ドラマ【後妻業】2話ネタバレと感想。小夜子が耕造と籍を入れなかった理由は?

  • この記事を書いた人:てつや
2019年冬ドラマ・木村佳乃主演『後妻業』
ドラまる
2019年冬ドラマ『後妻業』第2話が2019年1月29日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
2話では遂に小夜子が耕造殺害を実行…!

こちらの記事では、ドラマ『後妻業』第2話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第2話のあらすじネタバレと感想

中瀬耕造(泉谷しげる)の金庫を開けることに成功した小夜子(木村佳乃)と柏木(高橋克典)。

そこには、不動産の権利書や預金通帳など、総額4000万円が!

それらを解約して現金を手に入れようと銀行へ行った小夜子と柏木でしたが、銀行側は本人の許諾がないと解約はできないと主張し結局その日解約するのは断念することに。

そんな中、耕造がこのまま回復するようなら転院してもらう必要があると小夜子は病院から言われます。

そこで小夜子はあることを思いつきます。

転院の相談を娘らと病院で話し合っている間に、解約を渋る銀行の担当者を病室へ招き入れようという作戦。

こうして、意識がもうろうとする耕造に、なかば強引に口座解約の意思表示をさせることに成功した小夜子は、まんまと大金を手に入れました。

順調に事が進み、いよいよ耕造殺害を実行に移そうとする小夜子。

しかし、偶然、東京で暮らす耕造の次女・朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子の調査をしに大阪へ来ていた探偵の本多(伊原剛志)に、バッグの中の札束を見られてしまいました。

同じころ、ひとまず容体が安定したことを理由に、病院から耕造の転院を迫られた朋美と姉の尚子(濱田マリ)。

在宅介護の可能性も示唆された姉妹は、お互い仕事や家事を理由に面倒を押しつけ合います。

そんな中、本多から小夜子が大金を持っていたと報告を受けた朋美は、ますます小夜子への疑いを強めます。

そして、ついに耕造を始末しようと考えた小夜子は、眠っている耕造に忍び寄り…!

結局、小夜子の手により耕造は死亡。

小夜子は当初の約束通り、葬式費用の半分を出すよう朋美に伝えます。

しかし、とても400万円もかかってるとは思えない葬式で、朋美の小夜子に対する不信は強まるばかり。

実際、葬式にかけた費用は90万でした。

その後、小夜子の過去を掴んだ本多は朋美を呼び出しました、

小夜子は過去に三度も結婚をしており、いずれも結婚後2年以内に夫が死亡していることが判明。

今回も小夜子が耕造を殺したのかもしれないと察した朋美は、小夜子の悪行を暴き罪を償わせることを決意。

…以上が「後妻業」2話の大まかなあらすじ。

ついに耕造を始末しましたね。

そして、小夜子の過去も少しだけ判明しました。

小夜子と柏木は施設育ちだったんですね。

ここらへんは今後も描かれていきそうですし、楽しみです!

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』第2話のネットの反応や評価は?

ドラまる
小夜子が耕造さんと籍を入れなかった理由が気になるね。
ラマちゃん
何か予想外な意味があったりして…?

ドラまる
本多さんも色々背負ってそうだね。
ラマちゃん
朋美といい感じになったりも…?

スポンサーリンク

ドラマ『後妻業』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『後妻業』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『後妻業』2話の動画見逃し無料配信はこちら

ドラマ『後妻業』3話のあらすじは?

2019年2月5日(火)放送のドラマ『後妻業』3話のあらすじをご紹介します。

耕造(泉谷しげる)の葬儀が終わって間もなく、小夜子(木村佳乃)と柏木亨(高橋克典)は早くも次のターゲットに接触しようとしていた。相手は、大手外食チェーンの会長を務める富樫幹夫(佐藤蛾次郎)。早速、小夜子は幹夫が暮らす高級老人ホームへ向かうが、待っていた幹夫は、認知症を患っており、さすがの小夜子でも一筋縄ではいかなさそうで……。
「後妻業」あらすじ第3話
その頃、本多(伊原剛志)は、小夜子が過去に3度結婚し、すべての夫と死別していることを突き止めた。「あの女が父を殺したことを証明したい」という朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子のマンションで聞き込みを開始。3番目の夫・武内宗治郎が不可解な死を遂げていた事実をつかむ。さらに、亡くなった宗治郎の家族に話を聞くと、小夜子が耕造と入籍しなかった理由も明らかになる――!

一方、朋美は内縁の夫である司郎(長谷川朝晴)に対し、絵美里(田中道子)との浮気を疑い始める。

「後妻業」あらすじ第3話
そんな最中、本多から、耕造を含むすべての夫が、柏木が経営する結婚相談所『ブライダル微祥』に入会していた、という報告を受ける。我慢できなくなった朋美は、自ら小夜子と対峙することを決意。ひとりで自宅に乗り込むが、話術に長けた小夜子の前では手も足も出ず、思わず「あなた、後妻業よね」と直球を投じてしまう。しかし、小夜子はその言葉にひるむどころか、とんでもない告白を始めるのだった――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『後妻業』第2話のあらすじネタバレと感想と3話のあらすじをご紹介しました。

少しずつ、小夜子の過去が明らかになってきましたね。

小夜子と柏木の関係も少しわかりましたし。

今後、小夜子や柏木の罪がどう暴かれていくのか気になります。

ドラまる
3話では新たなターゲットも登場!
ラマちゃん
本多と朋美は小夜子の罪を暴けるのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA