ドラマ【後妻業】8話ネタバレと感想。船山の本性が炸裂!

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・木村佳乃主演『後妻業』
ドラまる
2019年冬ドラマ『後妻業』第8話が2019年3月12日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
笹島殺しの疑いが晴れてとりあえず一件落着。

と思いきや、船山が実は詐欺師だった!?
小夜子最大のピンチの予感がするわ!

こちらの記事では、ドラマ『後妻業』第8話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第8話のあらすじネタバレと感想

これまで後妻に入った老人たちとは違い、紳士的で男の色気が漂う舟山(中条きよし)にすっかり魅了された小夜子(木村佳乃)は、彼からのプロポーズに今までとは違う、女としての喜びを感じます。

一方、博司(葉山奨之)と会うために上京していた柏木(高橋克典)は、プロポーズされたことをうれしそうに報告する小夜子の言葉に、複雑な感情を抱いていました。

小夜子は小夜子で、柏木からの返信が来ないことに不満を感じ、舟山からの誘いに乗ってしまい一夜を共に過ごします。

大阪に戻った柏木は、舟山と男女の関係になったことをにおわす小夜子の言葉に激しく動揺。

さらに、小夜子が今まで誰一人として入れなかった自分の部屋に舟山を招き、手料理を振る舞うと知り、入れ込みすぎだと警告します。

しかし、恋に酔った小夜子の耳には届きません。

むしろ、「嫉妬ちゃうか?」と痛いところを突かれてしまいました。

いら立ちを抑えきれなくなった柏木は、何とかして小夜子の目を覚まそうと躍起に。

新井(河本準一)に船山について調べさせました。

すると、とんでもない事実が判明!

彼にはほとんど資産がなく、土地も不動産もデタラメだったのです!

柏木に呼び出された小夜子は、舟山について、ある重大な事実を告げられます。

しかし、舟山に愛情すら感じ始めていた小夜子は決して信じようとしません。

話し合いは平行線のまま、やがて小夜子は柏木のオフィスを出ようとしますが、その瞬間、デスクに置いてある朋美のイヤリングを見つけてしまいました。

柏木はごまかすが、2人の間に何かあったことを瞬時に察知した小夜子は、胸がざわつき始めます。

結局、小夜子は再度船山と会うことに。

そこで、プロポーズが本気かどうか確認したうえで、公正証書を書かせようと企みました。

ところが、そんな小夜子に対し、船山は不動産を買いたいが頭金が足りないので、お金を貸して欲しいと言い出します。

それを聞いた小夜子は、船山に詐欺師ではないかと直接突きつけました。

すると、船山の態度が豹変!

小夜子(木村佳乃)に激しい暴力を振るいました。

部屋に駆けつけた柏木は、傷つけられ恐怖で涙する小夜子を見て怒りが頂点に。

すぐさま舟山に報復しました。

ところが、舟山の息子で暴力団員の喜宜(松尾諭)から、後妻業をネタに脅迫されてしまいました。

そのころ、博司(葉山奨之)は柏木に頼まれて、ヤクザから薬を買っていて…。

一方、本多(伊原剛志)は、小夜子が夫を始末するよう、柏木が裏で手を引いていた確たる証拠を手に入れました。

殺人に関与していた証拠を手に入れたのです!

ようやく、小夜子の罪を暴けそうな本多。

そのころ、小夜子は朋美に「本当のことを話す」と連絡をし…。

以上が「後妻業」8話の大まかなあらすじ。

やはり、船山は詐欺師でしたね。

むしろ、想像以上の悪い男でした。

ヤクザの息子まで登場とは…!

一方、本多はついに小夜子とかし阿木の悪行を暴ける準備が。

しかし、小夜子を憎めないようになってきた朋美。

結末は果たしてどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第8話のネットの反応や評価は?

ドラまる
中条きよしさんの演技力には圧倒されたね!

ラマちゃん
本性出した時のギャップもすごかったけど、普段着もギャップありすぎて笑えたわ!

ドラまる
8話の柏木は特にかっこいいと話題に!
ラマちゃん
小夜子の仇を取るため、船山の元へ乗り込んだシーンは興奮したわね!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『後妻業』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『後妻業』8話の動画見逃し無料配信はこちら

ドラマ『後妻業』最終回のあらすじは?

2019年3月19日(火)放送のドラマ『後妻業』最終回のあらすじをご紹介します。

柏木(高橋克典)の嫌な予感が的中し、詐欺師だと見破られた舟山(中条きよし)は態度が豹変(ひょうへん)、小夜子(木村佳乃)に激しい暴力を振るう。部屋に駆けつけた柏木は、傷つけられ、恐怖で涙する小夜子を見て怒りが頂点に。すぐさま舟山に報復するが、それがあだとなり、舟山の息子で暴力団員の喜宜(松尾諭)から、後妻業をネタに脅迫されてしまう。しかし実はその裏で、柏木は博司(葉山奨之)を使って、ある工作をしていた――。

そのころ本多(伊原剛志)は、小夜子が夫を始末するよう、柏木が裏で手を引いていた確たる証拠を手に入れる。本多は「何が何でも金を巻き上げてやる」と鼻息を荒くするが、話を聞いた朋美(木村多江)は、離婚して落ち込んでいるとき、遠回しに元気づけてくれた小夜子の顔がチラつき、素直に喜べない。

数日後、本多に証拠をマスコミにばらまくと脅され、ついに観念した柏木は、情報を3,000万円で買い取ることを了承。そんなこととはつゆ知らず、傷が癒えた小夜子が「次の獲物を探して」と催促すると、柏木は「それより先に、片付けなあかんことがある」と、ある話を持ちかけて……。

はたして、小夜子と柏木、朋美と本多、遺産をめぐる壮絶な争いを制して、最後に笑うのは誰だ!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『後妻業』第8話のあらすじネタバレと感想と最終回のあらすじをご紹介しました。

今回は、船山の本性が明らかになりました。

また、柏木と小夜子の男女の関係も描かれていましたね。

小夜子と柏木はお似合いと思う反面、ビジネスパートナーとしていてほしいという思いもありますが、最終回では2人の仲に変化はあるのでしょうか?

そして、小夜子と柏木は逮捕されてしまうのでしょうか?

ドラまる
次回はいよいよ最終回!
ラマちゃん
結末が気になるわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA