ドラ『ふたりっ子』、2010年『セカンドバージン』がヒットし、恋愛ものといえばこの方といわれるほどに。

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』では、記憶をなくしていく若年性アルツハイマー認知症を患った妻と夫との日々を描き、繊細な心の揺れを描いたセリフには感動の声が大きかったですね。

チーフプロデューサーの西 憲彦さんは2016年からの『地味スゴ』シリーズや2017年『過保護のカホコ』をどちらもスペシャルドラマなど続編を作るほどの人気作にしている敏腕の方。

演出の猪股隆一さんは1995年『星の金貨』、1997年『FiVE』など平成初期のドラマから、2011年に最終話の視聴率40パーセントに達した驚異のドラマ『家政婦のミタ』、2016年『家売るオンナ』、2017年『奥様は、取扱い注意』などのヒット作をたくさん手掛けられています。

ドラまる

安定したスタッフ陣で、今回も面白くなりそうだね!

ちなみに主題歌は第2シリーズからは斉藤和義さんだ。

ラマちゃん

2011年『家政婦のミタ』の主題歌も斉藤和義さんだったね。

こちらもドラマにぴったりな曲になっていそうだわ。

スポンサーリンク

まとめ

過去の視聴率や、スタッフ陣から2018年秋ドラマ『家売るオンナの逆襲』視聴率を予想いたしました。

ドラまる

2019年の寒い冬も北川景子さん演じる三軒家万智の名セリフ「GO!」でスカッと!!

ラマちゃん

ほのぼのした屋代課長(仲村トオル)との夫婦の様子も気になる~!

放送開始後はこちらの記事で2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』の視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『家売るオンナの逆襲』視聴率一覧

第1話(2019年1月9日放送)視聴率

12.7%

第2話(2019年1月16日放送)視聴率

12.9%

第3話(2019年1月23日放送)視聴率

11.4%

第4話(2019年1月30日放送)視聴率

10.7%

第5話(2019年2月6日放送)視聴率

11.5%

第6話(2019年2月13日放送)視聴率

11.2%

第7話(2019年2月20日放送)視聴率

11.0%

第8話(2019年2月27日放送)視聴率

10.2%

第9話(2019年3月6日放送)視聴率

10.2%

最終回・第10話(2019年3月13日放送)視聴率

12.6%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『家売るオンナの逆襲』の視聴率は木曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA