日本ボロ宿紀行|11話の動画無料視聴はこちら【4月5日放送見逃し】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『日本ボロ宿紀行』を無料で見る↓

ドラマ『日本ボロ宿紀行』第11話(2019年4月5日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『日本ボロ宿紀行』第11話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『日本ボロ宿紀行』第11話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『日本ボロ宿紀行』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『日本ボロ宿紀行』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『日本ボロ宿紀行』第11話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年4月5日(金)放送終了〜2019年4月12日(金)深夜0時50分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、ドラマ『日本ボロ宿紀行』の動画を見放題で配信しているVODは無いのですが、U-NEXTとビデオマーケットの無料登録キャンペーンを活用すれば2話分を無料で見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『日本ボロ宿紀行』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『日本ボロ宿紀行』の配信状況は以下のようになると思います。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『日本ボロ宿紀行』はポイントレンタル配信されているので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『日本ボロ宿紀行』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部では配信本数の規模が近いU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額540円
  • プレミアム&見放題コース:月額980円

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『このマンガがすごい!』の見逃し動画1話を無料ですぐに見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
1月を例に出すと、1月1日〜1月31日が無料期間になります。

仮に1月29日に登録をしてしまうと、無料期間は1月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

ビデオマーケット無料登録はこちら

※紹介している情報は2019年1月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

『日本ボロ宿紀行』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『日本ボロ宿紀行』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して1話無料視聴可能

※無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2019年冬ドラマ『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじは?

2019年4月5日(金)深夜0時50分より放送のドラマ『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじをご紹介します。

父・篠宮一平(平田満)の急死により、芸能事務所の社長を引き継いだ春子(深川麻衣)は、唯一の所属歌手・桜庭龍二(高橋和也)と営業の旅をしている。

営業先に到着した二人は、建物や周りの異様な雰囲気に圧倒される。

春子は仕事を選んでいる場合じゃないと、龍二に歌を歌わせるが、出演料と言って渡された物は…。

そして二人は古い民家のような“ボロ宿”にたどり着く。

その宿は山奥にあるため怪しい人が訪れる事もあるらしく…

公式サイトより引用)

2019年冬ドラマ『日本ボロ宿紀行』第11話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『日本ボロ宿紀行』第11話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さすらい
龍二と春子は山奥に行のバンガローに泊ります。

そこで、営業するのでしょうが、バンガローの経営者から、礼は隕石だと言われるようです。

機長な隕石の欠片だから金になると言われるのでしょうが、龍二は怒るのでしょう。

ところが、壁に貼ってあった300万円の報奨金のかけられた重要指名手配人の権田原茂明という平成28年に神奈川県の足柄で起きた強盗殺人事件の容疑者の写真に、似た客が泊まっていると春子が龍二に言うのだと思います。

春子は報奨金が貰えるから警察に通報しようと言いますが、龍二は仕返しが怖いからと言って止めるのでしょう。

それに、警察に自分達が違法営業していると疑われるのは嫌だと龍二が言うと、怒った春子は違法営業は続けられないと酔って絡むようです。

果たして、2人の営業が違法営業なのか興味があります。

結局、指名手配犯だと思った客は、他の客の通報で駆け付けた警察官の職質で人間違いだとわかり、笑い話で終わりそうですが、春子のとんだ思い込みで、2人の関係に波風が起きそうで、少し心配です。

ペンネーム:さすらい(60代・男性)

ふじお
指名手配犯が同じ宿に泊っていることを知り、気掛かりでいられない春子と龍二の行動が楽しみです。

懸賞金が300万なので、こんなチャンスは二度と来ません。

危険が伴うので、そっとしておいても良かったと思いますが、旅をするのにお金は必要です。

安いボロ宿で経費削減しても、長い旅ではお金が続きません。

CDも売れないので、お金になる方法を選んでしまいそうです。

いろいろなところに泊ると、こういう場面に遭遇することもあります。

危険を回避するか?一攫千金を狙うか?旅の途中で思わぬ想像が働きそうです。

春子と龍二は、仲が悪くなりそうです。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

はるか
展開予想は、指名手配犯が、宿にいると思い込んでしまった二人は、怪しいと思われる人物を二人で捜査します。

しかし、怪しい人物ではなく宿の息子か何かだと予想します。

指名手配犯だと思っている春子達は、宿の主人に慌てて警察に通報すると言いだして騒ぎになりますが、指名手配犯ではないと分かるとその人物と仲良くなります。

そして、おわびに龍二は、旅人を歌います。

楽しみな所は、指名手配犯と思いこんでしまう二人の慌てぶりです。

特に春子は、すぐに怪しい人物と騒ぎそうです。

その言葉に毎回龍二ものせられているので今回もその様子が、楽しみです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

taya
次回の宿は今までとちょっと趣が違うような感じですが、春子の気に入るものはあるのかな。

でも、何か穏やかではないような雰囲気になりそうです。

まさか、本当に怪しい泊り客がいるのでしょうか。

龍二と春子は何かのトラブルに巻き込まれてピンチに陥るのか。

龍二が歌う場は確保できるのか。

少しでもCDが売れる状況になればいいのですが。

また、龍二と春子のケンカが激しくなるのかも。

ふたりの仲がいいゆえなんだけどね。

お互いを思い合ってはいるんだけど、空回りしてしまうのかな。

でも仲直りしたら、前よりさらに絆が深まるんでしょうね。

ペンネーム:taya(50代・女性)

飛べないアヒル
売れない中年歌手の桜庭龍二と春子の営業周りの旅は続き、次回は人里離れたボロ宿に到着するようです。

仕事を選ぶ状況にない桜庭に仕事を取ってきた春子は、またしても変わった営業先を見つけてくるようで、どんなトラブルが起きるかが楽しみです。

そして、営業の仕事終わりから宿泊するボロ宿が、次回は山奥にあるようで、宿に貼られている警察からの指名手配犯のポスターとその宿に宿泊する怪しげな客と不審がる宿の人たちが、また勘違いなことをやりそうで、宿での人の関わりにも注目が持てそうです。

桜庭龍二の曲を若者が前回ネット上に検索をかける動きがみられ、ボチボチ何らかの動きも期待したいところですが、そちらの動きはなさそうな展開が予想されます。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

あゆ
予告で指名手配犯が泊まってるかもとあったので楽しみです。

賞金が300万と書いてあったので、宿の人も怪しいと話してたので、本当に指名手配犯なのかなとワクワクしてます。

宿が初めてのバンガローなのでどんな宿なんだろと楽しみです。

バンガローだと洋風のペンションの様な感じなのかなとかワクワクしてます。

売れない歌手の本音をマネージャーが知ったので、これからどんどんやる気に満ち溢れてる2人なので、しっかり営業してCDが売れて2人の笑顔が溢れる旅をして欲しいなと思います。

ボロ宿でどんどん2人の雰囲気が良くなってるのでこのまま上手くいってほしいです。

ペンネーム:あゆ(30代・女性)

2019年冬ドラマ『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ショークン

『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじネタバレ

伊豆の下田に行くと、お城のような建物に驚異の宇宙パワーと看板がある怪しい場所に来て、龍二はやめようと言いますが、老婆が待っていたと言い、お客はいなくても宇宙があると言い、それでも隆二は歌います。

老婆は御礼に願い事のかなうという隕石を渡します。

運気がアップする貴重なものだと言います。

龍二は怒りますが、春子は大切に扱います。

龍二は温泉に入りたいと言うと、坂道の上に源泉の湯がある昭吉の湯という宿に入ります。

バンガローがありました。

龍二が浴場にいると、おどおどした男が入って来ます。

男は歌が上手いと誉めます。

男はテレビを見るのが怖いと言います。

宿に権田原という指名手配容疑者のポスターがはってあり、若い怪しい男に似ていました。

春子も女将から部屋から出て来ない客がいると聞き、顔が指名手配人に似ているといい、龍二に、逃亡犯かもと言います。

春子は懸賞金300万欲しさに捕まえると言います。

2が部屋に行くと、ふざけるなと大声でわめいて男が台本を読んでいたとわかり、役者だと判ります。

3人は夕食を食べると、龍二は男はテレビで他の役者を見るのが怖いと言い、龍二も自分より売れた仲間をテレビで見るのが嫌だったと言い、自分のペースで頑張れば良いと言うと、春子は酔って、やりたいようにやればよいと言う、龍二に、だから20年経っても、いつまでも売れない、金もないと禁句を吐いてしまい龍二の顔を手でつかんで絡んでしまいます。

しかも、男に何故,犯人じゃないのかとまで言います。

しかし、正気に戻った春子は幼少の頃、父親から龍二の歌を聞き、父親が売れなかったら自分が歌を売ると言い、春子がいれば龍二もあんしんだなと言ったのを思い出したのでした。

しかし、龍二は翌朝謝る春子に、金は心配するな、CD100枚売ってやるさと粋がります。

『日本ボロ宿紀行』第11話の感想

春子が酔って、龍二に絡み始めたときは、どうなるのかと心配しましたが、龍二も逆上しなかったのは、だいぶ、精神的に成長したなと思いました。

以前、春子を自分の娘のように思っていると心情を宿の主人に吐露していましたが、心境の変化があったのでしょう。

春子も、又、幼少の頃、父親から龍二の歌を聞き、父親に龍二の歌が売れなかったら自分が歌を売ると言い、春子がいれば龍二も安心だなと言ったのを思い出して、改めて、やる気を取り戻したのは、良かったです。

そして、龍二は翌朝、謝る春子に、お前の酒癖の悪さには、慣れた、金は心配するな、CD100枚売ってやるさ、オジサンのポテンシャル見せてやると粋がった場面は、心温まる「親子の愛情」を感じました。

ペンネーム:ショークン(60代・男性)

ラベンダー

『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじネタバレ

いつもの営業を終え、ある老人から頂いた隕石を片手に、春子と龍二が泊まることになった宿は、静岡県下田市、昭吉の湯だった。

バンガローは空いていると宿のおかみさんから聞き、宿の案内をしてもらう。

その後、龍二は温泉に入りに行った。

「旅人」を気持ちよく歌っているところへ、ある男性がやってきた。

温泉を出て、その男性と別れた後、春子はその男性が張り紙の逃亡犯ではないかと勘違いして、龍二と共にその男性の後をついていく。

だが、単なる勘違いだった。彼は役者志望の男性だったのだ。

これを縁に、春子たちはその男性と3人で夕食を共にして仲良くなった。

春子と龍二は次の営業へと旅立っていった。

『日本ボロ宿紀行』第11話の感想

春子が勘違いをして男性のあとを龍二と付いていった場面がとても印象に残った。

龍二が春子の言うことに疑問を持っている時の表情が何とも言えず笑える。

また、龍二が入っていた昭吉の湯の温泉は露天風呂で、とても気持ちよさそうだった。

景色も眺められるので最高だろうなと思った。

その役者志望の男性と一緒に夕食を外で食べている様子はとても微笑ましく思えた。

バンガローの自由に過ごせる空間がとても魅力的に感じた。

龍二がその男性に自分のことなどを素直に話している様子がとてもよかった。

普段、春子以外にはあまり自分のことを話さない龍二なので、フランクな龍二もいいなと思った。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

ふじお

『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじネタバレ

静岡県下田で営業しようとしたら、そこには一人の老婆がいました。

ギャラは弾むと言われたので、一人の為に歌います。

終了後、手に渡されたのは、隕石でしたがただの石にしか見えません。

これがギャラの代わりと言いますが、運が良くなると言われて信じてしまいます。

昭吉の湯で泊まることになり、そこで指名手配犯を見つけ出します。

春子の頭は、懸賞金300万のことでいっぱいになります。

これも隕石のおかげと信じて、犯人を捕まえることに専念します。

こんなチャンスは二度とないので慎重に行きますが、指名手配犯は間違いで売れない役者でした。

『日本ボロ宿紀行』第11話の感想

指名手配犯と思われた人物は、ただの売れない役者でした。

ボロ宿で練習している姿が、あまりにも恐喝に見えてしまい勘違いで終わりました。

売れない歌手と、売れない大根役者がそろって飲んでる姿は、虚しさを感じました。

酒癖の悪い春子は、本音を言ってしまい二人の男は傷ついたと思います。

お金が底を突き、営業ができない状況で夢が破れてしまいそうでした。

懸賞金300万円を期待していたので、残念でしたが相当こたえたようです。

春子の本音は、酔った時に言ったセリフでしたが、ストレスは発散した感じです。

上手くいかないのが人生なのかと痛感します。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

飛べないアヒル

『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじネタバレ

春子と桜庭龍二の地方巡業の営業は、小田原小劇場の看板とともに宇宙のパワーなどの文言がある看板、建物と周囲の独特な雰囲気に圧倒され、龍二は春子に断るように詰め寄ります。

しかし、ギャラを弾むというクライアントの言葉に春子は、龍二に無理やり歌わせます。

クライアントの高齢女性だけが客という以上なステージで歌い終えた龍二は嫌な汗をかき、春子は出演料といって隕石を渡されます。

隕石が金運、仕事運などあらゆるパワーを寄せるというまやかしに春子は、微かに希望を抱きます。

変な汗をかいた龍二は、通りにあった温泉の看板に引き寄せられ、山の中のボロ宿へたどり着きます。

そこには、二週間滞在を続ける怪しげな男性に、逃走犯の疑いが持ち上がります。

売れない役者とわかり、夕食をともにすると、酒に酔った春子が資金渇望を吐き出します。

『日本ボロ宿紀行』第11話の感想

演歌歌手の地方周りの営業場所にはいろいろあるとは聞きますが、今回の場所のような特殊な個人による依頼への対応の怖さと、山の中にあるバンガローのボロ宿には、犯罪の逃走犯が現れる危険性があるという設定は面白く感じられました。

また、営業先でのCDの売り上げがみられない中、逃走犯への懸賞金300万円に目の色を変える春子の姿には、二人の営業活動の危機が感じられました。

逃走犯に間違われた男性が売れない役者で、龍二と似たような精神状況に酒に酔った春子が絡むシーンは、本心が見えて、二人の関係性に亀裂をきたすきっかけとなる予感を感じさせました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

あゆ

『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじネタバレ

営業先が宇宙パワーと書いてて、売れない歌手が止めようこんな所とマネージャーに文句を言ってると、おばあちゃんが桜庭さんと声をかけてきて、歌わなきゃいけない雰囲気になり歌い切って、ギャラを貰う時にまさかの隕石を渡してきて、これほ金運アップ、家内安全と言い出して、マネージャーは金運アップならいいですよと笑顔で受け取って、帰る。

山奥なので坂が凄くて、売れない歌手が温泉の看板を見つけて、お風呂はいって行こうとマネージャーに提案して今回のボロ宿になる。

和室が空いてないので、バンガローに泊まる2人。

料金は変わらないから2部屋とって、別々のバンガローに入る。

『日本ボロ宿紀行』第11話の感想

久しぶりにマネージャーがお酒を間違って飲んでしまって、酒乱を発揮したのが面白かったです。

指名手配犯と思ってた、売れない歌手がお風呂であった青年は売れない役者だと分かって、みんなで飲んでる時にマネージャーが酒乱で、売れない歌手と役者に説教してもうお金がなくて地方営業出来ないと叫んだのは、本当に切実なんだなと思いました。

地方営業には確かにお金かかるから仕方ないけど、そこまでお金が無くなってたとは。

だから指名手配犯や隕石のパワーでお金が欲しかったんだなと納得しました。

マネージャーは翌日何も覚えてなくてケロッとしてたのがまた面白かったです。

ペンネーム:あゆ(30代・女性)

wataru

『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじネタバレ

龍二は、怪しげな営業先だが、ギャラのため歌う。

客はなく、仕事を依頼した年配の女性のみ。

その女性は、ギャラの代わりにご利益があるという隕石を渡す。

その日泊まることにした宿に着き、龍二が温泉で歌っていると、ひとりの男が入ってくる。

春子は、宿の女将から怪しい男が泊まっていると聞き、龍二とともに捕まえようとする。

男の怒鳴り声を聞いたふたりは、部屋に踏み込む。

実は男は役者で、台本を読んでいただけだった。

その夜、3人で食事をするが、資金不足に悩む春子は酔って荒れる。

翌朝、謝る春子に龍二はCDを売ることを約束するのだった。

『日本ボロ宿紀行』第11話の感想

怪しげな営業先の女性から渡された隕石の威力が、発揮されなくて残念。

でもまだ、これからのような気がする。

やっぱり、とてつもない力を秘めた石なのかも。

不審な男が、まさか役者だったとはびっくりです。

怖い人じゃなくて良かったですね。

彼の悩みに龍二が共感して励ます場面に、また人情味を感じました。

初めて会った人にあんなに親身になって、本当にステキですね。

春子の焦りも分かります。

酔った姿はちょっと怖いけど、不安が募っていたんでしょうね。

最後、龍二が頼もしい発言をしていたけれど、それが早く現実になればいいのに。

ペンネーム:wataru(60代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年冬ドラマ『日本ボロ宿紀行』第11話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
12話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『日本ボロ宿紀行』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『日本ボロ宿紀行』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して1話無料視聴可能

コメントお待ちしています!

CAPTCHA