3年A組|5話ネタバレと感想。景山澪奈は殺された?犯人教師予想も

  • この記事を書いた人:maru
2019年冬ドラマ・菅田将暉主演『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第5話が、2019年2月3日(日)に放送されました。

ドラまる
4話では、一颯の目的がわかりそう…!なところで倒れてしまったね。
ラマちゃん
唯月がカギを握っているようだけど、そこにはどんな真実が!?

こちらの記事では、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第5話のネタバレや感想などをご紹介していきます!

なお、4話のネタバレと感想は以下にアップしています。

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第5話 ネタバレ

3月4日22時30分

柊一颯(ひいらぎいぶき/菅田将暉)が倒れてから2時間が経過した。

茅野さくら(かやのさくら/永野芽郁)らは教室で一颯の看病をしていた。

そして、一部の男子たちは没収された携帯電話やカバンを取り戻そうと美術準備室の鍵を開けようとしている。

特殊な鍵で4人がかりでも開かない…しかし魚住華(うおずみはな/富田望生)が見事に開ける。

早速、美術準備室をくまなく探し回る生徒たち。

すると、そこにひとりの生徒が現る。

「みんなここから出ようか。さもないと爆発する。」

その生徒は逢沢博己(あいざわひろき/萩原利久)。

彼が一颯と繋がっている”内通者”だったのだ。

内通者は逢沢

逢沢の指示に従い、準備室から出る生徒たち。

しかしスキを見て、甲斐隼人(かいはやと/片寄涼太)たちに押さえつけられてしまい、ロッカーのロックを解除した。

携帯を取り戻した生徒たちは外部と連絡を取り、生存報告や一颯が倒れたことがどんどん拡散され、警察はこの隙にSITの突入させることに。

地下への扉も解除すると、そこには殺されたはずの中尾蓮(なかおれん/三船海斗)、里見海斗(さとみかいと/鈴木仁)、西崎颯真(にしざきそうま/今
井悠貴)、瀬尾雄大(せおゆうだい/望月歩)、堀部瑠奈(ほりべるな/森七菜)、結城美咲(ゆうきみさき/箭内夢菜)の姿が。

生きている姿を目の当たりにした水越涼音(みなこしすずね/福原遥)たちは喜ぶ。

しかしなぜか里見たちは神妙な面持ち。

一颯の本当の目的

「ここに残ってくれないか?」

先生と一緒に、ここに立てこもって欲しいという里見。

一颯の目的は『景山澪奈(かげやまれいな/上白石萌歌)が殺された真実を白日のもとに晒すこと』。

この事件は、誰が死んでいてもおかしくなかった。

ターゲットになったのがたまたま澪奈だっただけ。

まだ事件は終わっていない、ここで解決しなければ第2第3の犠牲者が出る。

警察では加害者を特定できないから、世間を使ってあぶり出すために、大勢の人間に興味を持ってもらおうと、立てこもりをした。

一颯は不治の病で長くは生きられない。

だから残された時間で、最後の授業をしようと決めたのだ。

大人になる前に、何が大切で、何を守らなければならないか。

澪奈の事件を通して、学んでもらおうと思った。

「ここに残って真実を探すのが、俺たちのためなのか?」

唯月と喜志の関係

この事件のカギは諏訪唯月(すわゆづき/今田美桜)が握っていると一颯は言っていた。

唯月は芸能事務所の支度金で大金が必要だった。

そのためにバイトを探して、半グレ集団・ベルムズの経営しているガールズバーにいた。

そこにベルムズのリーダー・喜志正臣(栄信)が現れた。

「俺のオンナになれ」

それがきっかけで、唯月は喜志付き合い始めた。

学校に残る生徒と脱出したい生徒

先生の想いを知り、甲斐、石倉光多(いしくらこうた/佐久本宝)、宇佐美香帆(うさみかほ/川栄李奈)、須永賢(すながけん/古川毅)、華、真壁翔(まかべかける/神尾楓珠)、熊沢花恋(くまざわかれん/堀田真由)らは学校に残ると決める。

その言葉を聞き、嬉しそうな逢沢や里見。

しかし、全員が同じ気持ちではなかった。

「俺は抜ける!」

瀬尾が言い出すと、浅見沙也(あさみさや/若林薫)、兵頭新(ひょうどうあらた/若林時英)、辻本佑香(つじもとゆうか/大原優乃)らも賛同。

そこに、SIT突入の情報が届いた。

残るのか、警察に保護してもらうのか、結論は出ない。

残るにしても警察が来るのにどうやって残るのか。

爆弾で威嚇?

それはさすがに…。

そんなことしたら俺たちも共犯になってしまう。

「もっと冷静に考えろ!」

「警察が突入したぞ!」

「これ(爆弾のボタン)を押せば良いんだろ…」

「やめろ!!」

すると突然、扉が開いた。

そこには、さくらに支えられながら立っている一颯の姿が。

唯月の持っている情報

まずは、唯月が何の情報を持っているのかを確かめようと言う一颯。

それに対し「何も知らないって言ってるでしょ!!?」と大声で否定する唯月。

喜志を裏切って今の地位を失いたくない。

間違っていることだって分かっている、けど私はこうやって生きてきたから。

後戻りできないから、もう前に進むしかない。

それが唯月の考えだった。

その唯月に対して「間違っていない」という一颯。

迷って、もがいて、途方に暮れて、それでも正解を求めて前を向く。

進んで進んでだめなら傷つきながら引き返す。

そして歯を食いしばって前を向く。

恥を繰り返して強くなる。恥もかかずに強くなれると思うな。

「諏訪、お前のこれまでは、誰がなんと言おうと絶対に間違っていない!」

その言葉に思わず涙があふれる唯月。

そして、喜志からもらったネックレスを割る。

中からはSDカードが。

フェイク動画の顧客リスト

SDカードの中身は『フェイク動画の顧客リスト』。

その中身を見た生徒たちの表情が変わる。

そして改めて「俺に協力してくれないか?」という一颯。

すべての責任は俺が持つという一颯は、今までの生徒たちのやってきたことは全て自分の指示だと言った。

生徒たちを守るために、全て自分のせいにしたのだ。

これで生徒たちに嫌疑はかからない。

こうして生徒全員「残る」という結論で一致した。

魁皇高校の教師が犯人?

SITを撤退させたあと、一颯はSNSに投稿をした。

『景山澪奈を陥れた犯人は魁皇高校の教師です』

その文章とともにフェイク動画の顧客リストも公開。

森崎瑞希(堀田茜)、佐久間現(バッファロー吾郎A)、坪井勝(神尾佑)、市村浩一(ベンガル)、武智大和(田辺誠一)。

この中に犯人が?

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第5話 ネットの反応や感想

内通者判明!

ドラまる
内通者は逢沢くんだったね!予想通りな人も多かったみたい!
ラマちゃん
けど、殺された生徒の中にいないのは意外だったわ?

「恥もかかずに強くなれると思うな」

ドラまる
毎話名言だらけだけど、今回もすごく胸に刺さったなぁ。

黒幕教師は誰?

ラマちゃん
武智先生意外あんまり目立つ感じしなかったけど、こういう展開なのね!衝撃的だったわ。

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第6話の予告とあらすじ

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。

様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。

生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。

と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。

だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。

驚くA組生徒たち。

話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。

事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。

と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。

その向かう先を示す第6話。

必見。

引用:『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』公式サイト

まとめ

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第5話のネタバレや感想などを紹介しました。

ドラまる
実は5話は、リアルタイムの時間と連動していたんだよ!面白い演出だったね!
ラマちゃん
時間が連動しているだけで、ハラハラ感が倍増で面白かったわ!

6話では黒幕の先生の正体が分かるのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA