後妻業|視聴率一覧を最終回まで更新中【木村佳乃主演2019冬ドラマ】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす
2019年冬ドラマ・木村佳乃主演『後妻業』

2019年冬のフジテレビ火曜21時ドラマは、木村佳乃さん主演の『後妻業』!

ドラまる

高橋一生さんによる癒し系ドラマに続いて繰り出されるのは、お金のある高齢者を狙って結婚詐欺をする悪~いオンナが主人公のお話!

ラマちゃん

表情豊かな木村佳乃さんが痛快サスペンスに挑戦ね。

こちらの記事では2019年冬ドラマ『後妻業』の視聴率を初回(1話)から最終回まで更新していきます!

また、視聴率一覧はページ下部に掲載しております。

ドラマ『後妻業』視聴率を今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2019年冬ドラマ『後妻業』はどうなる?

まずは2018年冬からのフジテレビ火曜夜9時のドラマ枠の視聴率の推移をみていきましょう。(ビデオリサーチ調べ)

ファイナルカット

初回(第1話)視聴率 7.2%
最終回(第9話)視聴率 7.5%
全話平均視聴率 6.9%

『シグナル 長期未解決事件捜査班』

初回(第1話)視聴率 9.7%
最終回(第10話)視聴率9.2%
全話平均視聴率 7.7%

健康で文化的な最低限度の生活

初回(第1話)視聴率 7.6%
最終回(第10話)視聴率5.8%
全話平均視聴率 5.7%

僕らは奇跡でできている

初回(第1話)視聴率 7.6%
最終回(第10話)視聴率 5.6%
全話平均視聴率 6.5%

関西テレビが制作の火曜9時フジテレビドラマ枠、ヒューマン系が2018年夏ドラマから二作続きましたが右肩下がりの視聴率となってしまいました。

やはりどうしてもストーリーに命にかかわるような大きな展開がありハラハラするサスペンス、医療ドラマが強い傾向にありますね。

そればかりだとドラマは面白くないですし、ヒットせずとも満足度の高いドラマはあるのですが…。

また、なかなか10%に届かないのも、火曜9時枠は『ザ!世界仰天ニュース』『マツコの知らない世界』『名医とつながる!たけしの家庭の医学』『開運!なんでも鑑定団』というゴールデンの人気番組激戦区であり、この並み居る強豪たちよりも「このドラマおもしろい!」と思わせるインパクトが必要なのかもしれません。

2019年冬ドラマは木村佳乃さん主演の『後妻業』、好感度が高くこれまで正義の味方のような役が多かった女優さんが、結婚詐欺を働く悪女をコミカルに演じるので、ギャップがまた見どころになりそうですね。

派手で真っ赤なルージュと関西弁の表情豊かな演技が視聴者の心を初回でぐっと掴むことと思います。

また高橋克典さんは後妻業を裏で手を引く悪い男、木村多江さんは父親が結婚詐欺に合ってしまう女性、後妻業の女を追う刑事を伊原剛志さんという、大人の色気を感じる演技派キャストが勢ぞろい!

特に木村多江さんは、幸の薄い女性を演じさせたら日本一ともいわれていますが、復讐に燃える熱いものを秘めた女性主人公なども演じたこともあり、その存在感は年々ドラマ界で増している印象です。

そんな注目女優の木村多江さんと、木村佳乃さんの「木村ビンタ対決」もあるということで、ドラマ内での女優魂のぶつかりあいにも注目です!

ドラまる

大竹しのぶさん主演で映画化もされた名作だね。

サスペンス・大人の恋愛ドラマが好きな女性視聴者層がかなりハマるはず!

ラマちゃん

ビンタ対決の回は視聴率上がりそう!

怖いけど楽しみだわ。

こうしたことから、初回の視聴率は8%台だと予想いたします。

スポンサーリンク

2019年冬ドラマ『後妻業』制作陣から視聴率を予想!

現在発表されている、2018冬ドラマ『後妻業』の主要な制作スタッフはこちらの方々です。

原作 – 黒川博行『後妻業』(文藝春秋刊)

脚本 – 関えり香

演出 – 光野道夫(共テレ)、都築淳一(共テレ)、木村弥寿彦(カンテレ)

企画・プロデュース – 栗原美和子

プロデュース – 杉浦史明(カンテレ)、萩原 崇(カンテレ)、水野綾子(共テレ)

原作は人気作家・黒川博行さんによる同名小説で、黒川さんの多くの作品が高く評価されており、2014年には『破門』で直木賞を受賞されています。

大阪弁で繰り広げられる人間関係、丁寧に取材されて作られているリアリティのあるミステリー作品にはファンが多いです。

ドラまる

原作者の黒川博行さん、今回のドラマにはキャストとして出演するそうだよ!

ラマちゃん

ダンディで素敵だから、俳優さんの中にいても違和感なさそうね。

脚本は関えり香さん、2008年NHK朝ドラ『てっぱん』、2014年『戦力外捜査官』、2017年『今からあなたを脅迫します』などの人情ドラマからエンタメ系、恋愛ドラマまで様々なジャンルを担当。

男性原作者の作品を女性目線でドラマ脚本家することでさらに新しい作品が生まれる予感です。

演出の光野道夫さんは、フジテレビ時代に1991年『101回目のプロポーズ』や1996年『Age35、恋しくて』などトレンディドラマブームを盛り上げた一人で、2004年『離婚弁護士』や2009年からの『BOSS』シリーズなど天海祐希さん主演の人気ドラマも作られています。

天海祐希さんと同じ凛とした雰囲気を持ち女性ファンも多い木村佳乃さんなので、相性の良いタッグではないでしょうか。

企画、プロデュースの栗原美和子さんは、1990年代に『ピュア』『バージンロード』など恋愛ドラマのヒット作を世に生み出した方で、最近では2018年『結婚相手は抽選で』を担当されています。

ヒットメーカーが世の中の特に女性視聴者層がどんなドラマを見たいのかを察知して企画された作品なので、期待が大きいですね。

ドラまる

毒のあるタレントさんが人気だったりする時代だからね。

悪いオンナが主人公の軽快サスペンス、おもしろそう。

ラマちゃん

最近は女性ドラマスタッフが多くなってきている印象!

主題歌の宮本浩次さんも憂いのある歌声で盛り上げてくれそう。

スポンサーリンク

まとめ

2019年冬ドラマ火曜9時枠『後妻業』視聴率を予想いたしました。

ドラまる

かつての2時間サスペンスドラマファンがはまりそうな作品だね。

ラマちゃん

火曜9時は、木村佳乃さんの女優魂をとことん見せてもらいましょう!

放送開始後、こちらの記事では視聴率を全話更新していきます、是非毎話チェックのほどよろしくお願いします!

ドラマ『後妻業』視聴率一覧

第1話(2019年1月22日放送)視聴率

8.7%

第2話(2019年1月29日放送)視聴率

6.5%

第3話(2019年2月05日放送)視聴率

6.2%

第4話(2019年2月12日放送)視聴率

5.9%

第5話(2019年2月19日放送)視聴率

5.6%

第6話(2019年2月26日放送)視聴率

5.7%

第7話(2019年3月5日放送)視聴率

-%

第8話(2019年3月12日放送)視聴率

5.7%

第9話(2019年3月19日放送)視聴率

-%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『後妻業』の視聴率は水曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA