ドクターX -外科医大門未知子-(第6シリーズ)9話ネタバレと感想。大門の名台詞の秘密。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年12月12日(木)にドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話が放送されました。

ドラまる
今日のゲストは宇崎竜童さんに川谷絵音さん。

僕は川谷さんの演技は初めて見るよ。

ラマちゃん
ミュージシャン同士のバチバチがあるみたいね。

こちらの記事では、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話あらすじネタバレと感想

ロックスターの九藤勇次(宇崎竜童)が緊急入院することになり、大ファンの原守(鈴木浩介)は浮き足立っています。

サイドカーで登場する九藤。

ファンに囲まれる九藤は極秘入院どころではありませんね。

そこへもう一人の患者・若きシンガーソングライターの新津多九也(川谷絵音)が入院しにやってきます。

有名な芸能人の入院のため蛭間重勝(西田敏行)は上機嫌です。

そのころ、逮捕されていたニコラス丹下(市村正親)はインサイダー取引の疑いで取り調べを受けていました。

丹下派だった潮と浜地にもちゃんと自分につくようにくぎを打つ蛭間。抜かりないですね。

特別室が埋まっていたため、別室に入院することになった九藤。

その特別室には新津が先に入院していました。

ベテランと遭遇した時の川谷さんのオドオドの感じがよかったですね。

そして、潮に対して態度が豹変したのも感じ悪かったです~。

部屋に文句をつける九藤ですが、実は火の車だと妻から聞かされてしまいます。

特別室のことは新津に譲った九藤は、大きな会見を開くと言い出しました。

痔の手術で入院したはずの九藤に、それ以上の何かを感じた大門未知子(米倉涼子)。

大門は検査を強く勧めますが、強引に会見場に向かってしまいました。

でっち上げのかっこいい病名を報告している最中、崩れ落ちてしまう九藤。

「一番、嫌な勘が当たった」という大門。

病名は後腹膜肉腫ステージⅢでした。

これは過去に大門が患った病気でした。

大門「私の時はこんなに腫瘍が巨大じゃなかった。厳しいオペになる。」

こんなにもオペに消極的な大門は見たことがありません。

そして、行方をくらました九藤。

その姿を屋台で見つけた大門は、助かる見込みは五分五分かそれ以下だと伝えます。

まだ夢の途中だという九藤に酒をかけられながらも、自身の話を始めます。

同じように死ぬのが怖かったという大門。

術式をノートに残し原や加地秀樹(勝村政信)に行ってもらった手術。

大門「(そのおかげで助かった)この手であんたを助ける。弱い自分に打ち勝たないと患者の命救えないから。」

大門にとって「私、失敗しないので」はある意味、呪文だったのですね。

九藤「大門先生、よろしく頼む。頼んだぜ。」

大門「私、失敗しないので。よろしく。」

お酒をかけられてもカッコいい~!

そして行われた手術。

助手は原と加地と麻酔科医は城之内博美(内田有紀)です。

加地「俺たちは一度このオペに成功している。お前がこうして手術ができるのは俺たちのおかげだ。ざまあみろ。」

加地先生(笑)キレッキレでしたね。

腫瘍の癒着が激しく術式を変更することになりましたが、さらに想像以上の癒着を発見し、さすがの大門も慌てます。

大門「大丈夫。ギリギリで勝ってきた人だから。」

そして大門が指示したのはハイブリッド人工血管。

貴重なものでしたが以前大門のオペの時に使用したものを原が用意していました。

今回は原のファインプレーで九藤のオペは成功。

その後九藤は会見を開き、新たに少年ピアニストの手術に大門を指名しました。

その頃、丹下の面会にやってきた大門は、心臓の左右の心室が入れ替わっている彼のオペをしたいと告げました。

その申し出を断った丹下は面会後、心臓を押さえて倒れてしまいました。

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話ネットの反応や感想

ラマちゃん
伝説の瞬間を見たのかもしれないね。

ドラまる
今日も博美さんと美しい並びだ。

ラマちゃん
川谷さん、自然な演技だったわね。

永ちゃん的な存在に対して配信で売れてる若手という設定は米津さんをモデルにしてるのかしらね。

ドラまる
そうそう、岸部一徳(晶さん)さんもミュージシャンだったね。

ラマちゃん
大門自身が患ったものと同じ病気に、みんなナーバスになったわね。

でも、原先生の機転はグッドだったわ。

ドラまる
次週の最終回は内容てんこ盛りになる予感だね。

海老名先生、ガンって?!

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ドクターX(第7シリーズ)』第9話の動画を無料で見る方法はこちら

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第10話あらすじ

2019年12月19日(木) 21:00時から放送のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第10話のあらすじをご紹介します。

「東帝大学病院」に幼き天才ピアニスト・吉行和十(城桧吏)が入院。

ニコラス丹下(市村正親)の支援を受けジュリアード音楽院に進んだ和十は、現在重病に侵されており、ピアノが弾けなくなるかもしれない危機に瀕していた。

 手術を拒む和十は、大門未知子(米倉涼子)の「必ずまたピアノが弾けるようにする。私、失敗しないので」という言葉を信じ、手術を承諾。

そうして臨んだ手術だったが、未知子はその最中に突然術式変更をする! 

未知子の勝手な判断にぶ然とする原守(鈴木浩介)。

さらに和十の術後の経過も芳しくないのを見た原は、「手術は失敗だった」と未知子を責め立て…?

 一方、修正大血管転位症、という先天性の心疾患があることが判明した丹下は手術を拒否し、「心臓に爆弾を抱えるあなたを放っておくわけにはいかない」と手術を勧める未知子の言葉にも耳を貸さずにいた。

以前に未知子に命を救われた岩田一子(松坂慶子)は、丹下を説得するため拘置所を訪問。

するとその目の前で、丹下は意識を失い倒れてしまう!

 「東帝大学病院」に緊急搬送された丹下を、決死の処置で蘇生させた未知子。

目を覚ました丹下は、昔、未知子に会ったことがあると未知子に語り始める。

蛭間重勝病院長(西田敏行)をはじめとした上層部は「手術は不可能」と判断し、未知子の動きを阻止しようと…?

もし、蛭間院長と検察の許可を得ずにオペをすれば、ドクター生命を絶たれ、犯罪者になってしまうかもしれないという禁断のオペを未知子は敢行することができるのだろうか!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。

今日は、なかなか発することのできなかった「私、失敗しないので。」

かつて晶さんの元で修行していた時代。

自信の持てなかった自分に暗示をかけるために言い続けた言葉。

あまりに進んでしまった九藤の病気を前に、その頃の気持ちを思い出したのかもしれません。

しかし、原をはじめみんなの願いや力を得て、大門がオペ室に立つ姿は神々しかったです。

ドラまる
次週は、丹下と少年ピアニストのオペに挑戦するみたいだね。

二人とも手術を拒否する見たいだけど、どうなっちゃうのかな。

ラマちゃん
そして、海老名先生も不穏な言葉を発していたわ。

最終回も見逃せないわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA