ドラマ【家売るオンナの逆襲】8話ネタバレと感想。留守堂が闇落ち?

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・北川景子主演『家売るオンナの逆襲』
ドラまる
2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話が2019年2月27日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
8話では庭野の父・茂雄が登場!

また一波乱ありそうね!

こちらの記事では、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話のあらすじネタバレと感想

万智(北川景子)と留守堂(松田翔太)が不動産屋として対等な関係を築く一方、庭野(工藤阿須加)は自分が万智にとってパシリでしかないことに複雑な思いを抱いていました。

そんな中、新宿営業所に怪しい男(泉谷しげる)がやってきます。

営業所メンバーの名前を次々言い当てた男の正体はなんと庭野の父・茂雄!

真面目な庭野とは正反対のお調子者でいい加減な茂雄は、家を売ったお金でタコ焼き屋を開いて一発当てるため、息子を頼ってきたと言います。

亡くなった母が残した実家をいつもの気まぐれで売ることに反対する庭野ですが、万智が現れ自分が家を売ると宣言!

庭野は頭を抱えることに。

一方、留守堂への思いが破裂寸前の足立(千葉雄大)は遂に告白を決行します。

しかし、自分が留守堂とどうしたいのか答えが見えないまま、モヤモヤは募るばかり。

お互いの鬱屈とした気持ちに共鳴した庭野と足立は、庭野は万智から、足立は留守堂からの卒業を密かに誓い飲み明かします。

そしてその頃、三郷(真飛聖)から食事に誘われた屋代(仲村トオル)は三郷おすすめのおでん屋へ…のはずが気づくとそこはラブホテル街!

屋代は遊びでもいいからと強引に誘われて…!!

そのころ、庭野は、家の売却を担当している客・棟方母娘の境遇に自分を重ねます。

夢見がちな母・幸子(南野陽子)はケーキ教室兼ケーキ屋を開くための資金に夫の残した家を売りたいと話しますが、家の共同名義主である堅実な娘のすみれ(大後寿々花)は家を売ることに反対。

金遣いが荒い母に振り回されてきたすみれの苦労を他人事と思えない庭野は、すみれに協力しようと決意します。

そして、ちちんぷいぷいでは、お金と女にだらしない父親を反面教師にしつつも、たった一人の身内の父に今でも仕送りをしているという庭野に同僚たちが同情を寄せます。

このまま “サンチーの犬”で終わらないためにも、庭野は万智の言いなりにはならないと奮い立ちました。

翌日、庭野は茂雄を説得しようと実家へ。

しかし、すでに万智が家を売る段取りをつけていると聞き唖然とします。

しかも買い手はなんと留守堂!

あまりに理不尽な万智の仕打ちに庭野はショックを受けます。

そんな中、万智は美加(イモトアヤコ)から呼び出されていました。

そこで、屋代の浮気写真を見せられます。

会社に戻った万智は恐ろしい剣幕のまま庭野を呼びつけ棟方母娘の元へ。

いつものように劇的に家を売ろうとした万智だが、突然声が出なくなるというアクシンデントが!

万智は自分の話を代わりに通訳してほしいと庭野に頼みます。

言われた通り、万智の通訳をする庭野。

すみれの人生はすみれの人生だという万智の言葉に共感した庭野は思わず通訳以上のことまえ熱弁し始め庭野の熱はヒートアップ。

しかし、万智はそのまま庭野の言いたいことを話すよう指示。

そして、庭野の説得により棟方母娘へ家を売ることに成功。

一方、庭野は結局実家を売ることを決意。

しかし、家は売るけど自分名義になってる分の取り分はもらうと宣言。

それではたこ焼き屋が出来ないと主張する茂雄でしたが、庭野はその場をあとにしました。

そこへ、なんと留守堂がやってきます。

留守堂は茂雄の夢をかなえる手伝いをするというのです。

留守堂はその言葉通り、茂雄の夢を叶えました。

屋台を安く手に入れ、その屋台でたこ焼き屋をはじめたのです。

一方、万智は屋代に浮気の証拠をつきつけました。

言い逃れをしようとする屋代でしたが、屋代と三郷がラブホテルに入るところを抑えた写真まで見せられた屋代は、思わず万智と留守堂の関係を疑いだします。

そんな屋代に対し「私が愛しているのは課長だけです」と主張する万智。

なんとか2人の仲は修復。

その夜、2人は手をつないで帰宅しました。

それを留守堂がたまたま観ていて…。

…以上が「家売るオンナの逆襲」8話の大まかなあらすじ。

今回は親子問題。

親子でも1人1人の人間。

親離れ子離れって必要ですね。

そして、9話では留守堂が豹変!?

どうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話のネットの反応や評価は?

ドラまる
庭野と足立のカラオケシーンは最高だったね!
ラマちゃん
選曲もナイスだったわ!

ドラまる
サンチーと課長が仲直りできたのはよかったけど…、ここへきて留守堂が豹変!?
ラマちゃん
屋代からサンチーを奪うつもりはないと決めていたけど、いざ2人のラブラブなところを目の当たりにしてしまって愛情が憎しみに変わってしまったとか?

気になるわね。。

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『家売るオンナの逆襲』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『家売るオンナの逆襲』8話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『家売るオンナの逆襲』9話のあらすじは?

2019年3月6日(水)放送のドラマ『家売るオンナの逆襲』9話のあらすじをご紹介します。

万智(北川景子)は高齢の母・静江(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当。庭野(工藤阿須加)は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀)と協力する。

今回がデザイナーとしてのデビュー作だという真壁は内装に自分のこだわりを詰め込み、意気投合した庭野は自分が家を売ろうと張り切る。一方、絶好調の足立(千葉雄大)は新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂(松田翔太)は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。

偶然足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生し…!?そんな中、リノベ物件のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言!しかも真壁が苦労して完成させたリノベーションを一掃し、全面畳に戻すと言う!

真壁の努力を無駄にしないため、庭野はなんとかしようと抵抗するが…。そして、売上の伸び悩む新宿営業所メンバーたちは現地販売で大奮闘!そんな中、万智と屋代(仲村トオル)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まっていた…!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話のあらすじネタバレと感想と9話のあらすじをご紹介しました。

屋代課長と三郷はなんとか取り返しがつかなくなるところまではいいませんでした。

仲も修復できて一件落着。

かと思いきや、そんな2人を見ていた留守堂が嫉妬…!?

一体、どうなってしまうのでしょうか?

ドラまる
留守堂もサンチーから卒業が必要ってことだね。
ラマちゃん
最終回までに卒業できるのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA