家売るオンナの逆襲|9話の動画無料視聴はこちら【3月6日見逃し配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2019年冬ドラマ・北川景子主演『家売るオンナの逆襲』

↓『家売るオンナの逆襲』の動画を見るなら↓

北川景子さん主演の2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話( 2019年3月6日(水)22時より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『家売るオンナの逆襲』第9話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『家売るオンナの逆襲』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『家売るオンナの逆襲』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『家売るオンナの逆襲』放送終了から1週間以内はTverと日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『家売るオンナの逆襲』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年3月6日(水)放送終了後〜2019年3月13日(水)21時59分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

まず、始めにドラマ『家売るオンナの逆襲』の見逃し動画配信予想をご紹介します。

『家売るオンナの逆襲』が配信されるのは前クールのドラマ『獣になれない私たち』が配信された傾向から、上記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスでFODプレミアム以外で配信されると思います。

しかし、ほとんどのサイトでは見放題扱いになっていません(追加料金が必要になります)ので、全話見放題で配信されると思われるHuluが最もおすすめとなります!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。

Huluの詳細

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『家売るオンナの逆襲』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじ

2019年3月6日(水)放送のドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじを紹介します。

万智(北川景子)は高齢の母・静江(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当。

庭野(工藤阿須加)は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀)と協力する。

今回がデザイナーとしてのデビュー作だという真壁は内装に自分のこだわりを詰め込み、意気投合した庭野は自分が家を売ろうと張り切る。

一方、絶好調の足立(千葉雄大)は新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂(松田翔太)は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。

偶然足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生し…!?

そんな中、リノベ物件のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言!

しかも真壁が苦労して完成させたリノベーションを一掃し、全面畳に戻すと言う!

真壁の努力を無駄にしないため、庭野はなんとかしようと抵抗するが…。

そして、売上の伸び悩む新宿営業所メンバーたちは現地販売で大奮闘!

そんな中、万智と屋代(仲村トオル)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まっていた…!

公式サイトより引用

2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

のん
次回予告では留守堂さんが「裏切ったな」と言ってサンチーを憎むところが映っていました。

あんなにサンチーのことを一途に慕っていた留守堂さんが、、、。サンチーは人違いだとも言っていて何が起こるのかとドキドキしています。

留守堂さんは自分が家を売るために使われていただけだと思ったのか、何をもって裏切られたと思ったのか、とても気になります。

わたしは一途で謙虚な留守堂さんが大好きだったのに、、、。ショックです。

もうドラマもクライマックスに近づいていて、楽しみなのと、寂しいのと複雑な気持ちです。

最後までドラマ楽しみたいと思います。

ペンネーム:のん(20代・女性)

えみり
松田翔太さんの北川景子さんを思う気持ちが憎しみに変わるんですか? 

ちょっと怖いですけど、松田翔太さんの闇というかミステリアスな部分が見えそうで、ちょっとワクワクしています。

千葉雄大さんが松田翔太さんのことをあきらめたようですので、松田翔太さんはちょっと寂しかったのかもしれませんね。

仲村トオルさんと北川景子さんのことは心配してたのですが、今週きちんと話し合ってお互いの気持ちを確かめることができたので、ほっとしました。

次回は松田翔太さんの邪魔が入るかもしれませんが、二人の絆で乗り気ってほしいですね。

ペンネーム:えみり(30代・女性)

道子
屋代課長と三軒家が仲良く手をつないでいる姿を見た留守堂は、嫌な気持ちになってしまう。

三軒家のことが好きで名前や整形をして現れ、三軒家に認めてもらいたい一心で家を売っていた。

三軒家は留守堂に愛の表現方法を間違っていることを指摘する。

留守堂は三軒家のことをあきらめることが出来たのか?

愛情が憎しみに変わって行きそうで心配である。

庭野に友情ゴッコから家を売ることは出来ないと言った三軒家、ますます家を売る姿が強烈にり迫力が出てきた。

庭野の友人が家を売ろうと相談されるが、庭野の生易しい言葉に苛立ったように思え、まだまだサンチ-の犬のようだ。

ペンネーム:道子(50代・女性)

ttt
次回のエピソードは親孝行のために家を探している娘のエピソードであるものの、そんな親思いの娘とは裏腹に非積極的な母親が顧客というストーリーであり今宵のストーリーとは全く正反対なストーリーとなっているものの、次回のキーワードは協調性といっても過言ではなく、リノベーションによる内装工事を真壁が行いそれによるアフターフォローを行うという連係プレーで販売を行うものの、今宵仲良く手をつないで帰路へと帰る姿を目撃してしまった留守堂の心境の変化が訪れ、三軒家を別方向で意識するというため、いったいどのような方法で三軒家を落とすのか、一方で三軒家はどのような手段を用いて販売するのかそれぞれの思考に注目です。

ペンネーム:ttt(30代・男性)

まめこ
万智は、高齢の母親と同居するための家を探す独身女性の馬場礼子を担当することになった。

庭野は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションしようと考え、同年代の施工会社に勤める真壁と協力する。

今回がデザイナーとしてのデビュー作だという真壁は、内装に自分のこだわりを詰め込んでいた。

意気投合した庭野は自分が家を売ると張り切っていた。

絶好調の足立は新婚の新垣夫妻の物件探しを担当し、留守堂は離婚予定の迫田のぞみから家の売却を相談されていた。

偶然新垣夫妻が迫田のぞみの家を気に入ったことで、内見先で顔を合わせたが、思わぬトラブルが発生してしまう。

そんな中、真壁のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言し、リノベーションを一掃し全面畳に戻すと言い出した。

真壁の努力を無駄にしたくない庭野は抵抗する。

売上の伸び悩む新宿営業所メンバーたちは現地販売で大奮闘する。

そんな中、万智と課長の順調な夫婦関係を目の当たりにした留守堂の愛は爆発寸前だった。

次回の見どころは、万智が留守堂に人違いをしていると教えるシーンです。

留守堂は、ずっと万智がしてくれていたと思い込んでいたことが勘違いだったことを知り、万智への愛が憎しみに変わってしまいます。

予告では、狂気に満ちた留守堂のシーンが流れました。

課長と仲直りして幸せそうな万智に、またしてもトラブルが待ち受けているようです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ピーナッツ
庭野と住宅関連の仕事に就く友人とで、今回タッグを組み家を売るのではと思っています。

もしかしたら今回は三軒家の手助けなしで、庭野は家を売るのではないかと想像しています。

課長と三軒家の仲も戻り一安心かと思ってましたが、留守堂がまた夫婦に新たな火種をつけそうな気がします。

三軒家を好きになったきっかけのエピソードを三軒家に全否定されてしまう留守堂。

自分の美しい思い出を台無しにされたとして、三軒家を恨むようになってしまいそうな気がします。

三軒家の家を売るのをことごとく邪魔をしにくるのではないかと予想しています。

ペンネーム:ピーナッツ(30代・女性)

2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

マレット

『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじとネタバレ

三軒家と屋代の間の夫婦関係を留守堂は気にしてしまう。

恋人がいなくなったとのことで足立と庭野は職場で飲酒した。

吉祥寺のマンションは宅間、永福町の戸建ては八戸、落合の戸建てを鍵村が現地販売の担当するように、と屋代は皆に話した。

鍵村を布施がサポートすることになった。

馬場礼子は母と暮らすための家が欲しくて、貯金2000万円、定年まで働くのだと三軒家に話した。

新垣夫婦を足立は担当した。美優は妊娠の最中だ。

迫田は離婚するため、家を売りたいのだと留守堂に申し出た。

どんなに仲良い夫婦でもちょっとすれ違うと離婚するのだと留守堂は痛感した。

こころによると、屋代と三軒家は別れないとのことだ。

真壁は、溢れ出るアイデアがデザイン画に起こしている時が楽しいというのに対し、庭野が内見は楽しいと言った。

迫田が売るという家を、足立は新垣に紹介した。

その時、迫田の旦那が戻ってきて、迫田と向き合うことから逃げた結果、浮気をしてしまったものの、それでも一緒にいたいのだと主張した。

何があろうと代わりが利かない人は利かないのだと留守堂は発言した。

現地販売をしている宅間の元に白洲が出現し、スーパーはクビになったのだと言い出した。志村というお客様が現れた。

真壁の作った家に対して町村が家を買いたいとは思わないとの態度が出ているとのことで庭野は愕然とした。

真壁のデザインした家を買うお客様を三軒家が見つけ出した。

その客は馬場で、リベーションした住所と同じだと気付く庭野と真壁は馬場に会いに行った。

迫田夫婦は違う家にお住み替えにしてみては?と足立は提案した。

迫田は家を売ることになり、新垣がその家を購入することにした。

三軒家は馬場を礼子の前に連れた。

お母さんと暮らすことが人生だという礼子に対し、あなたの人生を過ごすようにという馬場。

娘の夢を叶えるのが親の仕事だという三軒家。

静江は礼子と住むことに決意した。

『家売るオンナの逆襲』第9話の感想

焼きそばを作るとの気持ちで三軒家がこころに教えてもらった後にテキパキに作るのを見て感動した。

やはり、こころの言う通り、こころの眼の前で屋代と三軒家が仲良いとの様子を見ると、この夫婦は絶対に別れないのだろうと痛感できる。

その一方、宅間がやっているという現地販売に対し、白洲がわざわざ見にくるという様子を見る限り、宅間と白洲は離婚しなければよかったのではないだろうかと気になる。

離婚したものの、実際仲良い様子を発揮できるのは素晴らしい。

一度は結婚を経験したという白洲が、志村に対して私情を挟んでしまうのだという様子を見ると物凄く面白くて笑えた。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

やいな

『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじとネタバレ

子供が出来ないままギクシャクしてしまい、旦那が浮気をして離婚を予定していた夫婦の話がありました。

反対に妊娠後期でまもなく出産を迎える夫婦が家を買いたいとのことでした。

結局前者の夫婦はやり直すことになりましたが、子供を連れた家庭に囲まれた環境が辛いのかもしれないということで、引っ越すことになりました。

また、もう1人の家の購入者は1人暮らしの年配の方でした。

アパートに長年住み、近所の人間関係にも慣れていたので、初めはその生活を手放したくありませんでした。

しかし、娘が一緒に住もうと言ってくれて、アパートから近い物件を購入することになったのです。

また、留守堂は三軒家への気持ちを抑えきれなくなっていました。

しかし、昔の思い出は全て勘違いだと知らされ、三軒家への愛は絶望から憎しみへと変わっていきます。

『家売るオンナの逆襲』第9話の感想

夫婦にしか分からないことはあるので、他人がどうこう首を突っ込むことはできないと感じました。

子供がいることは素晴らしいけれど、それだけが幸せではないと思います。

幸せの形は人それぞれなので、何か周囲と比較してしまう環境だと苦しいだろうと思います。

また、家は住む人がいて初めて家だと三軒家は話していましたが、本当にそうだと思いました。

物を売るには買う人のニーズを知らなければいけないのですから、自分の売りたいものだけを全面に押し出すことはできないと思います。

留守堂の愛はかなりディープで、1つ間違えると怖いと感じました。

まだ何か秘密がありそうで、ドキドキしています。

ペンネーム:やいな(30代・女性)

えみ

『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじとネタバレ

酒井若菜さんが母親と暮らすための家を探している。

北川景子さんは、母親がその地域のコミュニティから離れたくないだろうという思いをくみとり、ごく近所の家を探してきました。

一方で、松田翔太さんは北川景子さんへの思いがどんどん大きくなってしまい、苦しんでいました。

そして、北川景子さんを呼び出し、再度告白をします。

しかし、小学生時代、自分を助けてくれた女の子は北川景子さんではなかったということが発覚してしまいます。

北川景子さんを追いかけて、不動産屋にまでなった松田翔太さんは、混乱してしまい、自分を見失ってしまいました。

『家売るオンナの逆襲』第9話の感想

酒井若菜さんのお母さんと暮らす家を探す話、素敵でした。

お年寄りにとって、住み慣れた街を離れることほど辛いことはないですよね。

あんな風にごく近所に住み替えができるなら、そんな理想的なことはないと思います。

…と、本編の家にまつわるお客さんと営業マンたちのさまざまなストーリーも素敵だったのですが、ラストのマンチッチとよしおちゃんの会話が強烈過ぎて、ぶっ飛んでしまいました。(笑) 

なんだって? 

人工呼吸と餃子の君がマンチッチじゃなかったなんて、確かにショック過ぎます。

それを支えに生きてきた留守堂にとっては、自分のアイデンティティーを無くしてしまうほどのことだったのだと思います。

ペンネーム:えみ(30代・女性)

pon

『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじとネタバレ

成績が今ひとつな鍵村達やそこそこ成績を収めている三軒家達は業績を伸ばすため集会が行われた、そしてそれぞれは語学力を駆使したり、パートナーと連携したりして業績を伸ばしつつある中、三軒家が狙っているクライアントは母親に親孝行したいという孝行娘による用件であった者の、肝心の母親はこじんまりした荘で中のよいおばさま仲間と買い出しするぐらいの元気が余っている親であったため、話はうまく進まなかった。

しかし三軒家のトーク力により母親も納得し物件を購入し、家を移住する事を決意し中のよい叔母さま達とも相変わらずつきあい続ける生活を送っていった。

その頃留守堂は、話したい事があると三軒家を撤去前のクラス教室へと誘い、思いを告白したが、あろう事かそれは留守堂の勘違いであり、人工呼吸の件及び餃子の件は別人であったことを告げられた留守堂は、今までの人生を無駄にされた憎悪を三軒家へと向けていったのであった。

『家売るオンナの逆襲』第9話の感想

クライマックス前という事もあり、三軒家は相変わらず庭野をいいように酷使しながらも、他の社員も各々のアイデンティティをうまく活用しつつ微々たる者とはいえ家を販売し業績を増やしていくという非常に平和的解決に結びつきながらも、物語のメインである留守堂が不動産業につとめるきっかけとなった三軒家との思い出があろうことか思い違いという、留守堂らしいドジっぷりにより、意外な形で鯉が終わってしまう者の、次週に向けての本格的に動く留守堂の前に一体どのようにしつつ、留守堂は逆襲をするのか、そもそもタイトルの逆襲とはまさか、三軒家ではなく、留守堂のためのタイトルだったのかと色々考えさせられるエピソードでした。

ペンネーム:pon(30代・男性)

ぴよちゃん

『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじとネタバレ

三軒家万智は母と暮らす家が欲しいという馬場礼子を担当した。

礼子の母の静江が畳が好きなので畳の部屋を希望していた。

庭野聖司は築45年の家を売るために施工会社の真壁と一緒に内装のフルリノベーションを進めていた。

しかし万智は自分が売ると言い、リノベーションしたばかりなのに全面畳にリノベーションし直すと言い出した。

そこを買うのは礼子だった。

静江は礼子に自分を大事にして自分の人生を生きなさいと言った。

しかし万智は15年間働きづめでお金を貯めて静江に親孝行するのが礼子の夢であり、娘の夢を叶えるのも親の務めだと言った。

静江が今まで暮らしていた環境とは変わらず娘と暮らせることを伝えてめでたく礼子と静江はこの家で一緒に暮らすことになった。

『家売るオンナの逆襲』第9話の感想

礼子の親孝行がとても素敵だなと思いました。

静江もあんな娘をもって幸せだと思います。

静江にとっても住み慣れた環境というのはとても大切だと思います。

お友達と仲良くしているところも楽しそうでした。

小学校の頃に謙治が溺れて助けたのが万智ではなくて全く別人だったのには驚きました。

その頃から謙治は万智の為に生きてきたもの同然だったので気を失ってしまうのも分かります。

万智はよく本当に助けた人の現在の居場所が分かったなと思いました。

すごいです。

また万智の料理の腕前が素晴らしいと思いました。

あの焼きそばは本当に美味しそうでした。

万智は何でも出来て憧れます。

第9話も面白かったです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

飛べないアヒル

『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじとネタバレ

三軒家万智は、古いアパートの二階に住む高齢の母親との家を探す独身女性を担当します。

庭野は、古くてなかなか売れない家をリノベーション施工会社の真壁と協力して売り込みを図りますが、真壁のデザインが客の好みとは違うものとなります。

足立は、新婚夫婦の家を探し、離婚して家を売りたい夫婦を顧客にしている留守堂の双方の思惑が一致し、互いの客に相互売買を働きかけ、一旦は売買不成立となるものの、足立がアプローチを変えることで販売につなげます。

庭野と真壁が手がけた家を、全面畳張りの再リノベして、高齢の母親と独身女性の親子にこれまでと変わりない生活ができるというプレゼンで、家を売ります。

一方、三軒家万智への思いが募った留守堂は、再度万智を呼び出しますが、留守堂の思いびとが三軒家万智ではなかったことが判明します。

『家売るオンナの逆襲』第9話の感想

高齢の親との同居をするための家を探す独身娘に、高齢の母親が子供の負担となることを嫌がるという表面的な理由ではなく、これまでの生活環境の変化を嫌っていることを見抜いて物件を探す三軒家万智の不動産屋としての見方は、さすがだと思いました。

「人が住んでこその家」という、当然のことが、物件を選ぶ際には置き去りにされることがよくあります。

今回の庭野と真壁が、良い家をと考える際に住む人のことを考えなかった点を、言い当てている言葉だと思いました。

また、留守堂の万智に対する思いに、万智が留守堂の思い違いを的確に論破し、留守堂が話した本来の人物を目の前に登場させたことは、留守堂にとっては可愛さ余って憎さ百倍の状況となるのは当然だと思われました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『家売るオンナの逆襲』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA