家売るオンナの逆襲3話ネタバレと感想。留守堂に夢中な足立がかわいい!

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・北川景子主演『家売るオンナの逆襲』
ドラまる
2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話が2019年1月23日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
3話はBLがテーマ。

これは足立の出番多いかも…?

こちらの記事では、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話のあらすじネタバレと感想

家のないインターネットカフェの客に家を売るという奇想天外な発想で万智(北川景子)と通じ合い、その天才ぶりを披露した留守堂(松田翔太)。

さらに屋代(仲村トオル)と庭野(工藤阿須加)は、かつてホームレスをしていたことがある万智の過去をなぜか留守堂が知っていることに心を乱されます。

そんな中、新宿営業所では現地販売ウィークを開催し、売りにくい3つの物件を分担して売ることに。

足立(千葉雄大)と布施(梶原善)は公道から奥まった場所にある竿についた旗のような形をした“旗竿地”の物件を担当しますが、突然現れた万智が「この家はわたしが売ります!」と宣言!

万智にライバル心を燃やす足立に近づいた留守堂は「三軒家さんから何かされたら、僕に言ってね」と話します。

同じ頃、宅間(本多力)と鍵村(草川拓弥)はスキャンダルで相撲界を追放された元力士の家を担当しますが、無駄につくりが大きい家は一般人には向かないばかりか、験を担ぐ力士にも買い手がつかず大苦戦。

そして、庭野は八戸(鈴木裕樹)と共に天井に照明用のバトンがついた元画家のアトリエを担当。訪れた客がゲイだったことで、新宿営業所ではLGBTが話題に上がります。

一方、現地販売を布施に任せ、担当客の真島みどり(沢井美優)と車田智代(芳野友美)の内見案内をしていた足立は、二人がレズビアンであることが理由で売主から家の購入を断られてしまいます。

新しい物件を提案する足立だが、万智は自分が家を売る、とまたしても横取りを宣言!

ストレスを抱える足立は留守堂を頼ることに。

そんな中、庭野はキャリアウーマンの木村真奈美(佐藤仁美)から夫・剛史(池田鉄洋)と娘の三人で住む家を相談されます。

忙しい夫から家探しを任されているという真奈美でしたが、万智はなぜか庭野を連れて仕事帰りの剛史を尾行。

自宅ではないアパートの一室に入って行く姿を目撃します。

不倫を確信する庭野でしたが、部屋を訪ねた二人の前に姿を現したのはなんと女物の着物を着た剛史の姿が!

実は剛史は、自分の性別に違和感を感じながらも社会的には男性として生きてきたトランスジェンダーだったのです。

女性として生きたいという剛史の気持ちを受け入れられない真奈美は、家を買いローンを組むことでなんとか家族の関係を続けたいと思っていたのですが、剛史は家でも男性でいなければならないという状況に息苦しさを感じていました。

心が休まらない場所なんて家ではないという剛史。

娘に剛史の女装を見せたくないという真奈美の想いを理解しつつも、剛史はこのまま新しい家を買うことには気が進まない様子。

そこで万智は、元力士の家を剛史と真奈美に紹介。

さらに庭野たちに女装をさせました。

女装した庭野たちの姿を見て、剛史をバカにしていると怒り心頭の真奈美。

夫の苦しみをまるで理解してないと万智に言い放ちます。

しかしそこで互いの苦しみを分かり合っていることに気づいた剛史と真奈美。

ですが真奈美は夫婦2人だけなら人として剛史と生きていくことはできるが娘のことを考えるとそうはいかないと主張します。

そこに娘が登場。

このやり取りを聞いていました。

そこで娘が言ったのは、ありのままの剛史を受け入れるという意外な言葉。

結局、万智は今回も家を売ることに成功しました。

一方、留守堂の協力を得て家を売ることに成功した足立は、留守堂になぜ自分にここまでしてくれるのかを訪ねます。

すると、留守堂は「三軒家万智の研究家だから」と意味深な言葉を言い…。

…以上が「家売るオンナの逆襲」3話の大まかなあらすじ。

今回も足立の見どころがたくさんありましたね。

回を増すごとにBL感が強くなっています。

留守堂に夢中な足立はとにかくかわいい!

女性はもちろん、それこそ同性が見てもきゅんとしてしまうのではないでしょうか?

しかし、留守堂が足立に協力した理由がはやくも判明。

想像はつきましたが、やはり万智が関係してました。

これから万智と留守堂の対立はどうなっていくのでしょうか。

4話以降も楽しみです!

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話のネットの反応や評価は?

ドラまる
パート1で白洲美加に追いかけられてた足立が、2では白洲美加に…!

ラマちゃん
追いかけられる足立と追いかける足立。

うーん、どっちも違う魅力があるわね。
どちらが好きかの意見は分かれるかも?

ドラまる
足立、はやくも失恋!?
ラマちゃん
まだまだ足立と留守堂コンビは見ていたいけど…、どうなってしまうのかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『家売るオンナの逆襲』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『家売るオンナの逆襲』3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『家売るオンナの逆襲』4話のあらすじは?

2019年1月30日(水)放送のドラマ『家売るオンナの逆襲』4話のあらすじをご紹介します。

4月に始まる働き方改革に向け新宿営業所では労働時間の見直しをすることに。残業を減らすことと売り上げを上げることの板挟みに苦しむ屋代(仲村トオル)はなんとか鍵村(草川拓弥)を成長させたいと思い庭野(工藤阿須加)を頼るが…。

一方、万智(北川景子)は定年を間近に控えた企業戦士・山路功夫(佐野史郎)から資金援助する娘夫婦の家を相談される。勤労を美徳とする功夫とは対照的に、娘婿の健太郎(田村健太郎)は会社で責任あるポストにつくことを拒む上昇志向のない若者。さらに娘の花(北原里英)は功夫の進める資産価値のある家がダサいと気に入らず、家探しは難航の予感。

勉強のために万智の接客に同席していた鍵村はその夜花と健太郎に遭遇し、もっとオシャレな家を探してほしいと頼まれて…。一方、万智に勝ちたい足立(千葉雄大)は労働時間を縛られることで頑張ることを許されない会社での働き方に不満を感じ、留守堂(松田翔太)のようなフリーランスの働き方に憧れる。そんな中、なんと鍵村が万智ではなく自分が花と健太郎に家を売ったと宣言する!

突然豹変した鍵村に驚く一同だが、万智は顔色も変えずにどこかへ出かけ…。そして、水面下で怪しく動き出した留守堂が、家売るオンナ史上最大の事件を引き起こすべく、怪しく万智に近づいて来ていた…!!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話のあらすじネタバレと感想と4話のあらすじをご紹介しました。

回を増すごとに足立のBL感が増していってますね。

留守堂が足立に協力する理由を足立ははやくも知ってしまったわけですが、これがさらに足立を燃やす要因になりそうな気もします。

ドラまる
留守堂はなぜ万智にこだわるのか?
ラマちゃん
まだ留守堂は何かを隠してそうよね!

気になるわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA