3年A組|6話ネタバレと感想。犯人が武智大和はウソで黒幕は別人?

  • この記事を書いた人:maru
2019年冬ドラマ・菅田将暉主演『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第6話が、2019年2月10日(日)に放送されました。

ドラまる
5話は、内通者が発覚したり、一颯の目的が分かったり、盛りだくさんだったね!
ラマちゃん
6話からは『第二部開幕』!目が離せないわね!

こちらの記事では、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第6話のネタバレや感想などをご紹介していきます!

なお、5話のネタバレと感想は以下にアップしています。

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第6話 ネタバレ

一颯はヒーロー?

柊一颯(ひいらぎいぶき/菅田将暉)は生徒全員の生存が確認できる写真をSNSにアップロードし、殺害疑惑は消えた。

そして、景山澪奈(かげやまれいな/上白石萌歌)の死の真相を暴くために汚れ役をしているヒーローではないかとの意見も。

3月6日『フェイク動画をベルムズに依頼した”hunter”は誰だ』

ベルムズにフェイク動画を依頼したのは、魁皇高校の教師。

20時までに犯人の先生が名乗り出なければ教室を爆破するという一颯。

死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たちは驚き、問い詰める。

しかし一颯は、仲間になったわけではない、目的を果たすためなら容赦はしないというのだ。

候補者は5人

生徒たちはどの先生が怪しいか考えることに。

候補者は、森崎瑞希(堀田茜)、佐久間現(バッファロー吾郎A)、水泳部顧問の坪井勝(神尾佑)、市村浩一(ベンガル)、武智大和(田辺誠一)の5名。

中でも水泳部顧問の坪井の指導は厳しく、先生のせいで水泳部を辞めた生徒も多い。

1番怪しいのではないか?という意見が多かった。

涼音は元水泳部

水越涼音(みなこしすずね/福原遥)はもともと水泳部だった。

坪井の指導も熱心で、涼音も毎日居残り練習して、必死で努力した。

ある日病院で練習を休んでしまい、付き添ってくれた中尾蓮(なかおれん/三船海斗)との写真を叩きつけ、恋愛でサボるなんて…と退部を命じられた。

犯人は絶対に坪井と思っているの涼音は、こっそり携帯を隠し持っていた結城美咲(ゆうきみさき/箭内夢菜)を使い、坪井がセクハラ・パワハラをしたと伝える動画を撮影。

SNSに投稿しとくように伝えた。

一颯の学生時代のバイト

一颯は特撮撮影所で戦隊モノの悪役スーツアクターをしていた。

真面目で筋が良く、次回作で主役になれるはずだった。

しかしガンになり、俳優を続けられず、恋人である相楽文香(土村芳)と同じ教職の道に。

また、その特撮撮影所の社長は、相楽孝彦(矢島健一)だったのだ。

19時50分

約束の20時まであと少し。

ネット電話で話すことになった一颯と教師たち。

坪井を疑っている涼音に説得するよう指示をし、涼音は思いをすべてぶつけた。

だがその真実は違うものだった。

涼音の退部宣告の理由

実は涼音の病気は”運動性の致死性不整脈”。

選手を続ければ命を落とす危険性もあり、涼音の母親に説得を頼まれていた。

しかし説得する自信がなかった坪井は、あんなやり方をしたのだ。

結果的に涼音のことを苦しめてしまったことを謝った。

この話を聞き、涼音の坪井への疑いはなくなり、動画投稿を後悔した。

自分の言葉・行動に責任を持て!

しかしこの動画は世に出回っていない。

動画投稿前に一颯が阻止していた。

「良かった…」

その一言に一颯は怒る。

「何が良かったんだ?」

この動画が世間に広まったら、坪井本人や家族、投稿者の美咲がどうなったのか考えたのか?

実際に投稿されたないから良かった、しょうがないではない。

本質から目を背けてはならない。

「自分の言葉・行動に責任を持てよ。」

ひとりの他愛もない言葉で、救うことが出来るかもしれない。

一方で、傷つく人がいるかもしれない。

簡単に命を奪えるということを忘れるな。

名乗り出なければ爆発

しかし約束は約束。

20時までに名乗り出なければ教室を爆発。

学校からは大きな爆発音と煙が。

しかしよく見ると爆破された教室は3年B組。

生徒は無事、しかし見殺しまでにして保身に走った教師に世間の目は冷たかった。

信じる信じないゲーム

先生の脅かすような行動にひどい…と嘆く生徒たち。

しかし、茅野さくら(かやのさくら/永野芽郁)は一颯はヒントをずっと出していたという。

3月5日に一颯から言われていた「信じる信じないゲーム」のルール。

メガネをかけてる時は”信じる”、外した時は”信じるな”。

本心じゃないときはメガネを外していたのだ。

自分で気付いて欲しかったのかな?と思って、黙っていたさくら。

ちゃんと考えるってこと、上辺だけで物事を見ないように、本質から目を背けないように、って。

相楽孝彦との関係性

特撮撮影所を調べると、孝彦はこの1ヶ月で個人名義で、造形物と大量の火薬を発注していた。

その頃、孝彦はSNSに澪奈が死ぬ直前、ビルに怪しい男と入ってい数分後走って逃げていく男の後ろ姿の動画を投稿。

一颯と孝彦はグルだったのだ。

hunterの正体は?

教室を爆破し、美術準備室に戻った一颯。

そして一言。

「いよいよ追い詰められましたよ、hunterさん。いや、武智大和先生。」

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第6話 ネットの反応や感想

一颯の指導に共感

ドラまる
涼音ちゃんとの演技は迫力があったね!

演技と分かっていても怖くなっちゃったな。

眼鏡をかけた理由に納得!

ラマちゃん
なんでかけたのかしら?って思ってたけど、納得!

さくらちゃんには一颯先生の想い、伝わってる気がするなぁ。

hunterは武智!?

ドラまる
まさかの人の名前で驚き!

けど、本当に武智の単独犯なのかな?

ラマちゃん
事件当日の後ろ姿は別人に見えたけど…また後ろに黒幕が!?

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第7話の予告とあらすじ

一颯(菅田将暉)に名指しされた犯人教師の名は、武智大和(田辺誠一)であった――。

澪奈(上白石萌歌)を陥れるフェイク動画の作成を依頼したのは武智だと一颯が告発したことにより、世間の声は一斉に武智に向き始める。

しかし、完全潔白を主張する武智。

一颯は、夜の8時までにすべての罪を自白することを勧告し、さもなければ武智にとって“一番大事なもの”を奪うと言い渡す。

そして教室では一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せる。

その映像には亡くなるその日に「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げていた澪奈の姿が映されていた。

さらに、世の中に流れている澪奈の死の当日の防犯カメラ映像とみられる動画を教室内で公開し、そこに澪奈と共に怪しい男性が映されていたことが分かる。

……だが、いつもと違うのは決定的な証拠や確証がそこにはないということ。

武智への疑惑が深まる中、瀬尾(望月歩)と華(富田望生)が異議を唱える。

一颯は生徒たちに、澪奈と一緒に映っている人物が武智なのか、それとも別人なのか、映像を解析して見極めるようにと告げる。

名指しされた犯人教師。

一颯の狙いとは。

この事件の真相とは――。

核心に迫る第7話。

引用:『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』公式サイト

まとめ

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第6話のネタバレや感想などを紹介しました。

ドラまる
hunterの正体は武智先生ということなのかな?

終わり方が衝撃的すぎたよ!

ラマちゃん
防犯カメラの映像も公開されてたね!

「核心に迫る第7話」見逃せないわね!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA