ドラマ【後妻業】5話ネタバレと感想。朋美と本多が浮気!

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・木村佳乃主演『後妻業』
ドラまる
2019年冬ドラマ『後妻業』第5話が2019年2月19日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
4話で小夜子の過去が判明!

5話ではさらなる秘密が明らかに…?

こちらの記事では、ドラマ『後妻業』第5話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第5話のあらすじネタバレと感想

本多(伊原剛志)の動きを警戒する柏木(高橋克典)は、小夜子(木村佳乃)の弟である博司(葉山奨之)を東京へ送り込み、本多の過去を探って弱みを握ろうと画策。

しかし本多の居所はつかんでいないため、朋美(木村多江)を尾行するように命じます。

小夜子は「天敵女の尻尾をつかめ」と弟にはっぱをかけます。

一方で、認知症の幹夫(佐藤蛾次郎)に苦戦する小夜子には、元開業医の資産家・笹島雅樹(麿赤兒)との見合いをセッティングをしました。

その頃、夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気を目撃した朋美は、いまわしい記憶をふっしょくするかのように、2人の情事の現場となった事務所のソファを処分。

しかし、その胸中を知ってか知らずか、自分に対して何かと挑戦的な態度をとる絵美里と、何食わぬ顔でいつも通り仕事をする司郎に、朋美の怒りは収まるどころか膨れ上がることに。

小夜子は早速、新しいターゲットである笹島と見合いをし、かなりの資産家であることに目を輝かせ、後妻業としてのやる気を漲らせます。

そんななか、姉の尚子(濱田マリ)の頼みで大阪での仕事を手掛けることになった朋美は、早速、リフォームを希望する依頼主の自宅へ向かいます。

豪邸で朋美を出迎えたのは、小夜子が狙いを定めている笹島でした。

そうとは知らない朋美は、高齢者の一人暮らしを心配しますが、笹島は「お金さえあれば、人を雇って自由に暮らせる」とあくまで一人身が楽だと語り、さらに、最近できたというガールフレンドからの電話にうれしそうな表情を見せます。

そんな笹島に、朋美は亡くなった父の面影を感じる。朋美が笹島邸を立ち去ると、入れ違いで小夜子がやって来ます。

二人はまさか同じ老人と向き合っているとはつゆ知らず…!

そのころ、本多は瀬川(とよた真帆)の小夜子が惚れた男に風俗に売られた過去があるという話を元に、小夜子が働いていた風俗を訪れ、小夜子の過去について話を聞いていました。

そこで、小夜子がナナという名前で働いていたことを知ります。

借金を抱えていた小夜子でしたが、ある時突然その借金を全額返済したとのこと。

客が立て替えたことで返済が出来たというのです。

そして、その客と新しい商売を始めたことを聞いた本多は、その客が柏木であると確信。

さらに、小夜子には腹違いの弟ではなく息子であることを知ります。

こうして、小夜子と柏木がグルであると確信した本多は、それを朋美に報告。

そんな朋美は司郎と絵美里についに浮気の事実をつきつけます。

逃げるようにその場から立ち去る司郎。

その夜、朋美と本多は男女の一線を越えてしまいました。

その現場を博司が目撃し写真に収め…!

朋美の反撃は着実に進んでいますね。

小夜子の過去もどんどん明らかとなってきています。

次のターゲットを決めた小夜子でしたが、果たして朋美に邪魔されずに逃げ切れるのでしょうか…!?

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第5話のネットの反応や評価は?

ドラまる
史郎と絵美里にむかつく!という意見が。
ラマちゃん
絵美里もうざいけど、向き合おうとしない史郎もダメダメよね~

ドラまる
朋美も浮気…!
ラマちゃん
けど、史郎さんと話し合うより本多さんと一緒になった方が幸せになれそうね。。

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『後妻業』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『後妻業』5話の動画見逃し無料配信はこちら

ドラマ『後妻業』6話のあらすじは?

2019年2月26日(火)放送のドラマ『後妻業』6話のあらすじをご紹介します。

一刻も早く、笹島(麿赤兒)の妻となり、遺産相続人のポジションにつきたい小夜子(木村佳乃)は、「遺産をうちに残してほしい」と笹島にプロポーズ。しかし、形はあくまで“内縁”だといい、籍を入れられない理由を美談として話す小夜子の言葉に、笹島の答えは…。

一方、朋美(木村多江)は、夫の司郎(長谷川朝晴)の浮気のショックから、感情が高ぶり、ついに本多(伊原剛志)と一晩をともにしてしまった。翌朝、互いに自分たちの気持ちを抑えようと、大人の努力をすることに。その2人の浮気現場を押さえ、本多の弱みを握った柏木(高橋克典)はほくそ笑む。

弱みを握られたとは知らず、引き続き小夜子の行動を見張っていた本多は、小夜子が司法書士の新井(河本準一)といっしょに、笹島の自宅へ入る姿を目撃する。話を聞いた朋美は、そこで初めて、小夜子の次のターゲットが自分のクライアントだと知って驚がく。同時に、笹島を亡くなった父親の二の舞にはさせないと、小夜子と柏木の計画を阻止するために笹島邸に乗り込む。

そんな朋美の動きを知った小夜子は、あくまで自分は“恋愛”を楽しんでいるだけだと言い張り、いつものように巧みな話術で朋美の追及をかわす、しかし、朋美のある一言で怒りに火がつき、浮気の証拠写真を朋美に突きつける…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『後妻業』第5話のあらすじネタバレと感想と6話のあらすじをご紹介しました。

今回は、朋美中心の回でしたね。

史郎の浮気、そして朋美と本多の浮気。

どうなっていくのでしょうか。

また、小夜子と柏木の関係に進展はないのでしょうか?

ドラまる
6話はなんと朋美が自分と組むよう柏木に接触?
ラマちゃん
朋美は何を企んでいるのかしら?

気になるわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA