木村佳乃版ドラマ【後妻業】4話ネタバレと感想。小夜子の生い立ちが壮絶!

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・木村佳乃主演『後妻業』
ドラまる
2019年冬ドラマ『後妻業』第4話が2019年2月12日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
4話からは河本準一さん演じる新キャラ・新井も登場!

また一波乱ありそうね!

こちらの記事では、ドラマ『後妻業』第4話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第4話のあらすじネタバレと感想

ひとまず朋美の追及を逃れた小夜子。

早速、次のターゲットの幹夫(佐藤蛾次郎)に遺言公正証書にサインをさせようと動き出しますが、認知症を患っている幹夫には思うように話が通じず、さすがの小夜子も手を焼居ている状態。

そのころ、本多(伊原剛志)は小夜子が早くも次のターゲットを見つけたことを突き止め、後妻業の黒幕である柏木(高橋克典)に接触。

朋美に雇われた探偵だと身の上を明かしたうえで、小夜子について探りを入れますが、当然、柏木はそう簡単に口を割りません。

そこで次は、後妻業の片棒を担いでいる司法書士・新井欽司(河本準一)に接触。

新井が小夜子が公正証書を作成する際に証人となっていた、という事実をネタに、揺さぶりをかけます。

小夜子が今までのように簡単に公正証書を作れないよう、手を回したのでした。

そんなやり手の本多が現れたことで、次の手を考える柏木。

そこへ、刑務所から出所したばかりの小夜子の弟・黒澤博司(葉山奨之)が訪ねてきます。

行くあてのない博司は、金の無心をするため、柏木から小夜子の居場所を聞き出します。

早速、小夜子の元へ現れた博司。

5年以上会っていなかった弟が突然現れたことに立腹した小夜子は、なぜ自分の居場所を博司に教えたのかと柏木に猛抗議。

そして、博司の住む部屋を探してやって欲しいと頼みました。

そのころ、本多と朋子は小夜子の生い立ちについてプライダルの瀬川(とよた真帆)から聞いていました。

瀬川によると、小夜子は女遊びの絶えない父親から暴力を受けており、母親は小夜子を置いて出ていったとのこと。

結局、父親は育児放棄をし小夜子は児童施設へ入ることに。

施設の隣にあった教会で過ごすのが好きだったそう。

その後、中学に入ってから叔父さん夫婦の家へ行ったものの、叔母からいじめられ叔父からセクハラを受け18歳で家出。

さらには、惚れた男に風俗に売られた過去もあるとのこと。

また、博司とは腹違いの弟ということも分かりました。

小夜子の生い立ちを聞き、一瞬小夜子に同情しかけた朋子でしたが、本多の言葉もあり改めて小夜子へ罪を償わせようと決意します。

そう決意した小夜子は、小夜子の悪行を阻止すべく、幹夫のいる老人ホームへ。

幹夫に小夜子には気を付けるよう忠告をしようとしますが、認知症を患っている幹夫似はやはり話が通用しません。

結局、幹夫への忠告は失敗。

その上、帰宅した朋子は夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気を目撃してしまいます。

一方、小夜子は博司の部屋を見つけてくれた柏木にお礼を言っていました。

すると、柏木は「お前の大事な息子のため」と言い…。

以上が「後妻業」4話の大まかなあらすじ。

今回は、小夜子の生い立ちが明らかとなりましたね!

腹違いの弟がいたとは…と驚いたのもつかの間、まさか弟ではなく息子だったとは!

誰の子供なんでしょうか。

やはり、小夜子を風俗に売った男との子供でしょうか?

そして、夫たちから騙した金は一体何に使っているのでしょうか…?

生い立ちが明らかとなったと同時に、また謎も増えましたね!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第4話のネットの反応や評価は?

ドラまる
いきなり弟登場!

と思ったら、まさか息子という…!

ラマちゃん
誰の子供なのかしら?

やはり、小夜子を風俗に売った男?

ドラまる
小夜子の生い立ちは予想以上に壮絶だったね。
ラマちゃん
朋子が思わず同情してしまうのも納得だわ。

でもまだまだ何かありそうね!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『後妻業』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『後妻業』4話の動画見逃し無料配信はこちら

ドラマ『後妻業』5話のあらすじは?

2019年2月19日(火)放送のドラマ『後妻業』5話のあらすじをご紹介します。

本多(伊原剛志)の動きを警戒する柏木(高橋克典)は、小夜子(木村佳乃)の弟である博司(葉山奨之)を東京へ送り込み、本多の過去を探って弱みを握ろうと画策。しかし本多の居所はつかんでいないため、朋美(木村多江)を尾行するように命じる。小夜子は「天敵女の尻尾をつかめ」と弟にはっぱをかける。一方で、認知症の幹夫(佐藤蛾次郎)に苦戦する小夜子には、元開業医の資産家・笹島雅樹(麿赤兒)との見合いをセッティングする。

その頃、夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気を目撃した朋美は、いまわしい記憶をふっしょくするかのように、2人の情事の現場となった事務所のソファを処分。しかし、その胸中を知ってか知らずか、自分に対して何かと挑戦的な態度をとる絵美里と、何食わぬ顔でいつも通り仕事をする司郎に、朋美の怒りは収まるどころか膨れ上がる。

小夜子は早速、新しいターゲットである笹島と見合いをし、かなりの資産家であることに目を輝かせ、後妻業としてのやる気を漲らせる。

そんななか、姉の尚子(濱田マリ)の頼みで大阪での仕事を手掛けることになった朋美は、早速、リフォームを希望する依頼主の自宅へ向かう。豪邸で朋美を出迎えたのは、小夜子が狙いを定めている笹島だった。そうとは知らない朋美は、高齢者の一人暮らしを心配するが、笹島は「お金さえあれば、人を雇って自由に暮らせる」とあくまで一人身が楽だと語り、さらに、最近できたというガールフレンドからの電話にうれしそうな表情を見せる。そんな笹島に、朋美は亡くなった父の面影を感じる。朋美が笹島邸を立ち去ると、入れ違いで小夜子がやって来る。二人はまさか同じ老人と向き合っているとはつゆ知らず……。

一方、探偵を命じられた博司は、偵察をさぼってパチンコにいそしんでいるところを柏木にしったされ、本気で朋美と本多の偵察に動き始める。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『後妻業』第4話のあらすじネタバレと感想と5話のあらすじをご紹介しました。

今回は、小夜子の生い立ちが明らかとなりました。

予想以上に壮絶でしたね。。

そして、夫たちからだまし取った金の行方は?

それこそが小夜子が後妻業になった理由だったりするのでしょうか?

ドラまる
朋子は幹夫を守れる!?
ラマちゃん
司郎の浮気問題もあるし、解決すべき問題山積みだけど…大丈夫かしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA