10の秘密|6話ネタバレと感想。10年前の火事にも宇都宮が関与していた?

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年2月18日(火)にドラマ『10の秘密』第6話が放送されました。

ドラまる
由貴子のお金のためなら娘を危険にさらすことも辞さない冷徹さに身も凍る思いをしたんだったね。

今日は圭太と宇都宮がタッグを組む?!

ラマちゃん
翼の母親の事件も気になるわ。

こちらの記事では、ドラマ『10の秘密』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『10の秘密』第6話あらすじネタバレと感想

伊達翼(松村北斗/SixTONES)に襲い掛かられた白河圭太(向井理)は、逆に火事がなぜ起こったのか知っていることを話してほしいと懇願しました。

そして翼は母について話し始めます。

10年前、男性に別荘に呼び出された母。

翼が外に行かされている間に、火事が起き母が亡くった。そして、その男性と喧嘩していたことも。

火事の真相を知るため、その男を見つけ出す決意をした圭太は翼と手を組むことにします。

さらに宇都宮竜二(渡部篤郎)から連絡を受けた圭太。

宇都宮は帝東建設の建築偽装の隠ぺいを告発してほしいというのです。

社長の長沼豊(佐野史郎)から切られそうになっている宇都宮の反撃ですね。

しかし、圭太は「信用できない」と宇都宮とのタッグは断ります。

10年前の例の別荘も帝東建設と関係があったのですね。

宇都宮は10年前から関係が?

その頃、3億円の在処を探している仙台由貴子(仲間由紀恵)は白河瞳(山田杏奈)の元に姿を見せていました。

娘想いの母親のフリをして圭太を悪者に仕立て上げ、瞳に家の床下収納を確認させます。

しかし、床下収納にはお金は入っていませんでした。

3億円はどこに隠したのでしょうか?

帝東建設では自殺した矢吹(中林大樹)の弁護士から質問状が届きます。

誰かが情報を漏らしたのか”隠蔽”の二文字に動揺を見せる長沼。

圭太と手を組めなかった宇都宮はどうするのでしょうか。

一方、圭太は誘拐が起きてからずっと味方でいてくれた石川菜七子(仲里依紗)に3億円の隠し場所を教えます。

懲戒免職を引き起こした、あの裏金を渡してきた業者の管理する廃工場。

彼も仕事をクビになっていたんですね。

ちょうどその時、由貴子から瞳と一緒にいると連絡が入りました。

瞳と楽しく買い物をしているといいますが、圭太にとって実質は人質同様。

瞳と由貴子のいる場所を特定した圭太は、「お前を誘拐したのはお母さんなんだ!」と白状しますが瞳は信用してくれません。

その瞳の願いもむなしく由貴子の冷たい目が瞳をとらえていました。

由貴子「大嫌い。お母さんて呼ばれるの。」

母親としての気持ちが芽生えなかった由貴子。

由貴子「お金の在処を知りたかったけれど役に立たなかった。もうあなたには用はない。」

仕事を大事にしている人もたくさんいますが、これほどまでに心を壊す冷たい言葉があるでしょうか。

その頃、翼は別荘の情報を得るために管理組合に出向いていました。

そこで目にしたのは宇都宮の記事でした。

とうとう警察に何もかも話し、3億のことも含めすべて明かすことにした圭太。

隠し場所へと向かうと3億の入ったスーツケースは消え去っていました。

スポンサーリンク

『10の秘密』第6話ネットの反応や感想

ラマちゃん
多感な瞳ちゃんは、いい意味でも悪い意味でも素直でこの現実は受け入れがたいわね。

ドラまる
もう誰が信用できるのか?

3億のことも警察に話すと聞いて、隠し場所も知っているのは菜七子しかいないよね。

ラマちゃん
もう圭太に心を開いたのかしら?

ドラまる
現代の危険がここに。

瞳のこんなうっかり行動も由貴子にはイライラの原因だったのかもね。

スポンサーリンク

ドラマ『10の秘密』4話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『10の秘密』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『10の秘密』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

『10の秘密』第7話あらすじ

2020年2月25日(火) 21:00時から放送のドラマ『10の秘密』第7話のあらすじをご紹介します。

圭太(向井理)から、誘拐犯の正体が母・由貴子(仲間由紀恵)だと聞かされ、にわかには信じられない瞳(山田杏奈)。

さらに追い打ちをかけるように、由貴子から「もう用はない」と言われた瞳は、激しいショックを受ける。

目の前で瞳を傷つけられ、由貴子への怒りがおさまらない圭太は、奪った金を警察に見せて由貴子の罪を公にしようとするが、隠していたはずの3億円は、こつ然と姿を消していた――。

由貴子に金を奪い返されたと考えた圭太は竜二(渡部篤郎)に接触。

帝東建設の不正を露呈させ、社長の長沼(佐野史郎)の失脚を狙う竜二に手を貸す素振りを見せ、由貴子の居場所を聞き出す。

しかし、たどり着いた隠れ家で、圭太は背後から何者かに襲われて……。

その頃、10年前に火事が起きた別荘の建設プロジェクトに、竜二が関わっていたことを突き止めた翼(松村北斗)は、母親との記憶をたどるうちに、あることを思い出す。

そして、母親が残した一枚のメモを見つけ出すと、そこには携帯電話の番号と“ウツノミヤ”の文字が。

翼から話を聞いた圭太は、10年前の真実を突き止め、さらに由貴子を捕まえるためにも、竜二と手を組むことを決意。

協力する以上、隠し事はなしだと迫る圭太に、竜二は由貴子も知らない、ある秘密を打ち明ける。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『10の秘密』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

瞳の融通の利かなさは中学生にはよくあるものだし、もともと火事のことを隠されていたことも根底にあり、父親の元に素直に帰れないこともよくわかります。

それにしても母親の由貴子の人と思えないほどの突き放しっぷりがひどくて、若干引いてしまいました。

そして、消えた3億。

やはり秘密を抱えている菜七子に奪われた?

これはこじれてきましたね。

ドラまる
翼が調べていた別荘の記事に宇都宮の文字が出てきたのも重要ポイント。
ラマちゃん
宇都宮がそんなに前から圭太たちと関わりがあったのね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA