僕の初恋をキミに捧ぐ|視聴率一覧はこちら【野村周平主演ドラマ】

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

テレビ朝日・土曜ナイトドラマ枠の2019年冬クールの作品は『僕の初恋をキミに捧ぐ』

ドラまる

2018年に社会現象になったドラマ『おっさんずラブ』を生み出したテレ朝・土曜ナイトドラマ。

次は珍しく学園恋愛もの。

ラマちゃん

人気恋愛漫画のドラマ化だ、旬な若手俳優さんが出ているねえ!

こちらの記事では2019年冬ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の視聴率を初回(1話)から最終回まで更新していきます!

なお、視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』視聴率を今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2019年冬ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』視聴率はどうなる?

まずは2018年冬からのテレビ朝日・土曜ドラマ枠のドラマの視聴率を振り返っていきましょう。(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

明日の君がもっと好き

初回(第1話)視聴率 4.3%
最終話視聴率 2.7%
平均視聴率 3.5%

おっさんずラブ

初回(第1話)視聴率 2.9%
最終話視聴率 5.7%
平均視聴率 4.0%

ヒモメン

初回(第1話)視聴率 4.6%
最終話視聴率 3.8%
平均視聴率 3.9%

あなたには渡さない

初回(第1話)視聴率 4.3%
最終話視聴率 3.9%
平均視聴率 3.6%

2017年秋から始まったテレビ朝日の土曜ナイトドラマ枠ですが、2018年春クールで深夜ドラマ『おっさんずラブ』がドラマ賞を総なめするほどの人気作になりました。

最終話視聴率が5.7%と伸びているのも、SNSで話題になり注目され視聴者が増えたことが分かります。

ゴールデン枠よりも攻めた内容にできる深夜ドラマ枠は演出によって話題性を集めやすいため、これからますます各局力を入れてくることが予想されます。

『おっさんずラブ』以降も、若い男性層に受けそうな『ヒモメン』、不倫ドロドロ系の『あなたには渡さない』などが続きましたが、ヒットはせず平均的な視聴率でした。

以前2016年『奪い合い、冬』がSNSで盛り上がったのですが、最近ややテーマが飽きられたのか、どの局も不倫系ドラマがそこまで注目されなくなってきてしまいました。

ドラまる

面白いと感じるテーマの移り変わりが早くなってきているのかもね!

ラマちゃん

時代を読む力が必要なのね~!

2019年冬ドラマは、『僕の初恋をキミに捧ぐ』という余命宣告を受けた男子高校生と幼馴染の女子高生の恋愛を描いた青春ドラマで、野村周平さんと桜井日奈子さんという旬な若手俳優さんがメインキャストとなっています。

最近は漫画原作の恋愛ストーリーは興行収入がいいようで映画化されて世に出されることが多いので、売れっ子のメインキャストで深夜ドラマ化するのは珍しいですね。

(ちなみに2009年に岡田将生さん、井上真央さんがメインキャストで映画化されています。)

主人公に世代の近い10代~20代がSNSで盛り上がることを予想し、話題性ゲットを狙っているのかもしれません。

また、宮沢氷魚さん、佐藤寛太さん、馬場ふみかさん、矢作穂香さんなどドラマをきっかけに名前が売れていく可能性もあるフレッシュなキャストが勢ぞろいなのでここも注目ポイントですね。

こうしたことをふまえると、初回視聴率は4%台ではないかと予想いたします。

スポンサーリンク

『僕の初恋をキミに捧ぐ』制作陣から視聴率を予想!

2019年冬ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々です。

原作 – 青木琴美 『僕の初恋をキミに捧ぐ』(小学館刊)

脚本 – 尾崎将也

演出 – 宝来忠昭、藤原知之

音楽 – 富貴晴美

主題歌 – DEAN FUJIOKA「Maybe Tomorrow」

エグゼクティブプロデューサー – 内山聖子(テレビ朝日)

プロデューサー – 神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、森一季(MMJ)

ウィキペディアより引用

原作は青木琴美さん、小学館から発売された同名漫画は750万部以上を売り上げているヒット作で、2008年には小学館漫画賞少女向け部門を受賞されています。

2009年から2017年まで連載されていた長編漫画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』もヒットし2013年に佐藤健さん主演で映画化、青春系の恋愛漫画のヒットメーカーといえるでしょう。

脚本は尾崎将也さん、1997年『ラブジェネレーション』、2006年『結婚できない男』、2007年『梅ちゃん先生』、最近では2018年『シグナル 長期未解決事件捜査班』など恋愛、ヒューマンコメディ、朝ドラ、サスペンスなど多岐に渡り名作を作られている方。

余命宣告を受けている男子高生と幼馴染の恋をどのようにドラマストーリーしていくのか、注目されます。

演出は宝来忠昭さん、2012年『孤独のグルメ』を始めとする多数の「飯テロ深夜ドラマ」を制作、深夜ドラマが注目されるようになったきっかけにもなったのではないでしょうか。

また2017年『嘘の戦争』、2018年『ヒモメン』などシリアスなものからコメディまで様々な作品を担当。

さすがに泣ける青春恋愛ドラマでは飯テロシーンはないかもしれませんが、宝来忠昭さんとの化学反応が楽しみですね。

注目すべきなのがエグゼクティブプロデューサーの内山聖子さん、2004年『黒革の手帖』『ドクターX〜外科医・大門未知子』シリーズ、2018年『リーガルV』など米倉涼子さんとのタッグでヒットを連発、ドラマ界のトップに君臨。

2019年冬ドラマで深夜の『僕の初恋をキミに捧ぐ』を担当するということは、テレ朝がいかにこの枠に力を入れているのかがわかりますね。

こちらが映画化されているのが10年前ということで、もう一度映画化を狙っているのかな、ということも考えられます。

ドラまる

テレ朝土曜ナイトドラマ、なかなかの力の入れようだね。

最近、青春恋愛映画が多いからね、新しいキャストで映画化もありえるかも!

ラマちゃん

主題歌はこの作品のためにかきおろしたディーンフジオカさんの『Maybe Tomorrow』

おディーンさまファンも必見だわ。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では2019年冬ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の視聴率を初回(1話)から最終回まで更新していきます!

ドラまる

内山聖子さんが手がけているのは期待が大きい!

ラマちゃん

土曜の夜はせつなくてキュンとする『僕の初恋をキミに捧ぐ』が必見だね!

放送開始後はこちらの記事で視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』視聴率一覧

第1話(2019年1月19日放送)視聴率

3.3%

第2話(2019年1月26日放送)視聴率

2.5%

第3話(2019年2月2日放送)視聴率

4.1%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の視聴率は週明け月曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA