【ハケン占い師アタル】最終回ネタバレと感想。占いを封印したアタルの選んだ生き方。

  • この記事を書いた人:tomopon
2019年冬ドラマ・杉咲花主演『ハケン占い師アタル』

2019年3月14日(木)にドラマ『ハケン占い師アタル』第9話(最終話)が放送されました。

ドラまる
母の呪縛から解き放たれたアタル。

「自由って、結構辛いわよ。」と言った母の言葉の重みを感じる最終回になりそうだね。

ラマちゃん
占うことによって自分を犠牲にしてきたアタルちゃんは、最後にどんな答えを出すのかしら?

もう一度みんなのことを占うみたいなのよね。

こちらの記事では、ドラマ『ハケン占い師アタル』第9話(最終話)のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ハケン占い師アタル』第9話あらすじネタバレと感想

「自分の天職を見つける自信もない。」という的場中(アタル/杉咲花)。

夢の中で自分を占っていました。

職場で倒れてしまったアタルは、病院で目を覚ましました。

アタルは占いをするとその人の痛みや不安が自分に入って来てしまうことをキズナ(若村麻由美)に聞かされた大崎結(板谷由夏)は反省し、Dチームでは占い禁止令が出されました。

一見、元に戻ったように見えるDチームはアタルに相談できないことで、どこかぎこちない雰囲気が流れていました。

その空気を察知し、ついついアドバイスをしたくなってしまうアタルですが、我慢我慢です。

転職を考え始めた代々木匠(及川光博)や、元カレとヨリを戻そうと言われ悩む神田和実(志田未来)。

その神田にプロポーズしたい目黒円(間宮祥太朗)

品川一真(志尊淳)もなかなか良い企画を思いつかず悩んでいました。

付き合っていることを娘に言えなかった上野誠治(小澤征悦)と田端友代(野波麻帆)。

ここ一番の驚きでした!

大崎も突然湧いた義母の介護問題に悩んでいました。

そんな中、豪雨被害の復興を願う卒業式を行うイベントの打ち合わせで、クライアントからの無謀な提案のため規模が大きくなりそうな怪しい気配が。

案の定、問題が起こり、卒業式が行われる現場の体育館の壁がクライアントのイメージカラーの水色に修復されてしまい慌てることになります。

アタルの発案でイベントの方は乗り越えられそうですが、Dチームはそれぞれの悩みを解決できず、空気は重たいままでした。

卒業式当日。

予定していた歌手がドタキャンになったり、長すぎる来賓の挨拶、撮りたくもない会社社長との記念写真など、なんだかモヤモヤが続く卒業式となっていました。

社会貢献からは程遠い会社主体の卒業式に地域の人々は怒り心頭です。

そこへ停電まで起きてしまい、現場はパニックに。

我慢ができなくなったアタルは、卒業生の心の叫びを拾いに生徒の元に向かいました。

アタルの思いを感じ取った一人の生徒がまだ暗い体育館の中、卒業の呼びかけを始めました。

どうにか卒業生の思いを伝えることができ、卒業式は終わることができましたが、アタルの顔色は曇ったままです。

それは”占い”をしたから。

母にもう占いはしないと宣言したのに。

そう落ち込むアタルにDチームのみんなは、占うことはアタルの天職なんだと話して聞かせてくれました。

上野に「占いはアタルの仕事だと考えたらどうだ?」と言われたアタルはDチームのみんなに最後の占いを行うことにしました。

やはり占いで生きていくことを決めたんですね。ちょっと寂しいですが。

神田。「目黒に元彼ともう一度やり直したいという自分の気持ちをちゃんと伝えるべきです。」

目黒くーん(泣)振られてしまいましたが、「今後運命の人に出会う」と告げられ嬉しそうにしていましたね。

品川。「将来上野に負けない伝説のイベントを作ることになります。」

上野。「やはり自分の気持ちを伝えるのが下手くそ。」

やっぱり「ジジイ」が出てしまいましたね(笑)

みんなの前での愛の告白は田端にちゃんと響きました~。

田端。「悲観的に考えすぎてしまうけれど、上野となら大丈夫です。」

大崎。「会社を辞めちゃダメです。将来ここの社長になる人です。」

そうなのー!驚きです。

そして代々木は会社辞めるのですね。

アタルに背中を押され、代々木も転職を前向きに考えるようになりました。

みんな、今までと違ってずっとずっと未来をはっきり言ってもらいました。これが開放したアタルの本当の力なんですね。

「占いが少しでも助けになったのなら、これから占いを続けます。自分の大好きな仕事として。」

会社を辞める日、見送りに来てくれたDチームのメンバー。

アタル「私の夢はいつかクライアントとしてみなさんにイベントをやってもらうことです。」

そういって出て行くアタルを見送るDチームも心新たに前に進むのでした。

街頭で占いをするキズナ。

「自分が信じた道を行き、真っ白なページの日記帳にどんな文字が埋まっていくのか楽しみにしていきましょう。」

そんな母の元には戻らずアタルは「ハケン占い師アタル」として新たな会社へと赴きました。

スポンサーリンク

『ハケン占い師アタル』第9話(最終話)ネットの反応や感想

ドラまる
アタルは、本当にアタルのことを考えてくれる最高の仲間に出会えたんだね。

ラマちゃん
まさかの神田・目黒ペアが破局するなんて。

元カレが更生したのか心配だわ。

ドラまる
こっちの二人は展開が早くてびっくりしちゃったよ。

ラマちゃん
卒業式の定番ソングだけど、聞くと泣いちゃうのよね。

ドラまる
占いができる派遣社員ではなくて、占いをする派遣社員になったんだね。

ラマちゃん
志田未来さんからの天海祐希さんへの流れは『女王の教室』だったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『ハケン占い師アタル』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ハケン占い師アタル』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ハケン占い師アタル』第9話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2019年3月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

ドラマ『ハケン占い師アタル』第9話(最終話)のネタバレ感想をご紹介いたしました。
数々の悩みを占いによって解決してきたアタル。

占い禁止令が出されても、人の悩みは尽きることはなく延々に湧き出してきましたね。

それを見て見ぬ振りができないのだと悟ったアタルは、占いをして生きていくことを決めました。

母親に言われるがままに占っていた時とは違い、これからは人を助けたいと願うアタルの心のままに”自由に”占っていけると信じています。

それにしても、上野・田端ペアの進展が早いのと、目黒くんの立ち直りが早いのが一番の驚きでしたね(笑)

今までアタルが残してくれた数々の言葉は、きれいごとのように聞こえることもあるかもしれませんが、真理をついていて心に響くものばかりでした。

ドラまる
正真正銘の”ハケン占い師アタル”になったんだね。
ラマちゃん
脚本の遊川さんの紡ぎ出す言葉は、温かいものばかりだったわね。

占いの時のアタルちゃんは毒舌だったけど(笑)

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA