家売るオンナの逆襲1話ネタバレと感想。留守堂×足立BL展開が見どころ?

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・北川景子主演『家売るオンナの逆襲』
ドラまる
2019年冬ドラマ『家売るオンナの逆襲』第1話が2019年1月9日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
2016年に同枠で放送された人気ドラマの続編!

今回も三軒家の活躍に期待ね!

こちらの記事では、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第1話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第1話のあらすじネタバレと感想

天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子)と、その夫であり課長の屋代(仲村トオル)。

テーコー不動産を解雇された青、屋代と2人で「サンチー不動産」を営んでいましたが、テーコー不動産からの熱烈ラブコールに応えて新宿営業所に戻ってきました。

三軒家は、復帰早々家爆売りモード全開の万智は自称「三軒家チルドレン」こと庭野(工藤阿須加)が担当していた客・花田夫妻に目をつけます。

夫の春男(伊藤正之)は、定年退職を機に住み替えを希望しているものの、わがままな専業主婦の妻・えり子(岡江久美子)は何かと物件にケチをつけて決めない様子。

えり子は、ひそかに春男との離婚を考えていたのです。

離婚して1人で賃貸住宅を希望していると打ち明けたえり子。

しかし、それを聞いた三軒家が用意したのは2人で暮らすための物件。

当然納得しないえり子でしたが、三軒家のハッタリにうまいこと乗せられたえり子はその物件を購入することを決意します。

一方、新宿営業所には炎上系YouTuberのにくまる(加藤諒)が来店。

担当した足立(千葉雄大)に『世間から自分を守る家』を探して欲しいと話します。

にくまるは様々な動画で世間から人気を集めていましたが、過剰な動画を投稿したことで炎上。

世間から批判される側へなってしまっていたのです。

にくまるの要望通りセキュリティの高い物件を紹介した足立でしたが、その物件のセキュリティは万全ではないというにくまる。

結局、足立はにくまるから担当を外されてしまいました。

足立に代わり、にくまるを担当することになった三軒家。

早速、にくまるに物件を紹介します。

しかし、三軒家が紹介したのはボロ家。

当然、にくまるはすぐに納得しません。

それどころか、にくまるを見つけた野次馬に絡まれてしまうという散々な結果に。

そこへ足立は趣味のフェンシングクラブで出会った留守堂謙治(松田翔太)が現れ、にくまるのピンチを救います。

留守堂が不動産屋と分かると、にくまるは留守堂に物件を紹介して欲しいと依頼。

三軒家と足立もそこへ同行しました。

そこで留守堂がにくまるに紹介したのは、にくまるの祖母が住んでいた家に似てる昔ながらの家。

にくまるはYouTuberになりたての頃の初心を思い出し、その物件の購入を決意。

なんと三軒家が家を売れなかったのです!

しかし、自分に売れない家はないと豪語する三軒家は、元々にくまるに売ろうとしていた家でYoutube配信を決行。

その動画はあっという間に話題となりました。

一方、留守堂に紹介された家で静かに暮らしていたにくまるは炎上することはなくなったものの、どこか抜け殻の様子。

そんな時、三軒家の動画を見つけます。

そこで自分は注目されたい人間だと気づいたにくまるは、三軒家の紹介した物件を購入することを決意。

今回も三軒家は家を確実に売ったのでした。

以上が「家売るオンナの逆襲」1話の大まかなあらすじ。

基本的に前作と同じ作風でしたね。

安心して観られるクオリティです。

今回から松田翔太さん演じる留守堂が登場。

彼がキーパーソンになりそうですね。

彼がどんな活躍をしてくれるのか楽しみです!

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第1話のネットの反応や評価は?

ドラまる
足立と留守堂の絡みにも期待!

ラマちゃん
留守堂がシーズン2の物語のカギを握ってそうね!

ドラまる
ワケありな感じもするね。
ラマちゃん
過去があったりするのかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『家売るオンナの逆襲』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『家売るオンナの逆襲』1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『家売るオンナの逆襲』2話のあらすじは?

2019年1月16日(水)放送のドラマ『家売るオンナの逆襲』2話のあらすじをご紹介します。

気まぐれな高齢のひとり客・神子巴(泉ピン子)から契約をドタキャンされ振り回される庭野(工藤阿須加)は、残業で終電を逃し、生まれて初めてネットカフェに泊まることに。

狭い個室で隣室のいびきに苛まれ、眠れぬ一夜を過ごす。一方仕事に燃える万智(北川景子)から今日は家に帰れないと言われ、ちちんぷいぷいを訪れた屋代(仲村トオル)は、足立(千葉雄大)と来店していた噂の切れ者不動産屋・留守堂(松田翔太)に遭遇する。自分が万智の夫だと知っている留守堂になにか不穏なものを感じる屋代だが、話題は万智が会社で歌っていた鼻歌のことに。

そのメロディーにピンときた様子の留守堂だが…。翌日、庭野の内見にダメ出しする神子の前に現れた万智は、自分が家を売ると宣言!美人の万智が気に入らない神子は庭野を酒に付き合わせて…。再び終電を逃した庭野はネットカフェを訪れるが、そこに現れた万智になぜかカップル用の個室に泊まるよう指示される。

狭い個室で万智と二人、緊張に鼻血を出した庭野がシャワールームにむかうと、なんと常連風情の神子と鉢合わせる!!さらに、混乱する庭野の前に現れたのは留守堂!!訳あってネットカフェ暮らしをする神子は、留守堂の独自の家哲学に心を開き…。果たして万智は神子の家探しに終止符を打てるのか!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第1話のあらすじネタバレと感想と2話のあらすじをご紹介しました。

前作が好きだった方は今回も楽しめるのではないでしょうか。

多少の変化はありながらも、前作の作風そのままという印象を受けました。

そんな中で新たに登場した松田翔太さん演じる留守堂。

彼は一体どんなキャラなのでしょうか?

ドラまる
留守堂のキャラ次第でシーズン2の印象もだいぶ変わりそう。
ラマちゃん
万智は留守堂に負けてしまうのか…!?

その辺も見どころね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA