ドラマ【家売るオンナの逆襲】4話ネタバレと感想。サンチーが留守堂に敗北!

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・北川景子主演『家売るオンナの逆襲』
ドラまる
2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第4話が2019年1月30日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
3話ではサンチーが留守堂に負ける…!?

こちらの記事では、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第4話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第4話のあらすじネタバレと感想

万智(北川景子)は、定年を間近に控えた山路功夫(佐野史郎)・朱美夫婦から娘夫婦の家の資金援助をしたいと相談を受けます。

計画性のない娘たちに代わり自分が事前に候補を絞っておきたいと話す功夫は後日娘たちと来店することに。

一方、4月から始まる働き方改革に向け勤務時間の見直しを図る新宿営業所では、残業を減らすことと売り上げを上げることの板挟みに苦しむ屋代(仲村トオル)が、家を全く売っていない鍵村(草川拓弥)を成長させるべく庭野(工藤阿須加)を教育係に任命しました。

しかし、庭野はやる気のない鍵村に逆に毒されてしまい撃沈。

そして万智に差をつけられる足立(千葉雄大)は、労働時間に縛られることで頑張ることを許されない会社での働き方を窮屈に感じ、留守堂のようなフリーランスの働き方に憧れ始めます。

そんな中、功夫夫妻が娘の花(北原里英)と娘婿の健太郎(田村健太郎)を連れて来店しました。

業戦士として勤め上げてきた功夫とは対照的に、会社で責任あるポストにつきたくないという上昇志向のない健太郎の様子に、勉強のために同席していた鍵村は同調。

さらに功夫がプッシュする資産価値の高い物件に惹かれない花はカッコイイ家に住みたいと言い出し、家探しは難航状態。

必ず全員が気にいる家を見つけると宣言した万智でしたが、事態は思わぬ方向へ!

その夜、店で飲んでいた鍵村と床嶋(長井短)は満島夫妻に遭遇します。

もっとオシャレな物件を見つけてくれと花に頼まれた鍵村はその場でスマホで検索し、適当に豊洲の物件を見繕って翌日の内見を取り付けます。

翌日、内見を終えて会社に戻った鍵村はなんと、万智ではなく自分が満島夫妻に家を売ったことを高らかに報告!

突然家を売った鍵村の豹変ぶりに驚く一同でしたが、万智は顔色も変えずにとある場所へと出かけます。

そして万智は満島夫妻と功夫夫妻を呼び出しある物件へ。

そこは花の希望とは程遠い物件でしたが、功夫は気に入った様子。

万智が満島夫妻と功夫夫妻を1階へ案内すると、そこは喫茶店になっていました。

この物件は満島夫妻ではなく、喫茶店経営を夢見ていた功夫夫妻のために用意した物件だったのです。

万智は満島夫妻のために使う予定だった資金は自分たちのために使い、満島夫妻は自分たちの収入に見合った物件を選べばいいと提案。

その提案に乗った功夫夫妻はその物件を購入。

その後、万智から別の物件を案内された満島夫妻もそちらを購入することを決めたのですが、そこへ当然留守堂がやってきます。

留守堂は万智が用意した部屋の番号が健太郎の元カノと同じ名前であることから、同じマンションの別の部屋を用意。

そこは花や健太郎が好きな矢沢永吉を連想させる830号室である上に、矢沢永吉ファンにはたまらない部屋となっていました。

満島夫妻は、留守堂が用意した部屋を購入。

なんと、万智が負けてしまったのです…!

以上が「家売るオンナの逆襲」4話の大まかなあらすじ。

ついに万智が負けてしまいましたね。。

部屋の番号が決め手というのは若干拍子抜けのような気もしましたが、シーズン1からの視聴者には結構ショックな回になったのではないでしょうか。

万智のあんな表情は初めて見ましたし。

それにしても、留守堂は何者なんでしょうね。

5話ではそおらへんも明らかとなりそうですし、楽しみです!

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第4話のネットの反応や評価は?

ドラまる
留守堂は万智のストーカーではないかという予想が!
ラマちゃん
万智は留守堂をよく知らなさそうだから元カレにしては不自然だし。。

5話の予告で留守堂「今でも愛してる。」と言ってたし、ストーカーはありそうね!

ドラまる
鍵村もなんやかんや憎めないキャラだよね。
ラマちゃん
これから鍵村も少しずつ成長していくんじゃないかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『家売るオンナの逆襲』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『家売るオンナの逆襲』4話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『家売るオンナの逆襲』5話のあらすじは?

2019年2月6日(水)放送のドラマ『家売るオンナの逆襲』5話のあらすじをご紹介します。

留守堂(松田翔太)に衝撃の敗北を喫した万智(北川景子)は突然休暇を取り、屋代(仲村トオル)の前からも姿を消す。

そんな中、庭野(工藤阿須加)は残念な容姿の客・田部竜司(柄本時生)とその婚約者で奥ゆかしい美人・宮寺奈々(知英)を担当。見栄えのいい家が欲しいという竜司は、チラシに載っていた万智の似顔絵を見て小学校の同級生『マンチッチ』だと言い出す。マンチッチが陽気な人気者だったと聞き人違いだと思う屋代と庭野だが、マンチッチの口癖は「GO!」だと言われ…。

その夜、庭野と屋代は留守堂の正体をつきとめるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大)を尾行。しかし、一人になった留守堂に尾行がバレて…!!万智との関係を尋ねる屋代に、留守堂は同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話す!万智の同級生・竜司が留守堂のことも知っていると思った庭野と屋代は竜司の家へ。そこで二人が見たのは卒業アルバムに写った衝撃的な万智の姿!しかし、留守堂の手がかりは得られず…。翌日、竜司と奈々に内見案内をしていた庭野は、シャワーの誤作動で奈々をびしょ濡れにしてしまう。

化粧が落ちた奈々はさっきとは別人のようなブスで…!!実は奈々は神がかった化粧で素顔を隠していた偽装美人。その正体を知った竜司は婚約を破棄すると言い出し、全てはオジャンに!そこに、姿を消していた万智が現れ家を売ると宣言するが…!?修復不可能な二人に万智が提案する起死回生の家とは!?そして、ついに謎の男・留守堂の正体とその目的が明らかになる!!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第4話のあらすじネタバレと感想と5話のあらすじをご紹介しました。

ついに家を売れなかった万智。

万智に勝利した留守堂は一体何者なのでしょうか?

やはり万智のストーカーなのでしょうか。

とにかくミステリアスな留守堂ですが、5話でついに色々と明らかとなりそうです。

ドラまる
なぜ、留守堂は万智に詳しいのか。

それもストーカーしていたから?

ラマちゃん
全ては万智に勝つため?それとも…?

気になるわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA