3年A組|4話ネタバレと感想。今田美桜がベルムズKの彼女で黒幕?

  • この記事を書いた人:maru
2019年冬ドラマ・菅田将暉主演『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第4話が、2019年1月27日(日)に放送されました。

ドラまる
五十嵐が共犯だったり、文香のお父さんのSNSアカウント名が内通者だったり、新事実がいっぱいだったね。
ラマちゃん
殺されたと思っていた犠牲者の生徒たちも生きていたね。

一颯の目的がわかりそうな4話、楽しみだな!

こちらの記事では、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第4話のネタバレや感想などをご紹介していきます!

なお、3話のネタバレと感想は以下にアップしています。

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第4話 ネタバレ

3月4日『動画を撮らせた人(黒幕)は誰だ』

人質にとられ4日目。

極限状況の中で、クラス内もギスギスしていた。

景山澪奈(かげやまれいな/上白石萌歌)の自殺のきっかけとなったフェイク動画。

その動画の撮影者は里見海斗(さとみかいと/鈴木仁)だったが、里見は編集していないし、宇佐美香帆(うさみかほ/川栄李奈)の鞄に動画のデータも入れていない。

では、動画を撮影するよう里見に指示したのは誰なのか?

柊一颯(ひいらぎいぶき/菅田将暉)は名乗り出るよう促すが、出るはずもない…と思った矢先。

「俺だよ!」

甲斐隼人(かいはやと/片寄涼太)は手を上げた。

編集もすべて自分がやったと言い張る甲斐だが、あの編集は素人の技術ではない。

一颯は、「黒幕がいるはずだ、その黒幕が知りたい」という。

20時までに答えなければ、今回は10人が犠牲になる。

立てこもりは文香のせい?

警察に貸していた携帯を返してもらうため、郡司真人(椎名桔平)のもとに来た相楽文香(土村芳)は、一颯の立てこもり事件は自分のせいかもしれないと言う。

しかし父親の相楽孝彦(矢島健一)に止められ、聞き出すことが出来ない。

その夜、文香は一颯に留守電を残す。

「私のためにこんなことしているのならやめて」

「俺のためだよ…俺自身のために戦っているんだ」

甲斐の苦悩

もうすぐ20時。

甲斐はもともとダンスで世界一を目指していた。

しかし母親が事故でひとりで動けない身体になり、ダンスもやめて、バイトと妹・弟たちの面倒を見る生活に。

お金があれば夢を追えるのに…そのときにダンスの先輩から頼み事をされる。

それは「景山澪奈と会ってみたい」というもの。

金に目がくらんで引き受けたが、先輩は半グレ集団『ベルムズ』に所属しており、先輩は澪奈を監禁しようした。

それを見た甲斐はとっさに澪奈を助けるも、これは警察沙汰の暴力事件に。

第2の事件

その後『Berumuzu』に、澪奈を二度と泳げなくようなネタを頼まれ、引き受けた。

自分は夢を諦めているのに、澪奈はのびのびと夢を追っている。

それが悔しかった。

目の前で攫われるのは気が引けるが、知らないところなら…。

こうして動画を里見に撮影させた。

「なんで言ったくれなかったんだよ!」

石倉光多(いしくらこうた/佐久本宝)は甲斐がダンスをやめた理由を聞いてショックを受けていた。

自分で抱え込まずに、友達や教師に相談すれば良かったのに。

お金はなにも出来ないかもしれないが、弟たちの面倒は見れる。

甲斐は石倉と須永賢(すながけん/古川毅)の3人の友情を再確認した。

リーダーKの正体

半グレ集団『ベルムズ』のリーダーKこそ、甲斐を金で動かしていた張本人。

その正体を聞く一颯だが、甲斐は頑なに口を割らない。

実は、口外したら家族が危ないと脅されていたのだ。

「自分を信じてくれ」という一颯だが、人殺しを信じれるはずがない。

そこへ茅野さくら(かやのさくら/永野芽郁)がやってきた。

「先生のこと、信じてもいいと思う」

昨日下から声が聞こえたことが気になっていたさくらは、甲斐と一颯の戦い中に美術準備室を覗きにいき、犠牲者の6人の生存を確認した。

「先生は私たちのためにこんなことしてるんだ。先生を信じてほしい。」という中尾蓮(なかおれん/三船海斗)の言葉を伝えた。

水越涼音(みなこしすずね/福原遥)は中尾が生きていることに喜ぶ。

それらを聞き、一颯を信じた甲斐はついに正体とアジトを教える。

その会話を電話越しに聞いていた郡司は、さっそくアジトに向かい、Kを逮捕することができた。

これで甲斐の家族も安全だ。

一颯の身体

一颯が誰も殺していないと知り、駆け寄る生徒たち。

「すべてを打ち明けよう…里見たちは…」

突然倒れる一颯。

1日中体調の悪そうだった一颯は、なにかの病気?

一方、Kの正体を聞き、顔が青ざめる諏訪唯月(すわゆづき/今田美桜)。

その手には『ベルムズ』のネックレスが。

唯月とKの関係性とは?

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第4話 ネットの反応や感想

甲斐と石倉と須永の友情に感動

ドラまる
このシーンは圧倒されたなぁ。

こういう友達とか頼れる人がそばにいるって素敵だよね!

一颯の『好きなヒーローのセリフ』

ラマちゃん
このセリフも心に刺さったわ!素敵な言葉が多すぎる…

菅田将暉さんは元仮面ライダーなので、そっちのセリフが頭に浮かんだ方も多いみたい★

ベルムズのKと諏訪唯月(今田美桜)の関係

ドラまる
来週は今田美桜ちゃん演じる諏訪唯月が主役の回みたいだね!

ベルムズのKと同じペンダントヘッドを持っていた理由は彼女だからという説が濃厚だね!

スポンサーリンク

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

2019冬ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第5話の予告とあらすじ

一颯(菅田将暉)が倒れた―――。

それから約2時間後、時刻は3月4日午後10時30分から物語は始まる。

一颯を心配するさくら(永野芽郁)らの一方、その隙を見て生徒たちは手分けして脱出方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を破ることに成功。

そして彼らは没収された携帯電話やカバンを回収し、外部との連絡手段を獲得する。

様々な人間からの生存報告、そして一颯が倒れたという情報が瞬時に拡散していく。

その報を聞いた警察は動きだし、SITの突入を決意する。……突入まで時間はない。

そんな中、美術準備室の床から下の階の教室につながる扉が開き、殺されたはずの中尾(三船海斗)、里見(鈴木仁)、西崎(今井悠貴)、瀬尾(望月歩)、瑠奈(森七菜)、美咲(箭内夢菜)が見つかる。

まさかの事態に喜ぶ生徒たち。

しかし、なぜか神妙な面持ちの里見たち。

彼らは、脱出を試みようとする生徒らに「自分たちは学校から出るつもりはない」と告げ、さらには「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」と他の生徒に訴える……。

その真意とは。

たった55分間の激動の物語。

争いと葛藤。彼らそれぞれが取る、選択とは……。

―――この1時間が、「3年A組」の大きな岐路となる。

引用:『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』公式サイト

まとめ

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第4話のネタバレや感想などを紹介しました。

ドラまる
一颯が倒れるのは予想外の展開!

何かの病気なのかな?

ラマちゃん
甲斐と石倉の友情、想いに感動したわ!

甲斐がまた夢を目指せそうでよかったな♪

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA