ドラマ【後妻業】7話ネタバレと感想。船山(中条きよし)は詐欺師?

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・木村佳乃主演『後妻業』
ドラまる
2019年冬ドラマ『後妻業』第7話が2019年3月5日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
小夜子のターゲット・笹島が死亡!

犯人は一体誰なのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『後妻業』第7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第7話のあらすじネタバレと感想

夫の裏切りで失意のどん底に落ち、女としても小夜子に見下されて悔しさがこみ上げる朋美(木村多江)。

何とかして小夜子に勝ちたいと柏木(高橋克典)に「小夜子(木村佳乃)より、私と組みませんか?」と誘惑しますが、反対に「もう関わるな」とくぎを刺されてしまいました。

その矢先、本多(伊原剛志)から、小夜子が後妻の座を狙っていた笹島(麿赤兒)が亡くなったと聞いた朋美は、これまでの夫同様、小夜子が殺したのだと確信。

死因が小夜子の最初の夫・名城と全く同じだったのです!

また、警察も他殺で捜査を始めるとの情報が。

それを知った朋美は、小夜子を脅すことを決意します。

数日後、朋美は作戦を決行。

本多とともに小夜子を呼び出し、朋美の亡き父・耕造(泉谷しげる)の遺産の半分を支払うよう要求します。

応じない場合、裁判で争う覚悟がある、更には記者会見まで行う、と小夜子を脅す朋美と本多。

そんなことをされれば、マスコミによって小夜子の過去がすべて明るみに出ることは避けられません。

話を聞いた柏木は、その脅しが本気だと悟り、慌てます。

しかし当の小夜子は気にするそぶりもなく、見合い後、すっかりとりこになってしまった舟山(中条きよし)とのデートに意気揚々。

柏木は、そんな浮足立った小夜子の様子に微かな嫉妬心を抱いていました。

その頃、朋美のマンションには、海外出張を終えた司郎(長谷川晴朝)が帰ってきていました。

しかし、その出張に浮気相手を連れていったことを朋美が切り出すと、いたたまれなくなった司郎は再び家を出ていってしまいます。

ひとり部屋に残された朋美がぼうぜんとしていると、そこへ柏木から電話が!

柏木は、ブライダルに朋美1人で来るよう伝えます。

柏木から呼び出された朋美はブライダルへ。

朋美は、小夜子が笹島殺しの犯人ではないかと突きつけます。

ところが、柏木の口から出た言葉は意外な事実でした。

公正証書に笹島のサインはなかったのです…!

実は笹島は断りの手紙とともに公正証書を小夜子へ送り返していたのです。

朋美の忠告が決定的となったとのこと。

こうして結婚が破談となった小夜子には、笹島を殺害する動機がなくなりました。

小夜子は笹島が自殺したのではないかと言います。

しかし、リフォームを考えていた人間が自殺をするとは到底考えられないと疑問視する朋美。

ですが、そのリフォームも実は笹島本人の意思ではなく、子供たちの希望だったのです。

柏木がその話をしている最中、本多から朋美へ連絡が。

笹島を殺害した犯人が逮捕されたという連絡でした。

笹島を殺害したのは家政婦。

怨恨でした。

息子が病院に運ばれた時、同じタイミングで運ばれてきた政治家を優先させたことで息子が亡くなってしまったと思い込んでの犯行でした。

結局、小夜子の悪行の確定的な証拠を掴めなかった朋美は退散。

そして、小夜子は舟山(中条きよし)からプロポーズを受けました。

それを柏木にラインで報告しますが、そっけない返答の柏木。

そのころ柏木は1人で飲んでいた朋美と一緒にいました。

史郎と別れることになり、1人で飲んでいたのでした。

すっかり泥酔した朋美と柏木はそのまま部屋へ。

それを本多が目撃してしまい…!

以上が「後妻業」7話の大まかなあらすじ。

やはり笹島を殺害したのは、家政婦でしたね!

そして、船山の存在も大きくなってきました。

今後の展開から目が離せません!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第7話のネットの反応や評価は?

ドラまる
船山さん、詐欺師…!
ラマちゃん
最初から怪しい雰囲気出ていたわよね。。

小夜子、別の意味でピンチ!?

ドラまる
柏木に抱かれてる朋美を目撃してしまった本多さん。。
ラマちゃん
8話はドロドロの予感?

朋美と柏木はくっつくとは考えにくいけど、、どうなるのかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『後妻業』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『後妻業』7話の動画見逃し無料配信はこちら

ドラマ『後妻業』8話のあらすじは?

2019年3月12日(火)放送のドラマ『後妻業』8話のあらすじをご紹介します。

これまで後妻に入った老人たちとは違い、紳士的で男の色気が漂う舟山(中条きよし)にすっかり魅了された小夜子(木村佳乃)は、彼からのプロポーズに今までとは違う、女としての喜びを感じる。一方、博司(葉山奨之)と会うために上京していた柏木(高橋克典)は、プロポーズされたことをうれしそうに報告する小夜子の言葉に、複雑な感情を抱く。

小夜子は小夜子で、柏木からの返信が来ないことに不満を感じ、舟山からの誘いに乗ってしまい一夜を共に過ごす。

そうとは知らない柏木は、夫と別れて傷心の朋美(木村多江)と偶然バーで出会う。傷ついた朋美をなぐさめているうちに、2人はそのままホテルの一室へと向かうが、その様子を駆けつけた本多(伊原剛志)が見てしまう!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『後妻業』第7話のあらすじネタバレと感想と8話のあらすじをご紹介しました。

今回は笹島殺しの真相が判明。

やはり犯人は家政婦でしたね。

そして、船山は怪しい予感がしていましたが、やはり怪しいようです。

しかし、船山に特別な感情を抱いている小夜子。

まさか小夜子が騙される側に!?

ドラまる
朋美は小夜子から無事に遺産の半分を取れるのかな?
ラマちゃん
船山の正体も気になるし、問題山積みね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA